グルメ・クッキング

2017年5月21日 (日)

今日のぐり:「手打ちうどん たぐち」

先日は眞子様のご婚約報道が出たところですが、それについてこんないつもながらの光景も見られたようです。

眞子さま婚約でもぶれないテレビ東京を中国ネットも絶賛(2017年5月18日レコードチャイナ)

2017年5月18日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、眞子さま婚約に関するニュースが日本のテレビで一斉に報道された中、テレビ東京はぶれなかったと伝える投稿があった。
投稿者は、秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまが大学時代の同級生の小室圭さんと婚約されることになったと紹介。お相手の横浜出身「海の王子」が注目の的となったが、テレビ東京だけが異彩を放っていたと伝えた。
そして、NHK、民法各局が「小室圭さん会見」を放送している同じ時間に、テレビ東京では「薬丸キッチン 冷製そら豆のスープ」を放送していたと写真入りで紹介した。

これに対し、中国のネットユーザーからは「テレビ東京はどれだけグルメ番組が好きなんだ?」「テレビ東京がニュースを流したらそれは本当の大事件」「日本人自身が、テレビ東京がアニメや美食番組を放送しているうちは、まだ事態はそれほど深刻ではないといっているくらいだからな」などのコメントが寄せられた。
また、「もはやテレビ東京は神的存在」「テレビ東京こそ勝ち組」「やはりテレビ東京はこうでなくては。もし突然緊急ニュースを放送するなら、それはゾンビが大量発生したとかだな」などのコメントもあり、テレビ東京のぶれない姿勢を中国のネットユーザーも評価しているようだ。(翻訳・編集/山中)

遠く中国にもその名が知られているテレビ東京のぶれなさ具合を我々は誇りに思うべきか微妙なところですが、やはりテレ東はこうでなければと言う声が多いのも事実ですよね。
本日は常にぶれずに報道を続けるテレ東に敬意を表して、世界中からマイペースに我が道を逝く方々のニュースを紹介してみましょう。

AbemaTVが「鉄チャンネル」を新設 鉄道や工場など“鉄”に関連するコアな番組を放送(2018年5月8日ねとらば)

 麻雀や釣り等さまざまなジャンルに特化した専門チャンネルを持つAbemaTVは、新たに鉄道や工場など“鉄”に関連する番組を放送する「鉄チャンネル」を、5月15日から開設することを発表しました。
 同チャンネルでは、鉄道・列車にまつわる映像作品をはじめ、工場地帯の夜景や旧車・名車の映像、さらには軍事演習の様子に刀をテーマにした映像など、コアかつ熱狂的なファンが多いジャンルの作品を放送。
 開設初日の5月15日21時からは、岡山の観光列車「ラ・マル・ド・ボァ~しまなみ編」のメディア初公開となるAbemaTVオリジナルコンテンツ「美しき観光列車」シリーズが放送されます。

 他にも、定期運行を卒業・引退していく列車の勇姿を収めた「記憶に残る列車」シリーズの放送が決定しており、5月16日22時から「妙高号 183系・189系 #1」、5月17日22時からは「寝台特急編『北斗星・あけぼの』#1」が放送。
 また鉄道の旅で車窓に広がる美しい景色を堪能できる「全面展望」シリーズに、工場の外観を捉えた「美しき工場」も放送が決定。今後もテーマを変えたオリジナル作品の制作が予定されています。

しかし鉄ヲタと言えば一般に鉄道マニアのことだと思っていたのですが、こちら文字通り鉄をテーマにした番組でこうしたマニアも存在すると言うことなのでしょうか。
周囲の迷惑も顧みず我が道を行くタイプはしばしばはた迷惑なものですが、こちら先日ネット上で話題になっていたニュースです。

「尿まき散らしつつ歩行」学生に告ぐ 明治大「張り紙」にネット騒然(2017nenn5月11日J-CASTニュース)

   下半身を完全に露出し、路上に尿をまき散らしながら歩いた学生は、事務局まで正直に名乗り出なさい――。
   明治大学生田キャンパス(神奈川県川崎市)の学内掲示板に、こんな内容の張り紙が掲示され、目撃者から驚きの声が上がっている。いったい、何が起きているのか。J-CASTニュースは、明治大学の担当者に詳しい事情を聞いた。

   話題の張り紙は、2017年5月8日に生田キャンパス中央校舎1階ロビーの学内掲示板に張り出されたもの。明治大学の学生とみられる人物が起こした迷惑行為について、「心当たりのある者は、学生支援事務室まで大至急出頭すること」を求める内容だ。
   その迷惑行為とは何だったのか。張り紙ではまず、4月29日深夜3時30分ごろ、小田急向ヶ丘遊園駅(川崎市)近くのコンビニエンスストア店舗前で、
    「酒に酔って、下半身を完全に露出したまま、路上に放尿(尿をまき散ら)しながら歩き、周囲の歩行者にからんでいた『明大生』を自称する男がいたそうです」(原文ママ)
と説明。続けて、こうした行為をみかねた近隣住民が男の身柄を確保しようとしたが、
    「(男は)激しく抵抗した上、悪態を吐き、その場から逃走したとのことです」
としている。また、この近隣住民はすでに男の行為について警察に通報している、とも指摘している。

   こうした経緯を説明した上で、張り紙では、
    「これが本当に本学学生の行為だとすれば、遺憾の極みと言うほかはありません。この恥ずべき行為に心当たりのある者、その仲間は、5月12日までに生田学生支援事務室に正直に名乗り出なさい」
と強く呼び掛けている。
(略)

実際に明大生であったのかどうかはっきりしないとのことですが、これで堂々と名乗り出てくるようですと本物と言うことなのでしょうか。
お金持ちとは時にちょっと驚くような行為に走ることがあるようですが、こちらのような大富豪ですと桁が外れていると言うニュースです。

アラブの大富豪、深刻な水不足解消のため「南極から巨大氷山を引っ張ってくる計画」を発表! 来年にも実施へ!!(2017年05月07日ユルクヤル)

今後25年間に渡って深刻な干ばつ被害が予測されているアラブ首長国連邦(UAE)で驚きのプロジェクトが始動しようとしています。なんと南極大陸から巨大氷山を船で引っ張ってくるというもの!
この”UAE氷山プロジェクト”は2018年の実施を目標に動いています。

アラブ首長国連邦(UAE)と言えば、年間通じて雨がほとんど降らず夏季には気温が50度近くまで上昇する砂漠気候。そのため深刻な水不足を解消することが将来的な課題となっているのですが、富豪たちの出した答えは単純でした。
「水がないなら南極の氷山を引っ張ってくればいい」
南極大陸から北1,000kmほどに浮かぶハード島から約1年かけて、UAE・フジャイラに氷山を運ぶこの一大プロジェクト。氷山1つで100万人の人々に5年間十分な水が行き渡ると言います。
(略)
アブダビ企業The National Advisor Beureau(国家顧問局)の代表者は「すでに輸送経路についてはシミュレーション済で、技術的・経済的な目処も立っている」としており、2018年初頭にも実施する意向を固めています。
またUAEでは運ばれてきた氷山を飲水にするための処理施設を建設。そこでは「世界一ピュアな水ができる」とも語っています。
温暖なアラビア海に「冷たい氷山があればUAEは年間を通じて雨にも恵まれるだろう」、と専門家。単なる水資源としてだけでなく、砂漠の緑化や観光資源にもなりうる可能性を秘めているようです。

今後も定期的に運ぶつもりのようにも聞こえるのですが、しかし淡水化設備など他の方法と比べてコスパ面ではどうなのでしょうね。
おそロシアと言う言葉も定着して久しいですが、そのロシアにおいてもこれはなかなか常識外と言うニュースが出ていました。

それって道路もイケるの? ロシアの大通りで“1球車”が走行…(2017nenn5月5日MAG2ニュース)

左側から・・・なんじゃコリャ!
ロシアの大通りに信じられない“1球車”が、突如襲来!
この映像を見終わったとき、アナタの心には表現しがたい感情が渦巻くことになる・・・。

本来ならば水上用であるハズの『ウォーターボール』。
だが、この中に入っている誰かさんは、そんな正しい使い方がどうやら気に入らなかったようだ。
周囲の車の流れや状況など気にもせず、ただ道路を押し通る様は、まさに“マイペース”という言葉そのもの。
通行人の人たちも完全に唖然とした様子だが、こんな奇抜な状況にいきなり遭遇してしまったのだ。
そりゃ、無理もない話である。

その尋常ならざる光景は是非元記事の動画を御覧いただきたいと思うのですが、あれもかなりのスピードが出るものなのですね。
日本でもこのところモンスターと言う存在が話題になることも多いのですが、こちらお隣韓国から尋常ならざるモンスターが報じられています。

乗客を297回訴えた韓国のタクシー運転手、結局自分が懲役刑に(2017年5月17日レコードチャイナ)

2017年5月16日、自分が乗せた客とたびたびトラブルを起こし、297回も乗客を告訴・告発していた韓国のタクシー運転手が裁判で懲役刑を宣告された。韓国・京郷新聞が伝えた。

ソウル南部地裁は16日、監禁と虚偽告訴、詐欺の罪で起訴されたタクシー運転手A(59)に懲役1年3カ月を宣告したことを明らかにした。
裁判所によるとAは昨年9月、ソウル市内から空港に向かう乗客2人を乗せた際、後部座席に座った乗客に「シートベルトを締めろ」と乱暴に声を掛け口論となった。また、助手席の客が信号待ちの間に他のタクシーに乗り換えようとドアを開けた際、乗客の足をつかみ降りられないようにした上、助手席のドアが開いたまま50メートル離れた交番までタクシーを運転したという。
騒動から2日後、Aは「乗客が信号待ちの際に助手席のドアを開け、タクシーの運行を妨害した」として、陳情書を作成し警察署に提出した。乗客は「飛行機の時間が迫っているので空港に向かってほしい」とAに要求したものの、聞き入れられずやむなく他のタクシーに乗り換えようとしただけだった。

Aは以前にも、乗客が車道で助手席のドアを開け下車したことについて業務妨害罪で告訴したことがあったが、乗客は嫌疑なしとされた。
1998年ごろからタクシーを運転するAがこれまで乗客に対し行った告訴、告発は297件に達したが、そのほとんどは嫌疑なしおよび公訴権なしの処分となっている。またAは2009年、乗客を虚偽告訴したとして懲役6年、執行猶予2年の処分を受けていた。
(略)

韓国のタクシーのシステムがどうなっているのか存じ上げないのですが、しかしこれでよく商売になっていたものだと感心しますね。
最後に取り上げますのは先日の母の日にちなんだニュースなのですが、まずは記事から紹介してみましょう。

母の日に長さ10メートルに及ぶ「金剛般若経」の写経をプレゼント(2017年05月14日人民網)

母の日を目前に控えた12日、成都のある大学に通う「00後(2000年代生まれ)」の女子大生・呂楚涵さんは余暇の時間を利用して、母親のために「金剛般若経」を写経し、母の日のプレゼントとして、日ごろからの感謝の気持ちを表した。

呂さんは、「わざわざ特別にこういうことをした訳ではなく、普段から読書や書道が大好きで、特に仏教の経典や経書が好き。今年の母の日には、自分で写経した『金剛般若経』を母にプレゼントにした。母はきっと喜んでくれるだろうし、この写経が母に幸運をもたらしてほしいと思う」と語った。中国新聞網が伝えた。(編集TG)

元記事の写真を見ていただければその状況がおわかり頂けると思うのですが、確かにこれは大変な労力がかかっていますね。
お母様に幸運がもたらされることを願いたいところですが、正直この発想はなかったと考えてしまうのは物質文明に心の汚れた日本人であるが故なのでしょうか。

今日のぐり:「手打ちうどん たぐち」

岡山県南の浅口市鴨方町と言えば手延べの乾麺で有名な地域ですが、こちら山陽道鴨方インターを降りてすぐにあるなかなかの人気店だと言います。
見た目からしていかにもうどん屋っぽいうどん屋と言う感じですが、一歩足を踏み入れると包丁の音がひびく店内がいい感じですよね。

メニューは一般的なうどん各種と炊き込みご飯、きつねずし(いなり)ににぎりめしと言ったところで、まあよくわからないメニューが並ぶよりはすっきりしていていいと思います。
ひとまず冷たいぶっかけうどんを頼んで見たのですが、トッピングがわかめに錦糸玉子、かまぼこ、レモンにわさびとは珍しい取り合わせですね。
こちらのうどんはちゃんとコシもあるんですが非常に硬い食感も特徴で、時々ボキボキ言いそうなので冷で食べるには少し好みが分かれるかも知れません。
汁の味はぶっかけとしては特別好みではないのですが、きちんと出汁の味が立って悪い汁ではないので、この出汁とうどんで一度かけを食べてみたいですかね。
しかしちらりとカウンターに並んでいるのが見えたのですが、名物だと言うやたら薄くて大きな天ぷらは確かに話のネタになりそうです。

こうしたうどんは香川では普通に遭遇するのですが、岡山でこういうスタイルで長く続けているのは珍しいと思いますし、もちろん地元鴨方のうどんとも違うようです。
岡山よりも香川のうどんが口に合うと言う向きにはちょうどいいんじゃないかと思うのですが、実際これだけ繁盛されているのですから大変なものですよね。
接遇は田舎っぽい緩さもあるがまあこんなものかと言うところ、トイレも設備や広さは及第点なのですが、何だろうこの仮設っぽさは?とちょっと考え込んでしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

今日のぐり:「わら家」

心臓の弱い方はあらかじめ注意いただきたいと思いますが、先日こんなニュースが出ていました。

かっぱカレー食べて PRキャラ「怖い」と泣き出す子も(2017年4月9日朝日新聞)

 民俗学者で「妖怪談義」や「遠野物語」などを著した柳田国男(1875~1962)の出身地で、妖怪による町おこしに力を入れる兵庫県福崎町が、カッパにちなんだレトルト食品「かっぱカレー」を開発した。8日に同町西田原の辻川山公園周辺で開かれた桜やグルメなどを楽しむ「民俗辻広場まつり」で販売された。

 柳田の著書「故郷七十年」には「子供のころに、市川で泳いでいると(河童〈かっぱ〉に)お尻をぬかれるという話がよくあった」と記されている。カッパの好物と言われる「尻子玉(しりこだま)」(人間の肛門〈こうもん〉内にあると想像された玉)に見立てたウズラの卵4個をカレーに入れた。
 試食を重ね、牛ひき肉入りの中辛のキーマカレー風に仕上げ、パッケージにはリアルなカッパを描いた。1箱(200グラム)税込み570円で、町観光協会は町役場やネット通販などで3日から販売している。

