« 医師の労働時間に関する厚労省の通達が興味深い内容 | トップページ | 最近目についた興味深いニュース三題 »

2019年7月13日 (土)

今日のぐり:「天下一品 総本店」

近年ハンターの減少もあってか野生のクマ被害が目立つようですが、そんな中で先日多くの人々を驚かせたのがこちらのニュースです。

「何を信用したら?」市の要請でクマを駆除したのに銃所持許可が取消に(2019年6月13日北海道文化放送)

 2018年、砂川市で市や警察の立会いのもと要請に応じてクマを駆除したハンターが、鳥獣保護法違反の疑いで書類送検され、その後不起訴になったものの、銃の所持許可が取り消されるというトラブルがありました。
 住民の命を守るためのハンターの行動がなぜ問題視されてしまったのでしょうか。

 田中うた乃記者:「このあたりには果樹園も多くあり、たびたびクマが目撃されていました。男性は市の要請を受け警察立会いのもと10数メートル先にいた子グマを駆除しました」
 北海道猟友会 池上治男砂川支部長:「ハンターに頼んでいると片方で言っておきながら撃ったらダメみたいなことを言ったら、何を信用してやればいいのか。おかしいんですよ」
 こう話すのは、北海道猟友会砂川支部長の池上治男さん。池上さんは2018年8月、砂川市からの連絡を受け砂川市宮城の沢のクマの出没現場に出動し、1頭のクマを駆除しました。

 池上さんによりますと、市の担当者や警察官が周辺住民に注意を促し、現場で安全を確認した後、市が依頼する形で駆除したということです。
 しかし、池上さんはその後、公安委員会の許可なしに発砲したなどとして、鳥獣保護法違反の疑いで書類送検されました。
 不起訴にはなりましたが建物の近くで発砲したことが問題視されライフル銃の所持許可が取り消されてしまいました。

 北海道猟友会 池上治男支部長:「何がなんだかわからない、市の要請で駆け付け駆除するだけの話しですから、じゃあクマが出たら、人を襲うまで対応できないのか。私たちは、市民のためにクマを駆除して警察官もよかったよかったと言っていた」
 今回の件について警察は、現場で発砲を同意した事実はないとコメントしています。
(略)

当事者ならずとも誰しも思うところはあるだろうと言うニュースなのですが、しかし市当局や警察も今後ハンターとの関係をどうしていきたいのでしょうかね。
本日は妙なトラブルに巻き込まれたハンター男性にご同情申し上げるとともに、世界から動物にまつわるちょっと予想外のニュースを紹介してみましょう。

猫用AIドア。死んだ獲物をくわえて帰宅する愛猫をブローーーック!(2019年7月7日GIZMODO)

これで夜中の3時に動物の死骸を片付けなくて済むようになりますよ。
あなたの愛猫がたびたび殺戮的な気分に陥り、家に何かしら血の滴る不愉快な死骸を運んでくるようになったら、どうしますか? もしあなたがベン・ハムさんだったら、AI制御の猫用ドアをDIYし、ネズミやハトなど汚らわしい死肉のプレゼントを家に持ち帰られないよう、シャットアウト出来ることでしょう。

ハムさんは何カ月も費やし、愛猫メトリック君が家に入る/出て行くだけの画像を何千枚もAIに学習させました。気の遠くなるような作業ですが、真夜中に狩人の本能が目覚めた毛玉君が、死んだ動物(時には瀕死でかろうじて生きている…)を家に持ち帰ってきて、ハムさんの安眠が妨げられることを防ぐためのAI制御ドア構築に必要な作業だったのです。
ハムさんはAmazonで上級製品管理部長を務めています。彼は先月開催された、多様なアイディアの発表会「Ignite Seattle」にて登壇し、このドアを制作したきっかけから過程、結果までを面白おかしく発表しました。
壇上にて、ハムさんはこう話しました。

猫が普通に帰宅するか、私の夜を台無しにするか、なのです
(略)
メトリック君が一狩り行くのは、大体10日に1回の頻度なのだそうです。ハムさんいわく、このドアを作動させてから5週間で、メトリック君が獲物なしで帰宅したのは180回、閉め出されたのは6回だったとのこと。ですが6回中の1回だけ、アルゴリズムが不調で獲物を加咥えていないのに閉め出されてしまったのだそうです。
機械学習はメトリック君の出入りする画像だけを学習しているため、このドアはメトリック君だけしか検知しません。なのでもし皆さんが同じものを作ろうとすると、ご自身の愛猫画像を何千枚も読み込ませないといけなくなります。
もしも愛猫のインスタ写真を投稿しまくっている愛猫家であれば、そのための資料はバッチリ揃っているかも?

