« 利益と不利益のバランスが崩れると、人は割に合わないと感じる | トップページ | 今日のぐり:「玉松」 »

2020年5月 2日 (土)

今日のぐり:「満天香(まんてんしゃん)南蔵王店」

先日報じられていたのがこちらのニュースです。

【UFC】アンソニー・スミス、自宅侵入者と大格闘「人生で最も厳しい戦いの一つだった」(2020年4月9日イーファイト)

 4月5日、UFC世界ライトヘビー級3位のアンソニー・スミス(アメリカ)は、自宅に侵入した強盗を約5分間の激闘の末警察に引き渡したと、ESPNの取材に答えた。 

 スミスは午前4時、妻の「家の中で男の叫び声が聞こえた」という声で目覚めたという。
 スミスは部屋を出るとコンピューター室にいる不審な男を発見。男は威嚇してきたが、スミスは相手が武器を持っていないか見極めながら、素手素足で男を倒そうとしたと言う。
 スミスの妻は子どもたちと寝室に隠れた。スミスは男を力ずくで押さえつけなければ、妻や娘たち、また同居する義母に危害を加えていたかもしれないと感じたと言う。

 スミスのUFCでの契約体重(ライトヘビー級)は205ポンド(約93キロ)だ。その男は170ポンド(約77キロ)ほどにも関わらず、UFC重量級の上位ランカーであるスミスを5分以上も相手し続けたという。
 スミスは振り返り「普通の人間はあんな戦い方は出来ない。やつは普通の男に見えた。にもかかわらず、相手にするのはとても苦労したぜ。やつは俺のパンチもヒザ蹴りもヒジ打ちも、何もかも受け止めたんだ。あらゆる打撃を食らって、俺と戦い続けたんだぜ?」と驚愕の告白をする。
 警察が到着して、やっと男を取り押さえることが出来た。男の顔はスミスの打撃によってボコボコで、「すまなかった」とスミスに呼びかけた。
(略)
 後の報道によると、この不審者は20代で、高校時代レスリングに打ち込み32勝11敗の戦績を持つ強者だと言う。また侵入して叫んでいたことから、違法薬物等の使用中でリミッターが外れていた可能性もあるかもしれない。
(略)

アンソニースミスと言えば強打で知られた選手ですが、そのスミスが手こずった相手もただ者ではなかったと言うことでしょうか、いずれにせも大事に至らず良かったですね。
今回はスミス選手の今後の活躍を祈念して、世界中からドキドキするほど大ピンチと言う劇的瞬間を伝えるニュースを紹介してみましょう。

綺麗な滝の前でプロポーズ、結果、、(2017年1月12日エダマメ)

女性の多くは、プロポーズに大きな憧れや夢を持っているもので、男性は喜ぶ顔と、Yesという言葉が返ってくるように、試行錯誤するものである。これはある男性が、彼女にサプライズでプロポーズしたときの出来事である。

美しい滝の前で男性は跪き、指輪を取り出し愛する人へプロポーズをする。
女性は顔を赤らめ、快く返事をしたあとキスをする。
そのとき。「ヒューッ」、二人の足元に小さな黒い影が
なんと受け取った指輪を地面に落としてしまい、そのまま後ろの滝へと転がっていってしまったのだ。

このときを振り返り彼女は「幸せで泣いちゃったけど、同時におっかなさでも泣いちゃったわ」と語る。
決して指輪は見つからないが、二人はめげずに結婚を予定してるのだという。

ここが思い出の場所、という可能性もあるが、滝の中に落とす可能性があるのは、考えなかったのであろうか。しかし、こういう予想外のことが、絆を深めることに繋がるのかもしれない。婚約指輪はお金があれば買うことができるが、こういった思い出は買うことができない、つまりプライスレス。つまり損はしてない…?
ただ、はじめての共同作業が、滝の中に落ちた結婚指輪を探すことになるなんて、なんともトホホな出来事である。

足場が悪い場所ではお気をつけくださいと言うことですが、一応は受け取ってもらった後で良かったと言うことでしょうか。
小さなことが思いがけず大事に至ると言うことはあるものですが、こちら命を落としかけた人物のニュースです。

歯の隙間に詰まったポップコーンで命を落としかけた男性(2020年1月11日テックインサイト)

(略)
英コーンウォールで消防士として働いているアダム・マーティンさん(Adam Martin、41)は、昨年10月に感染症により心臓の切開手術を受けた。医師からは「診察が3日遅れていたら命を落としていた」と告げられるほど重篤な状態だった。

アダムさんが感染症を発症した原因は、なんとポップコーンだった。彼は妻ヘレンさん(Helen、38)と映画を見ながらポップコーンを食べていたが、小さなかけらが左の奥歯の隙間に詰まり取れなくなったという。そのかけらを取り除くためにペンのキャップやつまようじ、針金、さらには釘を使ったそうだ。
ポップコーンは3日間ほど奥歯に詰まったままで、無理に取ろうとしたせいか歯茎が傷ついてしまった。そこから細菌感染したようで1週間後にアダムさんは寝汗をかくようになり、疲労がとれず頭痛がするようになった。アダムさんはインフルエンザを疑っていたが、10月7日にかかりつけ医のもとを訪れたところ「少し心臓に雑音がある」と言われ、薬を処方してもらいそのまま帰宅した。
しかし病状は一向に改善せず、脚に激しい痛みまで感じるようになり、同月18日にロイヤル・コーンウォール病院へ向かった。この時点でアダムさんは、何か体内に大きな問題があるのではないかと心配したという。

