« 医療者を目指す医学生の対話力、ようやく磨かれ始める | トップページ | 80~240円払えば専門家がやってくれる仕事とは »

2019年11月 3日 (日)

今日のぐり:「大隈」

あまりにシンプル過ぎて逆に疑われなかったと言うことなのでしょうか、先日こんなニュースに驚いた人も少なくなかったようです。

旅行予約サイトの「今あなた以外に○○人が見ています」はウソだったことが判明(2019年10月21日GIGAZINE)

宿泊予約サイトやフライト予約サイトなどで宿泊先や飛行機の搭乗券を検索している時、検索候補の横に小さく「今あなた以外の○○人が同じページを見ています」といったメッセージが表示されることがあります。海外の旅行予約サイトであるOneTravelでは、表示されているこの人数がページへのリアルタイムな同時接続数ではなく、実は単なるランダムの数字だったことをセキュリティ研究者のOphir Harpaz氏が発見しました。

Harpaz氏がOneTravelで飛行機の搭乗券を予約しようとした時、予約購入を急がせるためか、「38人がこの搭乗券をチェックしています」と表示されたとのこと。「38人もチェックしているの?!」とHarpaz氏は焦ってしまったものの、38人もの人がこの搭乗券をチェックしていることに逆に疑問を抱いたそうです。
そこで、この人数はどうやって取得されているのかをHarpaz氏が確認したところ、「38」に当たる要素のクラス名が「view_notification_random」になっていることが判明。
さらにHarpaz氏がChromeのデベロッパーツールを使ってソースコードをチェックすると、JavaScriptで以下のような部分を発見。完全に28から44までの数字がランダムに生成され、それが表示されているだけだったことが判明しました。つまり、One Travelの「○○人がこの搭乗券をチェックしています」という部分は全くのウソであり、ユーザーにフライトの予約を急がせるためのものだったというわけです。

Harpaz氏のツイートに対して、やはりこのやり方は違法なのではないか?という声が多く挙がっています。
「アメリカではどうなるのか分かりませんが、EUではOneTravelは消費者へ詐欺を働いたとして罰則を科せられます」
「おそらく開発者もこのやり方に同意しかねているから、わざとソースコードを隠していないのだろう」と、サイト開発者に同情する声もありました。
一方で、「Math.random()は暗号に使用可能な安全性がありません。私ならCrypto.getRandomValues()を使います」と、乱数生成のコードにダメ出しをする人もいました。

明確に法律違反には問われなくても好ましい行為には思えませんが、人数くらい簡単に調べられそうなだけによほどアクセスが少なかったのでしょうか。。
今日は同様の表示に焦らずにすむよう警鐘を鳴らす意味で、思わず突っ込みを入れずにはいられないような犯罪行為の数々を紹介してみましょう。

自転車で救急車を通せんぼ 公務執行妨害容疑で書類送検(2019年10月21日朝日新聞)

 119番通報を受けて緊急走行していた救急車の前に2度立ちはだかり、救急活動を妨げたとして、愛知県警が、名古屋市天白区に住む翻訳業の男(48)を公務執行妨害の疑いで書類送検したことがわかった。男は容疑を認め、「(救急車に対して)積もり積もったものが噴出した」と話しているという。

 天白署によると、送検は今月4日付。容疑は7月23日午前10時45分ごろ、同区焼山2丁目の交差点付近を緊急走行していた救急車の前に自転車で2度立ちはだかり、走行を妨げたというもの。

 現場は天白消防署植田出張所のすぐ近くで、救急車は「女性が意識を失っている」との通報を受けて出発した直後だった。ほかの車が道を譲るなか、男は車道に出て救急車を一時停止させた。さらに救急車を追いかけ、数十メートル先の横断歩道でも再び妨害したという。消防から相談を受けて天白署が捜査を開始。救急車のドライブレコーダーをもとに男を見つけ出した。

元記事には妨害行為の概念図が載っているのですが、ここまでするくらいですから何がどう積もり積もっていたのかについて取り調べで熱く語ったことでしょうね。
ひところ深夜のワンオペ牛丼店を狙った強盗が繰り返された時期がありますが、こちらもせっかく人目は少なかっただろうに…と言うニュースです。

「このくらいの金では…」コンビニ強盗 居座り逮捕(2019年11月2日テレビ朝日)

 東京・町田市で、コンビニエンスストアに男が押し入って現金を奪いました。男はそのまま店にとどまり、駆け付けた警察官に逮捕されました。

 武田従道容疑者(42)は1日午前5時すぎ、町田市大蔵町のコンビニエンスストアでレジにいた男性店員(38)にカッターナイフを突き付け、現金3万7000円を奪った疑いが持たれています。警視庁によりますと、武田容疑者は現金を奪った後も店内にとどまっていて、通報で駆け付けた警察官に現行犯逮捕されたということです。取り調べに対し、「金がなくて口座が差し押さえられた」と容疑を認めています。逃走しなかった理由については、「このくらいの金では生活の足しにならないと思った」と供述しています。

よほど食うに困って臭い飯でも腹の足しにしたかったと言うことなのでしょうか、空腹のあまり逃走も出来なかったのではちょっともの悲しい事件です。
こちらも未だに根強く残る詐欺事件ですが、しかしこの発想はなかったと言う新展開が話題になっていました。

