« 医師の労働時間の定義、近く厚労省から示される予定ですが | トップページ | 働き方改革、労働時間の正確な把握は大前提 »

2019年3月24日 (日)

今日のぐり:「梅鈴(ばいれい)」

合格発表を巡って悲喜交々のドラマが繰り広げられたことでしょうが、先日話題になっていたのがこちらのつぶやきです。
受験番号をあらかじめ素数だけにしておけば、合否発表は1つの巨大な合成数を掲示するだけで済む。 19:12 - 2019年3月8日
何が何だかちょっとよく判らないと言う方はこちらの解説を参照頂ければと思いますが、まあ受検者が多くなると大変だろうなとは思いますね。
ともあれ本日は言われてみればなるほどなのかも知れませんが、ちょっと見には何を言っているのか判らないと言うニュースを取り上げてみましょう。
性同一性障害でその後、性別適合手術を受けた経営者が、妻と結婚したまま戸籍を女性へと変更するよう求める申し立てを京都家庭裁判所に行った。

京都市の50代の経営者は性同一性障害で、24年前、女性と結婚し、その後、性別適合手術を受けたため、事実上、女性同士が結婚している形。
経営者は戸籍を女性に変更するよう求めているが法律では結婚していないことが要件になっているため離婚を強いられるとしている。

経営者は『なぜ女性として安心できる幸せな生活と、家族との安定した幸せな生活の二者択一を迫られるのか?』とコメント。結婚したままでの戸籍の変更を求める申し立ては全国で初めて。

判ってみれば社会的地位保全目的かと理解は出来る話なのですが、将来的にはこうした面倒な話がなくても済むようになっていくのでしょうか。
一昔前なら長髪を校則違反と言われ学校で髪を切られた人も珍しくなかったのでしょうが、こちら今の時代はこうなのかと思わされるニュースです。
山梨市教育委員会は3年前、市内の中学校で女子生徒が教諭に髪を切られたことが原因で不登校になったとする第三者委員会の調査結果を発表し謝罪しました。

これは26日山梨市教育委員会が会見を開いて明らかにしました。
教育委員会が第三者委員会から報告を受けた調査結果によりますと、平成28年6月、市内の中学校に通っていた女子生徒が自宅で髪を母親に切ってもらったあと、学校で整えてもらうように言われこれを受けて教諭が髪を切りそろえたところ、女子生徒は下校中に友人から心ない言葉をかけられ、不登校になったということです。
第三者委員会は、女子生徒が学校で髪を切られたことが原因で急性ストレス障害になったとした上で、教諭は生徒に美容室に行くよう促すこともできたなどとして、対応が不適切だったと結論づけました。
山梨市教育委員会の市川今朝則教育長は「生徒や保護者に心からお詫び申し上げます」と謝罪し、再発防止に向けて取り組むとしました。

この問題をめぐっては先月、女子生徒の両親が傷害の疑いで、当時の校長など4人に対する告訴状を甲府地方検察庁に提出しています。

ちょっと何を言っているのか判らないと言う方はこちらの経過解説を御覧いただきたいのですが、ちなみに今の時代教師が生徒の髪を切るなどあり得ないのだそうです。
人間が自殺に追い込まれるとは余程のことだと思いますが、その手前で踏みとどまったはずがとんでもないことになってしまったと言うニュースです。
 2018年に韓国で起きた20代女性の入水自殺が、今韓国で話題となっている。救助に向かったレスキュー船が女性を死なせたのではないかと報じられたのだ。

 3月16日、韓国のニュースサイト「MBCニュース」は、2018年11月27日に韓国北部を流れる河川・漢江に飛び込み、自殺を図った20代女性の死因が溺死ではなく、スクリューに巻き込まれた際にできた傷が致命傷になった可能性があると報じた。女性は漢江に飛び込んだ後に、電話で救急に助けを求めており、レスキュー船が駆けつけたという。
 同記事によると、遺体の解剖を担当した、犯罪捜査の鑑定をする研究機関・国立科学捜査院は、遺体に残った大きな切り傷について「船舶のスクリューによって発生した傷」と発表。通常、生きている状態でしか出血は起こらない。女性の死因が溺死ではなく、レスキュー船のスクリューに巻き込まれて傷を負い、失血死した可能性が出てきたというのだ。
 調査結果を受け、警察が事件当時に現場付近を通った全ての船を調べたところ、救助に向かったレスキュー船以外は通行していなかったことが判明。3月19日現在、レスキュー船や目撃者に聞き込みを行うなど、警察の捜査は続けられているようだ。