 この日はカッパのキャラクター「ガジロウ」がカレーの販売テントに立ってPR。その後、まつりの会場を歩き回ったが、「怖い」「嫌だ」と泣き出したり、逃げたりする子どもが相次いだ。

イベントへの嫌がらせとしか思えない元記事の画像だけでもかなりアレではあるのですが、どう考えても悪のりしているとしか思えないガジロウの悪行の数々を間違っても画像検索などされないことをおすすめいたします。
本日はそのコンセプトの是非はひとまずさておくとして、世界中からそこはもうちょっと空気を読んで欲しかった…と思わずにはいられない残念なニュースの数々を紹介してみましょう。

埼スタ最寄駅の浦和美園、副名称は「銀行最寄駅」に(2017年5月1日レスポンス)

埼玉高速鉄道線(埼玉スタジアム線)を運営する埼玉高速鉄道は5月1日、浦和美園駅(さいたま市緑区)の副名称が「浦和美園とともに歩む 埼玉りそな銀行(今秋オープン予定) 最寄駅」に決まったと発表した。同日から掲出している。

浦和美園駅は埼玉スタジアム線の終点。近くにサッカー場の埼玉スタジアムがある。今回の副名称設定は、埼玉高速鉄道による命名権販売(ネーミングライツ)の一環だ。
埼玉高速鉄道によると、埼玉りそな銀行は今秋、浦和美園地区に初めて新規出店する。副名称は「浦和美園とともに歩む」「埼玉りそな銀行 最寄駅」「今秋オープン予定」の3段で表示し、実際にオープンした後は「今秋オープン予定」の部分が撤去される。
副名称の表記上の文字数は28字。実際にオープンした後の文字数は20字になる。埼玉高速鉄道はこのほか、戸塚安行駅(埼玉県川口市)の副名称を募集している。

一見してもの凄く地元に配慮しているようにも見えなくもないのがポイントなのでしょうが、これが正式名称と言うのですからちょっとびっくりでしょうか。
昨今何処の世界でも多いと言うアレに絡んで、先日幾ら何でもそれは…と言う事故があったそうです。

高さ222メートルの橋で自撮りの女性、転落して重傷 米(2017年4月7日CNN)

(CNN) 米カリフォルニア州で最も高い橋の上で写真を自撮りしようとした女性が、転落して重傷を負う事故があり、地元警察は「自撮りに命をかけるほどの価値はない」と呼びかけている。

同州プレイサー郡保安官事務所のフェイスブックによると、女性は4日、同州で最も高いフォレストヒル橋(高さ約222メートル)から転落し、約18メートル下の遊歩道に落下した。
女性は同州サクラメントから数人の友人と同地を訪れ、橋げたの上を歩きながら写真を自撮りしようとしていたという。
一緒にいた友人がCNN系列局のKOVRに語ったところでは、女性は意識不明の状態で空路、近くの病院に搬送されたが、腕に深い切り傷を負い、骨折もしていたため手術を受けた。

女性は橋の上で写真を撮りながら、橋げたを支える大きなボルトの上に乗り、バランスを崩して後ろ向きに転落したという。
橋のこの部分は立ち入りが禁止されているにもかかわらず、人気スポットになっていた様子で、危険を冒して撮った写真がソーシャルメディアに投稿されていた。
歩道から橋の下にぶら下がる写真や動画の投稿も相次いだため、警察はパトロールに乗り出し、橋の立ち入り禁止区画に入れば逮捕すると警告している。女性の友人は「写真を撮るにはいい場所だけれど、危険を冒す価値はない」と話した。

元記事の画像を見る限りよくこの程度で済んだなと思うような高さなのですが、自撮りとはそうまでして挑みたいものなのでしょうかね。
昨今にわかに悪い意味で注目されるようになった航空会社のサービスですが、こちらかなり同情を呼んでいた悲劇的なケースです。

隣席の肥満客に押し潰され14時間のフライト 豪男性、アメリカン航空を訴える(2017年5月8日テックインサイト)

クリスマス直後の満席のフライトで、隣に座った2人の乗客が肥満体型だったために14時間もの苦痛を強いられたオーストラリア人の男性。しかも持病を悪化させたとして、アメリカン航空に損害賠償を求めていることが豪『news.com.au』や英『The Telegraph』などで伝えられた。

豪ニューサウスウェールズ州ウロンゴン在住のマイケル・アンソニー=テイラーさん(67歳)は2015年12月28日、シドニーから米ロサンゼルスへのフライトのためにアメリカン航空機に乗り込んだ。
エコノミーの3列並びの座席で窓側に座ったテイラーさんは、並びのシートに2人の肥満客が座ったことで体を押し潰されるという苦痛を味わった。テイラーさんは「彼らも同じように航空券を購入しているから、隣に座った人に悪意を持っているわけではないが、彼らの身体が私の座席のスペースを奪ってしまった」と話している。
テイラーさんは別の座席に座らせてほしいとCA(客室乗務員)に再三リクエストしたものの、310席ある機内は満席だったためにCAはその要求を拒否した。終始押し潰される感覚を味わったテイラーさんは、頻繁に座る位置を変えたり、立ったりしゃがんだり、また体を前に曲げたりしながらも14時間のフライトに耐えなければならなかった。

テイラーさんは脊椎が異常に湾曲する「脊柱側弯症」を抱えており、このフライトでその持病が悪化してしまったという。その後も腰痛や首の痛みなどに悩まされていることから現在、アメリカン航空側に10万豪ドル(約830万円)以上の損害賠償金の支払いを求める訴訟を起こしている。
テイラーさんの弁護人トーマス・ジャンセンさんは「テイラーさんは痛みを軽減させるために、何度もCAに座席の移動をリクエストしていました。別の座席に移動させてほしいと言ったりCAの座る席に座らせてほしい、もしくはトイレに座らせてほしいとまでお願いしたにもかかわらず、CAはその都度テイラーさんの要求を拒否しました。アメリカン航空は、テイラーさんに実行できる代替案を提示するという配慮も行わなかったのです」と話している。
(略)
なお、テイラーさんから訴えられたアメリカン航空側は「テイラーさんの申し立てに関して、事実を再調査中」としている。

航空会社にも色々と言い分はあるのでしょうが、しかし一列に二人はさすがにもう少し何とかならなかったのかと感じますね。
昨今おそロシアと言う名前がすっかり定着した感のあるロシアから、こんな発言が飛び出して世界中からブーイングを浴びているそうです。

「デブ女ばかりだから男がゲイに」英女性の肥満を露記者が痛烈批判(2017年5月7日テックインサイト)

英マンチェスターを訪れたことがあるロシア紙の女性記者は、「見渡す限りここの女性はデブばかり。そんなだから男性もつい“同性”に走ってしまうのだろう」と感じたそうだ。さらに彼女はその気持ちを活字にして波紋を広げてしまった。英メディア『independent.co.uk』が伝えている。

ロシア最大の新聞である『コムソモリスカヤ・プラウダ(英名:Komsomolskaya Pravda)』に掲載された、アリサ・ティトコさんという女性記者によるそのコラム。チェチェン共和国で100人以上の男性の同性愛者が当局に身柄を拘束され、拷問を受け、死亡した者もいることに国際世論が猛反発しているが、これに反論する内容のものであった。
そこに“悪い都市の例”として挙げられたのが、アリサさんも訪れたことがあるという英マンチェスターのゲイ・ビレッジ。『ゲイ・ビレッジ』と描かれた標識やLGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)のシンボルである“レインボーフラッグ”が強い存在感を示し、虹が描かれた看板を掲げるカフェやクラブが多数存在することに強いショックを受けたとして「もはや同性愛者のための街。そこはキスを交わす醜い同性愛カップルで溢れ、不快だった。モスクワにこんな通りがないことにはホッとする」などと綴った。
なかでも、かなり太った女性2名が結婚式を挙げる様子にドン引きしたというアリサさん。この街の女性たちを「ぜい肉がこぼれ落ちそうな段々腹にもかかわらず、レギンスやミニスカートを穿いている」などと批判した。「男性が図らずともゲイに走ってしまうのは、ひょっとしたら女性たちが魅力に欠けるから…そう考えるのは無理があるだろうか。彼女たちの肥満は大量のファストフードとポテト、それに巨大なジョッキでビールを飲むのが原因。モスクワも英国の二の舞にならないよう気を付けなければ」と続けた。
(略)

もちろんロシア女性に美人が多いことは知られていますけれども、一般的にはやはり「おまゆう」と言われてしまいそうなコメントですよね。
最後に取り上げるのは中国からのびっくりニュースですが、まずは記事から紹介してみましょう。

誰が投函するの? 高さ2メートルの無意味な意見箱に人民大ブーイング!(2017年4月27日日刊サイゾー)

 中国には、各所に「意見箱」なる郵便箱のような小さなボックスが設置されている。これは、役所や施設、会社などが、誰しも匿名で自由に意見を投書できるようにして、(少なくとも表面上は)さまざまな意見を取り入れようとする姿勢を示そうとしているものである。
 そんな中国ではごく普通の存在である意見箱だが、4月半ば、雲南省の田舎町にある一風変わった意見箱が話題になっている。

 なんとこの意見箱、高さ2メートルのところに設置されているのである。投入口はさらに数十センチも上にあり、普通の身長ではとても手が届かない。
 意見箱は地元政府が市民からの意見を集めるために設置したものなのだが、この写真がネット上にアップされるや、ネット民たちは早速騒ぎ始めた。

「チビの意見は聞かないというわけだな」
「ものすごく背の高いやつしか投書できないから、匿名で出してもすぐ誰だかわかっちゃうよな。2メートルを超す身長のやつなんて、そうそういない」
「まあどこに置いてあろうが、意見を出したって意味ないけどな」

 地元政府によると、もともともっと低い位置に設置されていたのだが、この道は人通りが多いため箱にぶつかる人が多く、それを避けるために、2メートルの高さに設置したと説明している。
(略)

中国式民主主義の精神をこの意見箱一つで見事に表現していると言うしかないのですが、しかし何とも異様な光景に見えてしまうものですよね。
理屈と膏薬は云々と言う話で地元政府のコメントもなかなかいい感じなのですが、日本全国各地にも形は違えど同様な馬鹿げたものは転がっているのでしょうね。

今日のぐり:「わら家」

源平の古戦場としても知られる屋島と言えば台形をした不思議な山で、麓から登山道も整備されなかなかいい場所ですよね。
その屋島の自動車道登り口に位置する老舗うどん屋がこちらですが、見た目も雰囲気があるのですが中に入るとずいぶんと広い店内です。

名物の釜揚げうどんと冷たいぶっかけうどんを頼んでみましたが、釜揚げと言えば食感が今ひとつだらしないと言うイメージもありますが、これはしゃっきりした食感が心地良いですね。
もともと硬めのうどんですが、食べていてごついうどんだと感じないのは表面の圧倒的滑らかさから来る舌触りの良さが理由なのでしょうか、この硬いうどんがするすると喉を下っていきます。
併せる熱い汁は釜揚げ用に塩分強めの味ですが、出汁も十分濃く味のバランスは良好で、さすが名物と言うだけにこれはなかなか食べる価値ある釜揚げうどんと言うべきですよね。
冷ぶっかけの薬味の天かすや大根おろしなどは別皿で提供されるスタイルで、恐らくうどん部分はしょうゆうどんと共通なのだと思うのですが、こちらの汁はすっきりした香川のぶっかけっぽい味です。
この味ならもう少し汁の量が多ければなお良かったと思いますが、これもなかなかバランスのいいぶっかけうどんで楽しめますよね。
老舗の有名店と言うだけに満足出来るうまさですし、うどんも汁もいかにも香川らしい仕立てだと思うのですが、それだけにこのまま対岸の本土で売るとさほどには流行らないかも知れないですね。
ちなみに2人で3つうどんを頼んだところ「え?それだけでいいの?」と言う口ぶりだったので量が少ないのか?と思ったのですが、実際には他県の一玉半くらいの大盛りのうどんでかなり食べ応えがあります。
他の席で頼んでる大盛りのうどんを見ると巨大な丼に三玉分くらい入っている感じなのですが、普通のおばちゃんがそれを当たり前に片付けていくのにもびっくりしましたね。
シンプルなメニューの割には香川水準からすると値段は高めなのですが、味もさることながらこれくらいの盛りなら大盛りがデフォルトと言うことで納得は出来る気がしました。

ところでこちらでは入り口で食券を買い、適当に座って待っているとうどんが届けられると言うスタイルで、フロアのお姉さんが空いた席を教えてくれますが席自体はお客が適当に座っていいようです。
この配膳は先年惜しまれながら閉店した某平○食事センターと同様のスタイルなのですが、あちらよりずっと混雑している店内でどうやってお客のオーダーを把握しているのかが妙に気になりました。
建物や庭なども古風な作りでなかなか見た目もいいのですが、さすがにこれだけ繁盛しているお店ですとゆっくり眺めていこうと言う気にはならないものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

今日のぐり:「極旨醤油らーめん 一刻魁堂(いっこくさきがけどう) サンステーション福山店」

先日かなり何を言っているのかわからねえと思うが(以下略なニュースが出ていました。

トラックが店に突入後…運転手が従業員殴る(2017年4月26日日テレNEWS24)

    26日午後、栃木県宇都宮市でトラックが店舗に突っ込む事故があった。
    警察などによると、26日午後4時半すぎ、宇都宮市ゆいの杜にあるバイク用品販売店に2トントラックが突っ込んだ。トラックの運転手にケガはなかった。
    事故の後、店の従業員が運転手とトラブルになり、従業員が運転手に殴られて軽いケガをした。

    従業員「(事故の後)荷おろししてサインくださいみたいな感じできたんで、うちのスタッフが、ちょっとおかしいんじゃないのって話をしたら急に暴れ出して」
    警察は運転手の40代の男を傷害の疑いで現行犯逮捕し、状況などを調べている。

どんなときでも平常心と言うのは大切ですが、しかしあと少しの平常心が足りなかったとみるべきなのでしょうか。
今日は思わぬ災難見見舞われた従業員氏に哀悼の意を表して、さすがにもう少し空気を読んで欲しかったと感じる犯罪者の方々の残念なニュースを紹介してみましょう。

ひき逃げで30歳アルバイト男逮捕「眠かったので家に帰った」(2017年4月26日スポニチ)

 車で夫婦をはねて重傷を負わせ逃げたとして、警視庁高尾署は25日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、東京都八王子市のアルバイトの男(30)を逮捕した。「人をはねたが、眠かったので家に帰った」と供述しているという。

