« 「お客さまは神様です」なる言葉はひどく誤用されていると聞きますが | トップページ | 医師に過酷な労働を強いる病院と知られると患者が敬遠してしまう…だから? »

2019年11月 9日 (土)

今日のぐり:「はやたろう 倉敷店」

日本は良くも悪くもポルノに対して甘い国だと認識されているそうですが、先日海外でこんなニュースが話題になっていたそうです。

「日本に失望した」 今週の『週刊少年ジャンプ』に露骨なポルノ表現が見つかり海外で大問題に!(2019年10月30日ユルクヤル)

今週の週刊少年ジャンプに掲載された『ゆらぎ荘の幽奈さん』に露骨なポルノ描写があるとして海外で問題視されている。

『ゆらぎ荘の幽奈さん』センターカラー表紙で全裸女性キャラが描かれている。
そのページの真裏に“ピンク色のタピオカ”が描かれており、それを光で透かせてみると、隠れていた○首が描写される仕掛けになっていた。
ドイツ人と日本人のハーフで翻訳者のサチコ・イシカワさんは「いつもこの国には失望させられる」と英語ツイートで批判を展開。彼女の投稿はリツイート1万件に迫っており、海外で大きな注目を集めている。
(略)

日本国内ではこれはよく考えたと感嘆する声が圧倒的なようですが、この種の問題は国により時代により常にコードが変化するものではありますね。
本日はピンクタピオカ問題を記憶に留めるためにも、世界中からなるほどこれは…と思わずニヤリとしてしまうニュースを紹介してみましょう。

全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”(2019年6月11日日刊ゲンダイ)

 スクールバスに乗り遅れ、学校をサボった男の子が母親に宛てた言い訳の手紙(写真)に、全米が大爆笑している。

 米FOXニュース(6月7日付電子版)などによると、手紙を書いたのはミズーリ州に住むアダム・ホリデー君。
 恐らくアダム君の個室のドアか何かに張られていたと思われる手紙は、「バスに乗り遅れました」と題され、大人ぶった調子でこんなことが記されていた。
「あなたの息子として、残念ながら次のことをお伝えしなければなりません。僕は公共交通手段に乗り遅れました」
「お母さんは今、心が激しく揺れ動いていると思いますが、ご安心ください。僕は家にいることにしました。お母さんが20分外出していたため、これは非常に困難な決断でした」
「僕はベッドで学校に行けなかった事実と向き合い、落ち込んでいると思います。だから僕のことはそっとしておいて下さい」
 そして今回の行動をどう考えるかは、裏に書いた「良い点と悪い点の対照表」を参照して欲しいとしている。
(略)
 この手紙がいつ書かれたかは不明だが、アダム君の姉のサラさんが6月5日(日本時間)に「弟がスクールバスに乗り遅れて、母にこの手紙を書いた時のことを一生忘れない」というツイートと共に写真をツイッターに投稿した。
 ツイートはバカ受けして、急拡散。6月10日現在、100万人近くが「いいね!」を押し、20万人以上がリツイートしている。
(略)

一回学校に行かなかったくらいで何がどうなるものでもないでしょうが、ここまで弁明出来るとは将来大物になるかも知れませんね。
こちらもアメリカからのニュースですが、実用性とユーモアに富んだ解決策が話題となっていました。

「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ(2019年9月19日日刊ゲンダイ)

 結婚式直前になって「出席することにしたよ」と連絡してくる――米国では、こういう無精な親族や友人に悩まされている人が多いようで、あるカップルが出した招待状が話題になっている。

 米FOXニュース(9月16日付電子版)によると、話題になっているのは、米ネット掲示板レディットに9月4日に投稿された結婚式の招待状の写真。
 カップルの身元は明らかにされていない。
 招待状には、「2019年9月10日までにご返事ください」というメッセージに、「残念ながら出席できません」「喜んで出席します」の2つの選択肢。ここまではフツーの招待状だが、ケッサクな条件が付け加えられていた。

「9月10日までにRSVPされない場合は、椅子とサンドイッチをご持参ください」

「RSVP」は出欠などの返事を求める際に、招待状などの末尾に記される略語で、フランス語で「ご返事願います」の意味。「招待状に返事をする」という意味でも使う。
 返事をしないで直前になって連絡してくるのを防止する作戦だが、これが大ウケして、1000人以上ものコメントが寄せられた。
(略)

まあよく考えたものだと思いますが、アメリカではこの種のトラブルが良くあるのかと考えさせられますね。
こちら日本でもありそうな状況なだけに、身につまされたと言う声も多かったニュースです。

「あのおじさんみたいになっちゃうよ!」 フライドチキンを買おうと並んでいたら親子連れにディスられ…(2019年6月12日TABLO)

たまたま居合わせた見ず知らずの人同士。そこから思わぬストーリーへと発展するのはドラマか映画の中だけではありませんでした。しかも意表を突いた展開はある意味でフィクション以上かもしれません。

インドネシアのファストフード店で地元の男性フレデリック・ヒルさんがフライドチキンを買おうとカウンター前で注文客の列にいたところ、真後ろから母親がグズる幼い子にささやく声が聞こえてきました。
「いい子だからフライドチキンは1個だけ買いましょうね。それ以上食べたら前のおじさんみたいになっちゃうよ」
お、おじさんって俺のこと!? 俺みたいになっちゃうって…と思わぬ奇襲攻撃にとまどいつつ自分のお腹を見下ろすヒルさんは、確かめるまでもなくポッチャリ体型なのです。

