« 国が全国一律の医師偏在指標を設定 | トップページ | 免疫療法がノーベル賞を受賞したと言って回る人々の思惑 »

2018年10月 7日 (日)

今日のぐり:「冨久美味(ふくみみ)

このところフランスでは肉屋襲撃が相次ぐなど動物愛護団体なる存在の活動が活発化していますが、こちらそうした団体から激賞されそうなレストランのニュースです。

「ロブスターを茹でるのはマリファナを吸わせてから」米レストラン(2018年10月3日TABI LABO)

米メディア「Mount Desert Islander」の記事によれば、メイン州にあるシーフードレストラン「Charlotte’s Legendary Lobster Pound」は、調理する前のロブスターにマリファナを吸わせると決めたそうです。
お客さんがハイになれるような料理を提供するという意味ではありません。なんでも動物愛護の観点からマリファナを使用することにしたそう。ハイにさせることでロブスターが感じるだろう痛みを軽減するのが目的です。

生きているカニやエビを調理する行為に反対している人が多くいるのも事実ですからね。余談ですが、スイスでは「甲殻類は気絶させてから調理しなければいけない」という法律があるほど。
とは言っても、マリファナがこのような使われ方をするとはちょっと意外でした。

動物愛護なるものも今ひとつ理解しにくい部分があって、彼らは仮に病院に来ても殺菌消毒や抗菌薬など全て拒否する方針なのでしょうか。
ともかくも本日はロブスター達に幸い多かれと祈るばかりですが、世界中からなるほど主義主張とは極めればこうなるのかと言う顛末を伝えるニュースをご紹介しましょう。

最新セックスロボットは「気分が乗らないとSEXしない拒否機能」搭載!(2018年6月19日トカナ)

 人工知能搭載の一般向けセックスロボットとして販売される予定のサマンサに驚愕の機能が備わっていることが明らかになった。
 英紙「Daily Star」(6月17日付)によると、サマンサの生みの親で、スペイン初のセックスロボット売春宿の経営者でもあるセルジ・サントス氏が、人工知能セックスロボットサマンサに「セックス拒否機能」があることを明かしたという。

 開発段階からサマンサには「家族モード」、「ロマンチックモード」、「セックスモード」があることが知られていたが、まさか性玩具であるセックスロボットに性行為拒絶機能が搭載されるとは驚きの事態だ。サントス氏によると、サマンサの皮膚には圧力を感知するセンサーが搭載されており、乱暴に扱うとそのことにサマンサは拒絶反応を示すという。また、敬意を払っていない場合にも性行為を拒絶し、ただのプラスチックの塊と化してしまうそうだ。
 とはいえ、敬意を持って適切に扱えばサマンサは要求に答えてくれる上、嬉しいことに(?)、「セックスモード」の上位互換として「超淫乱モード」まで搭載されるとのことだ。さらに、サマンサには人工知能が搭載されているため、卑猥な会話を楽しむことも可能であり、たとえば、「セックスモード」のサマンサに愛の言葉を囁けば、「そのことを行動で示してくれる?」と、性的に煽ってくれるというからたまらない。

 セックスロボットをただの性奴隷にしないよう、サントス氏は性行為拒絶機能を倫理的な観点から導入したと語っているが、セックスロボットに反対する「Campaign Against Sex Robots」創設者のキャスリーン・リチャードソン氏は、「この機能はポルノや売春の延長であり、お金の無駄です。他のもっとマシなことに費用を割くべきでしたね」と、辛辣に批判している。
(略)

色々と言いたいことは人それぞれにあるのでしょうが、ひとまず「他のもっとマシなことに費用を割くべきでしたね」との見解には完全に同意いたします。
日本でも定期的に話題になるあのサービスの是非ですが、こちらオーストラリアでは大騒ぎになっているそうです。

オーストラリアでレジ袋使用禁止に、スーパーは顧客対応に追われる(2018年7月3日ロイター)

[シドニー 1日 ロイター] - オーストラリアで1日、ごみ削減策の一環として使い捨てのレジ袋が使用禁止となった。2州を除く全州で、レジ袋を提供した大手小売店は罰金を科される。
これを受け、大手スーパーは苛立ちを店員にぶつける顧客への対応に追われている。ウェスト・オーストラリアン紙によると、男性客が店員の首に手をかけるケースが発生したほか、食品店では顧客が変更に慣れるのを支援するため従業員を増員するなどしている。

コールズは1日、レジ袋を店舗から撤去。これより先の6月20日には、ウールワースがレジ袋使用を禁止している。
業界労組が今週行った調査によると、回答した132人の組合員のうち、レジ袋禁止に関連して暴力などを受けたと答えた人は57人いた。

国連環境計画(UNEP)の統計によると、世界の海には毎年800万トンを超えるプラスチックが流入している。国連は、2022年までに使い捨てプラスチックの使用をなくしたい方針で、これまでに60カ国以上がそれに向けた措置を講じている。

しかしレジ袋廃止で半数近くの従業員が暴力沙汰に巻き込まれたと言うのは穏やかではありませんが、ここは例の古典的ジョークを思い出しておくべきなのでしょうか。
宗教と言うものはしばしば金満を批判されるものでもありますが、こちらかなり自由な信仰に生きておられる宣教師のニュースが話題になっていました。