 車は夫婦をはねた後、近くの住宅に突っ込んだ。男は車を降りて逃げたが、現場にとどまった同乗の30代男性の供述などから浮上した。酒を飲んで帰る途中とみられる。

 逮捕容疑は23日午後11時55分ごろ、八王子市大楽寺町で、歩道を歩いていた男性(39)と妻(29)をはねて逃げ、上腕骨折などの重傷を負わせた疑い。

しかし眠かったので家に帰ったと言うのも困った話ですが、そんな酩酊状態で運転している以上相応な処罰は覚悟しなければならないのでしょうね。
スポーツなど全国制覇を目標に頑張っている人々も多いと思いますが、こちら是非とも頑張らないで欲しかった人々のニュースです。

「全国制覇頑張ろう」と1道20県で窃盗行脚、見張り役逮捕(2017年4月18日産経新聞)

 兵庫や和歌山など全国1道20県のスナックやバーにバールを使って侵入し、金庫などを盗んだとして、兵庫県警は18日、窃盗容疑などで住所不定、無職、二神晋也被告(43)=同罪などで公判中=を逮捕、送検したと発表した。起訴された6件を含む計111件(被害総額約527万円相当)の容疑を裏付けたという。
 また、共犯として指名手配中の住所不定、無職、阿部克巳容疑者(47)の氏名や顔写真を公表。県警は阿部容疑者が犯行を主導したとみて調べている。

 県警によると、2人は東京都内の運送会社の元同僚で、昨年8~9月にレンタカーを借りて1道20県を巡り、スナックやバーなどを物色。「警察に捕まらない限り、全国制覇できるように頑張ろう」と話し合っていたという。
 阿部容疑者が実行役、二神容疑者が見張り役とみられる。
 県警は昨年9月、同県相生市の飲食店の敷地内に侵入したとする建造物侵入容疑で二神容疑者を現行犯逮捕。その際、阿部容疑者が逃走したため、翌10月に同容疑などで全国に指名手配した。

未だ主犯格は逃亡中と言うことですが、こんな全国制覇は是非勘弁していただきたいですね。
お隣中国では人口も多いだけに様々なタイプの犯罪者もいらっしゃるようですが、こちら何故その選択を?と感じてしまうニュースです。

10年間も「日本人男性」に成りすました女、巨額の金だまし取る(2017年4月27日Record china)

2017年4月27日、舜網新聞によると、中国上海市でこのほど、およそ10年間にわたっていとこの女性から金をだまし取っていた女が逮捕された。女はその低い声で日本人男性に成りすましていたという。

被害者Aさんの話によると、女が「日本の男性を紹介してあげる」と切り出したのは2008年頃のことだ。「親戚の紹介だから問題はないはず」と考えたAさんは男性とメールで連絡を取り始め、電話でも数回会話を交わした。そんな関係が続いていたある日、女は「男性の会社でお金が必要になった」とAさんに借金を打診。その後もさまざまな理由を付けて金を借り、女を疑おうともしなかったAさんが渡した額は100万元(約1600万円)前後に膨れ上がった。Aさんは自身の給料だけでなく、不動産や家具を手放すなどして金を工面、さらには数十万元に上る借金までしたという。

また、女が2011年当時、「巨額の現金を持ち込もうとした男性と男性の親戚が税関にお金を差し押さえられた。いろいろな支払いが必要になる」と言ってきたことでAさんの同僚のBさんも巻き込まれる事態に。当時、懐事情が苦しかったAさんに助けを求められたBさんはAさんに同情、「日本人男性のおじ」を名乗る女からの電話を信じてしまい、200万元(約3200万円)余りを渡してしまった。ただ、Bさんは今年に入って不信感を持つようになり警察に通報。逮捕された女は取り調べに対し、「離婚後に出会った男性が既婚者と知ったが諦めることができなかった。お金で相手の心をつなぎとめようとしたが出費が膨らんで…。そんな時にAさんのことが頭に浮かんだ」と話している。

しかしこの複雑な人間関係のもつれはどう解釈すべきなのか、もう少し整理整頓願いたかったところです。
未だに抵抗しない=了承のサインなどと誤解しているびっくりさんもいらっしゃるのかですが、こちらそれ以前に相手が悪かったと言うニュースです。

「反抗しなかった」...捨て犬を性的暴行した男が善処の訴え(2017年4月11日問題タイム)

捨て犬を自分の家に誘引して性暴行した男性が不合理な弁解で善処を訴えて非難を浴びている。

去る7日(現地時間)、英国の日刊紙デイリーメールの報道によると、香港のダウ島トゥン庁地域に住んでいるチョン・リンパイ(Chung Lin-fai)は捨て犬を性暴行した疑いで逮捕された。
この事件は、動物ボランティアの通報で世に知られるようになった。
彼はリンパイが捨て犬を家に連れて行くのを目撃した。ところが、リンパイが連れて行った犬は、2時間後に性器の周りに傷を負ったままだった。
ボランティアは、すぐに警察に通報し、捨て犬を動物病院に連れて行って検査した結果、捨て犬の体内からリンパイの精液が発見された。

しかし、この日の香港ウェストゥルン地裁で行われた公聴会でリンパイは「私はこれまでに動物を性暴行したことはない」、「当時、犬たちも特別な抵抗はしなかった」と主張して議論が起こった。
担当裁判を引き受けた判事は、「あなたの行動は非常におぞましいこと」、「刑務所に投獄されることは避けられない」と述べた。
リンパイは動物虐待罪の最高刑である懲役10年の刑、罰金5万ドル(約740万円)を宣告された。

不幸中の幸いとでも言うのでしょうか、中国でありながら食べられずにすんだことをイヌたちは感謝すべきなのでしょうか。
最後に取り上げるのは小さな小さな犯罪者のニュースですが、まずは記事から紹介してみましょう。

チーズバーガーが食べたい! 8歳児、父の車運転しマクドナルドへ(2017年04月14日AFP)

【4月14日 AFP】米オハイオ(Ohio)州イースト・パレスティーン(East Palestine)で、8歳の男の子が父親の車を運転して自宅から2キロ以上離れたファストフード大手のマクドナルド(McDonald's)店舗まで行くという出来事があった。どうしてもチーズバーガーが食べたかったのだという。

 地元紙ウィアトン・デイリー・タイムズ(Weirton Daily Times)によると、男の子は動画共有サイトのユーチューブ(YouTube)で動画を見て運転の方法を覚えた。そして9日夜、両親が寝ている間に冒険に出発した。
 男の子は助手席に4歳の妹を乗せ、マクドナルドまで約2.4キロの道のりをドライブ。途中の赤信号ではきちんと停車し、左折して入店する際も対向車を確認して優先させていた。男の子がドライブスルー窓口の前で車を止めたとき、マクドナルドの従業員はてっきりいたずらで両親が後部座席に隠れているのだと思ったという。

 男の子が車を運転しているのを見掛けた人が警察に通報。駆け付けた警官の姿を見た男の子は、何か失敗したのだと悟って泣き出したという。その後、きょうだいは呼び出された祖父母によって警察署に連れていかれ、そこでチーズバーガーとチキンナゲット、フライドポテトのセットにありついた。
 ウィアトン・デイリー・タイムズによると、最終的に両親が警察署に子どもたちを引き取りに行ったが、処分は一切なかったという。

しかし最近は何でも動画サイトで済ませてしまうのもいいのか悪いのかですが、こういう悪の道への入り口になっている現実も考えなければならないのでしょうね。
しかしアメリカの警察署はやはりカツ丼ではなくハンバーガーが出るものなのかとも思うのですが、これに味を占めて何度も繰り返されても困りますよね。

今日のぐり:「極旨醤油らーめん 一刻魁堂(いっこくさきがけどう) サンステーション福山店」

こちら手広く展開されているラーメン屋ですが、その福山市内の視点が駅ビル内にあると言うことです。
HPを拝見しますと一番推しはあっさり醤油ラーメン、ついで背脂たっぷりのガッツリ系醤油ラーメンなのだそうですが、他にもラーメン系メニューは豊富な様子ですね。

ランチメニューであっさりしょうゆラーメンと玉子チャーハンのセットを頼んでみたのですが、当然ながら組み合わせるラーメンの方は色々と選べるようです。
ラーメンの方は福山市内の老舗である十八番のラーメンをさらにあっさりさせたような感じでしょうか、特に強い印象はないのですがとりたてて害もない味と言う感じです。
パラパラの玉子チャーハンも悪くはないのですが、たまたまこの時だけだったのでしょうが塩気が一部に固まっていたのはちょっと閉口ものでしたね。
ちなみにチャーハンと言えばラーメンと共用のレンゲで済ます店が多いですが、ここのチャーハン専用?のサジはなかなか使い勝手がいいですね。
お冷やが緑茶と言うのも特にこの時期さっぱりして助かりますが、特に匂いの強いものを食べた後ですとこういうところがありがたいのだろうなと思います。

設備面では駅の飲食店そのものですし、接遇面も今どきはどこもそうですがごく標準的なマニュアル対応で、味も含めて良くも悪くも平均的と言う印象でしょうか。
逆に言えばこういう味で全国展開できると言うのはよほど資本関係が強力なのか、それとも他のラーメンの味がよほどに印象的なのでしょうかね。
しかし何度落とすのか?と思うくらいに店員さんがチャーハンのサジを落としていたのが妙に印象的だったのですが、使い勝手と運び勝手は両立しないものなんでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

今日のぐり:「大蔵屋」

先日から公開されている人気映画について、妙なことで話題になっていると言うのがこちらのニュースです。

コナン映画、最悪「ネタバレ魔」急増 巧妙な手口、防ぐ方法ないのか(2017年4月28日J-CASTニュース)

   上映中の映画「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」をめぐり、作品の根幹に関わる「ネタバレ」を悪質な手口で行うツイッターユーザーが登場し、被害を受けたファンから「最悪すぎる」といった悲鳴が相次いでいる。
   「コナンの映画見たい」「明日コナン見に行く」――今回のネタバレ行為の「標的」となっているのは、こうした呟きを投稿したユーザーだ。

   今回問題となったネタバレの内容は、映画中で起きた殺人事件の「犯人」が誰なのかを明らかにするもの。少年探偵を主人公としたミステリー作品の「コナン」だけに、これは作品の根幹に関わる重要部分のネタバレに当たる。
   その手法は悪質で、映画をまだ見ていないと思われるファンのツイートに、「犯人は●●●●(編注・伏字は原文では犯人の名前)」というアカウントのユーザーが、「いいね」を付けるというもの。実際に、

    「明日コナン見に行くの楽しみだな~~~」
     「コナンの映画見に行きたい!」
     「あ~~~コナン見たい~~見たすぎてやばい」

といった投稿に、ネタバレ用のアカウントから「いいね」が送られている。
   「ネタバレ魔」はツイッターの検索機能を使って投稿を探しているのか、「いいね」が送られるツイッターアカウントは無差別的に決めているように見える。さらに、ツイッターの設定によっては、ツイートに「いいね」を送ったユーザーの名前が自動で通知される場合もあり、ツイッターを見なくてもスマホ画面などに表示されてしまう。
   つまり、ツイッターでコナンの映画について呟いただけで、無差別に犯人のネタバレを食らう可能性があるということだ。
   実際、この「いいね」を使ったネタバレ行為は、映画の上映が始まった2017年4月15日以降徐々に増加。公開から2週間近くが経った28日昼現在で、編集部が確認した限りでは少なくとも100人以上の「被害者」が見つかった。
(略)

よくこういうことを考えつくものだと感心もするのですけれども、確かにこういう行為は嫌だと言うのは理解出来ますよね。
本日は映画を楽しみにしている人々に警鐘を鳴らす意味で、それをやられると地味に嫌かも…と言った類のニュースを紹介してみましょう。

中国の武器「狼牙棒」で後頭部殴打 殺人未遂容疑で53歳男を逮捕 長さ1・8メートル、先端に鉄とげ…(2017年4月15日千葉日報)

 中国の打撃武器「狼牙棒(ろうげぼう)」で男性の頭を殴ったとして、千葉県警成田署は14日までに、殺人未遂の疑いで富里市、自称無職の男(53)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は13日午後10時35分ごろ、自宅駐車場で、近くに住む男性(32)を狼牙棒で数回殴り、頭などにけがを負わせた疑い。使用された狼牙棒は、長さ約1・8メートルで棒の先端に鉄製のとげ状の突起物が多数取り付けられていた。

 同署によると、男性は、狼牙棒を持って騒いでいた男の様子を見に行ったところ「ちょっと来い」などと因縁をつけられ、後頭部を殴打された。2人は近隣同士で、あいさつする程度の間柄だった。
 男性が「腕をつかまれた。すぐに来てください」と110番通報。駆けつけた同署員がその場で男を取り押さえた。容疑を認めているという。(本紙、千葉日報オンラインでは実名報道)

そもそも狼牙棒とは何か?とググって見ればどのようなものかは判るところですが、同じ殴りつけるにしてもこれは止めていただきたいですよね。
先日一部方面で話題になっていたニュースですが、まずは記事から紹介してみましょう。

入院中の熊本市長宛てに、妻から送られてきた画像がヒドい!(2017年5月1日MAG2ニュース)

熊本市の大西一史市長(49)が、このGW中に、甲状腺にできた腫瘍(しゅよう)を取り除く手術をするために入院をしているようだ。
一刻も早く、良くなってもらいたいものである。

市長によると、妻から、えげつない画像が送られてきたという。
早速、見てみよう。

熊本市長 大西一史
@K_Onishi

入院中の私に妻が送りつけてきた写真。ひどくないっスかッ
2017年Apr30日 14:40

(略)
入院中なのに、これはひどい・・・。
(略)

何がどうひどいのかは元記事の画像を参照いただきたいと思いますが、確かにこれはひどいと言うしかないですね。
こちらも一体何があったのかと話題になっていたニュースですが、これまた記事から紹介してみましょう。

公衆トイレ 屋根裏に3年間「住む」男逮捕 「前の人も」(2017年4月21日毎日新聞)

 大分県警臼杵津久見署に大分県臼杵市内の公園の公衆トイレの屋根裏に侵入したとして建造物侵入容疑で逮捕された男が「約3年前から住んでいた」「前の人もいたので(入った)」と供述していることが分かった。「約10年前に岐阜県から出てきた」といい、住まいを点々とした後に住みついたとみられる。

 男は住居不定、無職の山野内孝志容疑者(54)。逮捕時は氏名不詳だった。

 同署などによると、広さ約92平方メートルの屋根裏に2リットルや500ミリリットルのペットボトルが計300本以上あり、本人のものとみられる尿が入っていたという。電気ストーブやガスコンロ、衣類などもあった。屋根裏はきれいに整頓されていたという。山野内容疑者はトイレの個室の壁などを伝い、天井の約50センチ四方の点検口から出入りしていたとみられる。

