« 今日のぐり:「台湾料理 あじ仙 倉敷本店」 | トップページ | 国が全国一律の医師偏在指標を設定 »

2018年10月 1日 (月)

患者が来院しない場合、来院しても検査レポートが出ていない場合

以前から疑問に感じるところであったのですが、ちょうど医師免許を持つ弁護士として著名な田邊昇が関連した話題で記事を書いていたので紹介してみましょう。

偶発腫瘍を見逃したら法的責任を問われる?(2018年9月28日日経メディカル)より抜粋

(略)
 さて、本論とは少しずれるかもしれないが、医師は予約日時に来ない患者に、いちいち連絡する義務があるのかどうかを考えてみたい。
 私の担当事件で、腹部CTで膵臓癌の疑い所見があった患者が受診をすっぽかして診療が遅延した事案では、医師側の無責前提で和解をしたことがある。

 裁判例では高松高裁平成28年11月30日判決(判例秘書搭載)がある。これは集団検診での胸部の結節影の増大を認識した医師が、患者に影が増大していることを説明。放射線科専門医の読影を待って詳細を説明することを伝え、ゴールデンウィークを挟むため、3週間後に予約を入れて受診するようよう指示をした事案だ。
 裁判所は「医師のかかる説明は、通常人が、医師から放射線科専門医のCT画像の読影を踏まえた診断結果についてさらに詳細な説明を受けるために再診が必要であることを理解するに、十分で適切な内容のものというべきであって、医師に説明義務違反や過失は認められない。また、医師は、亡患者に対し、肺癌の可能性が疑われることを説明していないが、放射線科専門医の読影結果を待って、あるいは、さらに検査のしかるべき段階でより確定診断に近づいた判断が判明するのを待って説明すれば足り、疑診を告知することによって患者の不安をいたずらにあおる必要はないというべきである」と適切な判示をしている。

 だが控訴人(患者側)が、主治医が放射線科専門医の読影結果を確認し、かつ患者が再診予約を入れていないことを認識した時点で、来院しない患者に対して電話を掛けるなどの方法で再診を促すことを試みるフォロー義務があると主張する点に対しては、「医師が、本件精密検査の際、再診が必要であることを通常人が理解できるような十分で適切な内容の説明をしたと認められ、また、放射線科専門医の目から見ても画像診断だけでは肺癌か否かの判断はつかないものと判断したものであり、…(中略)…状況の変化は見られず、相当の緊急性が認められるような病状ではなかったものと認められるのであるから、再診のために来院しない患者に対し、再診を促すことを試みるなどの何らかの積極的行動を行うまでの法的義務があるとまではいうことはできない」としている。
(略)

後日の再診を指示していながら患者が現れないと言うケースは決して少なくないと思うのですが、風邪など明らかに一過性の症状で受診した場合などは軽快して来なかったのだなとスルーする場合も多いでしょう。
ただ検査結果を説明すると言う場合、当然ながら説明し今後どうするかも判断させるべきなのでしょうが、健診精査で受診し異常なしと言ったケースでは紹介元に報告書を送っておけばいいかと流す場合もありそうです。
ただ検査結果で何かしら気になる点があった場合、後日日を改めて受診するまで黙って待つべきか、それともこちらから電話連絡等すべきなのか、異常の程度なども含めしばしば悩ましい場合もありますよね。

記事に示されている髙松高裁のケースでは、医師は患者側に適当な時期に再診するよう指示したと言うことですので、具体的にいつ受診しろと指示したわけではないと言う言い訳が成り立つ余地がありそうです。
ただ昨今では多くの病院で電子カルテシステムが導入されていますが、この場合担当医がその場で次回予約も入れ、そして当日受診しない患者は即座に判ると言う点で少しばかり昔とは事情が変わっていますよね。
無論重大な異常が疑われる場合は電話入れておこうと言う気になるでしょうが、多忙さ故に来院されない患者のカルテまでは詳細には確認しないと言う先生の場合、他科のレポート等を見逃す可能性もありそうです。
知っていた異常をスルーしたと言うならともかく、そもそも見ていない情報についてまで責任を問われるのかが気になりますが、仮にそこまで責任を持ってチェックせよとなった場合さてどこまで責任を負うべきなのかです。

昨今は検査レポートなどもダブルチェックをすべきと言う建前が広まっていますが、直接の検査担当者がひとまず一次所見をつけ、後日改めて上級医が再度確認し最終所見をつけると言ったことも行われていますよね。
急ぎの場合などひとまずさっと一次所見だけを見て診療をしている先生も多いと思いますが、後日の最終レポートで全く別の所見が付けられていた場合にいつ誰がそれを確認し患者に伝えるべきなのかでしょう。
本来全ての所見が確定してから患者に説明すべきだと言われればその通りですが、患者来院日までに所見が揃っていない場合上級医にさっさと所見を付けろと急かすのか、急かせばすぐ所見が付くのかどうかです。
検査施行後○日までに必ず最終レポートを返すと言った約束でもあればいいのですが、長期出張などで不在となって所見が遅れると言った場合もあって、各施設でどのような工夫がなされているものでしょうかね。

|

« 今日のぐり:「台湾料理 あじ仙 倉敷本店」 | トップページ | 国が全国一律の医師偏在指標を設定 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/67223659

この記事へのトラックバック一覧です: 患者が来院しない場合、来院しても検査レポートが出ていない場合:

« 今日のぐり:「台湾料理 あじ仙 倉敷本店」 | トップページ | 国が全国一律の医師偏在指標を設定 »