グルメ・クッキング

2020年1月25日 (土)

今日のぐり:「十割そば処 松吟庵(しょうぎんあん)」

かねがね幽霊や怪奇現象の類いに一度くらいは遭遇してみたいものだと思っているところですが、こちらリアル怪奇現象と話題になった事件の顛末です。

403万回も再生された「散らかっていた机の上が毎晩勝手に整理される怪現象」の正体を捉えたムービー(2019年12月07日GigaZiNE)

「前日には散らかっていたはずの机の上が一晩経つときれいに片付けられている」という怪現象に悩まされた元電気技師の男性が監視カメラを設置してみたところ、意外な犯人の姿が捉えられていたと話題になっています。

イギリス南西部に住む72歳のスティーブン・マッカーズ氏は、電気技師の仕事を引退してからも自宅の離れに作業机を置いて、機械いじりやDIYを日課にしていました。しかし、マッカーズ氏はある時、前の日の晩には机の上に散らかっていたはずのネジや機械の部品が、次の日には部品整理に使っていたアイスクリームの空き箱の中にしまわれていることに気がつきます。同居している子どもに聞いてみても心当たりがないといわれたため、マッカーズ氏はついに自分がもうろくして、無意識のうちに机を片付けたのかと思いました。


怪現象は1カ月以上も続き、家族が幽霊ではないかと怖がったので、マッカーズ氏は隣人で長年の友人でもあるロドニー・ホルブルック氏に依頼して動体センサー付きのトレイルカメラを設置したとのこと。その結果、毎晩机を片付けていた犯人の正体をムービーに収めることに成功しました。


毎晩マッカーズ氏の机の上を片付けていた犯人のムービーは、以下から見ることができます。

House-proud mouse caught on camera tidying garden shed | SWNS TV - YouTube
(略)

その正体は各自動画を参照いただきたいところですが、いやはやびっくりと言うしかありませんね。
本日はマッカーズ氏のびっくり体験に敬意を表して、世界中から生き物に絡んだびっくりニュースを紹介してみましょう。


クリスマスツリーの中にフクロウ、購入時から潜伏か 米ジョージア州(2019年12月19日CNN)

アトランタ(CNN) 米ジョージア州に住む家族が先週、自宅のクリスマスツリーの中にフクロウが隠れているのを見つけた。

ケイティー・マクブライド・ニューマンさん一家がフクロウを発見したのは12日夕、夕食を終えた時のことだった。テーブルの片付けで別の部屋にいたインディアちゃん(10)が悲鳴を上げ、ダイニングに駆け込んできて、「お母さん、あの飾り怖い」と泣き出した。
ニューマンさんはフクロウが大好きで、ツリーの枝の部分には実際に十数個のフクロウの飾りが取り付けてあった。最初は飾りの一つを怖がっているだけだろうと思ったという。
そこでニューマンさんは、娘の恐怖感を和らげようと確認に向かった。だが、問題の飾りをのぞき込んだところ、本物のフクロウが頭をこちらに向け、ニューマンさんを正面から見据えてきた。

一家がツリーを購入したのは感謝祭の2日後。そのため最初は、どこかから飛んできたフクロウがツリーの中に避難したのだろうと考え、夜の間、窓と扉を開けたままにしておいた。だが、フクロウが飛び去ることはなかった。
その翌日、一家は自宅から1時間の距離にある自然センターに電話で連絡。14日朝に職員がやって来てフクロウを捕獲し、同州に生息するヒガシアメリカオオコノハズクという種であることを確認した。
フクロウは痩せこけていたことから、購入時からツリーの中にいた可能性が浮上したという。

最終的に一家は自然センターの指示に従い、フクロウを箱に入れて暗い部屋に置いておいた。14日の夕暮れ時に箱を屋外に持ち出し、ふたを開けておいたところ、夜9時半までにフクロウの姿は消えていた。

画像を見るとこれは確かに怖いでしょうが、よほど長い間紛れ込んでいたのでしょうかね。
猫という生き物はああ見えて仲間意識が強いところがあるそうですが、こちらなんとも男気があると話題になっていた猫のニュースです。

仲間を集団脱走させた保護猫、「独房」監禁処分で注目の的に(2019年11月13日CNN)

(CNN) 米テキサス州ヒューストンの保護施設で、仲間の猫たちの脱走を手助けして「独房」に入れられた1匹の保護猫が、インターネットで注目の的になっている。

6歳のオスの保護猫「キルティー」は、数カ月前からこの施設の猫部屋の住民になった。ところがそれ以降、猫部屋の扉が開いたまま放置される謎の現象が続発するようになった。
「朝出勤してきて、夜間に集団脱走した15匹の猫を全て集めなければならないこともあった」と広報担当のジェニファー・ホプキンズさんは振り返る。
防犯カメラの映像を調べた結果、犯人はキルティーだったことが判明。キルティーは飛び上がって扉のハンドルに前足をかけ、扉を開ける手口で、3回にわたって自分と仲間の十数匹の猫を、別の部屋に脱走させていた。

そこで同施設はやむなくキルティーを建物のロビーの「独房」に監禁し、扉も開けられないようにした。
だが不満げなキルティーの写真はフェイスブックで同情を集め、数千人が不当な独房監禁の扱いに抗議した。その名声にあやかって同施設は「#FreeQuilty(キルティーに自由を)」「#QuiltyNotGuilty(キルティーは無罪)」というハッシュタグを付けている。
(略)
幸いなことに、変わった猫は多くの人に愛される。キルティーを引き取りたいという希望者も多く、既に里親候補の家族とお見合いを済ませて、今は次の手続きを待っている段階だという。

扉を開けられる猫は時々聞くところですが、キルティーの第二の人生に幸い多かれですね。
こちらも本当なのかどうなのかと世界中で話題になったニュースですが、まずは記事から紹介してみましょう。

「クマが一緒にいた」森で迷子になった3歳、2日後無事に生還(2019年1月28日女性自身)

米ノースカロライナ州で奇跡が起こった。

米国時間22日、祖母の家に遊びに来ていたケイシー・リン・ハサウェイくん(3)が忽然と姿を消した。家族は45分間にわたってケイシーくんを探したが見つからなかったため911に通報。地元警察に加え、州を跨いだ誘拐の可能性もあったためFBIやNCIS、海兵隊、そして大勢のボランティアも動員され、必死の捜索が行われた。祖母の家は深い森に接しており、捜索範囲は東京ドーム約87個分にも及んだ。
FOX NEWSによると、行方不明になってから丸2日が経った24日夜、子どもの泣き声を耳にした救助隊員がケイシーくんを発見。トゲのある茂みに足を取られ、体も濡れて冷え切っていたが、幸いなことに命に別状はなかった。我が子と再会した母親は、「彼は元気です。話もできます。Netflixが見たい、とおねだりもしています」と報道陣に喜びの報告をした。

保護されたケイシーくんは、「森の中で、クマと一緒にいた」と保安官に話したという。祖母のブリアナ・ハサウェイさんもFacebookで「2日間、クマと一緒にブラブラしていた、とケイシーは言っています。神が彼を守るために友達を遣わして下さったのですね。奇跡は起こるのです」と投稿。ケイシーくんが迷い込んだ森はツキノワグマの生息地であり、獣害も心配されていた。

それは心配だったことでしょうが、ロシアであればまた別な結末であったかも知れないと思うところです。
最後に取り上げるのは、極めて珍しい光景を目撃したと言うニュースです。

タコにからみつかれ窮地のハクトウワシ、サケ養殖業者らが助太刀 カナダ(2019年12月13日CNN)

(CNN) カナダ南西部のバンクーバー島でこのほど、サケの養殖を営む人たちが、タコにからみつかれて水中へ沈みかけているハクトウワシを救出する出来事があった。

養殖業者のグループは9日、作業を一段落させて屋内へ戻ろうとしたところ、動物のものらしき甲高い鳴き声と水音を耳にした。何事かと調べてみると、大型のハクトウワシがこれまた特大のタコにからみつかれ、水中に沈みかけているのを発見した。
その様子を5分ほど眺めていたものの、ハクトウワシを助けるべきかどうかは決めかねていたという。
養殖業者の1人、ジョン・イレットさんは「介入してよいものかどうかわからなかった。適者生存が自然界の法則だから」「それでも、その光景には胸が締め付けられた。タコは我々の目の前でワシを溺れさせようとしていた」と振り返った。

結局、イレットさんたちはどうにかしてワシを助けてやることに決めた。イレットさんは小さなフックをつけたポールをワシとタコに向かって伸ばし、別の作業員がその様子を撮影し始めた。フックをタコにひっかけてワシから引き離すと、ワシはそのすきに岸へ逃れていった。
動画には後に残ったタコを作業員らが眺めて「世界最大級だ」「見てみろよ」「まったく、すごかったな」などと言葉を交わす音声が記録されている。タコの大きさは1.3メートルを超えていた。
イレットさんはワシの方に肩入れしたことを認めつつ「最終的にどちらも死なずに済んで、それぞれの営みに戻っていった。自分たちのやったことにはすこぶる満足している」と語った。
(略)

一体何があったと感じた方は記事の動画を参照いただきたいのですが、これは全く珍しい光景ですよね。
ちなみにハクトウワシは絶滅も危惧され保護の義務があるのだそうで、この場合肩入れしたことも間違いではなかったようです。

今日のぐり:「十割そば処 松吟庵(しょうぎんあん)」

岡山と倉敷の境目付近に広がるRSKバラ園は様々なイベントも開催される場所ですが、その一角に位置するのがこちらのお店です。
ともかく十割そばの看板を掲げているのが目につくのですが、メニューを見ますとちゃんと蕎麦屋っぽいのは感心ですね。

ひとまずざるを頼みましたが、こちら店内共用スペースに蕎麦湯スープをご自由にと置いてあって、寒い日にはありがたいものですね。
肝心の蕎麦は見た目はまあ水切りがやや甘いか?くらいですが、スーパーで売ってる乾麺インスパイアな味、食感でまあこんなものだろう…でしょうか。
そばつゆは魚だしの風味は一応立っているのですが、これもどこかで味わったことがある希釈つゆ系の味で一度火を入れた方がよさげな感じでした。
前述の蕎麦湯スープ以外に普通に蕎麦湯も提供されるのですが、どうせならこれもスープ同様ご自由にお取りくださいの方が気をつかわないように思いました。

これで蕎麦専門に商いをするとなるとちょっときついかなと正直思うのですが、まあ場所柄とりあえず飲食スペースがあればよしとすべきなのでしょうか。
なお少し判りにくい裏手になりますが、トイレスペースは妙に広々として綺麗に整えられていたのは好印象でした。

| | コメント (0)

2020年1月18日 (土)

今日のぐり:「中華そば 一誠」

少し前に話題になっていたのがこちらのニュースです。

「どうせ将来はパソコンで書くから字は下手でいい?」小学生の質問にマツコが回答(2019年7月24日キャリコネニュース)

マツコ・デラックスさんが7月22日放送の『5時に夢中!』(TOKYOMX)で、小学5年生の男の子の疑問に答えました。「先生には字をきれいに書きなさいと言われますが、お兄ちゃんには『どうせ将来はパソコンで書くから下手でいい』と言われます。どっちが正しいですか?」という問いかけです。
これに株式トレーダーの若林史江さんは「(字を練習する意味は)あります」と断言。大人になって大事な場面でサインするとき「字が汚いと自分が落ち込む」などと説きましたが、マツコさんは、「自分が若林さんのようなタイプだと思うなら練習しておいたほうがいいと思う」として、
「ただ、別に人から字が汚いと思われても屁でもないわと思うなら、正しいか正しくないかではなく、やる必要ないです」
ときっぱり。自分自身がどうなりたいか選ぶことの大切さを強調しました。(文:篠原みつき)

マツコさんは、本当に子どもからの相談なのかと冗談めかした後、「もし本当にお子さんからのメールなら、私は子どもだからといって子ども扱いはしません。ちゃんと大人として対応しますけど、それはもうあなたがどうなりたいかです」と語りかけ、
「字も綺麗だねって言われる人間になりたいのか、別にいいわよ字なんか汚くたって、見てわかりゃいいじゃないの、って割り切れる人なのか。今から、子どもとはいえ自分で判断して生きていこう」
と真剣にアドバイスしました。
(略)
2020年からの教育改革ではプログラミング教育が開始されますし、今でも地域によってはパソコンやタブレット学習が進んでおり、お兄さんの考えも完全に的外れとは言えないでしょう。もともとの得意・不得意はあり、そこからどう巻き返すか、あるいは別のことにエネルギーを注ぐかは、マツコさんの言うように本人の気持ち次第です。
一方、この話題にネット上では、「キレイに書けるに越したことはない」をはじめ、履歴書や慶弔で自分の字の汚さに情けない思いをしている大人のつぶやきが散見されました。やはり、どちらが正しいなどと断言できない問題です。マツコさんが「自分で選びなさい」と答えたことは、とても誠実な態度に見えました。

字が綺麗で得をすることはあっても損をすることはないとの意見が多数派のようですが、少なくとも判読に難渋するレベルでは社会に出ても困るでしょうね。
今日はお兄ちゃんの夢を壊すようで恐縮ですが、世界中から確かに言われればその通りと言うしかない世間の現実を伝えるニュースを紹介してみましょう。

ふなっしーの“中の人”が本音吐露「常にサウナ状態。もう嫌」(2020年1月9日サンスポ)