 臼杵市は他の市内の公園の公衆トイレも点検したが、同様に誰かが侵入していた形跡はなかった。今回のトイレの点検口も上れない場所に移したという。【田畠広景】

元記事の画像を見る限り確かに入母屋のそれなりに立派なトイレなのですが、しかし前の人もいたと言うのが何とも不気味な感じがしますでしょうか。
そういうことがあるのは理解出来るのですが、何事も過ぎたるは及ばざるがごとしとも言えるのがこちらのニュースです。

70才で体を鍛え始めた男 マッチョ化し半裸で過ごし孫ドン引き(2017年3月15日NEWSポストセブン)

 マッチョなボディーに憧れる男性は多いが、それは老いても同じこと。東京都に住む女性Aさん(68才)は、70才にして体を鍛え始めた夫のエピソードを明かす。

 孫が描いた、“おじいちゃん”の絵が、どう見ても豚にしか見えなかったことにショックを受けて一念発起。70才にして、初めて某有名フィットネスクラブに通いだしたわけ。
 何が気に入ったのかしら。どうせすぐにやめちゃうと思っていたのに、週休2日よ。それで筋肉がうっすらとつき出したらもう止まらない。トレーニングメニューに加えて、毎日のランニングに筋トレ。食事はたんぱく質を中心にして、あんなに大好きだったお酒まで断ったの。
 で、とうとう数か月後には、豚の絵とはまるで違う筋肉質に大変身よ。だけど、しわくちゃ顔を、筋肉スーツの上に取りつけたみたいですごく不自然。
 しかもその体を見せつけたいもんだから、家に帰ったら上半身裸になるのよ。たまったもんじゃないって。
 豚の絵を描いていた頃には、「おじいちゃん大好き」だった孫も、最近は「おじいちゃん気持ち悪い」と寄りつかなくなっちゃった。まったく、何のための筋トレか、本末転倒もいいところ。

それがどのような状況なのか想像出来てしまうのですが、しかし本人も孫離れ出来たと言うことであればよかったのかも知れないですけれどもね。
最後に取り上げますのはこちらのニュースなのですが、これ自体は非常に画期的な新薬と言っていいのでしょうか。

8時間を1000年に感じる「精神と時の部屋」のような薬が開発可能!囚人に服用させるらしい(2017年3月30日秒刊サンデー)

我々の人生は80年、頑張っても100年という感じではございますが、これが科学の力で1000年になるとすれば、とんでもなく人生を楽しめるのかもしれません。しかし、逆に言えば1000年間楽しくない人生を歩むことにもなりかねないわけですが、そんな夢のような技術が開発可能ということで話題になってます。

現在服役している囚人たちですが、最も長い刑罰として「終身刑」「無期懲役」などがありますが、模範受刑者・恩赦などによりだいたい30年ぐらいで出てくることが出来ます。ある意味「終身」でも「無期」でもないわけですが、これが1000年の刑となれば話は別です。いくら恩赦や模範となっても1000年という膨大な規模となれば手の施しようがありません。そもそもそんなに人は生きられません。
しかし哲学者のレベッカ・ローアチェスによると、最新のバイオテクノロジーで人類をたった8時間で1000年の刑に処する事ができるのだという。
具体的に言うと、その特殊な薬を飲むとたった8時間が1000年に感じることができて、薬が抜けた頃には憔悴しきっている状況になるようです。人間の感じる時間を100万分の1にすることで、その技術は可能になるのだといいます。

とはいえ、本人は1000年でも実際の社会では8時間なのではたから見れば刑を軽くしているようにしかみえませんが、その辺の倫理観がクリアされれば実現するのかもしれませんね。
まあ、バーチャルで1000年を感じることが出来るのであればむしろその薬を使って、勉強をしまくったり、やりたいことをやりまくり、そのうえでたった8時間しか進んでいないなんて、まるで精神と時の部屋のような夢のような話ですが開発されればされたでまた別の問題がおきそうですね。

何しろ哲学者の言うことですから実際に科学的裏付けのあることなのかどうか何とも言えませんが、それにしても実際に実用化されれば各方面に応用できそうですよね。
それなのによりにもよって何故囚人に?と言うところからすでに真っ当な発想とは思えませんが、案外収監期間が大幅に短縮出来ることでコスパがよいのかも知れません。

今日のぐり:「大蔵屋」

広島県東部の府中市界隈のお好み焼きは一般的な広島のそれとは少し違っていて、薄切り肉ではなく豚挽肉を使うと言う特徴があるそうです。
その「府中焼き」を出すお店の一つがこちらですが、幹線道路から奥に入った住宅地の一角にあるごく小さなお店ながら、持ち帰りも含めお客は多そうですね。

今回は一番ベーシックなそば肉玉を頼んで見ましたが、テーブル席でも熱々の鉄板に乗せてサーブしてくれるのはありがたいですね。
見た目はごく普通のお好み焼きとさほど違っているようには思えないのですが、肉の食感がないかわりにキャベツとの馴染みがいいのか?と言う気がします。
麺の焼き加減は個人的にはもう少し堅く焼いた方が好みなのですが、逆にこれくらいのぷりぷりした具合がいい人もいるのでしょうね。

府中焼きの中での位置づけは何とも言えないのですが、普通にお好み焼きとして食べても結構うまいんじゃないかと思いますし、価格設定にも割安感があります。
しかし市内でもそう町外れと言うわけでもないのに、トイレが今どき非水洗と言うのは地域のインフラ的にどうなんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月30日 (日)

今日のぐり:「みはらし温泉 魚三昧」

先日多くの人々が瞠目したのがこちらのびっくりニュースです。

イラク 「ダーイシュ(IS)」戦闘員がイノシシに八つ裂きに(2017年04月25日スプートニク)

イラクのキルクク県で野生のイノシシが「ダーイシュ(IS,イスラム国)」の陣地を襲い、武装戦闘員3人を八つ裂きにする事件が起きた。イラクの情報ポータル「Iraqi News」が地元住民の証言を引用して報じた。

事件が起きたのはアル・ラシャド地区。何度もイノシシに畑を荒らされ、業を煮やしていた「ダーイシュ」の武装戦闘員らは反逆に出て、イノシシを捕まえようとした結果、襲われた模様。
現時点で武装戦闘員らの殲滅についての公式情報は出されていない。

先の報道によると、アサド大統領はスプートニクのインタビューに対して、ダーイシュが化学兵器を入手した経路について語った。

どれだけ最強のイノシシなんだよと思わず突っ込みたくなった人も少なからずだったと言うことですが、しかし武装戦闘員3人を上回るとは大変なものですね。
本日はその最強ぶりを証明したイノシシに敬意を表して、世界中から動物に絡んで思わず突っ込みたくなるニュースを紹介してみましょう。

犬猫のおしっこで道路標識折れる? 歩いていた女性軽傷 さいたま市(2017年4月25日産経新聞)

 25日午前9時20分ごろ、さいたま市浦和区針ケ谷の市道で、道路標識が突然倒れ、路側帯を歩いていた同市西区の会社員女性(28)に接触。女性は左腕に約1週間のかすり傷を負った。標識は根元だけが腐食して折れており、埼玉県警は「犬や猫などのふん尿が原因と考えられる」としている。

 県警浦和署によると、倒れたのは高さ約3・6メートル、直径約6センチの金属製柱で、駐車禁止と横断歩道の道路標識。2~4月に同署員が目視で点検した際には、異常は確認されなかったという。

 県警は「道路標識などの点検と管理を徹底し、同種事案の未然防止に努める」とし、各警察署に緊急点検の通知を出す方針。

元記事の写真を見ると確かにぽっきりなのですが、しかし尿でそこまで腐食するならもっと被害が多発してもよさそうなものですけれどもね。
昨今では孤独状態を表す「ぼっち」と言う言葉があるそうですが、そのぼっちぶりで逆に人気が出てしまったと言う生き物がこちらです。

壁に向かい立ち尽くす… 「ぼっち」ペンギン人気(2017年4月4日朝日新聞)

 京都市動物園に、群れになじめないでいる1羽のペンギンがいる。雌のフンボルトペンギン「ナンテン」。群れと離れ、1羽で行動することが多い。

 7年前に大阪・天王寺動物園から来た。1羽だけで泳ぎ、壁に向かって立ちつくす孤独な姿が「かわいい」「抱きしめたくなる」とネット上で話題に。

 「仲間たちとの間にも程よい距離感が必要なのは、人間もペンギンも同じなのかも」と園の担当者。雄とのペア成立も、気長に待つつもりだ。

確かに壁に向かって立ち尽くしているなあと言う後ろ姿が哀愁を感じさせますが、何かしら仲間はずれになるような事情でもあったのでしょうか。
こちら同じくペンギンのニュースですが、こちら逆にコミュニケーション力が高すぎたが故に?総スカンと言うニュースです。

不倫中のペンギン、妻や他のペンギンに見つかりボコボコに イチャイチャ姿みつかり大惨事の動画、大きな話題に(2017年4月20日もぐもぐニュース)

メスと交尾中だったペンギン(夫)が、その妻や他のペンギンたちにみつかり、ボコボコにされる映像が大きな話題になっている。これ人間の話ではなく、本当に南極にいるあの鳥のこと!

この話題の動画は、今月17日のYouTubeに「When Penguin Gets Caught Cheating」というタイトルで投稿されたもの。
映像を観ると、動物園の飼育舎の片隅で、2匹のペンギンがちょうどおさかんに愛を育んている最中。するともう一匹のペンギンが近づいてきて、その様子を見て唖然…。すると唸り声をあげはじめ、修羅場がはじまるのだ! 首根っこを抑えてボッコボコ、さらには他のペンギンたちも近づいてきて…もう大変。最終的に、浮気現場を見つかった夫ペンギンは、水の中になんとか逃走した。

ペンギンは一夫一妻制だと言われており、一度ペアを組むとパートナーが死ぬまで操をたてると言われている。そんな“純愛”を貫くペンギンだけに、今回のような事態になったのではないかと言われている。
修羅場は人間だけのものではないようで。

その詳細は元記事の画像を参照いただきたいと思いますが、しかし浮気がこうまでタブーに触れると言うのも驚きですが、メスの方には懲罰なしでよかったのでしょうかね?
世界中何処でもありふれた生き物ですが、その振る舞い次第では周囲は大騒ぎになると言う実例がこちらのニュースです。

「猫が電車で昼寝をしてる、このままだと迷子になるのでは?」(2017年04月24日らばQ)

ドイツ在住のパトリックさんは、地下鉄の車内で信じられないものを目撃しました。なんと茶トラの猫がスヤスヤと座席の上でお昼寝していたのです。
その光景になごんだパトリックさんでしたが、同時に不安を覚えました。

・人間に慣れているので飼い猫である可能性が高い。
・散歩の途中で乗り込んでしまったのなら、自力で帰るのは絶望的である。

そこで飼い主や心当たりのある人がいないか、SNSで呼びかけることにしたのです。

場所はドイツ南西部のバーデン=ヴュルテンベルク州の地下鉄。パトリックさんが乗り込むと、猫が座席2つを贅沢に占有して、ぐっすりと眠っていました。
「隣をごめんよ」と奥につめてもらっても、あいかわらず熟睡を続ける猫。パトリックさんはFacebookに写真を投稿し、
「この猫が行方不明になった人はいませんか? 心当たりがある人は地下鉄S1線に連絡してください」と呼びかけました。
すると数万人によってシェアされ、情報は瞬く間に拡散されたのです。
(略)

その結末は元記事を参照いただきたいと思いますが、しかしネコ本人?の様子と周囲の慌てぶりが何とも好対照ですね。
最後に取り上げますのは世界一有名なあの動物の、少しばかり意外性あるニュースです。

陝西省の景勝地に野生のパンダ現る、観光客と記念撮影も(2017年04月24日人民網)

陝西省洋県華陽景勝地の保安係の陳宝忠さんが21日午前8時30分ころ、龍吟峡を巡回中、長青国家級自然保護区の道から約500メートル離れたところで、突然現れた白黒の物体を目にした。

その正体はゆっくりと散歩する野生のパンダ。陳さんは、「私が景勝地の清掃員と一緒に近くに生えていた竹を急いで集め、そのパンダにあげたところ、パンダは竹をすぐに食べ始めた。

その約20分後には観光客の一陣がやって来て、そのパンダを取り囲んで一緒に記念撮影をしたが、パンダは人にも撮影にも全く動じていなかった」とそのときの様子を語った。華商網が伝えた。(編集YK)

ともかくもその不可思議な様子は元記事の画像を参照いただきたいのですが、さすが本場中国と言うしかない光景ですよね。
パンダと言うものがこうまで人慣れしていると言うのも意外なのですが、連中それなりに危険性も高い生き物だと言う話も聞くのですがどうなのでしょうか。

今日のぐり:「みはらし温泉 魚三昧」

広島県は三原市の市街地対岸に位置するこちらの施設、昨今都市部でも良くある温泉施設併設の料理屋と言うところでしょうか。
繁盛していたはずが今回妙にお客も少なく活気もないと思っておりましたら、何やら温泉部門でレジオネラ感染があり営業停止中だそうで、まあ客商売は大変ですよね。

今回釜飯御膳をタコ飯で頼んで見たのですが、この界隈はタコが名産でシーズンともなると道路脇で延々とタコを干している光景が見られます。
たこ飯を待つ間に箸を付けたつけあわせは茶碗蒸しはまあ普通、刺身も鮮度はよく味もまずまずで、特にこれと言うことはないものの及第点かと思いました。
ただメインのタコ飯は固形燃料で炊き上げるのはいいんですが、炊けていない生コメのようなコリコリした食感で、季節外れにしても味も正直さほどには…でしょうかね。

座敷の個室が並んだ施設でお茶などは急須にセルフでと言うことですが、この茶葉が切れていたりと今回ちょっと士気的にも落ちて来ているのかな?と言う印象を受けました。
こちらの場合窓からの海の眺めはいいんですが、温泉が営業を再開してまたお客さんが戻ってきた頃に再訪してみたいところですかね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

今日のぐり:「丸美商店」

当の本人はやらないと否定していたはずの話ですが、先日ブリでついにこうした話が出たそうです。

イギリスのメイ首相、6月8日に解散総選挙を実施する意向 EU離脱遂行へ国民の信任得るため(2017年04月18日ハフィントンポスト)

イギリスのテリーザ・メイ首相は4月18日朝、下院を解散し、6月8日に総選挙を行う意向を表明した。
ダウニング街10番地の首相官邸で、メイ首相は「我々には総選挙が必要だ。そして、総選挙は今まさに必要だ」と述べた。
総選挙は2020年まで実施されない日程だった。そして首相官邸は、メイ首相が早期の解散総選挙に踏み切るという予測を繰り返し否定してきた。
自身の心変わりについて、メイ首相は、選挙がEU離脱交渉を開始するにあたって「この先数年にわたって確実に、安定した政権運営を保証する唯一の道だ」と説明。EU離脱を遂行させるため、国民の信任を得ると発表した。