そして診察を受け、脚の痛みの原因は感染症によってできた血塊が大腿動脈の詰まりを引き起こしていると判明し、そのまま5時間にもわたる手術を受けた。また検査により心臓がひどく損傷していることが分かり、21日にはプリマスのデリフォード病院に搬送され、大動脈弁の置換と僧帽弁の修復のために心臓の切開手術に7時間も費やすこととなった。アダムさんは当時のことを次のように語っている。
「当時、私の心臓は正常に機能せず、ボロボロでした。細菌によって心臓の弁が食いつぶされていたのです。私は二度とポップコーンを口にすることはないでしょう。こんな些細なことで大事になるなんて本当に驚くばかりです。」
その後、アダムさんは順調に回復して退院し、妻ヘレンさんや3人の子供達と一緒に自宅に戻ることができたそうだ。
(略)

色々と大変だったと言うことですが、ポップコーン一つでここまでの騒ぎになるのですから歯にも問題があったのでしょうかね。
同じく歯に絡んだ騒動がこちらですが、周囲は大笑いでも当事者にとってはしゃれにならない大事件だそうです。

「親知らずを4本抜いた時の俺」 ヤバすぎる腫れ方に30万人の腹筋が崩壊(2020年1月29日ニコニコニュース)

18歳頃から生え始めるといわれている『親知らず』。大半の人が上下左右に4本生えてくるといわれています。
しかし、親知らずが生えてくる位置が歯ブラシの届きにくい箇所であることや、生え方に問題があるなど、さまざまな理由から親知らずを抜いてしまう人は多くいます。

ずーみー(@zumi5299)さんも、上下左右から生えてきた親知らずを抜いた1人。しかも、医者から「4本すべての親知らずを抜いたほうがいい」といわれたといいます。
親知らずを抜いたことがある人ならば分かると思いますが、個人差はあれど、抜いた後に腫れや痛みが生じるケースは珍しくありません。
そのため、ずーみーさんは医者から、2回に分けての抜歯を提案されたのでした。

…しかし!!
ずーみーさんは「2回つらいより、1回メチャクチャつらいほうが楽」という理由で、4本とも一度に抜くことを決意。
その結果が、コチラです。
(略)

予想通りと言うのでしょうか、元記事の画像を参照いただきたいのですが、まあそれは閲覧した多くの人間も大変だったことでしょう。
最後に取り上げるのはこちらのニュースですが、当事者にとってはまさしく大変な危機的状況だったことでしょう。

ハチ騒ぎで出動の警官ら、4万匹に襲われ複数負傷(2020年2月22日CNN)

米カリフォルニア州パサデナの消防署は22日までに、ハチに刺されたとの苦情を受けて出動した消防士や警官が約4万匹のアフリカナイズドミツバチの大群に襲われる騒ぎがあったと報告した。
最初に現場に到着した消防士らのうち3人が病院に急送され、残りの要員が現場の区画を早急に封鎖する措置を講じたという。ハチの群れが1区画全体を「支配する」事態にもなっていたという。
17回刺された消防士もいた。

CNNの取材に応じた同消防署の広報担当者は、18年間の勤務歴でハチに攻撃されたとの事例には複数回遭遇してきたが、「これほどの規模はなかった」と驚いている。極めて攻撃的なハチで、アレルギー反応をもたらし重症や致命的な結果につながる可能性があったともしている。
今回の騒ぎでは計7人が刺されたが、うち2人は病院で手当てを受けなかった。
消防士や養蜂家1人がはしごを使って4階建てのホテルの屋根上にあった巣を取り除いた。その後、泡状の消火剤などをハチに浴びせて駆除した。一部のハチが死んだが、残りは日没後に現場周辺から離れたという。

4万匹もの蜂の群れに突っ込むなど悪夢としか言い様がありませんが、重大な結果にならずにすんで良かったですね。
日本でも時折ハチの害が報じられますが、素人が手を出すのは危険ですのでくれぐれもご注意ください。

今日のぐり:「満天香(まんてんしゃん)南蔵王店」

広島県東部、福山市街地の外れに位置するこちらのお店、特にお安いセットメニューがランチ客に人気のようですね。
メニューを見てみますと確かにこの内容でこのお値段はと感じるのですが、なにげにラーメンセットと中華そばセットの違いが気になります。

今回はもやしラーメンセットを頼んで見ましたが、このもやしラーメンはまず到着した時点からしてニンニクの香りが凄くいいですね。
トッピングのニラもやし炒めの食感がまた見事で硬めの麺も及第ですが、ラーメンとしてはごくシンプルなすっきり醤油スープが何故か尾を引きます。
サイドメニューのチャーハンも十分なボリュームですが、ほとんど飯を炒めただけと言うくらいのシンプルな一皿が、これでもう十分と思わせるいい具合でした。
いずれも食材を見れば全くお金のかかっていない料理ばかりなのですが、いずれもプロの仕事ぶりが感じられて、こういうお店は評価したいですね。

フロアのネィティブな親父さんはやや片言ながらおだやかな応対ぶりですが、油断すると意思疎通が不十分になるリスクはありそうです。
この近隣にはいくつか人気店もあり、正直こちらのお店も大繁盛とまでは言えませんが、価格以外にももっと評価されていいお店だと思いますね。

|

« 利益と不利益のバランスが崩れると、人は割に合わないと感じる | トップページ | 今日のぐり:「玉松」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 利益と不利益のバランスが崩れると、人は割に合わないと感じる | トップページ | 今日のぐり:「玉松」 »