 千葉・船橋市の非公認ゆるキャラ、ふなっしーが8日放送の日本テレビ系「今夜くらべてみました3時間SP」(水曜後7・0)に出演。思わず“中の人”が本音をこぼす一幕があった。

 「実は不動産マニア」というふなっしーは番組の企画でユーチューバー、フワちゃん(27)に千葉県のオススメ物件を紹介することに。2人は大網白里市にある築10年692平米の5LDKで、庭にはプールも付いた豪邸を内見した。

 この物件には本格サウナが備えられており、ふなっしーはスタッフから「ふなっしーさんサウナとか入るんですか?」と問われると「常にサウナ状態」とポツリ。「仕事を思い出すのでサウナには入らない。もう嫌なんだよ。湿っぽくて暑いところ嫌いなんだよ」と“中の人”の悩みを吐露。フワちゃんは隣で「かわいそう」と言いながら、ゲラゲラ笑っていた。

言われてみるとその通りとしか言いようが無いのですが、中の人も大変でしょうね。
こちら先日来各方面で波紋を広げている例の件について、良い子は絶対真似するなと言う話です。

なぜ人は楽器ケースの中に入ってはいけないのか?(2020年1月15日JBpress)

 カルロス・ゴーン氏の国外脱出劇で「楽器ケース」の中に潜んでの大脱走が話題となりました。それを真似して楽器のケースに入ってみるという遊びがあちこちで発生しているようです。
 これに対して、楽器メーカーのヤマハ関係者が、「あえて理由は記さないけれど悲劇が起きてからでは遅いので」として牽制するSNSを発信し、大きな反響が出ているようです。
(略)
 早い時期のゴーン報道で、すでに楽器ケースには空気穴が準備されており、それがなければ窒息、といったことが記されていました。
(略)
 どういうことか。まず、一度中に入ると、身動きが取れなくなる可能性があります。
 次に、外から閉められると、まずもって中からは開けることができません。
 さらに、中で暴れたり外に助けをもとめようとしても、それが極力伝わらないように作られている。
 そして、極めつけとして、気密で脱酸素剤などが入っている場合すら少なくない。人が入れば普通に死にます。

 楽器は「生きている」といいますが、それはインストゥルメントとして生きているのであって、木材の呼吸は生命体の代謝ではなく、かつて生物であったものの物性にほかなりません。
 楽器ケースの中に人間を入れると、比較的容易に「かつて生物であったもの」になるように、入念に設計されている。実は精密機器であるということが分かると思います。
 大型の楽器ケースの中には、間違っても入らないようにしましょう。でないと、死にます。
(略)
 ゴーン氏の会見でも、そのことには触れられていました。命を他人に預けたわけで、彼の脱出を非難するのは簡単ですが、65歳の男性があのような冒険に身を投じたことそのものは、大した胆力と言うべきことかとも個人的には思っています。
 しかし、それはグリーンベレーが準備した「専用の手品の箱」だったからできたわけで、普通の人が不用意に入れば楽器ケースはそのまま棺桶にしかなりません。

繰り返しますが良い子は絶対真似するなと言うことで、くれぐれも間違いのないようご注意下さい。
日本初のkawaiiなる言葉はすでに一部方面では世界共通語だとも聞くのですが、微妙に勘違いされ理解されているかも知れないと感じられるニュースがこちらです。

「二次元美少女キャラと会話できるデバイス」がアメリカ進出(2020年01月12日ユルクヤル)

”俺の嫁“と一緒に暮らせる、キャラクター召喚装置「Gatebox」。
日本では二次元美少女キャラとの生活を楽しめるデバイスとして大きな注目を集めていましたが、海外版はどうやら”日本らしさ“が完全に抹消されているようです。

<海外の反応>
どんな判断だwwww
爆死確定
こんな余計なローカライズする資金と暇を与えやがって・・何してんだ・・・
西洋開発者はアホなのか?笑
(略)

その改悪?の様子は元記事の画像を参照いただきたいのですが、何でしょう日本アニメ等のハリウッド版リメイクが必ず爆死すると言われる理由がわかる気がします。
最後に取り上げますのはお隣中国からのニュースですが、まずは記事から紹介してみましょう。

「独裁に反対」習近平国家主席の『顔』に墨汁をかけた女性、精神病院から戻るとまるで別人に(2020年01月04日ハフポスト)

中国・上海で習近平国家主席の「独裁に反対する」などとして2018年7月、習主席の顔が描かれたポスターに墨汁をぶちまけるパフォーマンスをした女性が、入院させられていた精神病院から戻った。
父親によると、女性はほとんど言葉を発さない状態で「入院前とはまるで別人」と話しているという。アメリカの政府系メディア「ラジオ・フリー・アジア(RFA)」が報じた。

パフォーマンスを行った女性は、湖南省出身の董瑶チョン(ドン・ヤオチョン)さん(チョンは王へんに京)。2018年7月4日朝、上海で「習主席と中国共産党の独裁、暴政に反対する」などと叫びながら、3度に渡って習主席が描かれたポスターの顔の部分に用意していた墨汁をかけた。
董さんはこの様子を自ら動画に収め、ネットで配信していた。
董さんはこのあと、中国当局により精神病院に入院する手続きを取らされ、父親も軟禁されるなどの処分に遭っていた。

ラジオ・フリー・アジアが董さんの消息をおよそ一年半ぶりに報じたのは2020年1月2日。退院し、父親の元に戻ったと伝えた。
しかし、それは必ずしも董さんの無事を知らせるニュースではなかったようだ。記事によると、董さんは「お父さん」の一言を除き一切言葉を発さず、父親は「まるで別人だ。病院で何かしらの薬を盛られたのではないか」と話しているという。
(略)
父親とのチャット画面も同じく載せられ、この中で父親は「彼女は今こんな感じなんだ」「以前とは違う、まるで痴呆のようだ」「私の国よ、人をこんな風に変えてしまうなんて」と欧さんに訴えている。
ラジオ・フリー・アジアによると、董さんは中国を離れたいとの意向を示しており、海外移住を手伝ってくれる人を探しているという。

場所が場所だけに空気を読んだ振る舞いをすべきだったと言う声も少なくないようですが、いずれにせよ怖い話ではありますね。
日本でも一部進歩的な方々の間では盛んに独裁がーと叫ぶのがお好きのようですが、さすが共産主義は常に資本主義の一歩先を行っていると言うことでしょうか。

今日のぐり:「中華そば 一誠」

国道から見えるため以前から気になっていたこちらのお店、岡山県南部金光町の町外れと言うやや判りにくい場所にあります。
しかし強いて言えば看板はまあ綺麗なのですが、店内は素晴らしい歴史感ありありと言いますか、ちょっと一人で入るのに躊躇する雰囲気ですね。

メニューを見る限りラーメンに焼き飯、おでんに酒などありがちなもので、中華そばを頼むと盛りは?と問われるところを見ると大盛りがデフォなのでしょうか。
豚骨も使っているのでしょう、わずかに濁りがある鶏ガラ系主体の醤油スープはスープと醤油だれのバランスもまずまずで、昔ながらのと言う言葉が似合いそうですね。
一見なんでもない中細麺も老舗に良くある柔らか過ぎでも硬すぎるわけでもない頃合いの茹で加減で、面のほぐし具合もいい具合ですから食べやすいですね。
トッピングはシンプルに小口のネギにチャーシューと、これに煮鶏一切れが加わっているのが近隣の笠岡ラーメンに通じるものを感じます。

全体に昔風の中華そばとしてはきちんとしたもので、お値段も手頃ですから悪くはないと思うのですが、やはりお店自体のインパクトの方が印象的ですね。
ちなみにお店の前の立て看板には頑固親父云々とちょっと怖い文言もありますが、強面ではあるものの頑固親父は案外良い人だったなと言う印象でした。

| | コメント (0)

2020年1月 9日 (木)

今日のぐり:「ラーメン みさと」

携帯電話等で活用されている絵文字は日本発祥なのだそうですが、先日世界のアップルが絵文字を活用したサービスを開始したことが報じられていました。

Apple、AirPodsで絵文字刻印を提供開始(2020年01月04日ITmedia)

 Appleが、AirPodsシリーズのオンライン購入限定サービスとして、絵文字の刻印サービスを提供開始している。

 AirPods Pro、AirPods with Wireless Charging Case、AirPods with Charging Caseを購入する場合のみ、十二支を含む31種類の絵文字の中から1つ選択可能だ。
 テキストメッセージとの併用はできない。

 なお、充電ケース「Wireless Charging Case for AirPods」単体購入時は刻印サービスを利用できない。

日本文化に敬意を表して干支はよろしいのですが、何故か31文字の中に妙なものが混じっていると話題になっています。
本日はアップルの勇気ある選択に敬意を表して、世界中から思わずなんでやねん!と突っ込みたくなるニュースの数々を紹介してみましょう。

「牧場しぼり」はしぼっているからカロリーゼロ あらゆる食べ物をゼロカロリーと判断してくれる技術が誕生(2019年1月1日ねとらば)

 テーブルに置いた食べ物が、なぜゼロカロリーであるかを説明してくれる技術が、ついに開発されました。「実質ゼロカロリー」の言い訳がしやすくなるやつ。

 12月に開催された、24時間で作った作品をプレゼンするイベント「Yahoo! JAPAN Hack Day 2019」に登場した作品で、その名も「絶対ゼロカロリー領域」。データを活用して最も新しい体験を生み出した作品に贈られる「Data賞」を受賞しました。チーム「はなまるチャレンジャーズ」が制作したこの技術は、あらゆる食べ物がゼロカロリーであるという免罪符を与えてくれます。まあ、強引な理論なんですけどね。

 この技術は、テーブルに置かれた食べ物を画像認識して料理の種類を判定した上で、ゼロカロリー理論をテーブルに表示してくれます。揚げ物を検出した場合は「カロリーは熱に弱いから」と表示され、カツカレーというハイカロリー同士を組み合わせた食事は「カロリーが喧嘩する」という理由からカロリーゼロであると表示されます。やったね、罪悪感もゼロ!

 “食べないなら食べない。食べると決めたら、潔く気持ちよく食べたい!!”という思いから制作された作品。これでスタバの甘いフラペチーノも、チーズたっぷりのピザも、後ろめたい気持ちなく食べられそうです。

まあご本人がそれでよろしいのであればと言うことなんですが、しかし正月明けの体重計が怖いと言うものですね。
こちらも正月恒例のあれに関する話題ですが、誰しも突っ込まずにはいられなかったと言うニュースです。

「無理……」 福袋に入っていたパンツに、購入者も涙目(2020年1月2日グレープ)

新年の始まりに売り出される『福袋』は、もはや日本のお正月の風物詩。
お得なのはもちろん、何が入っているか分からないというドキドキ感も福袋の魅力ですよね。
しかし、時にドキドキやワクワクを通り越した衝撃のアイテムが入っていることも…。

そんな衝撃のアイテムを引いてしまったのは、れーほ(@WG_XXXG_00W0)さん。安さにつられ、下着の福袋を購入したといいます。
「はければいい」という気楽な思いで購入したものの、福袋に入っていた下着に、れーほさんは言葉を失ってしまったのでした。なぜなら…。

パンツの福袋安いやつあってまぁはければいいのでは感覚で買ったけどあまりにも「「「強い」」」やつが混ざってたことを報告します(やばい)(なにこれ) pic.twitter.com/xkVkOtZ8Xb
— 🍃れーほ🍃 (@WG_XXXG_00W0) December 31, 2019

購入したのはパンツを詰め合わせた福袋でしたが、これは…パンツなのでしょうか。
(略)
せっかく買ったにも関わらず使用しないのはもったいないとも思えてしまいますが、笑える話のネタを買ったと思えば、惜しくはない…かもしれませんね!