総選挙を実施するためには、下院で3分の2以上の同意を得なければならない。
「明日、私は庶民院(下院)で総選挙を6月8日に実施することを求めるために動く」と述べた。
イギリスの世論調査会社「YouGov」が、タイムス紙で実施した調査によると、保守党は労働党に対し、支持率が最大で21ポイントリードしている。
メイ首相の支持率は44%で、労働党のジェレミー・コービン党首が23%で続く。労働党の支持率はYouGovの調査で2009年以来最悪となっている。

これを受けてメルケルさんが「メイのバカ!もう知らない!」と言ったとか言わないとかですが、まあしかし選挙の結果はどうあれ国民投票の結果は変わりませんからねえ…
今日は実現に向け話が着々と進むブリの英断に敬意を表して、世界中からあらら、本当にそれやっちゃったのか…と言うニュースを取り上げてみましょう。

AmazonレビューにブチギレたIoT車庫メーカー、ユーザーの端末を接続できないようにする暴挙にでる(2017年4月16日GIZMODO)

そりゃ、ダメよ…。
IoT社会が進みだし、すべてがインターネットに繋がる怖さもわかってきました。にっくきハッカーめ…と思いきや、敵は悪事を働こうとするハッカーだけではありませんでした。まさか、プロダクトを売る側のIoTメーカーが敵になるとは。

Ars TechnicaやDigital Trendsによると、IoTガレージを提供するGaradgetと顧客であるユーザーとの間で、商品レビューを巡り事件勃発。Garadgetは、WiFiを使って遠隔でガレージを開けたり、開けっぱなしを通知してくれるスマートガレージドアキットを提供しています。2016年にKickstarter、Indiegogoで資金調達に成功し、一般販売も始めたスタートアップです。が、どうやらプロダクトの評判はイマヒトツのよう。Amazonのレビューでは約20%の人が星1つという低評価をつけています。そのレビュワーの1人、R. Martinさんは、アプリが上手く作動しないとGaradgeコミュニティ掲示板に投稿していました。アプリをアンインストール/再インストールしても、端末再起動してもダメだったとし「クソ商品を買ってしまったかも」とコメント。掲示板投稿後、Amazonでも「ゴミ。お金の無駄」と星1つ評価をつけました。事件が起きたのはその後…。

Garadgetの開発者であるDenis Grisakさんが返信コメントを投稿「Amazonに返して返金してもらうしかない。あなたのユーザーID2f0036…は、もうサーバーと連携できないようにするから」と。プロダクトの開発者自身が、嫌なら使うなとばかりにIoTの根幹であるネット連携をカットするという行動にでたのです。Grisakさんは、暴力的な言葉使いや、癇癪をおこしたヤツに付きあうつもりはないと、クラウド接続と共にバッサリとユーザーを切り捨てました。
そしてこのやりとりは、Twitterで取り上げられるやいなや注目の的。そりゃそうでしょうよ、IoTプロダクトを使う場合は、ハッキングの脅威だけでなく、開発元の気分まで気にしなくてはいけないのか?って話ですから。低評価レビューを書くなら使うなとばかりに、勝手に接続を解除されるのでは、たまったもんじゃありません。

Grisakさんは、その後補足コメントを投稿。ただし、謝罪コメントではありません。自身の行動が適切なPRとは言えないと認める一方、「客をクビにしたのはAmazonのレビューのせいではなくて、害になる人から距離をおきたかっただけ」と、あくまで強気な態度。イーロン・マスク氏のツイート(失礼な相手にサービス拒否したのがニュースになるなんて、今日はのんびりした日だね)を引用して、サービス拒否の正当性を訴えています。
嫌なら見るな、マズイなら食べるな、お客様は神様じゃない。とはいえ、IoTプロダクトの場合、今回のように一方的に「嫌なら使うな」ができてしまうのが恐ろしいわけで。これはIoT業界にとって大きなネガティブイメージになってしまいます。

業界にとってどうかと言う話はさておき、まあ誰しも顧客とこじれた際など一度は考えてみることではあるのでしょうけれども、ねえ…
こちらも誰しも考えたことはあるのでしょうが、実際にやればこうなると言うニュースです。

試合中に相手の尻に指を突っ込む!(2017年3月24日サッカーダイジェスト)

オーストラリアのヴィクトリア州プレミアリーグ(2部)で耳を疑うような出来事が起きた。

問題となったのは、3月12日のサウス・メルボルン対セント・アルバン・セインツの試合中に撮影された一枚の写真だ。そこには、ホームチームのDFクリスティアン・コンスタンティニディスが、相手MFジョセフ・モネクの尻に右手の中指を突っ込んでいる場面が収められていたのだ。
この写真がネット上に出回り、コンスタンティニディスは3月22日にヴィクトリア州サッカー協会の審問を受けた。結果は6か月の出場停止という厳罰で、モネクに対して謝罪の手紙を書くことも命じられている。

思い起こされるのは、チリ代表のゴンサロ・ハラのケースだ。このDFも15年のコパ・アメリカでウルグアイ代表のエディンソン・カバーニにコンスタンティニディスと同様の愚行を働いたが、処分は3試合の出場停止という軽いものだった。
オーストラリアでは、ラグビーのジョン・ホポアテという選手が対戦相手の尻に指を突っ込んだ行為が大きな問題になった過去があり、その前例が今回の厳しい処分に影響したと思われる。

どのような動機があったのかは定かではないが、コンスタンティニディスの行いが著しく品性を欠いていたのは事実だろう。猛省を促したい。

コンスタンティニディス選手が褒めて伸ばすべき選手だったのかどうか記事からは判りませんが、しかしこういう行為は全世界共通なのでしょうかね。
こちらも小学生時代くらいであれば誰しも考えたこともあるのでしょうが、社会人になってからやってしまうとこうなると言うニュースです。

とんだハレンチ教師!  ホットドッグに局部をはさみ「俺のビッグ・ドッグを見ろ」(2017年3月27日テックインサイト)

男はワシントン州スポケーン郡にある「フェリス高校」サッカー部のコーチで、学校ではフィットネスとリーダーシップの指導を行っていた教師歴11年のジム・シャーキー(50)。 昨年夏にアイダホ州で行われたリーダー合宿でハメを外し、生徒たちに自分の下半身を見せつけるなどしたことから学校に苦情が入ったという。

地元紙『Spokesman-Review』によれば、問題の行動があったのはバーベキューの時。シャーキーはホットドッグ用のパンに自分のペニスを乗せ、「どうだ、俺のはビッグ・ドッグだ」などと言いながら生徒たちに見せて回った疑いがもたれている。生徒の苦情を受けて学校関係者も動き始めたが、合宿主催者も事件を知らないことから証拠不十分とされ、生徒の前での飲酒について注意されたのみであった。
これに怒ったほかの生徒たちが「噂は本当。ホットドッグ事件の被害者は複数いる。シャーキー先生は普段からわいせつな行為や言葉があったと訴えたことから、今年2月1日付でシャーキーは有給での休職となった。本人はメディアの取材にそれらの容疑を否定し、学校が下した処分にはおおいに不服だと語っている。

現役時代のエネルギーが十分残っているのであろうか、血の気の多いコーチが問題を起こすことが多いアメリカ。アトランタ市では2015年、高校女子バスケットボールの試合後に両校のコーチが偶然鉢合わせとなり、敗者の女コーチが勝者の男性コーチにイスを叩きつけて殴り、歯、鼻、眼球に大怪我をさせた事件が起きている。

いい歳をして何をやっているのだと言うことなのですが、こうなると単なる酔っ払いと変わることがありません。
最後に取り上げるのはお隣中国からの話題ですが、良い子は決して真似をするなとはこのことでしょうか。

中国でまたアニメをまねた悲劇、男児が傘を開いてマンションから飛び降りる(2017年4月18日レコードチャイナ)

18日、蘇州広播電視総台によると、中国江蘇省昆山市で先日、アニメのまねをした男児が傘を差してマンション5階から飛び降りるという事故が起きた。資料写真。

2017年4月18日、蘇州広播電視総台によると、中国江蘇省昆山市で先日、アニメのまねをした男児が傘を差してマンション5階から飛び降りるという事故が起きた。

目撃者の話によると、このマンションの部屋はメゾネットタイプになっており、高さは一般的なマンションの10階に相当するという。飛び降りた男児は7歳で、発見した人が警察に通報、家族もすぐに現場に駆け付けた。男児が搬送された病院の医師は本人の容体について「命の危険は脱した」と説明、当時の状況に関しては家族から聞いた話として「本人は事故当時、1人で家にいた。アニメのまねをして傘を開いて5階から飛び降り、2階で電信柱のような物に接触した後、地面に落ちた」とコメントしている。

中国では過去にも同様の事故が起きており、昨年12月には水道管に抱き付いて地面に滑り降りるシーンをまねしようとした6歳の女児が自宅のある5階から落下、今年3月にも5歳の女児が11階から飛び降りて重傷を負うという事故があった。

しかし余程に運が良かったと言うべきなのかですが、よくこれで助かったものですよね。
日本でも時にマンション上層階から子供の転落があるようですが、そのうちの何件かはこうした事情があるのでしょうか。

今日のぐり:「丸美商店」

和歌山駅の地下、飲食店が並んでいる一画にあるこちら、地元でもなかなか評判のいい中華そば屋なのだそうです。
特にこれといった癖がなく、標準的な和歌山ラーメンが食べられるのだそうですが、いい頃合いで繁盛していらっしゃるようですね。

メニューは基本的に中華そば中心でごくシンプルなものですが、すし(早寿司)があるのが和歌山っぽいですかね。
一番ベーシックな中華そばを頼んでみたのですが、ここは豚骨に加え鶏ガラも使ってるそうで、見た目の第一印象はあまり濃くなさそうだなと言う感じでしょうか。
このスープがなかなかいい出来だったのですが、鶏ガラのすっきり素直なうまさに豚骨の癖がいいアクセントで、醤油タレも辛すぎず薄すぎず頃合いと、よく出来ていますよね。
細めの麺もしゃっきり頃合いの茹で加減ですし、トロトロ煮豚やたっぷり盛られたネギとの折り合いもよく、誰が食べても好き嫌いなく受け入れられそうな味ですね。

今回すしや玉子は手を付けなかったのですが、テーブルの上のやかんなど和歌山独自の作法も含めて楽しませていただきました。
設備面では駅地下と言う立地相応なのですが、接遇面では何かと気ぜわしくなりそうな駅のお店の割に?頃合いのおっとりした雰囲気もいい感じでしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

今日のぐり:「総本家めはりや 和歌山店」

先日こんなニュースが報じられていたのをご存知でしょうか。

偶然が重なった奇跡の救命劇(2017年3月29日大分合同新聞)

 先日、中津市消防署耶馬渓分署の中堅消防署員2人が同市山国町内の温浴施設に消防設備の点検に訪れた時のこと。

 店内に入ろうとすると、目の前を歩く60代男性が突然気を失って倒れた。心肺停止状態だったため、1人の消防署員が119番通報。もう1人の救急救命士がAED(自動体外式除細動器)を使って急いで処置した。他の利用客が心配そうに見守る中、男性の呼吸は回復。その後、市内の病院に入院したが、幸いにも後遺症はないという。

 「命を救えて何より」と2人。報告を受けた幹部は「救急救命士が居合わせるなんて男性も運が良かった」と胸をなで下ろした。

天下の大分合同新聞であるだけに早速ネコも登場していると言うのはお約束ですが、それにしても同じ倒れるならこういう状況でありたいものですね。
今日は無事命拾いをした男性を祝して、世界中からこういうことってあるんだね…と思わずへぇとつぶやいてしまいそうなニュースを取り上げてみましょう。

強い磁力出すMRIで驚きエピソード 「髪」が吹き飛んだって信じられる?(2017年3月29日J-CASTニュース)

   体内や脳内を詳しく検査する「MRI(核磁気共鳴画像法)」。装置に入ったことがある人なら、検査前に「金属を持ち込んではいけない」と厳重に注意されただろう。これはMRIが強力な磁石を使用しているためだ。
   そんなMRIにまつわる「衝撃的な話」がツイッター上で話題となった。「増毛パウダー」をつけた人が入ったところ、装置の中にパウダーが飛び散ったという。金属とは無縁に思えるのだが...。

   2017年3月23日にツイッター上で、
    「今日、友人がMRIを受けたんだけど、機械が1台故障していて、えらいしんどい目にあったらしい。故障の原因。増毛スプレーをした男性が受診して内部に鉄粉が飛び散ったため。」
というツイートが投稿された。投稿者も伝聞のため詳細は把握していないようだが、この「増毛スプレー」とは髪染めなどではなく、髪の薄い部分に繊維状のパウダーを振りかけ毛量を多く見せる、いわゆる「増毛パウダー」と思われる。思いもよらぬ「事件」に、ツイッターでは多くの人が「MRIに増毛パウダーがダメだとは知らなかった」と驚いた。

   MRIは強い磁場を発生させ体内の水分に電磁波をあて、跳ね返ってきた情報を画像化する仕組み。強力な磁石を使用するため金属など「磁性(磁石に引き寄せられる性質)」を帯びる可能性があるものを装置内に持ち込むのは禁止されている。イヤリングやネックレスはもちろん、心臓ペースメーカーや人工関節、入れ歯、インプラントも金属製のため、MRI受診前には医療機関などで入念にチェックをされる。
   では、増毛パウダーには何が含まれているのだろうか。
   J-CASTヘルスケアがMRI装置の製造販売を行っている東芝メディカルシステムズに取材を行ったところ、担当者は「増毛パウダーがMRIに吸い寄せられるというのは初めて聞いた」と苦笑しつつ、「何らかの磁性体(磁石に引きつけられる物質)が含まれていれば引き寄せられる可能性はある」と話す。
    「さらに磁性体はMRIに入ると熱を帯びるため、タトゥーや入れ墨の染料に金属が含まれていると火傷を負うリスクもあります」
   ただ、増毛パウダーに鉄粉などが含まれているかは把握してないという。
(略)

これほど深刻な事故に対して何故そこで苦笑いなのかですが、しかし確かにこういうリスクがあるとは侮れませんね。
先日も日本選手が活躍したと報じられていた卓球ですが、その裏でこんなトンデモナイ事件が発生していたそうです。

<卓球>日本人選手のラケットが中国人審判の頭部を直撃!流血し交代―中国(2017年4月11日レコードチャイナ)

中国のスポーツメディア・騰訊体育などは11日、中国無錫で行われている卓球のアジア選手権大会で、日本人選手のラケットが中国人審判の頭部を直撃するアクシデントがあったと伝えた。