 一連の報道に対し、レスキュー船側は「何かにぶつかった衝撃は全く感じられなかった」「懸命に捜索したが、女性を見つけることはできなかった」と話しているという。
(略)
 今回、韓国で起きた事故では、川に飛び降りた後に助けを求める電話をかけており、2017年のペルー・リマの事故でも被害者は最後、救助隊にしがみついて助けを求めていた。救助の段階で彼らは「自殺志願者」ではなかったのである。自殺志願者に限らず、あらゆる被害者の救助方法を見直す必要があるのではないだろうか。

色々と突っ込みどころは少なくないのですが、何にしろ女性の冥福を祈るばかりです。
イタリア人と言えば男女の仲に関しては世界的にも進んでいる印象ですが、そうした土地柄だけにこんな判決も出るのでしょうか。
【3月12日 AFP】イタリアで、レイプ事件の被告の男2人に無罪判決が下された2年前の裁判で、無罪の理由が被害女性の容姿が男っぽいからだとされていたことが、8日に破棄院(最高裁判所)が審理の差し戻しを命じたことから初めて明らかになり、女性を侮辱した判決だと怒りの声が巻き起こっている。  事件は2015年、ペルー出身の女性がペルー人の男2人にレイプされたと訴えたもので、男2人は2016年に有罪判決を言い渡された。だが翌17年、中部アンコーナ(Ancona)の裁判所で行われた上訴審で、裁判官らは女性の主張に信ぴょう性がないとして一審判決を破棄し、男らを無罪とした。  女性側の上告を受け、破棄院が8日に一審への差し戻しを命じたため、17年の裁判で男らが無罪とされた理由が初めて明らかになり、11日には女性の権利活動家ら約200人がアンコーナの裁判所前に集まり、「恥を知れ!」などと抗議の声を上げた。

 女性は、男2人から薬物の入った飲み物を飲まされ、一方の男が見張っている間に、もう一方の男からレイプされたと主張。医師の診断でも、女性の体についた傷はレイプ被害によるものと一致し、血液からも「デートレイプドラッグ」が検出されたという。
 しかし報道によると、17年の上訴審の裁判官らは、女性のほうから「熱情的な夜」を仕向けた可能性を排除できないと判断。さらに、被告の男たちが雄々しい「バイキング」というニックネームで女性の電話番号を登録していたことや、女性の写真からも、女性が男らの好みでなかったことは明らかだとしていた。男らに無罪を言い渡した裁判官は全員、女性だった。
 これらの上訴審判決はすべて破棄され、ペルージャ(Perugia)の裁判所で一審からやり直される。

まあそれは裁判もやり直しになるでしょうが、しかし無罪を言い渡した裁判官は全員女性であったと言う点には考えさせるものがありますね。
最後に取り上げますのはこちらのニュースですが、こちらも男女の仲に絡んだびっくりニュースと言えるでしょうか。
デートアプリで知り合い、デートをした相手が実はとんでもない人物だった―そんな経験をした人も少なくないだろう。このほどイギリスである女性が男性と初デートをしたのだが、3か月後に驚く内容のメールが女性のもとに届いたという。『Mirror』『LADbible』などが伝えている。