よく考えたものですが、ネコの方とすれば何故閉め出されるのか理解出来るものなのかどうか、理解出来なければ学習も進まないと思うのですけれどもね。
フランスから二題続けて紹介してみますが、まずはこちら今時そんなことがと思うようなびっくりニュースです。

パリの警察署、ノミの大繁殖で閉鎖 職務遂行できず(2019年5月7日CNN)

フランス・パリ北東部の警察署でノミが大量に繁殖して職務が遂行できなくなり、一時的に閉鎖される事態になった。

ノミが繁殖したのはフランスの19区にある警察署。5日に人員が退避して、入り口前に「通知があるまで閉鎖」の告知が張り出された。
警察組合のツイートによると、同署は数日前からノミの襲来を受けて「耐えがたい職場環境」になっていたといい、「(害虫駆除)会社の介入にもかかわらず、現場の完全な消毒が実行されなかったために問題が続いた。数人の警官が何カ所もノミに刺されて治療を受けた」としている。
さらに、「一部の害虫は家庭にも持ち込まれたらしく、警官の家族も被害に遭っている」という。地元メディアは、警官数人の子どもがノミに刺されていると伝えた。

組合幹部がCNNに語ったところでは、ノミは同署で勾留されたり事情聴取を受けた人物から広まったと思われる。1週間前に行われた害虫駆除は、建物全体や車などの徹底した消毒が行われなかったために、ほとんど役に立たなかったという。
組合が求めている警察署全体の完全な消毒には、最低でも丸2日かかる見通し。
地元メディアによれば、この警察署では2017年にも、シラミとノミが大繁殖して警官らが避難を強いられる騒ぎが起きていた。

言われてみれば不特定多数が出入りする施設では当然予想されるリスクなのですが、医療機関でも注意が必要となりそうな話ですね。
同じくフランスからもう一つ取り上げてみますが、こちらどこか牧歌的なニュースといえそうです。

フランス、学級削減を回避するために羊15頭が入学者リストに登録される(2019年05月08日スプートニク)

フランス東部イゼール県の小学校で、学級数の削減を回避するために親たちが羊15頭を入学者リストに登録した。フィガロ紙が報じた。

教育機関によると、生徒数がわずかに減少しているため、余分な学級を削減する必要がある。
生徒の親たちは、学級数の削減によって1学級の平均生徒数が増え、教育の質に悪影響を及ぼすと指摘している。
抗議の一環として、地元の農家が学校に羊の群れを連れてきた。うち子羊15頭は学校の入学者リストに正式に登録された。すべての羊に出生証明書があったという。また地元の市長も抗議参加者らを支持し、デモを開催するために校庭の一部を提供するよう命じた。

まあこれが通用すると言うことであればザル規制と言うべきなのでしょうが、しかし羊たちが無事卒業できるものかどうかが問題です。
ヤマアラシと言えば小動物の一種程度にしか認識していない人も多いかもしれませんが、その恐ろしさを伝えるのがこちらのニュースです。

人食いライオンの原因にも、実は怖いヤマアラシ(2019年7月9日ナショナルジオグラフィック)

 1965年、雑誌「アウトドア・ライフ」にケニア人ハンターがライオンに襲われたという記事が掲載され、このライオンは「ダラジャニの人食い」として一躍有名になった。1965年は深刻な干ばつのせいで獲物が減っており、ライオンが人間を襲う事件がケニア南部で複数発生していた。
 ただし、ダラジャニの人食いにはある特徴があった。ヤマアラシの針が鼻に刺さっていたのだ。

 このたび、ライオンとヤマアラシとの関係について初めて本格的な調査が行われ、ライオンが受ける被害とその意外な影響が明らかになった。論文は学術誌「Journal of East African Natural History」5月号に掲載された。
 米シカゴにあるルーズベルト大学の研究者で研究チームを率いたジュリアン・カービス・ピーターハンス氏は、ダラジャニの人食いの死骸を詳しく調査し、ヤマアラシの針が鼻の中に15センチ以上突き刺さり、脳のすぐ近くまで達していたことを発見した。
 このライオンが人を襲った原因が、ヤマアラシの針にあることはほぼ間違いないと、カービス・ピーターハンス氏は言う。鼻に針が刺さったライオンはうまく狩りができず、徐々に衰弱して、追い詰められた末に人間を狙うようになったのだろうと、氏は推測する。