記事によると、男子団体1回戦の日本対インドの第2試合の途中、丹羽孝希の手からすっぽ抜けたラケットが審判を務めていた女性の左側頭部を直撃。女性は出血したとみられ、試合は一時中断、緊急治療が行われたという。結局、引き続き試合を裁くことは困難と判断され、別の審判と交代したようだ。
記事は、女性が王欣(ワン・シン)さんといい、ブルーバッジ(上級国際審判員)を所持していることや、清華大学の副教授で同大学の卓球コーチを務めていること、中国卓球協会審判委員会の副主任を務めていることなどを紹介している。

なお、試合は日本が3−2でインドに勝利し、韓国との準決勝にコマを進めた。

元記事には写真も添付されているのですが、確かにこれは痛そうな事件ながらこんなこともあるのだなと感じますね。
日本でも時折話題になるのがゴミ屋敷と言われるものですが、こちら思いがけない事情から自宅がゴミ屋敷になってしまった方々の不幸を伝えるニュースです。

ごみ山崩壊、46人死亡 エチオピア、女性や子供ら(2017年3月13日産経新聞)

 アフリカ東部エチオピアの首都アディスアベバ郊外で11日、ごみ集積場のごみ山の一部が崩れ、換金できる物などを拾っていた女性や子供ら少なくとも46人が死亡した。AP通信などが市当局者の話として報じた。

 APによると、当時約150人が現場にいた。付近の住宅も巻き込まれ、多数の行方不明者が出ている。

 エチオピアは近年経済成長が続いているが、いまだアフリカ最貧国の水準にとどまっている。慢性的な食料不足が問題となっており、集積場には毎日約500人がごみ拾いに来ているという。(共同)

元記事にはその悲惨極まる状況の写真が掲載されていますが、しかしこういうものは同じ死ぬにしてもかなり嫌な死に方になるのでしょうかね。
これまた大変に重大な結果を招いた怪事件なのですが、その経緯もまた大変に興味深いものであるように感じます。

ドジョウ2匹が肛門から侵入、1匹見つからず…(2017年3月19日ナリナリドットコム)

2匹のドジョウを肛門に入れ、うち1匹が腸壁を食い破りお腹まで侵入、危うく死にかけたというニュースが話題を呼んでいる。

中国・広州の45歳男性が先日、酒に酔ってドジョウを肛門に入れたあと、高熱と重度の腹痛を訴え病院に駆け込んだという。医師たちはさっそく肛門から6センチのドジョウを1匹取り除いたが、もう1匹は見つからない。
探しているうちに腸壁の損傷を見つけ、「ひょっとして」とレントゲンを撮ったところ、なんとドジョウは腸壁を食い破り上腹部まで遡上していたことが判明。感染症の恐れもあり集中治療室に運ばれると、なんとか無事にドジョウの除去に成功し、「もう少し上まで来ていたら命はなかった」と医師たちは語った。

ネットでは「今週一番のおバカ」「鯉だったらこんなことにはなってなかった」「新手のフィッシュセラピーか何かなのかな」「翌月、その男性はウナギを入れて運び込まれるはず」「酒は人間をあらゆる意味で解放するね」とからかうようなコメントが多く寄せられている。

しかし中国からはこの種のニュースが定期的に登場するように感じるのですが、人間が山ほどいればこういう人々も出てくると言うことなのでしょうかね。
最後に取り上げますのはお隣韓国から、これまた滅多に起こることがなさそうな事件のニュースです。

「死ぬまで飲もう」と焼酎62本、アルコール中毒治療中の44歳女性死亡(2017年03月31日朝鮮日報)

 29日午後0時15分ごろ、江原道旌善郡古汗邑の旅館のトイレで女性Pさん(44)が死亡しているのが発見された。Pさんと旅館の一室にいた男性Cさん(41)が母親に電話をかけ、「一緒に飲酒していた人が死んだようだ」と告げたことから、母親が警察に通報した。

 警察官が現場に到着した当時、Pさんは外傷がない状態でトイレに倒れていた。2人は19日から旅館に宿泊していた。2人は全羅北道金堤市の病院でアルコール中毒の治療を受けていて親しくなった間柄だった。入院治療中だったCさんは18日、病院から外出を認められたため、Pさんに連絡し、「死ぬまで酒を飲もう」と話し、江原道への旅行を持ちかけたという。

 旌善郡に到着した2人はすぐに旅館に宿泊し、11日間で360ミリリットル入りの焼酒(ソジュ、韓国式蒸留酒)32本、1.8リットル入り焼酒6本を飲んだ。一般的な360ミリリットルの瓶に相当すると62本を飲んだ計算になる。Cさんは酒を買うために2回旅館の外に出たが、Pさんは一度も部屋を出なかったという。警察はPさんの死因を調べるため、遺体を国立科学捜査研究所に送った。

死ぬまで飲もうと言って実際に死ぬまで飲んだわけですからこれはこれで潔いと言うべきでしょうが、C氏がその後病院に再入院することになったのかどうかははっきりしません。
確かに酒だのタバコだのは死ぬまで続けてしまうと言うタイプの人が少なくないようですが、しかし何の為の治療だったのかと言う話ですよね。

今日のぐり:「総本家めはりや 和歌山店」

和歌山駅前に立地するこちらのお店、もともとは同じ県内の新宮市に本店があるのだそうですが、もともと「めはり寿司」で有名な老舗なのだそうです。
そもそも新宮名物と言うこちらのめはり寿司なるもの、話に聞くところでは寿司と言うよりもおにぎりなのだそうですが、ともかくも食べて見ないことには始まりません。

小綺麗な店内でメニューを見てみますと串揚げが中心の居酒屋風のものが並んでいますが、ひとまず目に付いたものを適当に頼んでみました。
問題のめはり寿司とは醤油ダレを使った高菜漬けで包んだおにぎりと言ったものなのですが、もともとは労働者のお弁当だったと言うことでかなり塩加減が強めになっていますね。
類似メニューとしてめはり天むすと言うものもあって、こちらの方が今風の味になるのかなと思うのですが、しかしかなり大ぶりなだけに一個でそれなりにお腹もふくれるのが難点でした。
串カツはセットメニューで頼んで見ましたら色々と野菜の揚げ物が出てきて良かったのですが、特にトマトがとろりと甘くていけます。
和歌山も高知同様ウツボを食べるのですが、このウツボの揚煮なるものはカリカリした食感と佃煮っぽい濃いめの味で、保存も利きそうですし酒のつまみによさそうなものですね。
面白いのが刺身のネタがマグロとクジラなのですが、確かにいずれも地元の水揚げされたものと言えるのでしょうが、せっかくですから普通に地物の鮮魚もあればなあと思いました。
ちなみにマグロは赤身だがほどよい口どけでメジっぽいフレッシュな味、鯨は味はこんなものですが料理の点ではもう少し郷土料理っぽいものがあればよかったですね。
豚汁の味噌の甘みが何か不思議な感じでこれはこれでうまいなと思ったり、醤油の味が普段使っている和歌山産の味にそっくりだったりと、こういうところで土地の味も感じられたものでした。

居酒屋定番の鶏唐やシーザーサラダなども含め料理はそれなりに楽しめましたが、何しろ和歌山駅前にめはり寿司の本家的なお店が出来たと言うことで、遠来のお客には好評のようですね。
接遇面では都会の居酒屋よりまったりしていて居心地はいい具合なのですが、トイレだけは設備は及第ながら妙に狭い上にキャパ不足で、せっかく新しいお店なのにと少し残念な気がしました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

今日のぐり:「ラーメン匠 深津本店」

食品業界も日々新商品の開発に忙しいのは判るのですが、先日話題になっていたこちらのニュースをご存知でしょうか。

日清食品、「日清焼そばプチU.F.O.ビッグ」を発売(2017年4月3日日本経済新聞)

 日清食品株式会社(社長:安藤 徳隆)は、「日清焼そばプチU.F.O.ビッグ」を4月17日(月)に全国で新発売します。

 「日清焼そばU.F.O.」は、1976年の発売以来、幅広い層の方々にご愛顧いただいているロングセラーブランドです。
 2002年4月に発売した「日清焼そばプチU.F.O.」は、麺重量がレギュラーサイズのちょうど半分のプチサイズで、近畿地区を中心にお子さまや女性の間で根強い人気を誇っています。レギュラーサイズの「日清焼そばU.F.O.」とは一味違う懐かしのウェーブ麺と、“やみつき濃厚エクストリームソース”をベースにしたまろやかなソースの味わいが特徴です。

 今回、この「プチU.F.O.」の特徴はそのままに、“コバラにぴったりサイズ”をあえてビッグサイズにしたウソのようなホントの商品「日清焼そばプチU.F.O.ビッグ」を発売します。
 “コバラにパンパンサイズ”の「日清焼そばプチU.F.O.ビッグ」は、「プチU.F.O.」のおいしさをもっと味わいたかった方や、「プチU.F.O.」をまだ食べたことがない方にも必ずご満足いただける一品です。

元記事の画像を見ていただきどう感じるかで、プチサイズのビッグサイズとは要するに元のサイズに他ならないような気もするのですが、実際にはレギュラーサイズより微妙に少ない量なのだそうですね。
ともかくもこうした何とも微妙な新商品の発売を記念して、今日は世界中から何となく釈然としないニュースの数々を取り上げてみることにしてみましょう。

【東京】上野公園 中国人男性の頭に鉄パイプ刺さる けんかか(2017年3月21日フジテレビ)

東京・上野公園で、中国人男性が頭に鉄パイプが刺さった状態で見つかり、重傷を負った。警視庁は、中国人男性が、何らかのトラブルに巻き込まれた傷害事件とみて、捜査している。

20日午後11時半ごろ、東京・台東区の上野公園で、頭に鉄パイプが刺さった状態で歩いている男性を通行人が発見し、119番通報した。
男性は、病院に搬送され重傷だが、命に別条はないという。
鉄パイプは、直径およそ1cm、長さ20cm程のもので、男性の額から右側頭部にかけて斜めに刺さっていた。

男性は、28歳の中国人で、事件前、ほかの中国人と口論になっていたという目撃情報もあり、警視庁は、中国人同士のトラブルとみて、当時の状況などを調べている。

どこから突っ込んで良いのかと言う事件で一体何事があったのかですが、しかしもう10日ほど遅く発生していれば誰も119番通報してくれなかったかも知れないですね。
同じく中国つながりでこんなニュースが出ていたのですが、これも何とも解釈に困るニュースです。

上海企業が全社員に対し、業務を停止しゲームをさせる通達出す(2017年3月28日レコードチャイナ)

上海のある企業で働く王さんは取材に対し、先ごろ会社から全社員に対し、週末を含めた1週間にわたり、毎日午前6時から深夜0時までゲームをすること、という通達が出されたと明かした。またこの通達には、「クリッカー系ゲームに取り組んでいる間は、毎日午前6時から深夜0時までを出勤時間とし、休暇・遅刻・早退は許されない。この要求に従えない者は、辞職の手続きを行うこと」と明記されていたという。そこで、この会社に連絡を取って確認したところ、担当者がその事実を認めた。中華網が伝えた。

王さんが見せてくれた会社が出した通達書の写真には、「明日(3月20日)から土日を含む3月26日まで、全社員は1週間業務を停止し、全員が阿里釘釘操業開始記念月クリッカー(モグラたたき)ゲームに参加すること。ゲームで獲得した商品は全て、会社に帰属するものとする。業務を停止する期間の出勤時間は、午前6時から深夜0時に変更、休暇・遅刻・早退は許されない。この指示に従えない社員は、すぐに辞職手続きを行うこと」とあった。
また、この通達には「市場の低迷により、会社の経営利益を向上させるため、会社の経営陣と財務部が検討してこの決定を行った」としている。

同社の経営陣である張氏は「通達の件は事実だ。弊社は3月19日、この通達を行った。経営陣と財務部は検討と試算の結果、釘釘のゲームで獲得した商品の価値が弊社の貿易業務の販売額より高いことを突き止めた。このことから、全社員が1週間業務をストップして、ゲームに取り組む決定を下した」と話した。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

こういうのもブラック企業と言うのでしょうが、しかし社員総出でモグラ叩きゲームをした方が経営利益向上になる会社と言うのもどうなのでしょうか。
旅客機の大型化に伴い空港は長大な滑走路が必要になっていますが、それを解消する画期的なアイデアが生まれたと報じられていました。

EU: 狭い土地でも大量の航空機の離着陸を可能にする円形滑走路の開発計画を公表(2017年3月21日ビジネスニュースライン)

ジェット旅客機の離着陸を可能にする本格的な飛行場を整備するためには広大な用地を必要とすると同時に、飛行場は騒音問題を解決する必要もあり、飛行場の整備は容易には進まないのが普通だったが、狭い土地でも大量の航空機の離着陸が可能で、しかも騒音問題も抑えることができるという画期的なアイディアをEUが公表し、航空業界の関心を集めている。

オランダ、ドイツ、フランス、スペイン、ポーランドの5ヶ国の航空宇宙機関が中心となり現在、研究開発が進められているこのプロジェクトは滑走路を直線で整備するのではなく、直径が3キロの円形のトラック状に整備をするというものとなる。
研究主体のthe Endless Runwayによると、直径が3キロの円形の滑走路の場合、大型の旅客機でも十分に離着陸は可能で、また、円形トラックは、外縁部を高くするレーストラックのような構造にすることで、着陸時には、旅客機がトラックを周る際に生じる遠心力により機体を自然に減速させることが可能になるとしている。更に、外縁部を高くした土手のような構造が内部で離着陸を行っている旅客機から生じる騒音を遮断する役割を果たすことにより、騒音についても大幅な軽減効果を得ることができるようになるとしている。
the Endless Runwayはこれまでに行ったシミュレーションの結果から、直径が3キロの円形滑走路の場合、滑走路は始点と終点がつながり、滑走路の長さは無限大となるため、1つの滑走路で同時に3機の旅客機を着陸させたり、離陸させることが可能となるとも述べている。

the Endless Runwayによると、この円形滑走路のアイディアそのものは、航空機が誕生した間もない1910年代には既に誕生していたもので、更に、第二次世界大戦が終結し、航空機の利用が拡大が図られると複数の特許も取得されるなど、非常に古くからあるアイディアだとしている。
しかし、円形の滑走路を実際に運用するとなると、円形滑走路を対象としたパイロットの養成などを行う必要があり、コンピューターを使用した航空機用シミュレーターがなかった時代には、実際の運用まで漕ぎ着けることはできなかったと説明している。
the Endless Runwayでは現在、航空機用シミュレーターを使った円形滑走路を想定した、航空機の離着陸試験や、どのような円形構造を構築すれば大型の旅客機の運用で最適な効果を得られるかといった数値解析を進めている。

元記事にはその想像図とも言うべきものが掲載されているのですが、しかし直径3kmの丸い敷地と言うのは本当に土地の節約になるものなのでしょうか?
ところ変われば価値観も変わるとは言うものですが、こちら日本では想像出来ないようなコンテストが存在するそうです。

