« 推進が期待される医師の働き方改革、その阻害要因とは? | トップページ | 言われてみれば確かにと言う話ですが »

2018年7月 7日 (土)

今日のぐり:「ブレッドガーデン イオンモール倉敷店」

浦島太郎伝説は有名ですが、こちらプチ浦島太郎と話題になっているニュースです。

海で死んだはずの女が帰ってきたリアル浦島太郎事件発生! (2018年7月5日トカナ)

 複数のインドネシアメディアが驚愕のニュースを報じている。なんと、1年半前に波にさらわれ消えた女性が、当時と同じ衣服を身につけた状態で浜辺に倒れているところを発見されたというのだ!

 インドネシア紙「Tribun Jatim」(7月3日付)によると、発見されたのは、インドネシア西ジャワ州に住むニニン・スナルシさん(53)。スナルシさんは、2017年1月8日、地元のCitepusビーチで遊んでいたところ、突如発生した巨大な波に飲まれ行方不明になっていたという。事件から一週間後に腐乱死体が浜辺に打ち上げられたが、母斑からDNAまでスナルシさんとは異なる別人であると判明、その後スナルシさんの生存は絶望的と判断され捜索も打ち切られた。

 だが今年6月、スナルシさんの叔父が不思議な夢を見る。夢の中には行方不明になったスナルシさんが現れ、自身が波にさらわれた浜辺からほど近いPalabuhanratuのビーチに自分を探しに来るように言ったというのだ。最初、叔父は夢のことをさほど気にかけていなかったが、その後も同じ夢が続いたため、家族に打ち明けたそうだ。
 そして、6月30日に家族とともに指定されたビーチへ行き捜索を開始。夜通しで探し回り、遂に明朝4時ごろ、砂に覆われ意識を失ったスナルシさんを発見したという。

 不思議なことにスナルシさんは行方不明当時と同じ花柄の黄色いドレスと黒いパンツを履いており、まるで1年半前からタイムトラベルしてきたかのような姿だったそうだ。その後、スナルシさんの体調を心配した家族はすぐに病院に駆け込んだが、健康状態は良好だったという。実に不思議な話だが、家族らはそんなことよりも、スナルシさんが無事戻ってきたことに満足している様子とのことだ。
 地元警察も調査に乗り出しているが、有力な手がかりは得られておらず、頭を抱えているという。いずれにしろ、スナルシさんが意識を取り戻したら、真相を語ってくれることだろう。一体どんな話が飛び出してくるのだろうか? 続報に期待したい。

色々と感じるところはあるニュースですが、まずは無事の帰還を喜びたいところですよね。
本日はスナルシさんの生還を祝して、世界中から信じられないが本当だと言うしかない奇妙なニュースを取り上げてみましょう。

クマの次はサメ! 生還したイケメン男性また襲われる(2018年6月23日クランクイン)

 1年前にクマに襲われながらも生還した男性が、今度はサメに襲われた。4月19日、ディラン・マクウィリアムズさん(20歳)は、ハワイのカウアイ島沖でボディーボードをしていた。突然右足に鋭い痛みが走り、マクウィリアムズはサメに襲われていることに気づいたという。海外メディアHuffington Postが伝えた。

 「パニック状態でした」「脚の半分がなくなってしまったかもわからなかった」と語るマクウィリアムズさん。彼はサメと思われる縞模様を目撃しており、体長は約182~243cmと推測している。
 サメにかまれたその時点で、彼は岸から約27mほどの距離だった。そしてサメを強く蹴って、彼は岸へと泳いだ。CBS Denver紙には「一番怖かったのはサメがどこにいるかわからなかったこと。また襲われるかも分からなかった」とコメント。命に別条はなかったものの、脚に負った深い傷の写真をフェイスブックに投稿している。
 こうした事態の後では海が怖くなりそうなものだが、マクウィリアムズさんは治り次第またボディーボードを再開するつもりだそうだ。

 マクウィリアムズさんは昨年、コロラドでのキャンプ中に約136kgほどのクマに襲われ頭部を中心に複数の深い傷を負っていた。その出来事に関して彼は「クマは僕の後頭部を掴んで引っ張り、僕は出来る限り抵抗しました」「仲間がクマを追いやってくれました」とコメントしている。
 また、3年前にはユタ州でのハイキング中にヘビに咬まれたこともあるとのこと。BBCに対してマクウィリアムズは「動物はずっと大好きでしたし、できるだけ多くの時間を動物と共に過ごしたい」「サメも、クマも、ヘビも責めません」とコメントしている。

動物達を責めない心がけは立派と言うしかないのですが、しかしこれだけ襲われ続けると言うのは何か理由でもあるのでしょうかね。
同じく間一髪の生還を果たしたのがこちらの方ですが、まずはこちらのニュースから御覧いただきましょう。