いくら熊みたいな風貌でも赤の他人にいきなり悪口を言われる筋合いはないぞ。この時、ヒルさんには勧善懲悪のヒーローに変身するスイッチが入ったのでした。
自分に注文の順番が回ってきたところでカウンターの店員にこう尋ねたのです。
「そこに並んでいるフライドチキンが今ある全部ですか?」
「そうです。あと今作っている最中のロットもあります」と店員。
ヒルさんはそれら全部を買い占めることを即決したのでした。金額にして240,000ルピア(約1,850円)。

ほどなくして店に今あるフライドチキン全部を受け取ったヒルさん。ゆっくりと歩きながら次に注文の順番が来たあの母親と子供の様子を窺います。注文しようとする母親に対して店員が「フライドチキンは売り切れで新たに揚がるまで30分かかる」と説明しているのが聞こえました。
子供は泣きわめいて手が付けられないほどにダダをこねているのがはっきりと見てとれました。母親はヒルさんを振り向いてブスっとした顔をしています。
ヒルさんは何を言うわけでもなく満足げにその光景を眺めていました。そして母親に対して華麗に中指を突き立て、正義のヒーローのごとく颯爽と店から立ち去ったのでした。
(略)

正義かどうかはさておきこのささやかな報復劇、多くの方々の共感を得られたようではありますね。
最後に取り上げますのはこちらのニュースですが、昨今何かと話題のあの人物に関わる話です。

甲虫の新種、名前は「グレタ」 英博物館が込めた思いは(2019年10月26日朝日新聞)

 新種の甲虫が、スウェーデンの環境活動家グレタ(Greta)・トゥンベリさん(16)にちなんで、「Nelloptodes gretae」(読み方=ネロプトゥディス・グリータイ)と名付けられた。「gretae」の部分がグレタさんの名前のラテン語表記だ。25日発売の英昆虫学誌「エントモロジスツ・マンスリー・マガジン」に掲載された。

 この甲虫はムクゲキノコムシ科に属し、体長は約1ミリで、2本の長い触角があるが、羽や目はない。1960年代、ケニアのナイロビで土や落ち葉とともに採取され、78年にロンドンの自然史博物館に寄贈されていた。
 名付け親となった同館のマイケル・ダービー博士は「若き環境活動家としてのグレタさんの活躍に大いに感銘を受けており、環境問題の啓発について彼女の傑出した貢献を認めたかった」と命名理由を語った。
 また、同館のマックス・バークレイ学芸員は「生物の多様性が失われ、発見されず、名付けられる前に絶滅する種がある。だからこそ、自然を保護し、絶滅の危機に瀕(ひん)する種を守ろうと一生懸命取り組む人にちなんで新種を命名するのは、妥当だ」と話した。(ロンドン=下司佳代子)

件のグレタさんは先日も地球環境に対する貢献が報じられていたばかりと言う渦中の人物で、進歩的な朝日新聞が大きく取り上げるのも当然ですよね。
ネット上でもさすがブリだけに気が利いていると大絶賛だったようですが、若く先の長い人生だけに今後も実り多く末永い活躍を祈りたいと思います。

今日のぐり:「はやたろう 倉敷店」

倉敷市街地の一画に位置するこちらのお店、浜松餃子云々とあったので静岡のお店かと思っていましたが、もともとは長野で生まれたお店なのだそうですね。
店名は長野と静岡を結ぶ早太郎伝説にちなんだもののようですが、基本的にはとんこつラーメンと浜松餃子がメインのお店であるようです。

一番ベーシックそうな白旨ラーメンをネギ盛りで頼んで見ましたが、かなり脂ぎった…と言うほど分厚く脂の浮いたスープなのですが、味は決して悪いものではありませんでした。
麺は博多とんこつラーメンより太めの中細麺ですが、味、食感、茹で加減とも良好でこちらもなかなかうまいですし、トッピングもしっかりしていて、全体にちゃんとしたラーメンですね。
浜松餃子はさすがに一人前だけいただきましたが、あんのジューシーさが目立つのですが、そのぶん薄皮はふやけている感じで、まあこの辺りは好みの問題でしょうかね。
テーブルに常備されたルイボスティーも風味のクセは少し強いのですが、慣れてみるとラーメンや餃子の油の強さに妙に合っている気がしますが、この百均っぽいピッチャーだけは使いにくかったです。

全体的には今どきのラーメン屋として遜色ない水準の味ですが、こちらの店舗は以前から何度か入れ替わっていて、正直立地としてあまり良くないのでは?とも疑ってしまいます。
接遇面はちょっと何を言っているのかわかりにくい部分もあるのですがまずまず及第で、今後お店が繁盛して混雑してきた時にどうなっているのかですね。

|

« 「お客さまは神様です」なる言葉はひどく誤用されていると聞きますが | トップページ | 医師に過酷な労働を強いる病院と知られると患者が敬遠してしまう…だから? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「お客さまは神様です」なる言葉はひどく誤用されていると聞きますが | トップページ | 医師に過酷な労働を強いる病院と知られると患者が敬遠してしまう…だから? »