« 高齢者の医療費負担増加はまだまだ序の口か | トップページ | 応招義務があるからどんな患者も受け入れなければ、と言う間違った呪縛 »

2020年1月 9日 (木)

今日のぐり:「ラーメン みさと」

携帯電話等で活用されている絵文字は日本発祥なのだそうですが、先日世界のアップルが絵文字を活用したサービスを開始したことが報じられていました。

Apple、AirPodsで絵文字刻印を提供開始(2020年01月04日ITmedia)

 Appleが、AirPodsシリーズのオンライン購入限定サービスとして、絵文字の刻印サービスを提供開始している。

 AirPods Pro、AirPods with Wireless Charging Case、AirPods with Charging Caseを購入する場合のみ、十二支を含む31種類の絵文字の中から1つ選択可能だ。
 テキストメッセージとの併用はできない。

 なお、充電ケース「Wireless Charging Case for AirPods」単体購入時は刻印サービスを利用できない。

日本文化に敬意を表して干支はよろしいのですが、何故か31文字の中に妙なものが混じっていると話題になっています。
本日はアップルの勇気ある選択に敬意を表して、世界中から思わずなんでやねん!と突っ込みたくなるニュースの数々を紹介してみましょう。

「牧場しぼり」はしぼっているからカロリーゼロ あらゆる食べ物をゼロカロリーと判断してくれる技術が誕生(2019年1月1日ねとらば)

 テーブルに置いた食べ物が、なぜゼロカロリーであるかを説明してくれる技術が、ついに開発されました。「実質ゼロカロリー」の言い訳がしやすくなるやつ。

 12月に開催された、24時間で作った作品をプレゼンするイベント「Yahoo! JAPAN Hack Day 2019」に登場した作品で、その名も「絶対ゼロカロリー領域」。データを活用して最も新しい体験を生み出した作品に贈られる「Data賞」を受賞しました。チーム「はなまるチャレンジャーズ」が制作したこの技術は、あらゆる食べ物がゼロカロリーであるという免罪符を与えてくれます。まあ、強引な理論なんですけどね。

 この技術は、テーブルに置かれた食べ物を画像認識して料理の種類を判定した上で、ゼロカロリー理論をテーブルに表示してくれます。揚げ物を検出した場合は「カロリーは熱に弱いから」と表示され、カツカレーというハイカロリー同士を組み合わせた食事は「カロリーが喧嘩する」という理由からカロリーゼロであると表示されます。やったね、罪悪感もゼロ!

 “食べないなら食べない。食べると決めたら、潔く気持ちよく食べたい!!”という思いから制作された作品。これでスタバの甘いフラペチーノも、チーズたっぷりのピザも、後ろめたい気持ちなく食べられそうです。

まあご本人がそれでよろしいのであればと言うことなんですが、しかし正月明けの体重計が怖いと言うものですね。
こちらも正月恒例のあれに関する話題ですが、誰しも突っ込まずにはいられなかったと言うニュースです。

「無理……」 福袋に入っていたパンツに、購入者も涙目(2020年1月2日グレープ)

新年の始まりに売り出される『福袋』は、もはや日本のお正月の風物詩。
お得なのはもちろん、何が入っているか分からないというドキドキ感も福袋の魅力ですよね。
しかし、時にドキドキやワクワクを通り越した衝撃のアイテムが入っていることも…。

そんな衝撃のアイテムを引いてしまったのは、れーほ(@WG_XXXG_00W0)さん。安さにつられ、下着の福袋を購入したといいます。
「はければいい」という気楽な思いで購入したものの、福袋に入っていた下着に、れーほさんは言葉を失ってしまったのでした。なぜなら…。

パンツの福袋安いやつあってまぁはければいいのでは感覚で買ったけどあまりにも「「「強い」」」やつが混ざってたことを報告します(やばい)(なにこれ) pic.twitter.com/xkVkOtZ8Xb
— 🍃れーほ🍃 (@WG_XXXG_00W0) December 31, 2019

購入したのはパンツを詰め合わせた福袋でしたが、これは…パンツなのでしょうか。
(略)
せっかく買ったにも関わらず使用しないのはもったいないとも思えてしまいますが、笑える話のネタを買ったと思えば、惜しくはない…かもしれませんね!

購入者自身が無理と断言したその正体は元記事の画像を参照頂ければと思いますが、これはクレーム案件と言われても仕方がない気もします。
インドと言えば近年では婦女暴行絡みの凄惨な事件が多数報じられていますが、こちら全世界からツッコミが入ったと言うニュースです。

「暴力を伴わない強姦は合法にしよう。女性が性犯罪者の要求を叶えてやれば痛い目にはあわない」 インド人映画製作者の発言が物議(2019年12月8日ユルクヤル)

インドではこのほど、女医のプリヤンカ・レッディさん(27)が男に性的暴行を受け殺害される痛ましい事件が起きたばかりでした。ダニエル氏はこれについて「レイプは深刻な問題ではないが、殺人は許しがたい」とコメント。
「政府は女性の身の安全のために、暴力を伴わないレイプを合法化すべきだ」と付け加えていました。