「神のお告げでプライベートジェット買う」、米宣教師が信者に寄付呼び掛け(2018年5月31日CNN)

(CNN) テレビに出演して福音を伝えることを職業とする米国のテレビ宣教師が、プライベートジェットを購入するためとして信者に寄付を呼び掛けている。キリストからのお告げで、具体的な機種名とともに購入を促されたという。

自身の公式ビデオで寄付を呼び掛けて話題となっているのは、ルイジアナ州出身のテレビ宣教師、ジェシー・デュプランティス氏。すでに3機のプライベートジェットを所有している同氏だが、このほどキリストと神聖な対話を行った際、信者から寄付を募り新品の仏ダッソー製「ファルコン7X」を購入するよう求められたという。
同機の価格はおよそ5400万ドル(約59億円)。

デュプランティス氏は、プライベートジェットがあればキリストに文字通りの意味で近づけると説明。自分自身のために所有するのではなく、あくまでも聖職者として、世界中で信者を増やすことを目的に使用するのだと強調した。
また「もしキリストが現代に生きていたなら、間違ってもロバに乗って布教するなどということはないはずだ」と、笑みを浮かべながら付け加えた。

ジェット機や高級車などのぜいたく品を所有することについて、一部のキリスト教徒は、信心深い生活に対する神からの祝福だとしてこれを受け入れている。そうした富を教会と分け合う信者には、さらなる神の加護がもたらされるとしている。
2015年には別のテレビ宣教師が、プライベートジェット購入のため6000万ドルの寄付を信者に呼び掛けて物議を醸した。

しかしすでに3機のジェットを所有していると言うのも驚きですが、具体的な機種名を挙げてのお告げと言うのも珍しいですね。
最後に取り上げますのがご存知ブリからのニュースですが、さすがにとかなり話題になっていたものです。

イギリスのフェミニスト団体が新iPhoneの発表を受けて訴えを起こす(2018年9月18日ゴゴ通信)

イギリスのフェミニスト団体が13日に行われた発表会を受けて批判し訴えを起こしている。最新の『iPhone Xs』、『iPhone Xs MAX』、『iPhone XR』はいずれも大きく、一番小さな『iPhone Xs』で5.8インチ、『iPhone Xs MAX』は6.5インチとなっている。

そのようなアップルの新iPhoneのスペックが公開されると女性団体のメンバーは一般的に男性の手の方が女性よりも大きく、女性に考慮していない、反女性製品だと非難した。

イギリスの女性団体の会員でもある、キャロライン・クライも現地メディアのインタビューで「女性の手は男性よりも約2.5センチ小さいので、女性に小さな機器を利用することが可能なように選択を与えるべき」と主張。また大きなスマホを使っていたせいで運動損傷症候群(Repetitive Strain Injury/IT機器を過度に使用する際に現れる症状)にかかったとしており、そのときは『iPhone 6』を使用していたが、サイズが小さい『iPhone SE』に変更したところその症状が消えたという。

イギリスの政党である女性の平等党の代表、ソフィーウォーカーは「アップルイギリス支社の男女賃金格差は24%に達しており、それだけでなく男性従業員のボーナスが女性に比べて57%高い。このような状況で、デザインを決定するのに女性に考慮するはずがない。アップルは女性と男性を同等に見ていない」と指摘した。

フェミな方々も色々と大変なのだと思うばかりですが、しかし小型端末の販売終了を受けて小さなものを販売してくれと言う意見は根強くあるようです。
思惑はそれぞれでもそうした主張の目的自体に共感する人を集めればそれなりの数になると思いますので、リンゴマークの会社も善処を期待したいところですね。

今日のぐり:「冨久美味(ふくみみ)」

高知市外にある有名観光地の桂浜と言えば近隣は基本的にあまり飲食店がない場所ですが、こちら駐車場前で長年営まれている料理旅館さんです。
高知市内も観光地化してお店も混み合うので、こちら方面に来た際には時々利用させていただくのですが、海沿いで眺めの良い客室に案内いただきました。

今回はランチメニューからD定食を頼んで見ましたが、メインが鰹のたたきに天ぷら、小鉢2品、椀物やデザートもついてなかなか豪華な内容です。
たたきの焼き加減が定評あるだけになかなかいい感じですが、こちらの場合料理旅館を名乗るだけにむしろサイドメニューの方がよく出来ている印象ですね。
値段を考えてもそれほど食材にお金がかけられるわけでもないでしょうが、地元の小魚なども利用して安価でありながら華やかな見た目に仕立て、味も真っ当なものです。

こちら海の見える眺めの良い客室でいただけるのもなかなかポイント高いのですが、休日のランチタイムでも待たされず食べられ、高知市内で並ぶよりもよほど確実ですよね。
接遇面も手慣れている上になかなかよく気がつくもので、料理も含めて満足感がありますし、ちょっとした贅沢気分をリーズナブルに味わえるのがありがたいところです。

|

« 国が全国一律の医師偏在指標を設定 | トップページ | 免疫療法がノーベル賞を受賞したと言って回る人々の思惑 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/67246430

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり:「冨久美味(ふくみみ):

« 国が全国一律の医師偏在指標を設定 | トップページ | 免疫療法がノーベル賞を受賞したと言って回る人々の思惑 »