« 今日のぐり:「博多金龍 倉敷店」 | トップページ | 今日のぐり:「百万両」 »

2020年3月 9日 (月)

コロナウイルス、自ら拡散する人が話題に

コロナ騒動の最中、先日から主に否定的な意味で大いに話題になっているのがこちらのニュースです。

自宅待機を要請されたのに…「陽性」判明の男性、外出し飲食店へ(2020年3月6日読売新聞)

 愛知県蒲郡市は5日、県が4日に新型コロナウイルス感染を発表した三河地方の50歳代男性が市内在住で、検査の結果、陽性と判明し、自宅待機を要請されたにもかかわらず、飲食店に出かけていたと明らかにした。

 発表によると県が3~4日に三河地方の男女として発表した4人の感染者は市内在住の同居の家族で、50歳代男性と、その両親の80歳代男性と70歳代女性、息子の30歳代男性。80歳代男性に呼吸困難の症状があるが、他の3人は軽症。
 50歳代男性は、発熱などの症状はなかったが、先に陽性と判明した両親の濃厚接触者として、4日に医療機関を受診。同日夕に検査結果を伝えられ、自宅待機を求められていた。飲食店について同市は「様々な影響を考慮した」として店名を発表していない。
(略)

「ウイルスばらまいてやる」新型コロナ“陽性”知りながら居酒屋・パブに…男性の法的責任は?(2020年3月6日FNN)

各地で新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、陽性と確認された男性が自宅待機の要請を無視して外出したことが波紋を呼んでいる。

ウイルスをばらまいてやる」
感染確認後に家族そう言い残して自宅を出たのは愛知・蒲郡市(がまごおりし)内に住む50代の男性。
男性は3月4日に感染が確認され、受け入れ先の医療機関が見つかるまで自宅に待機するよう要請を受けたが…
(略)
市の関係者によると、男性はタクシーで自宅を出た後市内の居酒屋へ。
さらにその後歩いて女性が接待するパブへ。
その店内では、
「自分は陽性だ」と話したという。

この驚きの告白を受け、店に防護服を着た警察官が駆けつける騒ぎになったが、警察官が到着したのは男性がタクシーで帰宅した後だった。
地元保健所は男性が立ち寄った飲食店の消毒をするとともに営業の自粛を要請、また店内で男性と濃厚接触した店員と客には自宅待機を求めている
(略)
自分の感染を知りながら飲食店に行く行為の法的責任について専門家は…
山田・尾﨑法律事務所 今井靖博弁護士:
「ばらまいてやるぜ」という宣言自体が故意があるだろうというところになってくるので、お店の人やお客さんが実際に咳などを浴びて新型コロナウイルスに感染してしまった場合には、傷害罪に当たります。お店が休業をせざるをえなかったとか業務が妨害された場合には威力業務妨害罪に当たる可能性があります。

その後、男性は翌5日に愛知県内の医療機関に搬送された。愛知県警は男性の詳しい行動について確認を進めてる。

自ら状況を認識し故意に感染を広めようとしていたことが明らかですから、傷害罪など刑事罰はともかく少なくとも民事賠償には十分問われる事件でしょうね。
当然ながらお店の経営者は怒り心頭で言葉も出ないと言う状況だと言うことなのですが、法的には強制力がなくあくまで要請に過ぎないと言うことが原因だったと言えます。
この種の意図的に感染症を広める行為は一定程度起こりえることで、有名なところでは一時は死病と恐れられた性行為感染症などもたびたびニュースになっています
中には殺人のために手段として感染症を利用すると言う珍しい場合もあるようですが、多くは迷信や自暴自棄、個人的復讐などによって為されると言いますね。


当然ながらこうした行為は社会的に迷惑と言うしかなく、進歩的な方々の懸念を振り払ってもある程度私権を制限し強制力ある対応が必要だと言う声も少なくありません。
結核など感染症については強制的な措置を執れる法的裏付けがあるのですが、問題となるのはコロナの感染力が非常に強い割に、重症化する事例は案外少ない点です。
軽い症状であるのに行動を制限される、それも少人数ではなく社会の相当多数がそうした制約を受けるとなると、実際問題困るのは感染者本人より周囲のほうでしょう。
その点で法的制約が強まるのかどうかは、今後短期間でコロナ感染症が社会にどの程度広がっていくかと言うこととも関連して論じられるべき問題と言えそうです。

もう一つ、法的制約以外に当然自粛や職場ルールに基づく休業や自宅待機が少なからず起こっている中で、その間の給与など収入確保をどうするかの問題があります。
会社員であれば様々な補償や手当の手段もあるようですが、自営業の場合休めば収入が減る上に、下手をすれば風評被害でその後の客足が途絶えることになりかねません。
それくらいならいっそ単なる風邪と言うことにして誤魔化しながらでも営業を続けよう、と考える人が増えるほど、社会的にコロナが蔓延していくことになります。
補償財源の確保など国にとっても頭が痛い問題であるはずですが、隠すのは損になると言う認識が広まらなければ感染拡大の防止など出来るはずはないことですね。

|

« 今日のぐり:「博多金龍 倉敷店」 | トップページ | 今日のぐり:「百万両」 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日のぐり:「博多金龍 倉敷店」 | トップページ | 今日のぐり:「百万両」 »