« 今日のぐり:「和彩もとしま」 | トップページ | 病院の儲けにならない行為は全て自己研鑽と言う驚くべき主張 »

2018年9月25日 (火)

講義室内でどこに座るかにはそれなりの意味があった模様

本日はどうでもいいような話と言えばその通りなのですが、先日見かけた面白いニュースを紹介してみたいと思います。

大教室で座る席が学業成績に影響する?大学生と講師を対象に調査(2018年9月10日国際医学短信)

 米国の学校では新年度が始まったが、この秋に大学に入学した新入生たちは、これから大きな講堂で日々の大半を過ごすことになる。その際、どの席に座るかが最終的な成績を左右する可能性があることが、英シェフィールド・ハラム大学のDavid Smith氏らの研究で明らかになった。この研究結果は「FEBS Open Bio」8月21日オンライン版に発表された。

 Smith氏らは今回、生体医科学と生化学、生物学などの学科で学ぶ1年生154人および2年生151人と講師23人を対象に、質問票を用いた調査を行った。学生には質問票に記載された講堂の図面に、自分が座った席に印を付けてもらい、その座席を選んだ理由を記入してもらった。講師にはそれぞれの学生について学業の達成度を評価してもらった。

 その結果、127人の学生が「友人と一緒に座りたい」という理由で、また151人の学生が「講師が良く見える位置で話をはっきりと聞きたい」という理由で座席を選んでいた。また、「講義に積極的に参加したい」と回答した学生が9人いた一方で、「講師との関わりを避けたい」と回答した学生も同数いた。このほか、「いつでも離席できるよう隅の方の席に座りたい」と回答した学生が43人いた。

 さらに、友人同士で固まって座っている学生は、講義の内容に関する課題解決型のテストの点数が同程度であることが分かった。一方、隅の方の席に一人で座っている学生の点数は平均よりも低かった

 ただし、この研究では座席と学業成績が関連することが示されたが、因果関係が証明されたわけではない。それでも、Smith氏は同誌のプレスリリースで、「この結果は大学の講師が不安感の強い学生に手を差し伸べ、学生同士の交流を促す一助となるものだ」と強調する。また、「学業において学生同士の交流は重要だ。学生たちが誰と交流しているかを講師が知ることは、講義内容を計画する上で有益な可能性がある」と説明している。

 さらに、Smith氏らは論文の中で「この研究では学生が身体的または精神的、社会的に居心地が良いと感じる座席を選ぶことが分かった。このことは尊重されるべきだ。もし講師との直接的な交流に対する不安感から逃れるために後方に座っている学生がいても、無理やり前方の席に移動させることで得られるメリットはないと考えられる」と指摘する。その上で、同氏らは、学生には自分で好きな席を選ばせながら、不安感を抱かせずに講義に積極的に参加してもらえるような方法を取り入れることを提案している。

スミス先生の元論文の方もオンラインで公表されているので興味のある方は参照いただきたいと思いますが、これもちょうど毎年この時期になると発表されるあの賞向けのテーマとも言えるのでしょうか。
ちなみに日本人は今年で何と11年連続イグノーベル賞を受賞しているそうですが、受賞者数自体はアメリカが最多であるものの人口比で見ると日本とイギリスの二国が世界的にトップを競っているのだそうです。
同賞創設者のマーク・エイブラハムズ氏はこうした状況を「日本とイギリスは、奇人変人であることを誇りとする国」と評したそうですが、歴史と伝統ある大英帝国はともかく日本としては妙な風評は否定したいところですね。

そうした事情はさておき、多くの学生が講義室内で座る場所はおおむね決まっているものであり、多くの場合それなりの理由付けもあるのだと言うのは実体験に則しても首肯できる結果ではないでしょうか。
日本とアメリカでは医学講義の位置づけもまた異なるのでしょうが、おおむね半数の学生が勉強に向いていると言う理由で席選びをしていると言うのは前向きな結果であり、成績の良い学生が多そうな気はしますよね。
対照的に隅っこに一人ぼっちで座っている学生が成績が低いと言うのもまあそうなのだろうなと思うのですが、無理矢理前の席に座らせても意味が無いと言う指摘はおそらくぼっち学生にはありがたいものだと思います。

興味深いのが友人同士で固まって座っている学生達はテストの点数も似通っていたと言う結果ですが、同程度のレベルの学生だから話が合うのか、グループ内で一緒に勉強するからなのか等々様々に想像されます。
グループ学習のような形で集団を対象に学力を引き上げる手法が効率的なのかとも思うのですが、いずれにせよ「講義に積極的に参加してもらえる」ような興味深い講義をしていただきたいものだと思いますね。
とある大学の解剖学講座では普段は閑古鳥が鳴いていた講義室が女性生殖器を扱う日だけは例年満席となり、最前列に普段ほとんど姿を見せない幽霊学生がずらりと並んでいたと言う伝説もあるやに聞きます。
さすがに今の時代ですとセクハラなどと言われかねませんが、教員が熱意ある講義をすれば学生も感じるものですし、日本の大学でも研究だけではなく教育のスキルも評価する人事体系が求められるところです。

|

« 今日のぐり:「和彩もとしま」 | トップページ | 病院の儲けにならない行為は全て自己研鑽と言う驚くべき主張 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

席順と居眠り率も相関ありそう

投稿: | 2018年9月25日 (火) 09時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/67198746

この記事へのトラックバック一覧です: 講義室内でどこに座るかにはそれなりの意味があった模様:

« 今日のぐり:「和彩もとしま」 | トップページ | 病院の儲けにならない行為は全て自己研鑽と言う驚くべき主張 »