« 人を騙す商売に敢えて騙される人もいる不思議 | トップページ | 今日のぐり:「久鶴(ひさづ)」 »

2018年12月12日 (水)

「女子はコミュ力が高いので」は世が世なら流行語大賞候補にも?

医学部入試における各種の忖度について、文科省から追加指摘のあった各大学のコメントが振るっていると話題になっていました。

医学部不正、3大学で同時会見…福大副学長「びっくり」(2018年12月9日朝日新聞)

 岩手医科大、金沢医科大、福岡大の3私立大が8日、一斉に各大学で会見を開き、医学部入試で「文部科学省から不適切な点があると指摘された」と公表した。募集要項で明記せずに現役生や地元高校の卒業生ら、特定の受験生を優遇していたが、いずれも「問題ないと思っていた」と釈明した。
 文科省は同省幹部の汚職事件をきっかけに、東京医科大の医学部入試で不適切な得点操作が発覚したことを受け、全国81大学の医学部入試を調べている。10月に「複数の大学で不適切な入試が行われている」と発表し、大学の自主的な公表を求めていた。

 岩手医科大は、34人が受験して7人が合格した今年の編入試験で、同大歯学部の出身者3人を優遇した。地域医療に貢献する人材育成のために出願時に約束させている、付属病院や関連病院で卒業後6年以上、勤務する条件を守る可能性を重視したという。佐藤洋一・医学部長は「出身者に優位性を持たせるのは、私学の裁量の範囲内と考えていた」と話した。
 今年度入学の一般入試で不合格となった7、8人より、評価が明らかに低かった1人を追加合格させた点も、不適切と指摘されたという。判断の基準について問われた佐藤医学部長は、「公表を差し控えたい。特定の属性で合格させておらず、不都合な点はないと考えていた」とした。

 金沢医科大は今年度のAO入試で同窓生の子ども、北陸3県(石川・福井・富山)の高校の卒業生、現役生と1浪生に加点していた。同窓生の子は10点、石川の高校出身者には5点、富山、福井については3点、現役・1浪生には5点を加えていた。編入試験でも北陸3県の高校出身者や年齢に応じて得点を調整。これらの操作によって約10人が不合格になったという。さらに、一般入試の補欠合格者を決める際にも年齢を考慮していた。
 会見した神田享勉(つぎやす)学長は「大学の機能を保ちながら、北陸の医療を支えていくのは困難。同窓生の子どもや現役・1浪生、北陸3県出身者の方が地域に残るというデータがある」と得点調整の理由を説明した。

 福岡大では、高校の調査書の評価を点数化する際、現役生を有利にしていた。一般入試の評価では、1浪は現役生の半分で、2浪以上は0点だった。2浪以上は受験できない推薦入試でも、同様に差をつけていたという。「高校時代の学力・成績も評価したかったが、卒業から年数が経つと基礎学力評価の有効性が下がる」として、2010年度入試から始めたという。11月下旬に文科省から不適切との指摘を受けて再検討し、高校側の保存期間を過ぎて調査書を提出できない浪人生もいることなどから「不適切」と結論づけた。月内に第三者を含む調査委員会を設け、追加合格などを検討するという。
(略)

順大、一次試験で一部の女子・多浪を不合格に(2018年12月10日医療維新)

 順天堂大学は12月10日、都内で会見を開き、医学部入試で、女子と多浪生を不利に扱っていたと明らかにした。一次試験では筆記試験の成績が201位以下の生徒を浪人年数に応じて不合格とし、二次試験は女子が一律に不利となる補正をかけていた。一次試験で受験生を属性により不利に扱っていた事実が明らかとなるのは初めて。ただし、性別と浪人年数以外の要因による不正は、同窓子弟枠を含め確認されなかった。
 学長の新井一氏は「(不利に扱う)根拠があり、(大学の)裁量の範囲と考えていた」と説明し、「深くお詫び申し上げる」と謝罪。順大は、2017、2018年度の二次試験で不適切に不合格となった48人を追加合格候補とする。12月28日までに意向確認を行う予定(詳細は、順大ホームページ)。
(略)
 少なくとも2008年度から不適切な入試を行っていたとみられ、新井氏は「(不利に扱う)根拠があり、(大学の)裁量の範囲と考えていた」と理由を説明、学内から問題視する声は上がっていなかったという。「第三者委員会から『不適切』との評価を受け、現時点では不適切と判断している。次年度から不適切と評価された合否判定基準を廃止する」と表明した。一次試験では学力試験の成績順位のみで合格者を決定するほか、二次試験の面接では女性教員を面接者に加えるなどの対応をする。
(略)
 女子を不利に扱っていた理由を代田氏は、「長年の経験から、女子の面接評価点が高かった」と説明。「一般的に大学受験時点で、女子の方が精神的な成熟が早く、相対的にコミュニケーション能力が高い傾向があるのは学問的にも証明されている」とし、「客観的データに基づき、判定の公平性を確保するため、男女間の差異を補正する意図があった」という。
 また、順大の医学部では1年生が全員寮生活を送るが、女子寮の収容人数が男子寮よりも少なかったことが、女子の人数抑制につながっていたという。2018年にスポーツ健康科学部の定員増に伴い新たな女子寮を開設したが、医学部の合格判定基準は残存していた。
 新井氏は、女性に不利な扱いをしていたことを、「18歳では女性の方が精神年齢が高く、20歳で同じになるというデータが正しいとすると、将来成熟する男子学生を救う発想だった」と説明。現場に男性医師を増やす意図だったのではないかと問われると、新井氏は、「(順大は)初期研修医は女性が多く、その意図は全くない」と否定し、今後女子の合格者の方が多くなったらどうするかという質問には、「(多くなったら)それでいい。医療現場の女性活躍は、むしろ積極的に進めていきたい」と強調した。なお、順天堂大医学部には、計176人の教授がおり、うち女性教授は13人だという。