購入者自身が無理と断言したその正体は元記事の画像を参照頂ければと思いますが、これはクレーム案件と言われても仕方がない気もします。
インドと言えば近年では婦女暴行絡みの凄惨な事件が多数報じられていますが、こちら全世界からツッコミが入ったと言うニュースです。

「暴力を伴わない強姦は合法にしよう。女性が性犯罪者の要求を叶えてやれば痛い目にはあわない」 インド人映画製作者の発言が物議(2019年12月8日ユルクヤル)

インドではこのほど、女医のプリヤンカ・レッディさん(27)が男に性的暴行を受け殺害される痛ましい事件が起きたばかりでした。ダニエル氏はこれについて「レイプは深刻な問題ではないが、殺人は許しがたい」とコメント。
「政府は女性の身の安全のために、暴力を伴わないレイプを合法化すべきだ」と付け加えていました。

ダニエル氏によれば、そうすることで殺人事件を防ぐことが出来るようです。
「女性は避妊具を携帯すべき。襲われそうになったら犯人にそれを手渡し、男性の性的欲求を満たすために手伝うといい。そうすれば、傷付けられるようなことはない」と過激な主張は続きます。

一連の投稿は現在は削除されているものの、ネットを中心に大炎上。
Twitterでは「#MeTooIndia」の公式アカウントがこの発言に言及。「それがどのようにして女性を安心させるんですか?どれほどの男性が罪を裁かれずに放免されるんですか?」と批判しています。

なるほどこの方式で行くと世の中の各種犯罪もうまくこなせるように…なるとはちょっと思えませんね。
最後に取り上げますのはお隣中国から、もはやいつものアレかと言うニュースです。

道路陥没で3人落下 セメント注入で家族抗議、その後監禁(2019年12月29日ニュースポストセブン)

 中国広東省広州市の道路で12月1日午前、原因不明の陥没事故が発生して、偶然通りかかった清掃車両とスクーターの各1台が陥没個所に落下。連絡を受けた市当局は落ちた3人を救助せずに、直ちに陥没個所にセメントを注入していたことが明らかになった。
 そのことを知った3人の家族らは広州市政府庁舎前で抗議をしたが、相手にされずに、逆に警察によって監禁され、消息不明になっている。ネット上では「当局による殺人だ」「中国人の人命はあまりにも軽い。アリ並みだ」などとの市当局を批判する声が上がっている。広州市の地元メディアが報じた。

 事故現場は市内中心部の広州大通りの交差点で、陥没は幅数メートル、深さ約40メートルにも及んでいた。落下した清掃車両には50代と20代の男性親子が乗っていたのに加え、スクーターに乗っていた30代の男性も落ちたという。
 中国版ツイッター「微博(ウェイボ)」では「拡散希望。落下した清掃車には祖父と父が乗っていた。いま、私は友人や家屋と一緒に現場に来ているが、警察が現場を封鎖して近づけない。まず、祖父と父を救助するように警察官に訴えているが、すでにセメントを流している」と、親族によって現場の状況が伝えられていた。
 スクーターの男性の妻もウェイボに投稿。「私の夫を助けて。いま私は1歳の娘を抱いている。生まれたばかりの赤ちゃんのためにも助けてほしい」との内容だ。

 しかし、市当局は被害者を助けようとせず、事故発生から3時間後の同日正午、陥没個所へのセメントの注入を開始。広州市の地下鉄会社は午後3時半ごろ、「陥没のさらなる拡大を止めるために、部分的な穴埋め作業を行っている」と発表しており、地上から被害者の救出活動は行われなかった。
 これに対して、3人の家族らは4日、市政府庁舎前で、「人命を軽視するな」などと書かれた横断幕を掲げて抗議行動を起こしたが、警官隊によって身柄を拘束され、消息不明になっている。

 これを知った市民の1人はウェイボ上で「中国では至る所で、道路が陥没するなどのずさんな工事が行われており、今回も地下鉄工事によって、大きな穴が開き、人命が失われた。政府のずさんな建設工事の犠牲になるのはいつも庶民ばかりだ」などの書き込みがみられる。

中国と言えばかつて大事故では決まって死者数35人説なるものが流布されていましたが、今や3人から証拠隠滅を図るまでに進歩したということですかね。
亡くなられた方々のご冥福を祈るばかりですが、どこの国であれ事故には巻き込まれないよう注意をいただきたいものです。

今日のぐり:「ラーメン みさと」

徳島線の学駅と言えばこの時期人気なのだそうですが、その学駅に近い田園地帯の一角に位置するのがこちらのお店です。
店舗の内外装はいずれも二昔ほど前の田舎のラーメン屋そのものですが、こういうお店もなかなか味があっていいものです。

メニューはラーメンに焼き飯、餃子に鶏唐と言った一般的なもので、ここは無難に徳島ラーメンの肉玉でオーダーしてみました。
徳島ラーメンとはすき焼きの載ったラーメンだと言う人がいるそうですが、確かに甘辛い豚バラ薄切りに生卵と来ればすき焼き風ですね。
他にトッピングではシナチクならぬ竹の子と言うのも珍しいのですが、醤油風味の立った甘辛スープは脂も多くなかなかコクがあります。
見た目特にこれと言う特徴がなさそうな中細麺は柔らかめの茹で加減ですが、このスープは好きな人にはちょっとクセになるのかも知れませんね。

徳島ラーメン自体は全国どこでも食べられるようになってきていますが、地元で食べられているのはこういうものなのかと改めて感じ入るものでした。
見た目通りトイレなども昭和っぽさ満点で、ラーメンの器一つにもなかなか味があり、田舎の店らしいゆるい接遇も懐かしいものだと言えるでしょうか。

| | コメント (0)

2020年1月 1日 (水)

あけましておめでとうございます&今日のぐり:「うどん坊」

あけましておめでとうございます。本年も当「ぐり研」はのんびり継続中です。
さて、日本では鼠小僧の伝説がありますが、先日アメリカでもこんな事件があったそうです。

「メリーXマス!」と現金まく 白ひげの銀行強盗逮捕―米(2019年12月25日時事ドットコム)

 【ロサンゼルス時事】米西部コロラド州で23日、白いひげを生やした男(65)が銀行に押し入り、警察に逮捕された。地元テレビ局KKTVは目撃者の話として、男が奪った現金を路上でばらまき、「メリークリスマス!」と叫んでいたと報じた。

 事件は23日昼ごろ、同州コロラドスプリングズの中心街で発生。男が武器を持っていると主張して窓口係を脅し、銀行から現金を奪った。しかし、店舗の外に出ると、かばんから現金を取り出して投げ散らかした。現金の一部は通りかかった人々によって回収されたという。

写真を見ますと確かにあのお方っぽいところもあるでしょうか、何にしろ銀行強盗はよろしくありませんでした。
本日は白髭の男の更生を願って、世界中からなんとなくそこはかとないありがたみを感じるニュースの数々を取り上げてみましょう。

偶然を超えた奇跡のレベル 阪急電車大阪梅田駅のワンシーン(2019年11月13日神戸新聞)

 <令和1年11月11日 大阪梅田駅11時11分発 ちょっとした偶然が>阪急電鉄公式アカウント(@hankyu_ex)の11月11日のツイートが話題です。
(略)
 いつか起こるかもしれない次の奇跡。皆さん、信じて待ちましょう。(ネクスト編集部 金井かおる)

何がどう奇跡なのかは元記事の写真をじっくり拝見いただきたいのですが、これが完全な偶然だと言うのも大変なものですね。
子供の頃から科学に対する教育が重要であるとは知られているところですが、こちら身を挺して学童教育を続けてきた熱血女教師が話題です。

奇抜なボディスーツで「人体の構造」を教えた小学校教師のアイデアに称賛の声(2019年12月25日テックインサイト)

このほどスペインで、斬新なアイデアで児童に「人体の構造」の授業を行った女性教師が話題になっている。通常は人体模型などを使って教えるところだが、彼女は奇抜なボディスーツを着用し自ら人体模型となった。『Mirror』『New York Post』などが伝えている。

スペインのカスティーリャ・イ・レオン州バリャドリッドに住むヴェロニカ・デュケさん(Verónica Duque、43)は、化学、社会、芸術、英語、スペイン語と様々な科目を受け持つ教師として15年のキャリアを持つベテランである。
そのヴェロニカさんは現在、小学校3年生の児童を担当しているが、今月16日に彼女の夫マイケルさん(Michel)がその授業風景をTwitterに投稿したところ、大きな話題を呼んだ。
(略)
マイケルさんは「僕はこのアイデアいっぱいの女性を誇りに思う! 彼女が妻なんて僕は本当にラッキーな男だよ。彼女はとても独創的な方法で人体の構造を教えていて、児童達は夢中になっていました。やったね! ヴェロニカ!」と記している。
(略)
このマイケルさんの投稿には6万7千件以上もの「いいね」がつき、ヴェロニカさんに対して多くの称賛の声が集まった。
「彼女のように教えることに意欲を持った先生が世の中もっと必要だと思います。」
「イノベーションと創造性に優れた事例といえるね。学習するうえで興味を持たせる彼女のやり方は必要なことだと思う。」
「彼女は私が小学5~6年生の頃に家庭教師をしてくれました。私が会った中で最高の教師です。大学の授業よりも彼女の授業はハッキリと覚えています。」
なかには現役の教師と思われる人から「世間から教師は怠慢な公務員という印象を取り払って欲しいと願っています。私達はそんなに怠慢ではありません」というコメントも見受けられた。

ちなみにヴェロニカさんは今回の授業以外でも、度々生徒を驚かせることがあるという。たとえば歴史の授業で歴史上の人物の格好をして授業を行うこともあるそうだ。

その独創的な様子は元記事の画像を見れば一目瞭然ですが、ヴェロニカさんはさして大柄でもないにも関わらず何故か世間では「巨人…」と言うつぶやきが多かったそうです。
登山中の遭難事故は大変に恐ろしいものですが、こちらある意味でそれ以上に怖いとも言える経験をしたと言う遭難者のニュースです。


幽霊が遭難者を救ったと話題「映画化して」「キャスパー?」(2019年11月28日女性自身)

台湾で遭難していたハイカーが10日ぶりに発見されたが、「幽霊のカップルにガイドしてもらった」と告白。ASIA TIMESが11月22日に報じたところ、ネットで話題を呼んでいる。

ASIA TIMESによると、60歳の宋瑞雄さんは屏東県にある山々をハイキングしていたが遭難。栄養源は川の水や天然の砂糖。しかし岩壁を登っていたときに、メガネを紛失。一度は洞窟に避難したものの、やがて「このままではいけない」と決意。そこを後にしたところ、あるカップルに出会ったという。
宋さんは彼らと並んで2時間歩き、その間は日々の生活について話していたという。ところが突然、彼らはいなくなった。振り返っても姿が見当たらず、彼らを見つけることができない。その代わりに、宋さんは山の麓へと続く道を発見したというのだ。
やがて地元の村人たちに発見され、すぐに警察署で保護された宋さん。出会った幽霊のことを台湾土着の祖先の霊だと信じているという。

ネットでは《是非とも映画化してほしい》《メタフィジックなものが歩いていたと……》《キャスパーかな? 彼はとても優しいからね》といった声が上がっている。
日本でも10年7月、三重県・鎌が岳で遭難した男性が不思議な2人組みに助けてもらったというニュースがあった。
asahi.comによると、山中で男性が遠くにヘッドランプの灯りを発見。大声で助けを求めたところ、40代くらいの男性2人組がやってきて道案内をしてくれたという。そして下山。しかし、その直後に2人の姿が見えなくなったのだ。警察は「御在所岳で夜の登山客は通常考えにくいが、無事下山できて何より」とコメントしたという。

何にしろ助かって良かったと言う話ですが、こういうものは何らかの幻覚なり潜在意識的な何かの発露なのでしょうか。
こちら中国から先日のサッカー国際大会に関連して、炎上騒動が一転して…と言う珍しいニュースです。

中国ボディコン記者がサッカー記事で大ミス連発も画像流出で状況一変(2019年12月19日東スポ)

【アツいアジアから旬ネタ直送 亜細亜スポーツ】サッカーの東アジアE-1選手権(韓国・釜山)で、中国人男女が“ラフプレー”を連発。女性の方はサッカー選手でもないのにアジア中で脚光を浴びるハメになった。

 サッカー森保ジャパンが2―1で下した10日の日中戦では、ロングボールを空中で奪い合う際、DF姜至鵬がMF橋岡大樹の頭部を蹴りつけた。これは「カンフーキック」と批判され、中国メディアも「恥ずべきプレー」と厳しい論調だった。
 追い打ちをかけるように、山東省の半島都市報(バンダオニュース)が中国代表選手23人のうち、なんと15人もの選手名を間違えた記事をネットにアップ。敗戦ストレスもあってか、中国ネット民は「国の代表に対する侮辱」「編集者は何しているのか」「校正しないまま記事をアップするのか」と同紙を批判した。
 記事を書いた女性記者・ケイ成博さんのSNSも炎上。「お前はサッカー見たことあるのか?」「プロフィルには海大(中国海洋大学=青島の一流大)卒業とあるが、疑わしい」「代表選手の名前も知らない記者がいるとは驚き」など書き込みが相次いだ。
 さらにケイさんの経歴が掘り返され、2014年のアジア大会、昨年のW杯でも取材経験アリとわかると「選手に興味もないのに、何年もサッカー記者をやっているのか」とサッカーファンは激怒。ところが、ケイさんの写真が発掘されるや、ネット世論は一転する。大きな瞳に小さな鼻、ぽってり唇が印象的な色白美人だったからだ。

中国IT大手テンセント系列のネットメディア・騰訊網は、プレスパスをぶら下げ、ピンクのボディコン姿で闊歩するケイさんのセクシーショットを公開。どう見ても同業者の隠し撮りっぽい写真は中国のみならずアジア各地のメディアが転載し、拡散しまくっている。
 美乳でヒップラインもエロく、ネット民はクギ付け。ミスなどそっちのけで「恋に落ちた」「誰にだって誤りはある。私たちは彼女を許さなくてはならない」「間違えられた選手たちも、きっと名誉に思っている」などと寛大な声が広がった。一方で「この体を駆使したコネ採用なのか」「外見で世論が左右されるのはフェアじゃない」といった意見も多い。
 あまりの反響で半島都市報サイドは、ケイさんを研修記者に降格させ、教育をやり直すと発表。記事のミスも訂正、謝罪した。ただ、ケイさんの美貌とナイスバディーが広く知られることになったベトナム、インドネシア、シンガポールなどでは「彼女が国際大会の取材に来る日を待ち望んでいる」と気の早い声も。来年の東京五輪では拝めるか。(室橋裕和)

まあこれも人間の本能に基づいた行動とでも言うのでしょうか、何にしろこれを教訓に良いサッカー記者になれればいいですね。
最後に取り上げますのも中国からの話題ですが、内外の多くの方々に衝撃を与えた献身的な美談と言うことです。


