« 2020年度診療報酬改定の目玉は働き方改革に | トップページ | 全国自治体がいよいよ医師の確保と管理に乗り出す »

2020年2月16日 (日)

今日のぐり:「中華園 倉敷店」

昨今犯罪行為もこんなものが…と感じるような奇異な事件に事欠きませんが、こちらかなりマニアックだと話題になっていたニュースです。

和歌山の10代男性連れ回し 島根県職員逮捕(2020年1月22日iza)

 無料通信アプリ「LINE(ライン)」で知り合った和歌山県岩出市の10代の男性を車で連れ回したとして、同県警岩出署は22日、未成年者誘拐容疑で、島根県立こころの医療センター職員、家迫優人(いえさこまさと)容疑者(26)=同県出雲市=を逮捕した。「やったことに間違いないが、誘拐だと思っていなかった」と供述しているという。

 逮捕容疑は昨年12月1日午前9時50分ごろ、JR岩出駅(岩出市)でレンタカーに男性を乗せ、同日午後5時半ごろまで和歌山市内の公園などに連れ回したとしている。
 同署によると、男性とは昨年夏にラインを通じて知り合い、「動画を撮影させてくれたらお金をあげる」と誘い出した。ビデオカメラで男性の足の裏などをくすぐる動画を撮影していたという。

 男性が帰宅後に現金を所持しているのを保護者が不審に思い、同署に相談し発覚した。

少年の足の裏を撮影するなどの行為をしたと報じられていますが、撮影された側も何のことやらだったのではないでしょうか。
本日は家迫容疑者の更生を願って、世界中から好きな人にはたまらないのだろうが一般的にはいささかどうよ?と思わないでもないニュースの数々を紹介してみましょう。

2月10日より売買禁止となった「タガメ」をCTスキャンしたリアルなフィギュアが発売!(2020年2月10日電ホビ)

広島県の精密鋳造メーカー・キャステムより、販売目的の捕獲や売買が禁止された水生昆虫タガメを、本物からCTスキャンしたリアルなフィギュアが登場! 「合法タガメ(白色)」がキャステムECサイト「IRON FACTORY」にて販売中です。

タガメは北海道~沖縄の水辺に生息し、体長48~65ミリと日本の水生昆虫のなかでも国内最大級の水生昆虫。大きな鎌状の前脚で小魚やオタマジャクシ、ときにヘビまで捕食するという、子どもから大人まで大人気の生物です。
環境省はタガメを「特定第2種国内希少野生動植物種」に指定し、2月10日から販売目的の捕獲や売買を禁止すると発表しました。近年は水田の水質汚濁や池沼の開発、販売目的の大量捕獲などで生息数が減っており山形など8都県ではすでに絶滅したとされています。
タガメが好きだが買うことができない。タガメを見てみたい、触ってみたい、だけど本物はちょっと怖い……。今まで食べていたタガメの味が忘れられない……。など、いろいろな人に手に取ってもらいたいという思いで企画されたそうです。

実際にタガメの標本をキャステム京都LiQビルのCTスキャンスタジオにてCTスキャンし、3Dデータ化。本物と同じサイズ、強暴な鎌状の前脚から羽の凹凸まで完全再現されています。タガメを手元に残しておきたいファンにはたまらない商品です!
(略)

商品画像を見るだけでもこれはガチだと感じるのですが、しかし味…?
こちらすでにフィクションであるとは広く知られている話なのですが、やはりロマンを感じる人が多いと言うことなのでしょうか、こんな企画が人気だそうです。

温泉街で「取り調べ」体験 犯人演じ、カツ丼食す―福島(2020年01月11日時事ドットコム)

 「カツ丼でも食べるか?」。刑事の温情に心が揺さぶられ、容疑者が事件の真相を語り始める。こうしたドラマでおなじみの取り調べを体験できる温泉旅館が福島県猪苗代町にある。東京電力福島第1原発事故で落ち込んだ観光客が回復しない中、温泉街の活性化につなげたい考えだ。