サウジでラクダの「美人コンテスト」、賞金総額は34億円(2017年4月5日ロイター)

[3日 ロイター] - サウジアラビアで毎年恒例のラクダ祭りが開催され、5万頭以上が参加するラクダの「美人コンテスト」が行われている。今年の賞金総額は、過去最高の3100万ドル(約34億円)相当だという。

ダハナ砂漠で4月15日まで行われるこのお祭りには、多くの家族連れが訪れ、ラクダと触れ合う子供向けのイベントなども催される。
期間中、毎日ラクダの競売が行われ、普通のラクダは1万5000ドル程度だが、入賞歴のある血統のラクダなどは27万ドルの値が付く。

アラブ各国からのラクダのトップブリーダーも含め、1万人程度の海外からの参加者も訪れる見込み。

しかし5万頭と言う数もすさまじいですが、さすがお金持ちの国だけに賞金総額が34億円と言うのも途方もない金額ですね。
最後に取り上げますのはご存知ブリからのニュースですが、まずはその状況を記事から紹介してみましょう。

全裸で車椅子の老人を助けた男性、逮捕される(2017年04月06日テックインサイト)

世の中には自然の姿を愛するネイチャリスト(裸体主義者)が存在するが、この男性もそうだったのだろうか。白昼堂々、全裸で犬を連れて歩いていた男性の姿がカメラに捉えられ、ツイッターに投稿された後にこの男性は警察に逮捕された。英紙『Metro』や『The Sun』が伝えている。

4月1日はエイプリルフールだったが、この男性はこの日だけジョークのつもりで全裸でいたのか、はたまたネイチャリストなのかは定かではないが、英ノーフォークのキングス・リンの通りで老人の車椅子を段差から引き上げる手助けをした全裸の男性が、その親切行為にもかかわらず目撃者によって通報を受け駆け付けた警察官に逮捕された。
地元警察は32歳のこの男性を「公序良俗に反する行為」で逮捕したとツイッターに投稿し、4月24日に初公判が行われることを明らかにした。
名前は明かされていないこの男性は、キングス・リンの込み合う道路の舗道を犬と共に2分ほど歩いていたという。車椅子の老人を手助けする前に、横断歩道で別の男性に話しかけていた様子も目撃されている。

手助けをしてもらった老夫婦が、男性の姿を見てあえて何も反応しなかったのか、全裸であることなど気にも留めていなかったのかは分かっていない。このニュースを知った人々は「全裸なんてなんだか異常だけど、少なくとも誰かを手助けしてるわけでしょ。服を着た人でこのお年寄りたちを助けようとした人はいなかったんじゃないの」「なんで逮捕!? この人全裸で銃もナイフも持ってないじゃない?」といった男性を擁護する声が寄せられている。
なお、イギリスではネイチャリストの男性が裸で作業をしていたために逮捕に至ったこと、さらにチャリティ活動のため全裸でジェットコースターに乗る人々のニュースも伝えられている。公序良俗違反で逮捕されるケースもある一方、イギリス国内のネイチャリストのために全裸の清掃スタッフを派遣する会社は順調に業績を伸ばしているという。

元記事には画像も出ているこのニュース、総じて世論は男性に同情的であるようですが、恐らくもっとも困惑しているのは手助けされた老夫婦なのでしょうかね。
しかしブリ的にこの程度で逮捕と言うのも少し大人げない気もしますが、公序良俗とは何かと言うことを考えてみるいい機会になったようにも思います。

今日のぐり:「ラーメン匠 深津本店」

いつの間にか福山市内で多店舗展開するようになったこちらのお店、おしゃれな外観・内装でラーメン店でありながら女性単独客も多いのが特徴でしょうか。
もともと創業時には絶品の塩ラーメンがメインだったと言うお店ですが、その後登場した濃厚なとんこつラーメンで人気を得るようになった経緯があるようです。

今回はそのとんこつラーメン系統の中からマー油(焦がしニンニク油)を使った黒ネギとんこつを、麺の硬さは普通で頼んで見ました。
ちなみに売り文句によれば「マー油の深いコクと香りが癖になる進化し続ける匠の新味」なのだそうですが、登場自体はもう何年も前なのだそうですね。
見た目はスープに浮かんだ油の黒っぽい色合いが特徴ですが、スープを口に含んで最初に感じたのは香りも味も焦げ臭い、苦いと言うことでした。
もちろんこういうものは好みの問題なのでしょうが、ここのような甘さのあるクリーミーなタイプのとんこつスープには少し合わない気もしますでしょうか。
ラーメン自体としてはデフォルトの麺の茹で加減味もいいですし、たっぷりのネギを始めトッピングもしっかりしたもので、相変わらずしっかり作ったラーメンだなと思いました。

設備の方はおしゃれかつ綺麗な内装が印象的なお店ですが、接遇面でも全般に丁寧でしっかり教育されている様子が伺われ好印象でした。
ところで注文を取りに来た時など、ここの店員さん達の距離感の近さはちょっと夜にお酒を飲むお店っぽい感じもして、何かこういうラーメン店も面白いなと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

今日のぐり:「イタリアンGAVI(ガーヴィ)」

4月1日と言えば世界中で様々なニュースが飛び交うことが知られていますが、こちらのニュースは御覧になったでしょうか。

WWF、南極大陸で新種、ナンキョクグマを発見(2017年4月1日WWF)

2017年4月1日、WWF(世界自然保護基金)は、南極大陸に生息する新種のクマを発見したと発表しました。これは2016年9月、WWFジャパンが支援する南極海周辺での科学調査により、確認されたものです。

発見につながる最初のきっかけは、海上で採集された不可思議なペンギンの死骸でした。調査隊を率いていたトム・ワタナベ隊長は、次のように語っています。
「調査海域で私たちが見つけたのは、何かの肉食獣に襲われたらしいアデリーペンギンの死骸でした。最初、私たちはこれをヒョウアザラシの仕業かと思ったのです」

しかし、二日後、調査隊は近くの海域で思わぬものを発見しました。
「それは、同じ肉食獣に襲われたと思われる、ヒョウアザラシの死骸でした」
南極大陸沿岸に生息し、最大で3メートルを超えることもある、獰猛なヒョウアザラシを襲う動物はそうそういません。唯一考えられるのは鯨類のシャチですが、死骸にのこされた傷跡、特に噛み跡と、爪によると思われる傷は、明らかにシャチのものではありませんでした。

そこで調査隊は、事務局長の帰還命令を押し切って発見海域を中心に探査を続行。その結果、4日目の朝に、海を泳ぐ大型の動物を発見したのです。
「最初は分かりませんでしたが、それは明らかにホッキョクグマによく似た動物でした。泳ぎはとても巧みで、我々が近づくと海中に潜り姿を消しました」
調査隊はその後、遠方の氷上にいるこの動物の撮影に成功。さらにその場所に残された毛も採集することができました。DNA調査の結果、分類学的には南米に生息するメガネグマに近いらしいということが判りましたが、ホッキョクグマと似た生態、特徴も持つと思われ、同様の生息環境下で異なる生物が似た進化を遂げる、収斂進化の一例としても注目されます。

この世界を驚かせた発見について、WWFジャパン自然保護室長の東梅貞義は、次のように言っています。
「海中でペンギンやアザラシを獲るほどの能力を持つと思われる、ナンキョクグマの生態は、まだ謎に包まれており、どれくらいの数が生息しているかも不明です。しかし、目撃例や報告の少なさから、生息域はきわめて限られていると考えられます。
(略)

何ともありそうなニュースなのですが、これはWWF公式サイトが報じたフェイクニュースであったと言うことです。
今日は世界中で4月1日に報じられたニュースの中から、これは真贋いずれだろうか?と悩ましい微妙なニュースを紹介してみましょう。

乳児用の液体ミルク、厚労省が衛生基準の検討を開始( 2017年4月1日TBSニュース)

 乳児用の液体ミルクの国内での普及に向けて、厚生労働省が衛生基準の検討を始めました。
 液体ミルクは粉ミルクのようにお湯で溶かすなどの手間がかからないため、子育て負担の軽減や災害時の活用が期待される一方、国内では衛生基準がないことなどから、一般には流通していません。

 厚労省の専門家会議は、31日、国内での普及へ向けて衛生基準の検討を始めました。具体的には、常温で長期間保存することを前提に、殺菌に必要な加熱の時間や方法、添加物や栄養成分の基準、容器のあり方などを検討することにしています。

 今後、メーカーなどから安全に関するデータを受けて、基準をまとめていく方針です。

要するに粉ではない液体状態の乳児用ミルクと言うことなのですが、法律が定まっていなかったとは言え今になって何故?と誰しも思うような今さらな話ですよね。
数年前に某大手検索会社の日本語入力システムが話題になりましたが、こちらその新バージョンが登場したそうです。

Google日本語入力、2017年はプチプチバージョン! 「思わず押したい」IME(2017年4月1日マイナビニュース)

Google Japanは4月1日、新しい日本語入力IME「Google 日本語入力プチプチバージョン」を発表した。

コンセプトは「思わず押したい、押し続けたい」。同社は理想のキーボードを「ないと困るのだけれど、あることを意識させない、まるで空気のような存在」と考察。理想に近づくため、新たなデバイスを開発したとする。プチプチの上をなぞるような形でキー入力し、ハンディタイプも用意。

耐衝撃、防水に対応。お皿やコップを包むのにも活用可能。人工知能は使っていないが、A.I.(Air Interpretation、空気を物理的に読む機能)は搭載するという。
(略)

空気を読む機能で馬鹿馬鹿しい誤変換が減るのであれば是非とも実用化していただきたいところですが、しかしプチプチ好きの人がそれほど多いのでしょうか。
共産党と言えば独自の見解を数多く主張する孤高の野党と言える存在ですが、そんな共産党がとうとう大衆に迎合したかと話題になっています。

しんぶん赤旗 元号復活…28年ぶり、1日付紙面から(2017年4月1日毎日新聞)

 共産党の機関紙「しんぶん赤旗」が1日付紙面で、1989年以来、28年ぶりに元号表記を復活させた。天皇制と関係が深い元号を国民に強制すべきではないとの立場だったが、「西暦を平成に換算するのが煩わしい」という読者の声が増え、柔軟路線に転じた。
 元号を使うのは1面の欄外にある日付の部分。1日付から西暦の2017年と平成29年を併記した。記事は従来通り、原則として西暦で書く。元号表記は「昭和」から「平成」に変わった時点で中止していた。

 共産党は昨年の通常国会から、天皇陛下が出席する開会式に幹部が出席し始めた。陛下の退位に関する法整備の議論にも参加し、民進党より先に特例法容認を打ち出した。
 長く党を支えてきた赤旗購読者や党員の減少に悩む共産党は、保守層への支持拡大をうかがっている。元号の使用にはそうした思惑もあるようだ。
 党によると、赤旗の発行部数は日刊紙と日曜版を合わせて約113万部。党関係者は1日、「元号の慣習的な使用には反対しない。読者の要望に応えた」と説明した。

天下の共産党機関誌が何をやっているのかとおしかりも受けそうなのですが、しかし翌日には元通りと言うことにはならないのでしょうかね。
富士山と言えば日本一の高峰ですが、世界一を目指してこんな計画があるそうです。

ホントですか? 「富士山=標高1万メートル目指す」…富士吉田市が大真面目に「増築計画」!(2017年4月1日産経新聞)

 山梨県富士吉田市(堀内茂市長)は1日、富士山(3776メートル)の標高を世界一の1万メートル超に“増築”するプロジェクトを発表した。市はインターネットで広く支援を求める「クラウドファンディング」の募集を始めた。目標額は3776億円、支援期間は2432年4月3日。
 同市によると、世界最高峰のエベレスト(8848メートル)に対し、富士山の高さは世界108位。現状の3倍の1万1328メートルの標高を目指す「富士山3個分プラン」が達成できれば、確実に世界一になると見込んでいる。

 計画によると、富士山の斜面に大量の岩石を補強しながら増築する。傾斜が急になるが、台形の美しさは保てるという。増築後も「4対6」といわれる雪景色を実現するため、人工降雪機を導入する。
 ただ、実現にはクラウドファンディングで達成率200%(7552億円)の支援が必要と見込まれる。このため、達成率150%の場合はビル建設で高さを補い、1万メートルを目指す。
 達成率100%では8800メートルが限界だという。このため、ボランティアの市民がエベレストに登り、頂上でジャンプを続けて標高を縮め、8800メートル以下にする方針だ。実現できれば富士山が世界一になるが、この方法が技術的に最も難しそうだ。

 富士吉田市は「100万円」「300万円」「プライスレス」の支援を求める。100万円の支援者には、市内の職人全員が手がける「吉田のうどん」(長さ3776メートル)を贈呈。300万円の協力者には地元名産の機織りネクタイを3776枚贈る。
 一方、プライスレスの協力者からは「富士山を心から愛する気持ち」だけを受け取るという。
(略)

誰もが協力出来ると言う素晴らしい計画ですが、しかしむしろ計画を達成出来なかった場合の方が楽しそうなのですけれどもね。
こちらも新種発見というニュースなのですが、まずは記事を参照していただきましょう。

モルヒネに似た毒持つ熱帯魚、鎮痛剤開発に応用も 論文(2017年4月1日AFP)

【AFP=時事】太平洋(Pacific Ocean)のサンゴ礁に生息する牙を持った小魚に、かみついた天敵をまひさせる珍しい毒があることが分かったとの論文が今週、英国とオーストラリアの研究チームによって発表された。新しい鎮痛剤の開発につながり得る研究結果という。

 この魚は「ファングブレニー」と呼ばれるイソギンポの仲間。体長4~7センチで、観賞魚としても人気だ。米科学誌カレント・バイオロジー(Current Biology)に掲載された論文によると、ファングブレニーの毒には天敵に痛みを与えるのではなく、体をまひさせる働きがあるという。

 豪クイーンズランド大学(University of Queensland)のブライアン・フライ(Bryan Fry)准教授は「この魚はヘロインやモルヒネのような働きをするアヘン様ペプチドを他の魚に注入する。この毒は、かまれた魚のオピオイド受容体に作用することで動きを鈍くしたり、めまいを起こしたりする」と説明している。

 マウスを使った実験では、毒を注射された個体から痛みを示す兆候が消えたことが確認された。フライ氏は、この毒は「化学的に独特」であり、ファングブレニーは「私が研究した中で最も面白い魚だ」と語っている。

 フライ氏によると、ファングブレニーはこの他にも、天敵を恐れる様子を見せず、同程度のサイズの魚と縄張り争いを繰り広げるという興味深い習性を持っているという。

しかしこんな小魚がこんな強力な物質を使っているとは驚きですが、うっかり人間がかまれてしまうようなことはないのでしょうか。
最後に取り上げるのはこちらのニュースなのですが、一部の方々からは悲報だと言われているようです。