機内で乗客が膀胱破裂の危機 自らの口で尿を吸い取り救った医師(2019年11月23日テックインサイト)

中国広東省広州から米ニューヨークまでの約15時間40分のフライト中に、70代の男性が突然苦しみ出した。男性は膀胱にたまった尿が排泄されなくなる尿閉を起こしていたが、ある医師の機転により危機を脱することができたという。『Metro』などが伝えている。

広州白雲国際空港を発ちニューヨーク・ジョン・F・ケネディ国際空港へ向かう中国南方航空(CZ399便)の機内で今月19日、ある男性が冷や汗をかいて苦しんでいることに客室乗務員が気付いた。『Express.co.uk』によると時刻は午前1時55分で、客室乗務員はアナウンスにより医師の助けを求めた。
これに応えたのが、同機に搭乗していた広州市曁南大学附属第一医院に勤める血管外科専門医のチャン・ホン氏(Zhang Hong)と海南省人民医院のショウ・ジャンシャン医師(Xiao Zhanxiang)だった。
男性は70代で、過去に前立腺が肥大して排尿障害を引き起こす前立腺肥大症を患っており、膀胱にたまった尿が排泄されなくなる尿閉を起こしていた。

腹部が膨張してショック状態に陥っている男性を診察したホン医師は、尿を排出しないと膀胱が破裂し危険な状態にあると判断。応急処置として携帯用酸素ボンベについていたプラスチックの管、機内の緊急応急セットのシリンジ、牛乳パックのストロー、テープなどを利用して簡易カテーテルキットを作った。しかし上手く排尿ができない。
そこでホン医師は、プラスチックの管を使って尿を自分で吸い取り、口に溜まった尿をカップに吐き出す手法に切り替え、膀胱から約800ミリリットルの尿を取り出すことに成功した。これだけの尿を吸引するのに37分を要したが、男性の容態は安定した。

ホン医師はその後、中国メディアのインタビューで「人を救うことが医師の務め。その時は男性を助けることしか頭になかった」と語っており、このニュースには「医師の鑑」「なかなかできることではない」「男性はこんな医師が乗り合わせていて運が良かったんだろうね」など、ホン医師を“ヒーロー”と呼んで称えるコメントが多数あがっている。

誰しも自らが同じ立場に置かれた際に同じことが出来るかと考えてしまうニュースで、多くの人間に深い感銘と衝撃を与えたようです。
何にせよ男性が助かって良かったと言うものですが、長期の旅行をされる際にはくれぐれも体調管理には気をつけたいものですね。

今日のぐり:「うどん坊」

倉敷市街地の一角にあるこちらのお店、以前にもお邪魔した際に親子丼がうまかった記憶があります。
近隣に競合の飲食店も多い中で長年安定的な営業をされているようで、現在は2代目のご主人なのだそうですね。

今回は親子丼をセットで頼んで見ましたが、いくつかから選べるうどんはざるうどんを選択しました。
問題の親子丼は出汁でホロホロになるまで煮込んだ鶏肉に、とろり頃合いの卵とじも決まってなかなか美味いですよね。
うどんはこの地域では比較的珍しい硬めのうどんですが、硬いだけでなくコシもしっかりあり、舌触り喉越しも良好でした。
付け合わせの自家製の漬物もなかなかしっかりしたものですが、この界隈では珍しく醤油が付いてくるのが面白いですね。

全体に以前お邪魔した数年前よりも良くなっている印象ですが、代替わりしてから手技的にも安定してきたと言うことでしょうか。
接遇面も伝統のある老舗だけに手慣れたものですが、やはりどちらかと言うとうどんよりも親子丼の方が気になるお店と言う印象がありますかね。

| | コメント (0)

2019年12月27日 (金)

今日のぐり:「そばの館」

先日のクリスマスを前にして、こんな話があったようです。

「リア充爆発しろ!」クリスマス粉砕デモ、渋谷で2年ぶり実施 「今年も我々の勝利だ」と手応え感じる(2019年12月21日キャリコネニュース)

“恋愛資本主義”の打倒を掲げる団体「革命的非モテ同盟」は12月21日、渋谷駅周辺で恒例の「クリスマス粉砕デモ」を実施した。ニコニコ生放送による中継が行われる中、参加者たちは約40分間にわたり、クリスマスの機運が高まる街中を練り歩いた。

同団体の代表、秋元貴之氏(36)は出発前に
「私たちはモテない人たちの集まり。日本の商業主義的クリスマスを粉砕するため、きちんと訴えていきたい」
と改めて趣旨を説明。13年前の同盟結成時から使い続けているという黄色の旗を高らかに掲げて街に繰り出した。
(略)
デモに毎回参加しているという30代男性は
「晴れ晴れした気持ち。とてもすっきりした」
と達成感を感じた様子。だが、「まだまだ世の中にはクリスマス至上主義が絶えない」と来年以降も引き続きデモに参加する意志をのぞかせた。

まあなんと言うべきなのでしょうか、当日にやらないあたりに微妙な節度を感じると言いますか、何にしろお疲れ様でしたとしか言いようがありませんね。
今年最後の更新として、本日はリア充も非モテも幸せになれるよう祈念して、世界中からなんとなく微妙に切なくなるようなニュースを紹介してみましょう。

実践して切なくなった節約術「水シャワー」「ティッシュを半分にして使う」「スーパーで割引シールが貼られるのを待つ」(2019年12月23日キャリコネニュース)

ライフネット生命保険は12月23日、「消費税増税による家計の見直し・節約に関する調査2019」の結果を発表した。調査は今年10月にネット上で実施し、ネットエイジアリサーチのモニター会員で20~59歳の男女1000人から回答を得た。

今年10月に消費税率引き上げが実施された。今回の増税で月々どれほど負担が増えたかを聞くと、平均5655円となった。月々に節約したいと思う額は平均6766円で、子どものいる家庭で平均8193円となる。
(略)
実践して切なくなった節約術を聞くと、1位は「食費の見直し・削減」(106件)。具体的には「昼食を抜きにする」(30代女性)、「肉や魚のない野菜だけの食卓」(30代女性)といった声が寄せられた。
2位は「水道代を削減・節水」(32件)で、「トイレのタンクにペットボトルを入れる」(40代女性)、「家に帰る前に外出先でトイレを済ませる」(50代女性)という人も。3位は「光熱費を削減・節水」(28件)で、「水シャワー」(20代男性)や「昼はあまり電気をつけない」(30代女性)といったことを実践している人がいた。
4位は「外食費を削減する」(20件)で、「外食を減らす」(30代男性)、「安い店で外食」(30代女性)といった声があがった。5位の「セール・割引を利用する」(18件)でも、「スーパーで割引シールが貼られるのを待つ」(30代女性)、「特売セールをはしごする」(50代女性)と食品関係を安く抑えるコツが挙げられた。
6位以降、「間食を減らす」(13件)、「日用品を節約する」(12件)、「安い食材を利用する」(11件)と続き、
「デザートを買わない」(20代女性)
「ティッシュを半分にして使用する」(50代女性)
「もやし生活」(20代女性)
「カップ麺ばかり食べる」(20代男性)
といった声が寄せられた。また「ひたすら我慢する」(30代女性)という人もいた。

この時期の水シャワーは命の危険もありますから是非ご遠慮いただきたいのですが、しかし確かに見るだけでも切なくなるような話が並んでいますね。
犯罪行為はもちろん許容されるものではありませんが、こちらその発覚の有様があまりに惨めだと話題になっていたニュースです。

免許証で25歳さば読み 偽造ばれて59歳男逮捕(2019年12月25日神戸新聞)

 25歳さばを読んで発覚-。偽造した運転免許証で口座を開設しようとしたとして、兵庫県警明石署は25日までに、詐欺未遂の疑いで神戸市西区の無職の男(59)を逮捕、送検した。偽造した免許証の年齢は34歳になっており、「若すぎる」と疑った金融機関の職員が通報した。

 同署によると、男は9日正午前、同県明石市松の内2の金融機関で偽造した運転免許証を示し、口座開設を申し込んだ疑い。窓口の職員が男の容姿と、免許証に記された生年月日を比べて不審に思い明石署に通報。現場にかけつけた署員が現行犯逮捕した。
 同署によると、男はインターネットを通じて偽造免許を注文し購入。「口座は売却し、生活費などに充てるつもりだった。年齢をすぐに答えられるよう知人の生年月日にしたが、もっと年上にしておけばよかった」と容疑を認めている。

知人の生年月日を記憶しているくらいなら新たな架空の設定も記憶出来そうなものですが、何にしろ金融機関の職員はお手柄でした。
こちらも全国各地の自治体でたびたび話題になるニュースですが、元記事の画像も参照頂ければと思います。

【炎上】名古屋の学校給食が刑務所の監獄食よりも粗末だと判明 / 全国から怒りの声「子供を大切にしない町」(2019年12月24日バズプラスニュース)

名古屋市の子供たちが食べている給食が、あまりにも質素、粗末、少なすぎると大炎上している。怒りの矛先は名古屋市教育委員会などを含む自治体、そして河村たかし名古屋市長だ。

・成長に悪影響があるんじゃあないの?
炎上の原因は自治体だが、炎上として燃え上がるきっかけとなったのは、東海テレビが2019年12月5日(木曜日)に報じた、名古屋市の給食に関する情報だ。2009年と2019年の給食を比較して紹介しているのだが、2009年の給食でさえ物足りなさを感じるが、2019年の給食は「こんなに少なくて生きていけるの?」「成長に悪影響があるんじゃないの?」と心配してしまうほどの献立。
(略)
・怒りの声が出るのも理解できる
インターネット上には複数の「粗末すぎる給食」が画像として掲載されており、拡散し、多くの人たちが子供たちを心配し、怒りの声を上げている。すくすくと成長し、学習し、未来の日本を担う子供たちが食べる食事とは思えず、怒りの声が出るのも理解できるというもの。

・子どもに給食を満足に与えない理由
何よりも驚いたのは、現在、網走刑務所で受刑者が食べている監獄食よりも、名古屋市の給食のほうが粗末という点だ。大人と子供で食べる量に違いがあるとはいえ、大きく差がありすぎる。受刑者にまともな食事を与えるのは良いが、子どもには満足に与えない理由とは何なのだろうか。

量もさることながら見た目や栄養価の面でも如何なものかですが、盛り付け等の工夫でなんとかなるものでもないようにも感じます。
最後に取り上げますのはこれもありそうな話ではあるのですが、やはりもの悲しいものも感じると言うニュースです。

ドライバーの95%は子どもよりも「フワフワのケーキ」を載せた時の方が安全運転を心がけることが判明( 2019年12月21日 GigaZiNE)

(略)
オーストラリアの保険会社であるNRMA Insuranceは1000人以上のオーストラリア人を対象にアンケートを実施したところ、男性の77%、女性の65%が「自身の運転技術に自信を持っている」と答えたそうです。また、回答者の27%が「運転中に食事をする」、26%が「信号が青に変わった瞬間にアクセルを踏む」と答えたとのこと。また、25%が「後部座席に座る子どもの対応でよそ見運転をしてしまったことがある」と回答したそうです。
そこで、NRMA Insuranceは20人の被験者に「1人での運転」「子どもを車に乗せて運転」「パブロヴァを車に載せて運転」という3種類の運転を行わせて、その運転技術を評価する実験を8日間かけて行いました。

走行実験後のアンケートでは、半数のドライバーが「子どもを乗せた時の方が慎重に運転した」と答え、「パブロヴァを車に乗せた時に慎重な運転を心がけた」と答えたのは全体のわずか12%だったとのこと。
しかし、実際は95%のドライバーがパブロヴァを車に載せた時に最も慎重なブレーキングを行い、コーナーを曲がる精度も上がったことが判明。また、パブロヴァを車に載せた場合、携帯電話の使用が45%減少し、20%の被験者でスピード制御の向上が見られました。

心理学者のエイドリアン・カミレリ博士はNRMA Insuranceによる一連の調査結果を受けて、「人は運転を覚えてすぐの時はさまざまなことに注意を向けるものですが、運転経験を積むにつれて惰性で運転するようになってしまうため、注意力が失われていきます」とコメント。しかし、「車にフワフワのケーキを載せる」という状況は通常ではありえないため、ドライバーは注意深く運転するのだろうと、カミレリ博士は推測しています。
なお、NRMA Insuranceはこの調査結果を基に安全運転を促すムービーを公開しています。

日本でも豆腐の配達などで同様の傾向が見られたとか見られないとか言うのですが、本来なら壊れて深刻なのは子供の方であるはずですよね。
年末年始は交通状況も普段とは違ったものになりがちですが、平常心を保って安全運転を心がけて頂きたいものです。

今日のぐり:「そばの館」

岡山県北に広がる蒜山高原は避暑地として、また昨今B級グルメでも有名ですが、もともと蕎麦の栽培でも知られた土地です。
こちらインターから降りてすぐのわかりやすい立地の人気店ですが、地域で唯一蕎麦の栽培から一貫して自前でされているそうですね。

今回は新メニューだと言うきつね蕎麦(冷)を頼んで見ましたが、いわゆるぶっかけスタイルでトッピングの大きな油揚げが目立ちます。
蕎麦はやや硬めですがコシの強い、しゃっきりした細打ちの蕎麦で、相変わらずなかなかレベルが高い蕎麦だと思いますね。
少し意外だったのが以前は相対的に少し物足りなかった蕎麦つゆが改善されていて、これなら蕎麦に見合ったものになっていると思いました。
油揚げも甘すぎずちょうどいい味加減で、全体としてこれもなかなかうまいメニューでいいのではないでしょうか。
暖かいきつね蕎麦も少しつまんでみましたが、こちらは普通に油揚げの載ったかけそばで悪くないのですが、冷たい方が好みでしょうか。