 論文によれば、ライオンは通常、ヤマアラシを避けており、獲物が不足しない限りは手を出さない。ヤマアラシを狩ろうとすれば、ライオンは重大なけがや、最悪の場合は死の危険にさらされる。そしてけがをしたライオンは、人間、ウシ、ウマなどを襲うようになるという。
 こうした傾向がより顕著になるのは干ばつが起こったときだ。1965年は、ケニアで異常な乾燥が続いた年だった。研究チームはダラジャニの人食いのほかにも、同じ年に人を少なくともひとり殺して射殺された別のライオンも調査している。このライオンの場合は、亀裂の入った歯の1本に、ヤマアラシの針が刺さっていた。
「ヤマアラシがライオンの好物でないことは確かです」と、カービス・ピーターハンス氏は言う。人間も彼らの好みの獲物ではないが、ライオンがけがをしている場合は、「動きの遅い人間たち」を狙うのは理にかなっている。

 今回の発見はライオンの保護にとって重大な意味を持つ。たとえば、ヤマアラシの針が刺さったライオンに対しては、移動獣医チームによる治療が今まで以上に重視されるだろう。また、ほかの動物の死因になりうるという点でも、ヤマアラシの存在は重要だ。特に、近年干ばつが過酷かつ頻繁になりつつある地域では、ヤマアラシに関連した被害が拡大する可能性もある。
(略)

ヤマアラシどんだけと言うニュースですが、しかしアフリカの住民の健康と生命にここまで影響力があるとはびっくりですね。
最後に取り上げるのはほぼ出落ちと言うニュースなのですが、あまりに驚くべきその状況をまずは記事から紹介してみましょう。

【衝撃】「日本じゃ考えられない!」マレーシアの玄関にはこんな巨大生物がやって来る!(2019年7月6日ブレークタイム)

NoviceGunner@4日目西く19bさんのTweet

マレーシアでの出来事らしいですが帰宅してこんなのいたら状況把握するのに5秒はかかるしあげくに腰抜けるわ!
(略)

その驚くべき状況は元記事の画像を参照いただきたいのですが、ちょっと日本では考えがたいもので思考停止してしまいそうですね。
関連して多数のびっくり画像が寄せられているのですが、世界ではまだまだびっくりな生き物たちがいると言う驚きのニュースでした。

今日のぐり:「天下一品 総本店」


天一はラーメンではなく天一という食べ物であると言うくらいに、熱狂的な愛好者が多いのがこちら天下一品です。
特徴的な濃厚スープは店舗によってもかなり濃さが違うと聞きますが、そもそもデフォルト濃度はどうなのかとこちら総本店にお邪魔してみました。

基本的には濃いめ、薄め、普通と言う感じですが、こちらその普通と思われるのが中華そば屋台の味と言うオリジナル味で、普通麺ニンニクなしでオーダーしました。
食べて見れば濃いのは濃いですが、以前に京都市内で食べたこってりになるともはやラーメンではない程でしたが、こちらは普通に濃いめくらいでしょうか。
同行者が頼んだあっさり味も少し試して見ましたが、こちらは天一と言うよりごくふつうの醤油ラーメンで、特記すべきものはないと思いました。
サイドメニューでは餃子はまあこんなものかですが、しかし天一さんは酒のつまみになりそうな一品メニューがそろっているのも面白いですね。

総本店と言っても地味な町のラーメン屋そのものの作りですが、見ている間にも次々とお客がやってくるあたり、さすがに総本店だけのことはありますね。
観光都市京都の一角にあり、かつこれだけの繁盛店だけに接遇面は手慣れたもので、特に天一初心者にも丁寧に対応していただけるのは助かります。

|

« 医師の労働時間に関する厚労省の通達が興味深い内容 | トップページ | 最近目についた興味深いニュース三題 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

天一って、学生の頃は、北白川店と銀閣寺道店しかなかったはずなんだけどなぁ。
いつの間に増えたんだろ。
そのころは高級ラーメンで学割でも340円くらいだったか。(王将のラーメンが150円だったから)
メニューもラーメンの他はチャーシュー麺とライス、餃子だけ。ネギはざるで入れ放題。
スープは「コラーゲンたっぷりなので、飲み干してください」って、壁に貼ってあった。
20年ほど前に久しぶりにいったらメニューにいろいろあって、「あっさり」って何だ?状態だったなぁ。

投稿: | 2019年7月16日 (火) 10時08分

もう歳なのか最近は濃いラーメンがつらくなってきた

投稿: | 2019年7月16日 (火) 12時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 医師の労働時間に関する厚労省の通達が興味深い内容 | トップページ | 最近目についた興味深いニュース三題 »