「偽ニュース」騒動余波、北欧メディアがエープリルフールを自粛(2017年04月01日AFP)

【4月1日 AFP】スウェーデンとノルウェーの新聞が3月31日、「偽ニュース」として拡散してしまう恐れを考慮して、伝統になっている紙面でのエープリルフールのジョークを今年は自粛すると発表した。
 スウェーデンの日刊紙スモーランドポステン(Smalandsposten)のマグナス・カールソン(Magnus Karlsson)編集長は同紙のウェブサイトで、ネットで拡散する恐れがある間違った記事を掲載するメディアとして同紙のブランドが知られるようになることは望まないと語り、「本紙は本物のニュースを扱う。4月1日といえども」と述べた。

「偽ニュース」現象は2016年の米大統領選のさなかに発生し、ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏が大統領選当選後初の記者会見でCNNテレビの記者に対し「君たちは偽ニュースだ!」と大声で言い放ったことでさらに勢いづいた。
 スウェーデンの日刊紙ダーゲンス・ニュヘテル(Dagens Nyheter)が報じたところによると、米FOXニュース(Fox News)が2月、「安全保障と防衛の専門家」とされる人物にインタビューしたが、この人物はスウェーデンの治安当局とは何の関係もなく、米国で刑事上の有罪判決を受けていたことが後に判明し、スウェーデンも「偽ニュース」の犠牲となる形になった。
 スウェーデンの日刊紙のいくつかは今年、紙面でのエープリルフールのジョークを差し控えている。

 隣国ノルウェーでも、公共放送NRK、日刊紙のアフテンポステン(Aftenposten)、ベルデンスガング(VG)、ダーグブラデット(Dagbladet)などの大手メディアがこの古くからの伝統を廃止。NRKは地方紙もこの動きに続くだろうと伝えている。

もともと公的なメディアまでが便乗して嘘のニュースを広めることに批判の声はあったわけですが、こちら米大統領選の思わぬ余波と言うべきでしょうか。
しかしこれまた4月2日になれば何事もなかったように元通りと言うことになるのかも知れずで、一体どこまでが嘘なのか何とも言えませんね。

今日のぐり:「イタリアンGAVI(ガーヴィ)」

福山市街地北部のショッピングモール近隣に位置するこちらのお店、幹線道路沿いではあるのですが小さくて地味なお店で、正直気をつけていないと見過ごしてしまいそうですね。
中に入ってみればなかなかに居心地のよさそうな小空間と言ったところですが、ランチなども含め割と人気で要予約のお店だと言うことですね。

この日はディナーのコースをお願いしてあったのですが、まずは大皿に載って出てきた前菜が見た目も味もなかなかのもので、特に地元でちーいかと呼ばれる小さなイカ(ベイカ)を使ってあるあたり心憎いですね。
サラダやスープに続いてパスタにこってりしたクリームソースのものが出た時点でかなりお腹も膨らんだのですが、いずれもごく普通の素材で仕立てたごく家庭的な味で好みは分かれなさそうに思いますね。
メインの肉料理を経てデザートまで特にこれが外れと言う品もなく、お値段もかなり割安感がありますから友人同士ちょっと立ち寄るのにちょうど良い手頃なお店と言う印象を受けました。

料理の方はそれなりだったのですが接遇面では気になることがあって、そもそもフロアの人数が足りていないのかかなりオペレーションは常に一杯一杯と言う印象ですね。
また店内のお皿の数が少ないと言うことなのか、使ったお皿を回収しては洗ってまた出すと言う作業を繰り返している様子なのですが、当然ながら繁忙期には余計なマンパワーを浪費しそうです。
こういうお店は暇にしていそうな時間帯に単品でちまちまと味わってみたい気になるのですが、ランチなどはサラダやパンが食べ放題なのだそうで、昼の競争はかなり激しいのでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月25日 (土)

今日のぐり:「おばんざい木むら」

先日ちょっと良い話として紹介されていたのがこちらのニュースです。

タクシー強盗未遂の25歳男諭し、チキンステーキおごった66歳運転手…「人に迷惑かけない人生歩んで」(2017年3月21日産経新聞)

 兵庫県姫路市の路上に停車中のタクシー車内で、運転手から金を奪おうとして男(25)が逮捕された強盗未遂事件で、被害にあった男性運転手(66)=同県明石市=が20日、産経新聞の取材に応じ、「怖かったが、きちんと反省して、人の道を外れることなく改心してほしい」と振り返った。

 「金、出さんかい」
 19日未明、タクシー料金約1万5千円を請求した直後、男性運転手は後部座席に乗っていた客の男に突然、髪の毛をわしづかみにされ、顔面に毛抜きを突きつけられて脅された。
 男性運転手によると、男は18日深夜、明石市内のJR西明石駅前でタクシーを呼び止めた。行き先を尋ねても「姫路まで行ってくれ」「近くまで来たら場所をいう」というだけで、具体的な番地などは告げなかった。不審に思いながらも、姫路市内までタクシーを走らせ、目的地付近に着いた途端に金を要求してきたという。

 興奮気味の男に対し、男性運転手は「悪いことしてるのは分かってるよな」などと説教。男は次第に落ち着きを取り戻し、自身の生い立ちなどを語り始めたという。
 男が「金がなく、ご飯も食べていない。寝る場所もない」と打ち明けたため、近くのファミリーレストランで食事を取ることに。男はチキンステーキやドリンクバーなど計4点を注文し、「ここまで人に親切にしてもらったのは初めてです」とうれしそうな表情を浮かべた。同時に、「本当に悪いことをしてしまった」と反省していたという。
 男性運転手は男の食事代計2252円を支払い、「まだ仕事があるから」と店を後にした。通報はしなかったものの、男は19日午後に交番に自首した。警察から連絡を受けたという男性運転手は、「自首したと聞いて安(あん)堵(ど)した。まだ若いし、これからは人に迷惑をかけないような人生を歩んでほしい」と話していた。

しかし毛抜きで強盗と言うのもなかなかに斬新ですが、頼んだのがファミレスのチキンステーキと言うのも何やら人生の風雪を感じさせますね。
今日は冷静な対処で事なきを得た運転手氏の無事を祝って、世界中からそれは少し考え直すべきでは…と感じさせる犯罪者の話題を紹介してみましょう。

“刃物強盗”3万7000円強奪し「5000円はいらない」(2017年3月23日テレ朝ニュース)

 「5000円はいらない」と強盗が奪った金の一部を返してきたということです。

 警察によりますと、22日午後10時ごろ、横浜市西区で帰宅途中だった会社員の男性(47)の前に刃物を持った男が現れ、「分かるだろう、金だよ、金」と脅し、現金3万2000円を奪って逃走しました。男は逃げる前に男性の財布から3万7000円を取り出すと、「5000円札はいらない」と突き返したということです。男は身長170センチから175センチくらい、上下黒の服を着ていて、警察が行方を追っています。

しかし5千円札が余程嫌いだったのでしょうか、なかなか珍しい犯罪だったと言う気がしますね。
こちらも珍しいと言うのでしょうか、世間では狙うものが違うだろうと言う声が多かった事件です。

「パンツをよこせ」帰宅途中の女性襲い下着狙う 強盗未遂容疑で35歳派遣社員逮捕 警視庁(2017年3月22日産経新聞)

 帰宅途中の女性の下着を奪おうとしたとして、警視庁小松川署は22日、強盗未遂容疑で、東京都江戸川区南篠崎町の派遣社員、新井理央容疑者(35)を逮捕した。「駅から好みの女性の後をつけて、押し倒そうとしたが、パンツを奪おうとしたかは覚えていない」と供述している。

 逮捕容疑は昨年9月14日午前0時40分ごろ、東京都江戸川区の公園で、帰宅途中のアルバイトの女性(32)の後ろから襲いかかり、「パンツをよこせ」と叫んで地面に押し倒して下着を奪おうとしたが、女性が抵抗したため、そのまま逃走したとしている。

 小松川署によると、防犯カメラの映像から関与が浮上した。

人の好みは人それぞれなのでしょうが、それでもパンツの方が良かったんですね…
二つ名を持つ犯罪者と言えば普通はそれなりの人物と言う気がしますが、こちらその二つ名はどうなのよ?と思う窃盗犯のニュースです。

スイーツ好きの窃盗 「シュガー」逮捕(2017年3月21日NHK)

都内の事務所に忍び込んで、アイスクリームなどを盗んだとして、石川県の51歳の男が逮捕され、警視庁は事務所ばかりを狙っておよそ40件の盗みを繰り返していたと見て調べています。警視庁は、男が侵入した事務所を物色しては甘いものばかりを食べていたと見ていて、一部の捜査員の間では「シュガー」と呼ばれていたということです。

逮捕されたのは、石川県輪島市の無職、若島康弘容疑者(51)で、警視庁によりますと、去年8月、東京・武蔵野市の税理士事務所に忍び込んで、冷凍庫に入っていたアイスクリームなどを盗んだ疑いが持たれています。調べに対し、容疑を認めているということです。
警視庁は、防犯カメラの映像などから都内や石川県内の事務所の現金などを狙っておよそ40件の盗みを繰り返し、被害はおよそ550万円に上ると見て調べています。

これまでの調べで、このうち、15件の現場で、生チョコやプリンなど合わせておよそ250点のスイーツの食べかすが散乱していたということです。
警視庁はいずれも若島容疑者が、侵入した事務所を物色しては冷蔵庫などの中にある甘いものばかりを食べていたと見ていて、一部の捜査員の間では「シュガー」と呼ばれていたということです。

冷蔵庫のアイスクリームを盗っていく窃盗犯と言うのも非常にはた迷惑で困ったものですが、刑務所の中では甘いものに不自由することになりそうですね。
こちらも二つ名を持つ泥棒のニュースですが、こちらも格好良いのか情けないのか微妙な感じですよね。

銭湯専門の泥棒“風呂場のミッチー”逮捕 警視庁(2017年3月22日産経新聞)

 銭湯を専門に盗みに入っていたとして、警視庁捜査3課は22日、窃盗容疑などで、東京都世田谷区大蔵の無職、道端英樹容疑者(66)を逮捕した。「覚えていないので、時間をかけて思い出す」と容疑を一部否認している。

 捜査3課によると、道端容疑者は捜査員から“風呂場のミッチー”と呼ばれており、荒川区や台東区など、昔ながらの銭湯で番台の引き出しから入浴券を盗む手口で、40件以上(被害総額約80万円)の犯行に関与したとみられている。盗んだ大半は入浴券で、これまで2千枚以上を東京・山谷で知人らに売り、生活費や遊興費にしていたという。

 逮捕容疑は平成27年11月10日午前4時~8時ごろ、東京都荒川区の銭湯に侵入し、入浴券約100枚(計4万2千円相当)を盗んだとしている。

脱衣場で財布でも盗むと言うのならともかくですが、しかし入浴券を盗んでいくと言うのもかなり残念な感じがしますでしょうか。
最後に取り上げますのはフランスからのニュースですが、正直その発想はなかったと多くの人々を驚愕させたと言います。

仏動物園に密猟者、シロサイ殺し角奪う 「前代未聞」の事件に衝撃(2017年3月8日AFP)

【3月8日 AFP】フランスの首都パリ(Paris)郊外のトワリー(Thoiry)動物園で、夜間に侵入した何者かによってシロサイ1頭が射殺され、角を奪われる事件が発生した。警察と同園が7日、明らかにした。
 犯人は6日夜、住み込みの職員5人に気付かれることなく、正門をこじ開け、さらに少なくとも2か所の扉を破り侵入した。

 殺されたのは、国際自然保護連合(IUCN)の絶滅危惧種リスト(レッドリスト)で準絶滅危惧種に指定されているミナミシロサイで、4歳の雄の「バンス(Vince)」。バンスは他にも少なくとも2頭のサイが飼育されている場所で襲われたという。
 警察の報道官がAFPに明かしたところによると、6日にサイの飼育場を後にした職員が、翌7日に戻った際にバンスの死骸を発見。バンスは頭を3度撃たれ、2本の角のうち大きい方の角だけが盗まれていたという。角はチェーンソーで切断されたとみられる。

 捜査当局は、盗まれた角には3万~4万ユーロ(約360万~480万円)相当の価値があると推定している。同園のティエリー・デュゲ(Thierry Duguet)園長はAFPに対し、「こんなことはフランスや欧州の動物園で一度も起きたことはなかった」と指摘。職員らは事件に衝撃を受けていると語った。

サイの角も案外と高価なものなのだなと思うのですが、しかしせめてアフリカまで行けばいいでしょうに、何ともお手軽に済ませた気がしますね。
こうした輩は今後増えてくる可能性もあるのが厄介なところですが、動物園側としても早速対策を講じなければならず頭が痛いところでしょう。

今日のぐり:「おばんざい木むら」

福山駅から少し離れた裏通りの一画にあるこちらのお店、駐車場に立っているウルトラマンが目立っていますが、お店自体はなかなか雰囲気がありますよね。
とは言え入って見るとカウンターにお惣菜が並んでいて、適当に好みのものを取ってもらって食べると言う、まさに昔ながらのスタイルのお店です。

目につくものを色々とつまんで見ましたが、最初に出てきた飛竜頭はたっぷり大きいサイズで、熱々で香ばしく味もよしとなかなか先が楽しみですよね。
野菜料理が色々あって、あっさり味のナス煮浸しや大根の煮物、軽く塩をしているレンコンとふきのとう天ぷらなど、いずれも素材の味が素直に出ています。
一方でオリジナル料理なのでしょうか、レンコンをバルサミコ味で似た一品が甘くてちょいとピリ辛の味で、この日一番楽しめたものでしたね。
肉料理も幾つかいただいたのですが、チキン香草焼きは有名牧場のチーズを挟み込んであるそうで、これも普通にお総菜でも出てきそうなものですがさすがに上品な味です。
全体に非常に微妙な味つけで酒飲みには少し物足りないかなとも思ったのですが、見慣れたものが多いだけに料理する人にとってこそ感銘を受けることが多そうですよね。

座敷席の掘り下げた足下に電気カーペットと言うのも地味に有効ですが、トイレなども設備も広さも充実したもので、強いて言えばバリアフリーでないのが惜しいくらいでしょうか。
ただ座敷席だとオーダーが少しばかり面倒で、こういうお店はカウンターで食べるのがいいのでしょうが、多少なりとも何かしらのサポートする仕組みがあればいいのでしょうけれどもね。
ハードウェアに対して接遇面などはごく普通で特に感銘を受けるようなものではないのですが、まあこういうスタイルであまり格式張っていてもそれはそれで違う気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