 「周辺への聞き込みで、あなたの目撃情報があったんです」。昨年12月22日、中ノ沢温泉の旅館案内所内の「取調室」で、警察官役の女性が「容疑者」を追及した。前日に付近の湖で水死体が発見されたという設定で、近隣住民の目撃証言から容疑者のアリバイを崩し、最終的に自供させた。
 この日、取り調べを体験した同県会津美里町の会社員兼子光輝さん(35)は、「厳しい追及で挙動不審になってしまった」と笑う。約15分の取り調べ後には、付近の食堂からカツ丼の出前が届けられた。緊張感から解放された兼子さんは、ほっとした表情でカツ丼を堪能した。

 一風変わったこの企画「出前カツ丼専門店取調べ室」を始めたのは、猪苗代町の元地域おこし協力隊の国分健一郎さん(40)。観光客減少に苦悩する温泉街を目の当たりにし、「ここでしか体験できない取り組みをしよう」と2018年5月に始めた。
 警察官役を演じるのは食堂の従業員らで、参加者とは事前にストーリーを打ち合わせる。当日は旅館「磐梯西村屋」のロビーで「逮捕」し、車で案内所に「連行」するところから始まる。申込者が希望すれば刑事役を演じることもできるという。国分さんは「徐々に認知度が高まり、県外からの申し込みも増えている」と手応えを口にした。
 なお、福島県警は「利益誘導に当たるため、カツ丼は提供していない」としている。

こうしたものの需要があるのは理解できるのですが、しかし失礼ながら何故温泉街でこの企画なのでしょうかね?
日本でも何であれハマると言う人は少なくありませんが、こちらあまりに危険な状態までにハマってしまった方のニュースです。

小説が面白すぎて8日間何も食べなかった男性、大家の通報受け救出―中国(2020年1月12日レコードチャイナ)

2020年1月6日、中国浙江省杭州市に住む男性が、空腹のため自宅で倒れていたところを警察に救助された。8日付で中国メディア・杭州日報が報じた。

記事によると、大家から「賃借人の男性が外出する姿を8日間も見ていない。ドアをノックしても返事がない」との通報を受けた警官が現場に駆け付け部屋に入ると、男性は意識がもうろうとした状態でベッドに横たわっており、携帯電話からはオーディオブックの音声が流れていた。人が入ってきたことに気づくと、男性はかすかな声で「お腹が減った。もう8日も何も食べていない」と話したという。
その後、警官は男性に食べ物を与え、健康診断を受けさせた。男性は、「小説が面白すぎて、食事をする時間も惜しかった。始めの3日は空腹を感じなかったが、その後、腹が減ったと思ったときにはもう立てなくなっていた」と語ったという。

中国のネットユーザーからは、「8日間も何も食べないで、よく無事だったね」「これは大家さんグッジョブ」「これぞ本当の“寝食を忘れる”だな」「一体どの小説がそこまで面白かったのかが知りたい」といったコメントが寄せられている。(翻訳・編集/岩谷)

それはさぞや面白い小説だったのでしょうが、しかしこれだけ長期間熱中するのですからよほどの長編小説だったのでしょうね。
最後に取り上げるのはご存じブリからのニュースですが、まずは記事から紹介してみましょう。

「アヘ顔」で有名なネットアイドル、“お風呂の水”を売り始める。商品名は「ゲーマー女子のお風呂の水」(2019年7月3日オートマトン)

ネットアイドルのBelle Delphine氏が、“お風呂の水”を自身のオンラインショップで販売し始めたことが話題を呼んでいる。商品名は「ゲーマー女子のお風呂の水」で、価格は30ドル。この商品は、Delphine氏が、お風呂場で使った水をボトルに詰めたもの。風呂の水そのものである。説明書きには、この水は飲むのには適しておらず、“情緒的な用途”でのみ利用してほしいと記述されている。国外への発送については対応しているが、手作業であるがゆえに最短で3週間以上かかるとのこと。なお本稿は一部的にセクシャルな内容を含んでいるので、職場などで読む際には注意してほしい。