繁盛店だけに以前は少し不満も感じていた接遇もかなり手馴れたものになっていて、全体に良い具合に発展されているなと感じました。
店内も広くトイレも整っていますが、ちょうどお向かいが道の駅であるだけにそちらもあわせて利用される方が多いようですね。

| | コメント (0)

2019年12月22日 (日)

今日のぐり:「いわ屋」

世間はちょうどクリスマス目前ですが、その時期にこんなニュースが悲報だと話題になっていました。

男性は容姿が悪いとどれだけ性格が良くても女性やその父親から評価されないという研究結果(2019年12月19日GigaZiNE)

1000万件を超える科学文献をまとめたオンラインプラットフォーム・SpringerLinkにて発表された最新の進化心理学関連の論文によると、身体的(容姿)な魅力はパートナーよりもその父親に対してより有効に働く可能性があるとのことです。また、女性やその父親は、自身の交際相手が最低限度の身体的魅力を有していることを期待していることも明らかになっています。

容姿と性格がパートナーやパートナーの親に対してどのような評価を与えるのかについて調査したのは、イースタンコネチカット州立大学で社会心理学の教授を務めるマドリン・A・フジェール氏。同氏は大学で新入生とその両親に同時に話しかけた際に、「容姿と性格が与える影響」に興味を持ったそうです。
(略)
そこで、フジェール氏は女性とその父親が「男性にとって重要なポイント」としてどのような点を重視しているのかを、身体的な魅力と性格特性の両方を合わせて測定するという調査を実施。調査では86組の女性とその父親に対して、男性の写真を提示して、「非常に魅力的な男性」「やや魅力的な男性」「魅力のない男性」のいずれかで評価してもらいました。調査では写真と一緒に男性の性格特性がわかるプロフィールもチェックしてもらったそうです。
調査の結果、女性とその父親の両方が「最も望ましい性格特性」を持つ男性を好む傾向が明らかになっていますが、それは男性自身が「非常に魅力的である場合のみ」だそうです。それに対して身体的に魅力のない男性、つまりは容姿が魅力的でない男性の場合、最も魅力的な性格特性を持っている男性であっても、「容姿が中程度で性格特性は望ましくない男性」よりも低く評価されてしまうことが明らかになりました。

この結果について、フジェール氏は「パートナーの身体的な魅力は、女性とその両親が自覚しているよりも重要なものかもしれません」と、心理学および神経科学に関するニュースを報じるPsyPostに語っています。
さらに、フジェール氏は「自己申告の場合、常に自分の好みを正確に報告するとは限りません。我々の実験は、娘とその父親の両方が、性格特性が身体的魅力よりも重要であると考えていることを示しています。しかし、父親が娘の潜在的なパートナーとして男性を選ぶ場合、身体的魅力が性格特性よりも大きな役割を果たすことが示唆されています」とコメント。
加えて、女性とその父親は約48%の割合で「最高の男性」として同じ男性を挙げたそうです。なお、娘と父親の挙げた男性が一致しない場合、娘の方は「より身体的な魅力」を男性に求め、父親の方は性格特性を優先することが明らかになっています。
なお、フジェール氏は「母親が娘の潜在的なパートナーを検討する際に、男性の身体的な魅力を重要視する」という過去の研究をベースに、今後はより進んだ研究を行うとしています。

何とももの悲しい結論ではありますが、写真ベースの調査ですから容姿でしか評価し難いのは仕方がないのかなと言う気がします。
今日はクリスマスを楽しく凄そうと検討中の全国男性諸氏を激励する意味で、世界中からちょっと残念と言うしかないニュースを紹介してみましょう。

くせ毛の天龍源一郎さんが「くせ毛用ヘアケア」のCMに大抜擢 自慢の滑舌を披露し内容が1ミリも伝わらない結果に(2019年12月16日ねとらば)

 髪のくせやうねりに悩む人に向けて花王が10月に新発売した「エッセンシャル flat」シリーズ。この新シリーズのCMナレーションに「くせ毛でおなじみ」という理由で天龍源一郎さんが大抜擢されてしまいました。その方にナレーションを頼んで大丈夫ですか……?

 「こんにちは、天龍源一郎です!」と元気よく笑顔でナレーション原稿を読み上げる天龍さん。開始早々「エッセンシャ……エッセン……なんだこれ」と商品名の読み上げにつまずいてしまいます。花王さんの攻めの人選が早速功を奏してますね(?)。
 その後も「ばさん(パーセント)」「インステラドゥルルるるるるど(イソステアリルグリセリル)」「メッセ……メッセ……メッ……ド(メソッド)」など、くせ毛以上にくせの強いナレーションをさく裂させていく天龍さん。カタカナ語の苦手さを強引に押し通していくストロングスタイルなナレーションスタイルが光ります。
 最後まで噛んだり咳き込んだりしながらナレーションをやりきり、「上手くいきましたよ」と自信満々で言い切った天龍さん。自己採点は「200点」だそうです。確かにかなり早口で滑舌に自信がある人でも難しそうなナレーションではあるんですが……見習いたい、この強さ……!
(略)

これは黙って元記事の動画を参照いただきたいのですが、しかしどこの世界の言葉でしゃべっていらっしゃるのでしょうかね…
今の時代さすがにこれはいささかどうよ?と大きな話題になっていたのがこちらのニュースです。

いじめを訴える文章、そのまま教室に掲示 栃木の小学校(2019年12月15日朝日新聞)

 栃木県内の市立小学校で昨年7月、6年生の男子児童がいじめの被害を文章で訴えたのに、担任の男性教諭(42)が対策をとらず、名前入りの文章をそのまま教室に張り出していたことが分かった。市教委は今年3月、対応が不適切だったと認め、教諭と当時の校長に口頭で厳重注意とした。

 児童の家族や学校によると、担任の教諭はクラス全員にいじめに関する新聞記事を読ませ、感想を書かせた。上級生や同級生から日常的にいじめを受けていた児童は家族と相談の上、「3年からいじめが続きました」「全身にどろをかけられ、プロレスといってぼうこうもされました」「今も続いているため対応してほしい」などと書いて提出した。
 しかし、担任は相談に乗ることなく、赤ペンで「その痛み、つらさを知っているからこそ、人に優しくなれる」「負の連鎖をどこかで断ちきろう」などと感想を書き込み、他の児童の文章と一緒に教室に張り出した。1週間ほど張り出され、ショックを受けた児童は家族にもすぐには打ち明けられなかったという。
 いじめはその後も続き、3学期に入って児童が休みがちになったため、家族は今年2月、学校を訪問。校長はこの時、初めていじめ被害や文章が張り出されていたことを知った。担任は市教委に対し「(児童の気持ちに)思いが至らなかった」と話したという。市教委は教諭を今年度、クラス担任から外した。

 両親は「相談しても、まともに応じてくれなかった。助けを求める文章を張り出すなんて、人としてどうなのか」と語った。
 市教委側は「教員として絶対してはいけないことで弁解の余地はない。すべての学校でいじめに対して真摯(しんし)に対応するよう指導していく」と話している。

別記事によればさらに大変な状況が明らかになっているようですが、この教諭氏の現在と今後について多くの方々が強い関心を寄せているようですね。
シェパード犬と言えば使役犬の代名詞的な存在ですが、そのシェパードをしてこういうことがあると言うニュースがこちらです。

シェパード犬、ネコ追って木に登るも下りられず救助(2019年12月21日CNN)

(CNN)米カリフォルニア州トレーシーでネコを追って木に登ったジャーマンシェパードが下りることが出来なくなり、消防士が出動して助け出す騒ぎがこのほどあった。
2歳になる犬の名前は「ベビー」。飼い主によると、ネコに強い関心を示す性癖があるという。

映像には木のてっぺんにある枝の端部分にネコがうずくまり、幹の上にベビーがいて向き合っているような様子が収められている。
出動した消防士は今回のような救助は初めてと説明。最初は冗談かと思ったと振り返った。

ネコはその後、無事に木から下りていた。

そのちょっと珍しい状況は是非元記事の画像を参照いただきたいところですが、ここまでであれば見事な仕事ぶりだったのですけれどもね。
最後に取り上げますのはロシアからですが、記事のタイトルから大勢の方々に注目されたと言うニュースです。

ビキニを着てきたらガソリン無料と聞いて..(2019年12月6日カラパイア)

 国土の広さに比例しているのかどうかは分からないままに、予想以上のビッグスケールでさまざまなことが起こりがちなロシア。その恐ろしさから「おそロシア」と呼ばれることもあるほどだが、またアッと驚くハプニングが発生してしまったらしい。

 ロシア・サマーラにあるオルヴィ・ガソリンスタンドでは、もっとお客を呼び込もうとユニークなキャンペーンを実施した。
 しかしこれが思わぬ結果となり、さすがロシアだな!と世界中のネット民を感心させたり爆笑させたりしているようなんだ。

 オルヴィ・ガソリンスタンドが実施したキャンペーン、それはビキニを着て来店した人には無料でガソリンを提供するというものだった。
 おそらくビキニ姿の美女がわんさか来店するだろう、ガソリンスタンド側はそう期待していたに違いないが・・・。
(略)
 この日、大勢が列を成し、ガソリンスタンドは大賑わいだったというが、ガソリンスタンド側の思惑どおりだったのかどうかは不明である。
 ガソリンが無料となればビキニぐらい着たるわい!と考える人が多いのかもしれず、でも日本で同じことをやったら同じようなことになるのだろうか・・・?

その状況は元記事の画像を参照いただければですが、予想された結末だったのかどうかですね。
しかしロシアとしては温かい日だったのでしょうが、ガソリンのためにここまで努力すると言うのも大変なものだと思います。

今日のぐり:「いわ屋」

倉敷市南部の水島地区の一角に位置するこちらのお店、比較的最近の開店ですがすっかり大繁盛店となっているようです。
何しろ今現在岡山県南界隈で注目すべきうどん屋の筆頭だと思うのですが、昼食時には車も停めにくいのが難点ですね。

温かいうどんをと考えシンプルなかき揚げうどんを食べて見ましたが、単にかき揚げの乗ったかけうどんなのですが、このうどんが大変なものです。
見た目の色艶もさることながら、基本柔らかめのうどんであるのに極めて腰が強く、何より驚くのが温かいうどんでもその印象が全く変わらないことです。
うどんのコシを語りたいならここに来て一度食べて見るべきと言うものですが、特にどうと言うこともないシンプルな味ながら出汁もうまいですね。
かけうどんには珍しく別添えの生姜卸がついてくるのですが、これも好みの問題ですが使ってみると確かにいいアクセントになります。
この種の店に珍しく天ぷらはその都度揚げるようで、オーソドックスなかき揚げですがクリスピーで食感も十分に楽しめるもので及第でしょう。
なお後日スペシャルと言ういわゆる全部乗せのうどんも食べて見ましたが、全般にうどんの量が多いお店だけに並盛りでも大変なボリュームでした。

しかし倉敷市内には他にも人気の行列うどん店が少なくありませんが、これはまた大変な店が出来たものだと感心しますね。
接遇面も繁盛店に良くある何となく急かされるような圧迫感を感じさせないのは感心させられますが、それだけスタッフの数も多いと言うことですかね。
強いて欠点をあげれば居抜きで開店されたせいかトイレなど設備面はやや古風かつ最低限で、エアコンの効きが今ひとつかつむらがありそうなことでしょうか。

| | コメント (0)

2019年12月14日 (土)

今日のぐり:「天乃うどん店」

日本と言えば世界にも稀なハンコ社会とは言われてきたところですが、先日登場したこんな新兵器が物議を醸しています。

ロボットが契約書をめくって自動で押印 手作業の負担を軽減 デンソーと日立が開発(2019年12月11日ITmedia)

 デンソーウェーブ、日立キャピタル、日立システムズは12月11日、ロボットとRPAを活用して契約書などの押印を自動化するサービスを発表した。金融機関や自治体など、契約書・請求書の電子化が進んでいない業界の押印作業を効率化する狙い。2020年3月から月額制で提供する予定。

 デンソーウェーブのロボットアーム「COBOTTA」2台とカメラで構成された専用のマシンを、PCに接続して使用する。COBOTTAは、アームの先端に装着した社印を押す作業と、書類のページをめくる作業を担う。ページをめくるたびに、カメラで書類を撮影し、押印欄を識別する仕組み。
(略)
 3社は12月18日~21日に都内で開かれる展示会「2019国際ロボット展」に同サービスを出展し、COBOTTAが自動で押印する様子を一般公開する予定。
 日立キャピタルの広報担当者は「顧客からヒアリングを重ねる中で、金融機関や自治体では、契約時に膨大な書類に角印を押す必要があり、作業が夜中までかかることもあると聞いている。今回のサービスによって負担を軽減したい」と話している。

ええ、まあ何であれ一々ハンコを押すのは大変だろうとは思いますが、ねえ…
本日はCOBOTTAが広く日本人の労力を削減することを願って、それはいささかどうよ?と思わず突っ込みたくなる数々のアイデアを紹介してみましょう。