ダニエル氏によれば、そうすることで殺人事件を防ぐことが出来るようです。
「女性は避妊具を携帯すべき。襲われそうになったら犯人にそれを手渡し、男性の性的欲求を満たすために手伝うといい。そうすれば、傷付けられるようなことはない」と過激な主張は続きます。

一連の投稿は現在は削除されているものの、ネットを中心に大炎上。
Twitterでは「#MeTooIndia」の公式アカウントがこの発言に言及。「それがどのようにして女性を安心させるんですか?どれほどの男性が罪を裁かれずに放免されるんですか?」と批判しています。

なるほどこの方式で行くと世の中の各種犯罪もうまくこなせるように…なるとはちょっと思えませんね。
最後に取り上げますのはお隣中国から、もはやいつものアレかと言うニュースです。

道路陥没で3人落下 セメント注入で家族抗議、その後監禁(2019年12月29日ニュースポストセブン)

 中国広東省広州市の道路で12月1日午前、原因不明の陥没事故が発生して、偶然通りかかった清掃車両とスクーターの各1台が陥没個所に落下。連絡を受けた市当局は落ちた3人を救助せずに、直ちに陥没個所にセメントを注入していたことが明らかになった。
 そのことを知った3人の家族らは広州市政府庁舎前で抗議をしたが、相手にされずに、逆に警察によって監禁され、消息不明になっている。ネット上では「当局による殺人だ」「中国人の人命はあまりにも軽い。アリ並みだ」などとの市当局を批判する声が上がっている。広州市の地元メディアが報じた。

 事故現場は市内中心部の広州大通りの交差点で、陥没は幅数メートル、深さ約40メートルにも及んでいた。落下した清掃車両には50代と20代の男性親子が乗っていたのに加え、スクーターに乗っていた30代の男性も落ちたという。
 中国版ツイッター「微博(ウェイボ)」では「拡散希望。落下した清掃車には祖父と父が乗っていた。いま、私は友人や家屋と一緒に現場に来ているが、警察が現場を封鎖して近づけない。まず、祖父と父を救助するように警察官に訴えているが、すでにセメントを流している」と、親族によって現場の状況が伝えられていた。
 スクーターの男性の妻もウェイボに投稿。「私の夫を助けて。いま私は1歳の娘を抱いている。生まれたばかりの赤ちゃんのためにも助けてほしい」との内容だ。

 しかし、市当局は被害者を助けようとせず、事故発生から3時間後の同日正午、陥没個所へのセメントの注入を開始。広州市の地下鉄会社は午後3時半ごろ、「陥没のさらなる拡大を止めるために、部分的な穴埋め作業を行っている」と発表しており、地上から被害者の救出活動は行われなかった。
 これに対して、3人の家族らは4日、市政府庁舎前で、「人命を軽視するな」などと書かれた横断幕を掲げて抗議行動を起こしたが、警官隊によって身柄を拘束され、消息不明になっている。

 これを知った市民の1人はウェイボ上で「中国では至る所で、道路が陥没するなどのずさんな工事が行われており、今回も地下鉄工事によって、大きな穴が開き、人命が失われた。政府のずさんな建設工事の犠牲になるのはいつも庶民ばかりだ」などの書き込みがみられる。

中国と言えばかつて大事故では決まって死者数35人説なるものが流布されていましたが、今や3人から証拠隠滅を図るまでに進歩したということですかね。
亡くなられた方々のご冥福を祈るばかりですが、どこの国であれ事故には巻き込まれないよう注意をいただきたいものです。

今日のぐり:「ラーメン みさと」

徳島線の学駅と言えばこの時期人気なのだそうですが、その学駅に近い田園地帯の一角に位置するのがこちらのお店です。
店舗の内外装はいずれも二昔ほど前の田舎のラーメン屋そのものですが、こういうお店もなかなか味があっていいものです。

メニューはラーメンに焼き飯、餃子に鶏唐と言った一般的なもので、ここは無難に徳島ラーメンの肉玉でオーダーしてみました。
徳島ラーメンとはすき焼きの載ったラーメンだと言う人がいるそうですが、確かに甘辛い豚バラ薄切りに生卵と来ればすき焼き風ですね。
他にトッピングではシナチクならぬ竹の子と言うのも珍しいのですが、醤油風味の立った甘辛スープは脂も多くなかなかコクがあります。
見た目特にこれと言う特徴がなさそうな中細麺は柔らかめの茹で加減ですが、このスープは好きな人にはちょっとクセになるのかも知れませんね。

徳島ラーメン自体は全国どこでも食べられるようになってきていますが、地元で食べられているのはこういうものなのかと改めて感じ入るものでした。
見た目通りトイレなども昭和っぽさ満点で、ラーメンの器一つにもなかなか味があり、田舎の店らしいゆるい接遇も懐かしいものだと言えるでしょうか。

|

« 高齢者の医療費負担増加はまだまだ序の口か | トップページ | 応招義務があるからどんな患者も受け入れなければ、と言う間違った呪縛 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高齢者の医療費負担増加はまだまだ序の口か | トップページ | 応招義務があるからどんな患者も受け入れなければ、と言う間違った呪縛 »