2リットルの宿便で危うく命を落としそうになった男性(2018年6月26日テックインサイト)

決して便秘を侮ってはならない―そう実感させられるようなニュースがオーストラリアから飛び込んできた。ある男性が、大量の宿便が原因で危うく命を落としそうになったのである。『Mirror』『indy100』『IFLScience』などが伝えた。

便秘が原因で3日間の腹痛や吐き気、脚の痛み、更には脚の感覚が麻痺して24時間身動きできなくなるほどの症状を訴えたオーストラリアに住む57歳の男性(名は公表されず)。ビクトリア州のフッツクレー病院で検査を受けると、とんでもない事実が発覚した。
男性の腸内には大量の宿便が蓄積されていた。その容量は2リットルにもなり、これが男性の腹部を膨張させ、右脚への血液の流れを止めてしまっていた。病院へ搬送された時には、男性の右総腸骨動脈がブロックされていたため右脚に血流障害が生じ冷たくなり、ほとんど歩くことができなかったという。医師らは男性の右脚の脈さえも見つけることができなかった。さらに男性は重度の代謝性アシドーシス、腎機能障害も起こしていた。

サイモン・ホー医師は、男性の容態が一刻を争う緊急事態であることを察し、急遽宿便を除去する手術にとりかかった。この事例は医学情報サイト「BMJ Case Reports」で報告され、男性は腹腔内圧が上昇することで呼吸・循環障害を生じる「腹部コンパートメント症候群(ACS)」を患っていたと明かした。
同サイトによると「ACSは重大な罹患率や死亡率を引き起こすため迅速な治療を必要」とし、この男性の場合はまさに危機一髪のところだったようだ。幸いにも、大量の宿便が除去された男性の腹部の腫れはすぐにおさまり、右脚の血流も元通りになったという。男性は術後4日間ICU(集中治療室)へ入っており、介助なしで歩けるようになるまでに13日を要したが、ホー医師は「ゆっくりではあるが男性は完全に回復した」と述べている。

NHS(英国民保険サービス)では、「長期にわたり便秘症の人は宿便が蓄積しやすくこのような症状に陥りやすい」と話している。このニュースを知った人からは、「これはすごい」「CT写真見たら、体内が便で埋め尽くされているって感じ」「大変だっただろうな。同情するよ」「そういえば、エルヴィス・プレスリーの死因が便秘という噂もあったよね」といった声があがっている。

どれだけの便なんだと言う話ですが、しかし便秘にはやはり注意が必要であると言うことですね。
動物園から時に動物が脱走することはありますが、こちら一体何が起こったのかと言う事件であったようです。

ライオンに虎にジャガーに熊 独の動物園から一斉に逃走(2018年6月1日朝日新聞)

 ドイツ西部ラインラント・プファルツ州にあるアイフェル動物園で1日、ライオンやトラなどが逃げ出し、警察や消防が付近の住民に避難を呼びかける騒ぎがあった。付近は悪天候のため洪水が発生し、おりが破損したとみられている。逃げた動物はまもなく捕獲された。

 地元メディアによると、捕獲されたのはライオン2頭、トラ2頭、ジャガー1頭。クマ1頭は射殺された。警察は、住民にドアや窓を閉めて自宅にとどまるよう呼びかける一方、ドローンを使うなどして捜索した。

 報道によると、動物園の広さは約30ヘクタール。約60種、400匹前後の動物を飼育しているという。

それは広くて管理も大変なのでしょうが、幾ら何でも逃げすぎだろうと言うもので住民もびっくりでしょうね。
同じく動物に絡んだニュースと言えば言えるのですが、こちらごく普通だがちょっと危ない方々の話題です。

「ポニーになりたいフェチの男」たちの激ヤバイベント! (2018年6月26日トカナ)

 英紙「Mirror」(6月20日付)によると、米・ルイジアナ州ニューオーリンズ某所で年に2回、“馬やポニーのコスプレ”をした男たちが集う奇妙なイベントが開催されているという。一見したところただのSM的なコスプレのようだが、彼らはこのイベントで馬になりきり様々な馬術競技で争うというから、その熱の入れようは半端じゃない。さらに、身につけている鞍から何から全て本物の馬に使用されるものだという。

「このイベントは競技なんです。普通の馬がやるように争います」
「衣装はとても値が張りますから、メンバーの誰もが自分で作った衣装を誇りに思っていますよ」
 そう語るのはポニーフェチが集うグループ「Ponies on the Delta」のベテラン“ポニスタ”、ジョーイ・ウォーホースさんだ。ウォーホースさんはリアル志向の衣装を好む本格派だ。