無印良品 コオロギせんべい 開発のお知らせ(2019年11月21日良品計画ニュースリリース)

無印良品を企画、開発する株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 松﨑 曉)は、2020年春に、「コオロギせんべい」を無印良品の一部店舗とネットストアで発売します。

世界中の様々な国・地域において「感じ良いくらし」を提案する無印良品は、生活に必要な商品の販売のみならず、社会でいま起きている様々な課題に目を向けています。中でも世界の急激な人口増による、今後の食糧確保と環境問題は避けてはとおれない課題と考えています。
良品計画は、それらの課題を考えるきっかけになればという思いから、昆虫食の研究の第一人者の徳島大学と協業し、コオロギを食材とするための取り組みを始めました。徳島大学からは、食用コオロギの実用化に向けた研究成果を、当社からは商品開発プロセスを共有し、おいしく食べていただける昆虫食の開発を進めています。

国連食糧農業機関 (FAO) も、栄養価が高く環境への負荷も少ないという理由で、家畜の代替として昆虫食を推奨しており、中でもコオロギは食用に適しているとして国内外で注目されています。
(略)
飼育しやすく安定して生産でき、他の昆虫よりも成長が早く約35日で収穫できるという点で高く評価されています。また、エサは主に穀物類ですが、雑食なのでエサの選択肢が広く、未利用のまま廃棄される食糧の問題にも貢献する可能性があると言われています。

それは確かに地球環境に大いに貢献するのだろうと思いますが、たくさん売れると良いのでしょうね…
大阪梅田地下街と言えば日本有数のダンジョンとして知られていますが、ますます人を迷わせてしまいそうなトラップが登場したようです。

人をダメにしちゃうやつ!梅田地下街に「日本酒が出る蛇口」が登場(2019年12月6日BLOGOS)

大阪・梅田の地下街「ホワイティうめだ」にオープンしたショップ「新潟をこめ」にて、ひねると日本酒が出る蛇口が登場したことがネットで話題になっています。
「蛇口から日本酒」が登場したのは、12月5日にリニューアルオープンした、新潟県の情報発信拠点「新潟をこめ。以前は「じょんのび新潟」の名前で県のアンテナショップとして営業していた店ですが、ホワイティうめだのリニューアル工事に合わせて、店の装いを新たにし営業をスタートしました。
(略)
オレンジジュースや焼酎が出る蛇口は聞いたことがありますが、日本酒というのはとても珍しいのでは。ドラえもんのひみつ道具「どこでも蛇口」という通好みのアイテムがありますが、まさに酒好きなら誰もが一度は夢に見る発想。もし家に設置されていたら、人をダメにしてしまうこと間違いなしの危険な蛇口です。
この蛇口を利用していたお客さんに話を聞くと「蛇口から日本酒が出るなんて面白い」「すごい人だったので試してみようと思いました。楽しい」などと歓迎の声が続々。「もっと一杯入れな!表面張力を利用せなあかん!」と新しく来店したお客さんにアドバイスする人も見られるなど、楽しんでいる人が多い印象を受けました。
(略)

きっと多くの人々を駄目に…もとい、楽しませることになるのではないかと期待されているそうです。
こちらも日本発の世界的大ヒット商品ですが、その方向に逝くか…と話題になっていました。

カップ麺セットで湯沸かし、お湯入れ、通知が全自動の「カップ麺メーカー」発売(2019年11月26日ライブドアニュース)

サンコー株式会社は、同社が運営する直営サイト「サンコーレアモノショップ」において、自動カップ麺メーカー「まかせ亭」を発売開始した。価格は5,980円(税込)。

本製品は、カップラーメンを作る際の、お湯の沸騰、お湯をカップラーメンに注ぐ、完成時間になったら通知する、という一連の流れを全自動にしたカップ麺メーカー。
円筒状のデバイスには予め水を入れておく必要があるが、それ以外は全自動。カップ麺を置き、60~130mmの高さのカップ麺に対応するデバイスを上下させてカップ麺の上にセットする。
後はお湯が沸いたら自動でお湯が注がれ、30秒から9分まで調節できるタイマーの時間がきたら通知で知らせてくれる。

カップ麺を作る作業を任せられるので、その間、ゲームや作業をすすめることができる。
サイズは全高260~330mm、本体は幅130×高さ180×奥行き160mm。重量は約1600g。タンク容量0.6L。
なお、発売を記念した「カップ麺1か月分と自動カップ麺メーカーを35名様にあげちゃうキャンペーン」も開催されている。

この自動化作業でどの程度の労力が削減出来るのか微妙なところですが、何より気になるのはタンク容量でしょうかね。
最後に取り上げるのはインドからのニュースですが、日本でもたびたび問題になる野生動物被害に対して画期的対策が産みだされたそうです。

イヌをトラに見せかける!?インドで衝撃のサル撃退法(2019年12月5日ATLAS)

サルやイノシシなど、農作物を荒らす害獣対策は日本でも様々な方法が検討されているが、インドで衝撃的な方法が考え出されて注目を集めている。
なんと、中型から大型の飼い犬の全身に『虎ソックリの縞模様』を書き込み、小さな虎に見立てて農場に放すというものだった。

この対策法はインドのウッタラカンナダ地区バトカル近郊の農家が試みた「虎型のカカシ」を設置する方法にアイデアを得たものだという。
一見カカシで十分効果的に思えるが、カカシは動かないため、サルは虎が作り物であり動かないことを学習してしまう。そこで、カルナータカ州シバモッガの農家は犬に虎の縞模様を書き込む事を考えたというのだ。

ちなみに、この「虎柄になった犬」はネットで検索すると何匹か出てくる。虎のような体色のため、虎に見えなくもない犬もあるが、中にはレトリバーに黒い縞模様を適当に描いたと思われるものもあるため、どこまで効果的なのか首を傾げてしまうものもある。
一見冗談のような対処法かもしれないが、実際に野生の虎が生息しているインドだけに、もしかすると一定の効果を上げているのかもしれない?

どれほど虎なのかは元記事の画像を参照に、各自ご判断いただきたいところだと思います。
この種のニュースと言えばおよそ中国発と相場が決まっていたものですが、昨今インドも飛ばしていると言う事でしょうかね。

今日のぐり:「天乃うどん店」

倉敷市南部のいわく何とも言いがたい場所にあるこちらのお店、ナビでもなければまずたどり着けない立地ですが行列待ちの人気うどん店ですね。
昨今倉敷市内では「いわ屋」さんの評価が個人的に高いのですが、こちらも近隣に名を轟かせる名店として知られています。

券売機システムの製麺所スタイルですが、まずは冷たいぶっかけの食券をカウンターに出しますと一瞬で提供されるのは相変わらずの手際ですね。
当然茹で置きなのですが、まず見た目からしてその色艶がすばらしいどんぶりのうどんに、トッピングはネギに天かす、鰹節と言ったところです。
見た目は倉敷ぶっかけ風なのですが、甘辛のうどん出汁ではなく卓上の醤油をかけ回して食べると言うのは香川のしょうゆうどん同様ですね。
柔らかめのうどんはプルプルもちもちでありながら噛めばコシもしっかりあり、色艶、喉越しも良好でやはりうまいなと思います。
続いて熱いうどんでかけを頼んでみましたが、こちらもネギに天かす、かまぼこと添えられたごくシンプルなかけうどんです。
このうどんは暖かくすると柔らかいだけでなく、しっかりしたコシがよく判りますが、わずかに塩気が強めの汁も良い出汁の香りが楽しめます。
ちなみにこちらのうどんも相変わらずかなり長めのものですが、倉敷市内では何店かがこうしたうどんを出しているようですね。

うどんの出来は大繁盛も当然と言うもので、しかも香川同様に極めて安価に手軽にいただけると言うのはありがたいものです。
忙しい中でもおばちゃ…もとい、お姉さんたちの対応ぶりもフレンドリーなもので、短い滞在でもうどんの味共々楽しめるものでした。

| | コメント (0)

2019年12月 8日 (日)

今日のぐり:「石泉(せきせん)」

このところ神奈川県の行政文書大量流出事件が大騒ぎになっていますが、その事件に関わったとされるデータ消去会社社長の過去発言が話題になっています。

株式会社ブロードリンク/使命は人と社会と地球を豊かにすること 「活業」で世界ナンバーワン企業を目指す(2017年08月04日ビッグライフ21)

中古パソコンの買取・販売事業から始まった株式会社ブロードリンクは、今や世界市場を目指すリユース業界のリーディングカンパニーだ。代表取締役社長・榊彰一氏は、大手生命保険会社での営業経験を経て同社を起業。
(略)
しかし、時代は容赦なく変化する。リーマンショックがあり、さらに新品パソコンの価格が下がり、中古パソコンの販売価格は5分の1となってしまった。中古のパソコンを大量に安定して安く仕入れられるところはどこかと考えた榊氏は、リース会社をリストアップした。
「パソコンを企業にリースしているのであれば、リユースできる商品パソコンはたくさんあるはず」と、ただそれだけの目論見で大手リース会社へ直談判しに行った。すると対応した社員は「リースから戻ってきたパソコンのデータを消去しなくてはならない。おたくのセキュリティが万全じゃなければ渡せないよ。大丈夫なの?」と聞いてきた。
「でもね、これも今となっては笑い話なんですが、私はセキュリティのことは何もわかっていなかったんですよ。それで『大丈夫です。データを画面にある〝ゴミ箱〟に入れて削除すればよいんでしょう?』なんて答えてしまったものだから大変で」

普通ならどうぞお引き取りくださいと怒られそうなものだが、そこは同氏の親しみやすいキャラクターで逆に相手先から教えを乞い、必要な知識と設備を全て整えていったという。それで、「全部できましたって言いに行くと、教えてくれた人が、本当に作ったのかと驚いて、回収の契約を取り付けることができました」。大手リース会社との取引が始まった途端、他の企業や業者からもどんどん回収できるようになった。
当初はリース会社と契約するために用意したデータ消去サービスであったが、これが結果的に他者との差別化となった。同社はさらに大波に乗り、業務拡大へと舵を切ったのだった。
(略)
「ブロードリンクを未来永続企業にして、静脈産業のAmazonを目指します。数字目標は、せめて1000億。そのくらいの規模じゃないと、地球環境を変えるなんてできませんからね」と、榊氏は笑った。

まあ…事件そのものは特定社員の横流しに端を発した個人的犯罪行為だった気配が濃厚だそうですが、トップの意識がこんな調子ではと言う声が出るのもやむなしですかね…
本日は今回の大規模流出事件が大過なく収束することを祈念して、世界中からそれはもう少し空気を読むべきでは…と考えさせられる残念なニュースの数々を紹介してみましょう。

線路で撮影?列車遅らす 警笛にも立ち去らず 札沼線・豊ケ岡駅(2019年12月1日北海道新聞)

 【月形】30日午後6時25分ごろ、空知管内月形町のJR札沼線豊ケ岡駅構内で、線路上に男性が侵入しているのを石狩当別発浦臼行き普通列車(1両)の運転士が発見した。警笛を鳴らしても立ち退かず、この列車の出発が98分遅れた。同駅から乗った1人を含む乗客約10人に影響が出た。

 JR北海道によると、男性は写真撮影のために線路に入っていたとみられる。岩見沢署に通報し、警察官が駆けつけた後、立ち退いたという。

実に98分にもわたって粘りきったその根性を讃えるべきか微妙なところですが、下手をすると巨額の損害賠償を請求されかねない事案ですね。
飛行機という乗り物もその性質上運行上のトラブルが絶えませんが、こちらちょっとびっくりするような経緯を辿ったニュースです。

乗客の“急病“で飛行機が引き返す⇒座席のアップグレード目的の「仮病」だった(2019年12月3日ハフポスト)

アメリカン航空系列の国内線で、乗客の女性の「仮病」のせいで離陸直後に飛行機が引き返すという騒動があった。仮病を使った理由は、より広い席に“アップグレード”してもらうためだったと、CNNなどが報じている。

引き返す羽目になったのは、アメリカン・イーグル航空が運航するフロリダ州ペンサコラ発マイアミ行きのフライト。
Newsweekによると、フライトは11月29日午前5時40分すぎに離陸。まもなくして、乗客の女性が苦情を告げ、広い席へのアップグレードを求めた。
客室乗務員から席を提供できないと伝えられると、女性が急病を訴え出したとCNNが報じている。

女性が呼吸困難を訴えたため、機長が機内アナウンスで緊急事態を告げ、離陸から約45分後に出発先の空港に戻った。
その後、女性がより広い席欲しさに「仮病」を使っていたことが発覚。飛行機を降りるよう言われたが拒んだため、身柄を保護されたという。

それは身柄も確保されようと言うものですが、この手口を見ると過去にも常習歴があるのではないかとも思われます。
海外では一般に宅配便の配達が乱暴だとは聞くのですが、幾ら何でもそれはどうよ?と非難囂々だったのがこちらのニュースです。

庭で昼寝中の犬、配達員が放り投げた荷物で致命傷となり安楽死へ(2019年11月22日テックインサイト)

日本では考えられないことだが、欧米では配達された荷物がそのまま玄関前に置かれたりすることが一般的だ。たちの悪い配達員ともなると荷物を放り投げる者もいるが、このほどアメリカで配達員が住居の裏庭の塀から荷物を投げ入れたことで、昼寝中のヨークシャー・テリアが下敷きになってしまった。『The Sun』『NBC26』『Metro』などが伝えた。