Delphine氏は、Instagramフォロワー380万人以上を誇るイギリス在住のネットアイドル。ピンク髪をまとわせる可憐な容姿と、“ぶっとんだ”部分もあるセクシャルな投稿、そして巧みなSNS利用により、インターネット上で注目を集める女性だ。もともとコスプレやKawaiiものが好きであると公言しており、メイクや衣服、そしてコスプレ写真を紹介する投稿をしてきた。
(略)
Delphine氏は「ゲーマー女子のお風呂の水」発売に際してもInstagramに宣伝動画を投稿。風呂の水を瓶詰めするシンプルな場面から、口の中から唾液をまじえた水が瓶に流し込まれるシーンや、扇情的に尻に水をかけるシーンが映し出されている。お風呂の水に、付加価値を与えるための宣伝映像となっているだろう。

今回の「ゲーマー女子のお風呂の水」は、Delphine氏のオンラインストアの開設と共に販売されたもの。おなじみAhegaoのポスターやマウスパッドが売られているものの、「お風呂の水」はとにかく存在感が際立っている。ストア開設の宣伝としては、機能しているようにも見える。左手にXboxコントローラー、右手にお風呂の水の入った瓶が入った氏の写真は、eスポーツ系エナジードリンクメーカーのG FUELもジョークに使っており、すでにネットミームになりつつある。
(略)

画像を見れば確かにかわいらしい女性なのですが、そもそもお風呂の水を買ってどうするのか?などと思ってしまうのは凡人の証でしょうか。
しかしよく見ればブレークの契機は日本も少なからず関わっていると言えなくもないのですが、こうしたものには万国共通と言うことなのでしょうかね。

今日のぐり:「中華園 倉敷店」

倉敷市街地の一角にあるこちらのお店、ずいぶん古くからあることは知っていたのですが、近年すっかり改装されキレイになったようです。
客足もずいぶん増えているようですし支店展開もされているそうで、特にバリューフォーマネーで地元顧客に人気のお店だと言うことですね。

今回同行者とシェアしながら適当に食べて見たのですが、まずは玉子と青梗菜のスープは味加減はまずまずなのですが、スープそのものに大いに不満が残ります。
定番の焼き餃子は薄皮で特に印象に残りませんが、水餃子は少し茹ですぎな餃子そのものよりも、ちょっと癖のあるタレの独特な味が興味深いものでした。
海鮮かゆや五目炒飯などご飯モノは無難に悪くない味ですが、酢豚はよく言えば学校給食風、鶏パリパリ揚げはパリパリですが硬くて噛み切るのに苦労します。
海鮮あんかけ焼きそばはごま油の強めの風味がポイントですが、これも調味料のバランスは決して悪くないのにやはりスープが最大の弱点に感じます。
メイン格の舞茸のステーキは醤油ベースの仕立てで、まあステーキなどと言うものは中華料理屋よりもステーキ屋で食べるべきものなのでしょうね。

お安い町の中華として味は特に変ではないし調理もおおむね及第なのですが、ともかくスープが全く物足りない点でずいぶん損をしている気がします。
それでも近隣にも多い某大衆中華チェーンの濃い味にはさすがに飽きたと言う方にはちょうどよいのかもですし、特にランチなどはお値段を考えると決して悪くない選択枝だとは思いますね。
なお設備の整った店内は広いだけにさすがに繁忙時には行き届かない部分もあるのでしょうが、接遇面は全体的に安定感のあるもので決して悪い印象を受けるものではありませんでした。

|

« 2020年度診療報酬改定の目玉は働き方改革に | トップページ | 全国自治体がいよいよ医師の確保と管理に乗り出す »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020年度診療報酬改定の目玉は働き方改革に | トップページ | 全国自治体がいよいよ医師の確保と管理に乗り出す »