ランカシャー州モーカムに住むキンバリー・レイサム・ホークスフォードさん(24歳)は、今から3か月ほど前に人気のデートアプリ「Tinder(ティンダー)」でウェイン・カーと名乗る男性と知り合った。
メールで互いに1週間ほどやりとりした後、初デートをすることになり、2人は地元のコーヒーチェーン店「COSTA(コスタ)」で待ち合わせた。初対面で会話が順調に進んだ2人は車でパブへ移動し、そこで食事をともにした。
しかしキンバリーさんは「この男性とはうまくいかないな」と思ったという。というのも、ウェインは初めて会ったばかりのキンバリーさんに「整形する気はあるのか」「買い物に行くならあの店がいい」などといったおせっかいな指示を出し、更にパブでキンバリーさんが支払いを申し出ると、ウェインは自分の口座残高をスマホで見せて「自分が払う」と居丈高に言い放ったのだ。こうした態度から「お高くとまってて、嫌な奴」と感じたキンバリーさんは、初デートが最悪な結果になってしまったことを残念に思いつつも、前向きに生活していた。ところが初デートから3か月経った頃、キンバリーさんはウェインからとんでもないサプライズメールを受け取った。

「ハロー、キンバリー。初デートからしばらくになるけど、なぜ僕がすぐメッセージをしなかったのかを説明させて。本当なら僕たちのデートはもっと楽しいものになるはずだったんだ。でもそうならなかった。その理由をここに書くよ。もし気を悪くしたらごめんね。」
(略)
実に一方的で、究極に身勝手なこのメッセージを見たキンバリーさんは、大きな衝撃を受けると同時に悔しさでいっぱいになり、自信を完全に失ってしまった。しかし読み返すたびに「どうやったら女性にこんなことが言えるのか、全く理解できない」という気持ちが湧きあがり、むしろ笑えるようになったそうだ。キンバリーさんはその後、「あんたの態度は最低。もっと女性をリスペクトしろ!」というメッセージをウェインに返した。

このニュースを知った人からは、「なにその男。サイコっぽくて気持ち悪い!」「さんざん侮辱しておいて、その後に『もっと自信を持て』ですって!? ふざけるな!!」「そんな性格だからこそ、ずっとデート相手を探し続けて彼女が見つからないんじゃないの」「ものすごく『俺様』な奴だな。エゴの塊もいいところ」「3か月後にメールする意味がわからない」「こういうデートアプリには、本当にいろんな奴がいるからね…」「本名晒して注意喚起してもらわないと」といった声があがっている。

メールの詳細は元記事を参照いただきたいのですが、まあしかしある意味で几帳面な性格の男では合ったのでしょうかね。
元記事の画像を見る限りキンバリーさんは十分美人で通ると思うのですが、相手の男性としては一種ツンデレ的な態度で振る舞ってみたかったのかも知れません。
今日のぐり:「梅鈴(ばいれい)」
愛媛県は松山市と言えば歴史と伝統のある城下町ですが、こちらその松山城からもほど近い裏通りに位置するお店です。
昼は蕎麦やご飯ものを出し、夜は飲み屋として営業されているようですが、酒瓶がびっしり並ぶ店内の雰囲気は完全に居酒屋でしょうか。
ベーシックにせいろを頼んで見たのですが、細打ちの蕎麦はしゃっきり…と言うより、少しばかり重さを感じさせるるのですが、特に悪い蕎麦ではないようです。
蕎麦つゆも辛め濃いめで好みの方向ですし、蕎麦との相性も悪くないと思うのですが、まあしかしこの蕎麦の食感は好みが分かれるところでしょうね。
冷やしかけそばも試して見ましたが、見た目も文字通り冷たいかけそばで、あっさり系のかけ汁はなかなか美味しいのですが、やはりこの重い蕎麦が気になりました。
この蕎麦なら冷やしではなく普通のかけ蕎麦が良かったのかとも思うのですが、味の組み立ては悪くないだけに他のメニューも試して見たくなりますね。
設備は今風の居酒屋として標準的な水準ですが、お店自体はおしゃれで小綺麗なもので、居酒屋としてはなかなかよさそうな雰囲気ですね。
接遇面はごく標準的ですが蕎麦屋ではなく居酒屋だなと感じさせるもので、この辺りは蕎麦をたぐっていると少し違和感を覚えてしまうのが面白いところです。

|

« 医師の労働時間の定義、近く厚労省から示される予定ですが | トップページ | 働き方改革、労働時間の正確な把握は大前提 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

テスト投稿

投稿: 管理人nobu | 2019年3月25日 (月) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 医師の労働時間の定義、近く厚労省から示される予定ですが | トップページ | 働き方改革、労働時間の正確な把握は大前提 »