今月16日、米カリフォルニア州ベニス在住のミッチェル・ガーリンさん(Mitchell Galin)とケイコ・ネイピアさん(Keiko Napier)の自宅にFedExの配達員が訪れた。少し大きめの箱を持った配達員はどういうわけか門から入らず、裏庭の塀から箱を投げ入れたのだ。
ところがその箱は庭で昼寝をしていたヨークシャー・テリアの“クーパー”の上に落ち、体重4ポンド(約1.8キロ)しかないクーパーにとって致命的な重さだった。飼い主であるケイコさんが異変に気付き庭に出てみると、クーパーが血まみれで倒れていた。
ミッチェルさんはのちに、その時の状況を「荷物は届いただろうが、そのせいでクーパーは血溜まりの上に倒れていたんです」と明かしている。

2人はすぐにクーパーを獣医のもとへ連れて行ったが、X線検査で肺と肝臓に致命傷を負っていることが判明した。クーパーにこれ以上苦しい思いをして欲しくないと思った2人は、安楽死させることを決断した。ミッチェルさんによると「痛い思いをしているクーパーを見るのはとても辛かった」とのことだ。
今回のことを受けて、FedEx側は次のような声明を出している。
「ペットのご家族には深くお悔やみ申し上げます。今回の件を真摯に受け止めて、関係者と状況を把握していく所存です。調査の結果に基づいて適切な措置を講じるつもりでいます。」
(略)
ケイコさんら家族は大きな事故につながる可能性があるような荷物を放り投げるなどの行為を、FedEx配達員に断固やめるように訴えている。

元記事の写真を見ると小さな犬でこれは押しつぶされても仕方ないと思えるものですが、何にしろご冥福を祈りたいところです。
最後に取り上げるのはご存知ブリからですが、まずは記事から紹介してみましょう。

黙とうの最中、参加者の頭上にロケット花火を放った男を逮捕 「愚か者」とネットで非難の嵐(2019年11月26日リアルライブ)

(略)
 記事によると、イギリス・マンチェスターに近いサルフォードで11月10日、戦没者追悼記念式典が開催された。退役軍人を含む数百人が参加していたという。式典の終盤、黙とうの呼びかけとともに、参加者らは起立し、神妙な面持ちで黙とうをささげていた。そのとき、突然、ロケット花火の爆発音が鳴り響いたという。
 ロケット花火は、参加者の頭上15フィート(約4.7メートル)付近で爆発。明らかに、道路を挟んだ向かいのパブから飛んできたものであったという。パブの2階には男が座っていたそうだ。

 怒った参加者たちは、男をパブから引きずり出そうとして、現場は一時騒然。パブ内に強硬突入しようとしたが、現場にいた警察官に制止されたという。
 パブの男はすぐさま逮捕され、公共施設で花火を発射させ、公序良俗に違反した罪で起訴されたという。翌日行われた裁判で、男は、ロケット花火を発射したことを認めつつ、「花火の発射は、人から頼まれてやったもの。敬意の印でもある。ロケット花火は、空砲を空に向かって撃つ弔砲と同じようなものだから」と釈明したという。

 しかし、裁判官は、この男に有罪判決を言い渡し、16週間の禁固刑を命じた。
 裁判官は、「正常な感覚を持つ人であれば、花火の発射を、敬意の印と考えたりはしない。式典に参加した人や、戦没者に対する敬意を著しく欠いている」と話し、男を非難した。
(略)

この場合ブリ的な意味で正常な感覚とはどのあたりにあるのかも問われそうですが、何にしろさすがにこれは参列者も怒るでしょうね。
日本でも同様の行為をして大騒ぎしている方々が少なからずいらっしゃるようにも側聞しますが、くれぐれも人間として最低限の空気を読んでいただきたいものです。

今日のぐり:「石泉(せきせん)」

岡山県南部では一般に蕎麦よりもうどんやラーメンが好まれる気配ですが、美観地区にほど近いこちらは知る限りで倉敷市内でも一番の蕎麦屋ではないかと思います。
江戸切り蕎麦を名乗る細打ちのしゃっきりした蕎麦が特徴ですが、酒のつまみになりそうなサイドメニューも豊富なのが好きな人にはありがたいところでしょうね。

この日はおすすめと大書された天ざるを頼んで見ましたが、この天ぷらは天然ものの秋のきのこが売りなのだそうです。
ホンシメジやムラサキシメジは塩で提供されますが揚げ加減も上々、確かにうまいのですが、しかし普通天ぷらを食べたければ蕎麦屋には来ないかなとも思ってしまいます。
肝心の蕎麦は相変わらずしゃっきり腰も強くいい加減で、以前お邪魔した際には少し硬すぎかと感じたのですが、この日はちょうどいいぐらいでしたね。
水切りもちょうど良い程度であることに自信があることは、ザルの下に受け皿も何もなく提供されるところからも伺えるのですが、まあやはりいい蕎麦です。
同じく冷たい蕎麦で辛おろしそばもつまんでみましたが、辛味大根など薬味を載せたぶっかけスタイルの蕎麦で、さすがに辛さの際立つ大根がいいアクセントでした。

蕎麦つゆとのバランスもよく、蕎麦の味の方は外れのない確かなものですが、知っていなければやや見つかりにくい場所にあるのが難点でしょうかね。
接遇面はよく言えば手際が良いのですが、時々マニュアル棒読み感が目立つようなところもあって、こういう小さなお店での客あしらいも難しいものだなと感じます。

| | コメント (1)

2019年11月30日 (土)

今日のぐり:「洋食ルセット」

先日多くの人がずっこけたと言うのがこちらのニュースです。

防弾仕様の車 窓ガラスに鉄球投げたら…割れた テスラ株価下落(2019年11月23日NHK)

アメリカの電気自動車メーカー、テスラは電動のピックアップトラックを初めて公開しましたが、その性能をアピールしようとした発表会で窓ガラスが割れてしまう一幕があり、ねらいどおりとはいきませんでした。

テスラは21日、ロサンゼルス近郊で発表会を開き、初めて開発した電動のピックアップトラックを公開しました。
「サイバートラック」と名付けられた、近未来的なデザインが特徴的なトラックは再来年から生産を始め、欧米や日本などで販売する予定で、イーロン・マスクCEOは車体が防弾仕様になっているとアピールしました。
そして、極めて頑丈だという窓ガラスの耐久性を示すため、開発担当者が鉄の球を投げつける実演を行いましたが、球が当たると運転席の窓ガラスはクモの巣状に割れてしまいました。

これを見たマスク氏は「ちょっと強く投げ過ぎたかな」と苦笑いしたあと、やり直すよう指示しましたが、続く実演でも後部座席の窓ガラスが簡単に割れてしまいました。
マスク氏は「貫通はしなかったね」と述べ、その場を乗り切りましたが、頑丈なはずのトラックの無残な姿に、会場は気まずい雰囲気となりました。

話題の電動トラックの発表会に投資家たちも早速反応し、一夜明けた22日のニューヨーク株式市場でテスラの株価は一時7%近く下落しました。

元記事の動画では防弾ガラスはひび割れはしても貫通していないからいいのだとか、そもそもトラックのデザインがいささかどうよ?だとか、様々な意見があるだろうニュースですね。
今日は先進的なテスラ社が今後プレゼンのより良い手法を習得してくれることを願って、世界中から突っ込みどころの多そうなニュースを取り上げてみましょう。

免許持たず…「車買っていたので早く乗りたかった」ネットで“偽免許証”注文し作らせる 24歳男逮捕(2019年11月21日東海テレビ)

 インターネットを通じて偽の運転免許証を注文し、作成させた有印公文書偽造の疑いで、愛知県豊田市の24歳の会社員が逮捕されました。

 逮捕されたのは豊田市の会社員・岡本遼容疑者(24)で、他の者と共謀の上、今年10月ごろインターネットを通じて偽の運転免許証を注文し、作成させた有印公文書偽造の疑いが持たれています。
 中国から中部国際空港に届いた郵便物を名古屋税関の職員が調べたところ、偽の運転免許証を見つけ、発覚しました。

 岡本容疑者は普通自動車の免許を持っていなかったということで、調べに対し容疑を認めた上で「車を買っていたので少しでも早く乗りたかった」と供述しています。
 また「スマートフォンで斡旋サイトを見つけ注文した」とも供述していて、警察は中国で運転免許証が偽造されたとみて詳しく調べています。

ええ、まあ、それは車を買ったら早く乗りたい気持ちも理解出来なくはないですけれども、ねえ…
昨今こうした話は社会問題化しているそうですが、今回その発覚経路が注目されたと言うニュースです。

高校教諭が児童ポルノ禁止法違反(2019年11月27日NHK)

県東部の県立高校に勤める男性教諭が、18歳未満の女の子の裸の画像や動画をSNSに公開したとして児童ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、富士宮市に住む県東部の県立高校に勤める23歳の男性教諭です。
警察によりますと教諭は、ことし6月、県内に住む18歳未満の女の子の裸の画像や動画を何らかの方法で入手し、SNSを使って公開したとして、児童ポルノ禁止法違反の疑いが持たれています。
警察は、捜査に支障があるとして認否を明らかにしていません。

警察によりますと、公開されている画像などを見た女の子の親が警察に相談し、被害が発覚したということです。
警察は、画像などの入手にほかの人物が関わっている可能性もあるとみて、入手ルートなどを詳しく調べることにしています。
静岡県教育委員会は「現在、事実関係を確認しているところだが、詳細が判明次第、対応を検討したい」としています。

入手経路であるとか様々な憶測を呼んでいるニュースですが、それは親御さんとしてもこんなものを発見してしまっては驚いたことでしょう。
こちらは猟奇的と言うのでしょうか、ちょっと何があったのかと想像してしまうニュースです。

便器の中から発見の男性遺体、選挙絡みの深い闇が地元で噂される?(2019年11月23日リアルライブ)

 1989年2月28日、福島県田村郡都路村(現田村市)にある教員住宅で一人の成人男性の遺体が発見された。男性が見つかったのはトイレの奥底にある便槽の中。警察は覗き目的で侵入した末の事故死と発表したが、地元住人は殺人事件ではないかと疑っていたという。小さな田舎の村で一体何が起きたのか。

 遺体で見つかったのは、同村に住む当時26歳の会社員Aさん。2月24日から行方が分からなくなっており、家族から地元警察署に捜索願が出ていた最中の事件だった。
 部屋の住人は当時23歳の小学校女性教諭のBさん。2月28日、家に帰宅したBさんが汲み取り式トイレで用を足そうとしたところ、便器の中に靴のようなものを発見し事件が発覚した。汲み取り式は便器内に開いた穴に排泄物を流し、下にある便槽に溜まるという仕組み。Aさんの靴は便器に開いた穴から見えたことになる。地元警察官と村の消防団員では便器の中の人物を引っ張り出すことは出来ず、最終的に重機で周りを掘り起こすことになったという。
 便槽から取り出された時にはAさんは既に死亡しており、真冬だというのに上半身は裸の状態だったそうだ。

 すぐに医師による検案が行われ、死因は凍え兼胸部循環障害であると判明した。死亡日時は死後硬直の状況から26日頃だと推察。身体には軽い擦り傷があるだけで争った形跡も見られなかったことから、警察はAさんが覗き目的で侵入し、出られなくなって凍死したと断定した。
 こうして事件は解決を迎えることになったのだが、地元住民はこの警察の発表に猛反発。「覗きをするために便槽に入り込む男じゃない」と多くの村人はマスコミの取材で話したという。なお、Bさんの証言については確認されていない。
(略)
 事件後、Aさんが勤めていた会社では、遺体が見つかった便槽と同じものを作り現場の状況を再現したそうだ。便槽の直径は約36㎝に対し、20代後半男性の平均肩幅は約40㎝。遺体発見時のAさんの姿勢を再現することは最後まで不可能だったという。
 Aさんが勤めていた会社が原発関連だったことからも噂はさらに広がり、最終的には地元住民が4000人を超える署名を集めて警察に再捜査の依頼をした。しかし、事件性はないという警察の判断は覆らず、2019年も事故死のまま事件に動きは見られない。

一体何が起こったのか様々な憶測が乱れ飛んでいるようですが、しかし最もそうであって欲しくない死に方の一つではないでしょうか。
最後に取り上げますのはこちらですが、日本でも昨今何かと話題になっているあの方々の最新情報です。


自称”動物愛護活動家”が盲導犬連れの男性を激しく罵倒 「虐待するな!」(2019年11月26日しらべぇ)

(略)
このほど英国ポーツマスで、スコットランドのファイフからやってきたジョナサン・アテンボローさんという30歳の男性が、見ず知らずの女にホテルのバーで激しく罵倒されるという不快な経験をした。5年前に視力を失い、ラブラドール・レトリバーの盲導犬「サム」を伴って行動することを常としていたジョナサンさん。そんな彼に、女は正面から「残酷な動物虐待はやめろ」などと怒鳴りつけたという。