 メンバーの1人であるいたずらっ子の雌馬ポニー・ウィン氏は、競技中にコースから外れたり、御者が乗るカートを蹴ることで、手綱を持つ御者を困らせ、言うことを聞かせてもらいたいのだという。
「ポニープレイの時、僕は自由で野生的なんです。走り回って、飛び回り、鼻をこすりつけたりします。そして頭を掻いてもらうんです」(ポニー・ウィン氏)

 ポニーフェチの彼氏を持つイブ・スミス氏も付け加えてこう語っている。
「みんな一度衣装を身につけたら、本当に馬になっちゃうんですよ。ハミ(馬の口につける馬具)を付ける瞬間は彼が馬に変わるために必要なステップなんです。ハミを通して彼が人間から馬に変わるのが感じられるんですよ」(イブ・スミス氏)

 メンバーは口を揃えて自分たちは「税金をしっかり納めている普通の市民」だと語っている。同じ趣味を持った仲間と変なことをする自由を謳歌するのは年に2回の週末だけだという。
 特殊な趣味を分かち合うことは難しいが、こうした仲間たちがいることは彼らにとって何よりの宝なのではないだろうか。

元記事の画像を見る限りでも一体どんな趣味なんだと突っ込みたくなるのですが、このいかにも特殊な趣味にこうまで同好の士がいるものなのですね。
最後に取り上げるのは中東では珍しく(失礼)安定した国家と言われるあの大国が、やはり実際には…と感じさせるニュースです。

サウジはカタールを文字通り、島に変えようとしている?(2018年04月08日スプートニク)

カタールとの国境沿いに水路を掘り、カタールを島にする案がサウジアラビアで浮上した。同意が得られれば、9社からなるサウジアラビア投資同盟によって計画が実行される。政府系ニュースサイト「Sabq」によると、水路の幅は200メートル、深さ15〜20メートル、長さ60キロでどんな種類の船も進水できる。

「Sabq」は、こうした水路の設置は観光と域内貿易の発展を促進すると指摘。水路はカタールの国境線から1キロ離れた、ウジアラビア領内に掘られるため、水路はサウジアラビアが専有する。カタール国境沿いの陸部は自衛のための軍事ゾーンとして機能する。
水路の両端にはホテル、プライベートビーチ、ボート用の船着き場付きのリゾートの建設を予定。サウジアラビアはこうして新たな海路によって同国港町サルバとフル・アル・アディド地域を結ぶことができる。また、地域には自由貿易地域が設置される。水路の工事は2019年にも開始する可能性がある。プロジェクトの総費用はおよそ7億4600万ドル(約800億円)と見積もられている。

昨年、バーレーン、アラブ首長国連邦、サウジアラビア、エジプト、イエメン、リビア暫定政府、モルディブ、モーリシャスは、カタールの首長がテロや過激思想を支持しているとして、カタールとの断交を発表した。サウジアラビアはカタールへの陸上輸出を禁止し、国境を閉鎖。カタールは一方、外交関係を断絶したアラブ諸国の決定に遺憾の意を示し、取られた行為を不当だと述べた。

まあ某国でも大統領が国境線沿いに壁を作るとか作らないとか言っているそうですから、こちらまだしも平和的で景観にも配慮していると言えないものでもないのでしょうか。
歴史的に海が通り道として機能してきた日本人であればちょっと考えにくいような発想ですが、この辺りの考え方が大陸国家だなと感心すべきなのでしょうかね。

今日のぐり:「ブレッドガーデン イオンモール倉敷店」

今や全国何処にでもある巨大ショッピングモールですが、その倉敷店の一角に位置するのがこちらのお店です。
これも全国展開している洋食系のお店のようですが、多少の追加料金でパンや前菜を食べ放題と言うのが売りだそうですね。

今回はハンバーグとミックスグリルと言う鉄板のメニューを、あえてパンなしの単品で頼んで見ましたが、これだけでもボリュームはしっかりあります。
失敗しようがないような組み合わせですが意外にハンバーグもいけますし、特にグリルドチキンの皮の焼き加減が香ばしくて好みでした。
付け合わせにイタリアンサラダを頼んで見ましたが、こちらは可も無く不可も無くと言うところで、まずはこんなものでしょうか。

見た目からいかにもファミレス的な味を想像していたのですが、少なくとも二昔前のファミレスに比べるとずっと真っ当な味で、正直思ったほど悪くなかったですね。
また言葉遣いなどは丁寧に教育されているのですが、おそらくアルバイト店員主体なのでしょう、時々マニュアルを思い出しているのだろうなと感じさせるものではありました。

|

« 推進が期待される医師の働き方改革、その阻害要因とは? | トップページ | 言われてみれば確かにと言う話ですが »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/66907890

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり:「ブレッドガーデン イオンモール倉敷店」:

« 推進が期待される医師の働き方改革、その阻害要因とは? | トップページ | 言われてみれば確かにと言う話ですが »