特に順天堂大学の「女子はコミュニケーション能力が高いので」と言う弁解は世間的にも大受けしているようですが、まあしかしこうした考え方は他に幾らでも応用が利きそうではありますけれどもね。
私学の裁量の範囲と言われれば、OBの子弟を優遇するのは私学として医学部に限らずごく一般的に行われていることでしょうし、過去の他学部入試においてそうした点を問題視されたことはなかったと記憶します。
その点で何故今さら、それも医学部だけが問題視されるのかと考えるのも理由がなくもないのですが、興味深いのは今回の東京医大の報道を受けた後でも全くこうした選抜での忖度が問題視されなかった点です。
客観的根拠として妥当かどうかはさておき、一定の根拠があれば特に問題ないと考えていたと言うことですが、さて大学入試におけるこの種の忖度がどこまで許容されるのかと言う点は難しいところですね。

大学に限らず一部のいわゆる名門と言われる教育機関では、家庭的にも一定以上の水準にある者しか受け入れないと言う話があり、別に社会的にそれが差別だ忖度だと非難されると言うこともないようです。
今回の場合男女差別と言う生得的な差異によって忖度が行われた点を問題視する意見もありますが、ジェンダーの転換が当たり前に行われるようになってきた時代に性別だけを固定的に考えるのもおかしなものです。
むしろ一部私学で高い寄付金を要求されるのは、資産がなければ入学出来ないと言う点で社会的階層の固定化だと批判されるべきだとも思うのですが、先日の寄付金報道でもその点は全く問題視されませんでした。
こうしてみるとこの医学部入試忖度問題、どこがツボだったのか判りにくい問題でもあるのですが、多様な選抜方式を推奨してきた進歩的な方々がどう考えていらっしゃるのかは聞いてみたいところですね。

|

« 人を騙す商売に敢えて騙される人もいる不思議 | トップページ | 今日のぐり:「久鶴(ひさづ)」 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ついに現役加点まで不正になりましたねえ。勉強時間が圧倒的に長い浪人が1点でも上回れば、そっちが勝ち。浪人許容できる富裕層が相対的に有利ですね。で、ほんまに不正した入った官僚の息子はそのまんま。

投稿: 麻酔フリーター | 2018年12月11日 (火) 21時16分

男子ばっかりの旧帝は問題ないのか?

投稿: | 2018年12月12日 (水) 08時24分

>こうしてみるとこの医学部入試忖度問題、どこがツボだったのか判りにくい問題でもあるのですが、

そらあ、
>>で、ほんまに不正した入った官僚の息子はそのまんま。

…おや誰か来…え?麻酔フリーター先生んちはここじゃないですよぉw??

投稿: 10年前にドロッポしました | 2018年12月12日 (水) 09時47分

コミュニケーション能力が高い=面倒な仕事を他人に押し付けておいしいところだけもらう

女医がいるというのが現実でしょうね。女性だけの某大学病院だって卒業生はほとんど自校の大学病院を選んでないし、選んだ卒業生も眼科や皮膚科ばかりで外科は他大学の男しかいなんですが、そこはスルーですか。

投稿: | 2018年12月12日 (水) 10時40分

>コミュニケーション能力が高い=面倒な仕事を他人に押し付けておいしいところだけもらう

押し付けられる男医が莫迦なだけ。で、莫迦は医師として致命的。

まあそれはそれとして前も言いましたが大事な事なんで何度でも言いますが、医学部にパス出来る程優秀な女性に医師をやらすなんてエーリッヒ・ハルトマンやハンス・ウルリッヒ・ルーデルにタンクデサントやらすようなものだからしてそんなヨゴレ仕事は男にやらして女性にしか出来ない人類、いや生物にとって最も崇高なる任務であるところの出産、育児に専念して頂くべきです!!!!!

投稿: 10年前にドロッポしました | 2018年12月12日 (水) 12時28分

思いっきり性差別だよw

投稿: | 2018年12月12日 (水) 12時56分

ほぼ唯一合法的に卒後の進路を左右可能な地域枠がご存知のような状況ではあるので、今後はどのような名目で入試要項に記載すべきか工夫をこらしてみるべきかと思います。

投稿: 管理人nobu | 2018年12月12日 (水) 17時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「女子はコミュ力が高いので」は世が世なら流行語大賞候補にも?:

« 人を騙す商売に敢えて騙される人もいる不思議 | トップページ | 今日のぐり:「久鶴(ひさづ)」 »