■人の話には聞く耳持たず
過去にはエディンバラのカフェでも盲導犬を飼うなんて動物虐待だと批判されたことがあるジョナサンさん。なんとか理解を求めようと、女に「冷静になって話をしましょう」と返した。しかし女は聞く耳を持たず彼を罵倒し続け、「ラブラドール・レトリバーは野原を伸び伸びと駆け回ってこそ幸せだ」と主張し、一歩も譲らなかったという。反論すれば暴力をふるわれそうな勢いだったため、相手の言葉が尽きるのを待つしかなかったことをジョナサンさんは英国のニュースメディア『UNILAD』に語っている。
(略)
■ヴィーガンは時に暴徒化も
市民レベルで起きている、熱心な活動家を名乗る者によるこうした突然の攻撃。特にヴィーガン(完全菜食主義者)による暴挙は世界各地で増加中だ。英国ブライトンではあるヴィーガン集団が「Touro」というステーキハウスに押し入り、客や従業員らを罵倒。カナダ・トロントのシカ肉やイノシシ肉ほか珍しい肉料理を提供する「アントラー・キッチン&バー」は、1週間も続く抗議活動に苦しめられたことがある。またオーストラリアでは、ヴィーガンの女性がバーベキューの臭いや煙が迷惑だとして隣家を訴え、話題を呼んだ。
(略)

まあこの手の方々に何を言っても…と言う話ではあるのですが、試しに検索をしてみますと彼らの盲導犬に関する興味深い主張が垣間見られます。
世の中には色々な考え方の人がいるからこそ面白いと言うのも確かなのでしょうが、彼らの暴走をどこまで社会は許容すべきなのでしょうかね。

今日のぐり:「洋食ルセット」

広島県は福山市北部、曰く言いがたい裏通りの一画に位置するのがこちらのお店ですが、知る人ぞ知るなかなかのお店だと言う噂です。
ところでお店の見た目は普通の一軒家にしか見えないのですが、しかし普通の家と考えると随分立派なおたくですよね。

この日はお任せのコースをいただいたのですが、まずは和の野菜を使ったマリネが頃合いの味加減で期待が高まります。
ケーキのようにカラフルな前菜盛り合わせは、ムール貝のあしらい方が気に入ったのですが、こちらも見慣れた日本の野菜が大活躍していますね。
冷たいポタージュは刺激が少なく丁寧な味と舌触りですし、サワラのポワレは生臭さが残らず硬くもならないと言う絶妙の焼き加減で、脂のノリもいいですね。
メインの牛ステーキは広島らしく赤身肉ですが、表面の香ばしい焼き加減も頃合いで、全体に素材の味を殺さず和のテイストを感じる仕立てが興味深いものでした。
これでこのお値段であるならずいぶんとお値打ちだと思うのですが、ただ唯一ソフトドリンクだけはいずれも妙に薄く気が抜けている味だったのは気になりましたね。

接遇面ではフロアの方はもう少し目配りが欲しいと言いますか、単なるお運びさんとしてもいささか常識的にどうよ?と思う点もないではありませんが、まあ慣れていないのですかね。
トイレなど設備面は相応に整っているのですが、あくまで作りは家庭用と言う範疇ですので、混み合う時間帯などではちょっと困ることもあるかも知れませんね。

| | コメント (1)

2019年11月23日 (土)

今日のぐり:「讃岐うどん むらや」

先日ちょっとした話題になっていたのがこちらの研究結果です。

ヒヒの男児はクルマの玩具で遊び、女児は人形で遊ぶと判明! ジェンダー・ニュートラルは幻想か(2019年8月4日トカナ)

 かつての昭和の時代は小学生のランドセルの色は男児が黒、女児が赤と決まっていたが、ご存じのように現在ではさまざまな色のランドセルが売られている。このように古い文化的な固定観念はその後のジェンダーバイアスに通じるものとして、今日の社会では少しずつ取り除かれていることは間違いないだろう。
(略)
 そこで、この分野に関する最新の研究で興味深い事例が報告されている。先ごろ放送されたBBCドキュメンタリー「Animals at Play」では、動物の“遊び”をテーマにして各種の動物の個体の成長にいかに“遊び”が重要な役割を果たしているのかを明らかにしている。

 実験の1つでは、ヒヒの子どもたちにさまざまな種類の玩具を与えてどのような反応を見せるのかを観察しているのだが、どうやら玩具の好みに性差があることが浮き彫りになったのである。
 男児のヒヒはクルマや飛行機といった“男児向け”の玩具を好み、女児のヒヒはぬいぐるみの人形という“女児向け”の玩具を好んでいたのだ。
(略)
 番組の中でも、ヒヒの子どもたちが見せたこの興味深い遊びの様子にフォーカスしている。
「このテストは、人間の行動を取り巻く古くからの問題に光を当てます。男性と女性は異なる方法で遊ぶように生物学的にプログラムされているのか、それとも両親や仲間からの社会的影響の結果としてみられる違いなのでしょうか」(番組より)

 番組は性差が「著しい」ものであると結論づけているようだ。つまり霊長類のレベルでも女児は人形を好み、男児はクルマで遊ぶということになる。
「遊びというのは、単なる娯楽や競争以上のものなのです」と、番組を手掛けた制作会社「Offspring Films」のディレクター、アレックス・ウィリアムソン氏は語る。
「遊びは動物の発育、そしてある場合においては生存にとって不可欠なものです」(アレックス・ウィリアムソン氏)
(略)

メスは子供に哺乳することから人形をかかえると言う本能が発揮されたのだとか、様々に解釈する余地はありそうなのですが、いずれにせよ明確な性差があるとは興味深いですね。
本日は性ということをもう一度考えてみる意味で、最近話題になっていた性にまつわるニュースの数々を取り上げてみましょう。

女性の性と生理にフォーカスした新売り場を大丸梅田店がオープン スタッフの“生理バッジ”も導入(2019年11月21日WWD)

 大丸梅田店は22日、“女性のリズムに寄り添う”新ゾーン「ミチカケ(MICHIKAKE)」を5階に開く。生理日予測アプリの「ルナルナ」と協業し、同アプリが分析する女性のリズムである「ブルー期(生理中)」「キラキラ期(生理後)」「ゆらゆら期(不安定な時期)」「どんより期(生理前)」の4つの周期に合わせた商品を提案する。体調や生理など女性特有の深層的な悩みに寄り添う従来の百貨店の提案になかった斬新なアイデアを取り入れている。
 もともと婦人服のヤングゾーン「うふふガールズ」が入っていた約893平方メートルのスペースに、下着や生理用品、漢方、ハーブティー、サプリ、セルフプレジャーアイテム(女性向けのアダルトグッズ)、寝具、コスメなどの日本初出店7ブランド、関西初の4ブランドを含む18ブランドの17店舗が出店。イベントスペースも設け、随時ポップアップショップやトークショーなどを仕掛けていく。
(略)
 大丸梅田店の今津貴博店長は同売り場について「百貨店はオワコンと言われて久しい。今大きなトレンドや流行がなくなってきている中、価値観が定まったマーケットでの競争を繰り返している。それが今百貨店が面白くなくなってしまった原因だ。日本では女性の性と生理は”触れてはいけないこと”という風潮があり、全てのお客さまが肯定的に受け入れられるものではないが、昨今のフェムテックブームの広がりもあり、その価値観は若い人を中心に変わりつつある。大げさなことを言うが、女性のデリケートな悩みのソリューションとなる売り場となり、市場に寄与できるのではないかとワクワクしている」と説明した。
(略)
 同売り場は10月15日からは売り場のコンセプトに合わせて、同店のスタッフへ本人の希望に合わせて、生理中であることを示す“生理バッジ”を試験的に導入している。社内や来店客とのコミュニケーションツールを目的にしている。
 オープン前から生理を擬人化した人気漫画「生理ちゃん」とコラボレーション企画を行い、オリジナル漫画の配信や、オリジナルグッズを販売するポップアップショップを出店してきた。23日には作者の小山健のサイン会を行う。

ちなみに同企画は現在ネット上で特に生理バッジが絶讚炎上中だそうですが、何でしょうね…ワクワクが良くなかったのでしょうか。
同じくジェンダー絡みのニュースですが、大変な手間なのだろうなと言う気はするニュースです。

「マンホール」とはもう言いません、ジェンダー配慮で用語変更 米バークレー市(2019年7月19日AFP)

【7月19日 AFP】「マンホール」は性別を含む単語なので、もう使いません──米カリフォルニア州バークレー(Berkeley)の市議会は今週、これまで公的文書や口頭で広く使われてきたさまざまな単語について、性差による区別のない表現に置き換える条例を可決した。

 条例案の起草に当たり中心的な役割を果たしたライジェル・ロビンソン(Rigel Robinson)市議会議員は、「トランスジェンダー(性別越境者)や従来の性別の概念に当てはまらない人々に関する社会的な認識が広がってきて、男女どちらにも分類されないジェンダー(社会的性別)の人々を包摂する重要性が浮き彫りになった」と説明した。
「そのため、市役所の環境や市の法令上の言葉遣いを包摂の原則に一致させるのはタイムリーであり、また必要なことだ」(ロビンソン議員)

 この条例に従い、「マンホール(manhole)」は「メンテナンスホール(maintenance hole)」に、「マンパワー(manpower、労働力)」は「ヒューマンエフォート(human effort、人力)」に、保証人を意味する「ボンズマン(bondsman)」は「ボンズパーソン(bonds-person)」に変更される。
「妊婦(pregnant woman)」も「妊娠中の従業員(pregnant employee)」に置き換えられ、女子学生の社交クラブ「ソロリティー(sorority)」と男子学生の社交クラブ「フラタニティー(fraternity)」は共に「ギリシャ式学生会館(collegiate Greek system residence)」となる。
 また、「彼」「彼女」などの代名詞の使用も避けることが求められる。

「言葉には力が宿る」とロビンソン氏はツイッター(Twitter)に投稿し、「これは小さな動きだが、大きな意味を持つ」と新条例の可決を高く評価した。

言葉には力が宿るかも知れませんが、もしかすると市民の多くは脱力感に襲われているかも知れないニュースでもありますね。
こちら一転して何ともほのぼのと平和的なニュースですが、まずは記事から紹介してみましょう。

オス同士のペンギン夫婦、いまも円満 豪水族館で2個目の卵からひな(2019年11月8日ロイター)

[7日 ロイター] - オーストラリアのシドニー水族館で、オスのジェンツーペンギンのカップルが「里親」として温めていた2個目の卵から、ひなが誕生した。

「マジック」と「スフェーン」のカップルが温めた卵がかえったのは昨年以来で、これで2回目。

2018年の繁殖期前につがい状態となり、巣作りに使うための小石を集め始めた。飼育員がダミーの卵を与えたところ、2羽が高い養育能力を示したため、昨年に初めて本物の卵を与えていた。

ペンギンの中でも人懐っこく温順な性格だそうですが、通常はオスメス交代で卵を温めるそうで、もともとイクメンの素養はあったのでしょうね。
最後に取り上げるのはこちら、日本ではあまり利用されることのなさそうな絵文字のニュースです。

「性的な意味でナスと桃の絵文字を使用すること」をFacebookとInstagramが禁止へ(2019年11月1日GIGAZINE)

ナスの絵文字と桃の絵文字は性的な意味で使われる場合があるとして、FacebookとInstagramが検閲を開始したと報じられました。

ナスの絵文字と桃の絵文字が検閲の対象になりうる特定のケースとは、「性的なコンテンツといっしょに当該絵文字を投稿する」という場合です。ここでいう「性的なコンテンツ」には、女性のセクシーな画像や、アダルトコンテンツに対するリンクや言及などが含まれます。こういった内容とナスの絵文字と桃の絵文字が組み合わされて投稿された場合、ナスの絵文字は男性器を指し、桃の絵文字は臀部(でんぶ)を指すとして解釈されるとのこと。
絵文字に対する規制はFacebookの規約上にも明記されています。
(略)
今回の規制は、プラットフォームの健全化のために、FacebookとInstagramから営利、非営利を問わず性行為目的の出会いを排除するためだと考えられています。

何のことやらと感じた方は元記事の画像を参照いただければと思いますが、なるほどと納得してしまった不肖管理人は心が汚れているのでしょうかね。
アスキーアートの文化が発達した日本では規制逃れも出来そうですが、しかし人間の考えることはどこの世界でも大差はないと言うことでしょうか。

今日のぐり:「讃岐うどん むらや」

倉敷市の中心部近くにオープンしたこちらのお店、店名は違いますが何でも岡山県内にチェーン展開されている讃岐うどん「むらさき」さんの系列店なのだそうです。
カウンター席中心の一般店スタイルのお店ながら、メニューを見てみますとお値段はこのスタイルとしてはかなり割安で、セルフに近い価格帯と言えそうですね。

今回はおすすめのとり天ぶっかけ(冷)を頼んでみましたが、一見して倉敷風のぶっかけうどんと思わせるスタイルです。
汁はさほどに濃さはないものの甘辛い倉敷風に近いアレンジで、これも同様に薬味としてワサビがつくのもいかにもそれらしいものですね。
平打ちのうどんは色艶も良く舌触りも良好で、気持ち柔らかめですがコシがしっかりとしたなかなかいいうどんで、強いて言えば少し締めが甘く生暖かいのがマイナスでしょうか。
トッピングは大振りなとり天が二つ載っていてなかなかボリュームもあり、クリスピーで下味も頃合いの加減でおいしくいただけました。

こちらのお店では温と冷でうどんの形を違えているようで、これは妥当な考え方だと思いますし、メニューを見ていると他にも幾つか工夫しておられる様子で感心しました。
接遇は最近の店舗として標準的なもので、店内も明るく広々感もありますが、しかしこの界隈は「永楽」さんや「たかと」さんなどうどん屋の競争は激しそうですね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