神奈川県警交通機動隊巡査 特殊詐欺「受け子」役 窃盗疑いで逮捕(2019年10月31日毎日新聞)

 キャッシュカードの保全措置をすると偽って高齢者からカード2枚を盗んだとして、神奈川県警は31日、県警第1交通機動隊巡査、蕪木(かぶらき)紀哉容疑者(24)=横浜市南区=を窃盗の疑いで逮捕した。特殊詐欺事件の「受け子」の役割を果たしていたとみられ、背後関係を調べる。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は10月7日午後、同県横須賀市の80代男性の家を訪れ、男性からキャッシュカード2枚を盗んだとしている。
 男性の家には警察官を名乗る男の声で「振り込め詐欺の犯人を捕まえた。あなたの口座から金を引き出したと言っている。カードの保全措置を行うので、これから警察官を行かせる」とうその電話があったという。電話の最中に蕪木容疑者が来て、男性に封筒へカードを入れるよう指示。男性が目を離したすきに、あらかじめ用意していたプラスチックカード入りの封筒とすり替えたとみられる。

 県警監察官室によると、男性のカードを使って少なくとも50万円を引き出していた疑いもある。蕪木容疑者は2013年から県警で勤務。事件当日は休みだった。監察官室は「警察官として言語道断で誠に遺憾。深くおわびする」としている。【洪玟香】

警察官の犯罪行為も残念ながらないことではないとは言え、本人役での出演とはなかなか珍しいのではないかと言う気がします。
最後に取り上げるのはお隣中国からですが、人気にあやかった商売が思わぬ反発を招いてしまったという事件です。

チャウチャウちゃう? 中国の「パンダ」カフェ(2019年10月23日BBC)

​動物好きの人がふわふわの動物たちと一緒に食事を楽しめるアニマルカフェは、過去20年の間に世界中で登場した。そうした中、ジャイアントパンダの生息地として知られる中国南西部の四川省成都市に登場した「パンダ」カフェに、驚きや懸念の声が上がっている。

地元紙「成都商報」によると、物議を醸しているのは成都市内にこのほどオープンしたカフェ。一見すると、6頭の赤ちゃんパンダが飼育されているように見える。
ところが、パンダに見えるのは実は、パンダに似せるために毛を染められたチャウチャウ犬だったことが判明した。

カフェのオーナーのファン氏は、食事や飲み物と同様に、毛染めも行っていると主張。四川の「紅星新聞」対し、日本から染料を輸入し、チャウチャウの毛染め担当の専門スタッフを雇っていると説明している。
毛染めの質を保つために「1回あたり1500元(約2万3000円)かかる」、「すごく高い上質な染料を使っている」とした上で、動物への影響は決してないと述べた。

紅星新聞によると、店内を撮影した短い動画を機に話題になり、客足が伸びたと同時に、心配する声も増えた。獣医のリ・ダイビン氏は「体毛や皮膚を傷つける可能性がある」として、ペットの毛を染めるべきではないと呼びかけている。
(略)
多くの人が動物の毛を染めるのは「正気ではない」と主張。毛染めで「人間の髪や頭皮がダメージを受ける」可能性があるのと同じように、犬にも影響があるかもしれないと訴えている。
(略)

この種の行為ではどれほど似せているかが話題になりますが、元記事の画像を見る限り案外と通用しそうな…と言う気がします。
なおこのニュース、日本国内で報じられると特定地方の方言と関連付けて拡散されているようなのですが、商売とは言え大切に扱ってやってほしいですね。

今日のぐり:「大隈」

福山市街地から北に外れた曰く言いがたい立地のこのお店、知らないと来られない場所に加えて一見とても蕎麦屋に見えない外観が特徴です。
それでも食事時には広い店内が一杯になるのですから人気ぶりも推して知るべしですが、しかし昨今誰も知らない穴場などはなかなかないものですね。

ざるそばを食べてみましたが、よく繋がりシャキシャキと歯切れの良い蕎麦で香りも味も及第、町の蕎麦屋らしく盛りもたっぷりしたもので満足感が高いです。
魚出汁の風味が立った蕎麦つゆもよい味ですが、強いて言えばこちらの蕎麦は水キレだけはもう一歩なのですが、まあこれもご愛敬でしょうか。
付け合わせに頼んだとり塩天はクリスピーながらジューシーな肉汁があふれる絶好の揚げ具合で、柚子胡椒を勧められましたが好みでしょうか。
ごぼう天は薄くスライスしたごぼうをそのまま天ぷらにしただけですが、チップス風に塩で食べてもちょいと蕎麦つゆをつけてもいい味ですね。

今の時代まっとうな蕎麦屋はそこそこのお値段をつけていることも多いだけに、このお値段でこの水準の蕎麦はなかなか食べられませんね。
フロアのおねえさんも仕事も手早くなかなか気も効いて総じていい店なのですが、繁盛店だけに駐車場の出入りで苦労しがちな点が注意点でしょうか。

|

« 医療者を目指す医学生の対話力、ようやく磨かれ始める | トップページ | 80~240円払えば専門家がやってくれる仕事とは »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

TVで中国のチャウチャウ犬が知られた40年も前に、神奈川では通じてたがな。

投稿: | 2019年11月 6日 (水) 10時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 医療者を目指す医学生の対話力、ようやく磨かれ始める | トップページ | 80~240円払えば専門家がやってくれる仕事とは »