« 盗っ人猛々しいを地で行ったサイトが話題に | トップページ | 老兵は立ち去るのみ、ではない場合の方が何かと »

2018年3月11日 (日)

今日のぐり:「寿司 一心」

このところ切れる高齢者なるものの存在が話題になっていますが、先日もこんなニュースが出ていました。

三重で77歳が“あおり”…暴行と道路交通法違反容疑で逮捕(2018年3月6日サンスポ)

 前を走る車が遅いと腹を立てて無理やり停車させ、運転していた男性に暴行を加えたとして、三重県警四日市西署は5日、暴行と道路交通法違反(通行区分違反)の疑いで、同県菰野町の無職、松岡紀彰容疑者(77)を逮捕した。暴行は否認している。

 同署によると、松岡容疑者は1月13日午後1時ごろ、同市西村町の県道を乗用車で走行中、前を走っていた同県松阪市の男性(26)が運転する乗用車を反対車線から追い越し、進路をふさいで停止させた。
 車から降りて近づくと、「わざとゆっくり走っとんのか?」などと怒鳴り、運転席の窓から手を入れ男性の手に触れた。現場の数百メートル手前が制限速度30キロだった。

 男性の車のドライブレコーダーの映像がユーチューブに公開され、それを見た第三者が同署に通報した。

その様子は全世界に動画が公開されていますので参照いただければと思いますが、まあしかしこういう輩は自動車を持たせてはいけないのでしょうね。
本日は人生最終盤で思わぬ有名人となった松岡何某氏による教訓を噛みしめる意味で、あちこちからはた迷惑な方々のニュースを取り上げてみましょう。

女子中学生の自転車かご 市議が瀕死のハト入れる ハトのため「何かしたらなあかん」(2018年3月10日産経新聞)

 和歌山県紀の川市の男性市議(72)が2月、市立中学校の女子生徒の自転車の前かごに死にかけのハトを入れ、後に生徒の保護者らに謝罪したことが9日、市教委や学校への取材で分かった。市議は産経新聞の取材に事実関係を認め、「命の大切さを知ってもらいたかった」としたが、「ショックを受けたなら(生徒本人にも)謝りたい」と述べた。

 市教委などによると、市議は2月22日、友人と下校中の生徒を呼び止め、「(ハトのために)何かしたらなあかん」と生徒が押していた自転車の前かごに、車にはねられたハトを入れた。生徒が驚いたため市議はハトをかごから回収。ハトは間もなく死んだ。
 23日に生徒の保護者が学校に「子供が自転車のかごに鳥を入れられた。自転車に乗りたくないと言っている」と連絡。学校が他の生徒への聞き取りをし、市議が浮上した。
 校長が市議に事情を聴くと、市議は行為を認め、24日に生徒の保護者に謝罪した。

 学校によると、生徒は現在、普段通り登校できているが、精神的なショックが大きく、教員らが心のケアを続けているという。

何を考えてこんな行為に走ったのか記事からは今ひとつ理解困難なのですが、これも暴走する高齢者の一例と言うことになるのでしょうか。
人生において一度や二度は死にたいと考えたことのある人は少なくないと思いますが、こちら死ぬに死ねなかった方の思いがけない顛末です。

自殺目的で「ガス充満」睡眠薬で死に切れず、ガスを忘れて「タバコに火」(2018年3月10日岩手放送)

先月、岩手県盛岡市内の住宅でガス爆発を起こし、住民にけがをさせたとして男が逮捕された事件で、男が自宅にガスを充満させたのは、自殺を図るためだったことがわかりました。
7日、ガス漏出傷害の疑いで逮捕された盛岡市中屋敷町の会社員 栗原義明容疑者32歳は8日午後、盛岡地検に身柄を送られました。

栗原容疑者は先月3日の午前11時ごろ、自宅内に故意にプロパンガスを充満させたあと、ライターを使って爆発を起こし、近所に住む70代の男女に軽いけがをさせた疑いが持たれています。
栗原容疑者の弁護士によりますと、栗原容疑者はガスを室内に充満させた理由として「自殺を図ろうと室内にプロパンガスを充満させて、睡眠薬を飲んだが死亡に至らなかった」という主旨の話をしていて、爆発については「目が覚めたときに、ガスが充満していることを忘れ、タバコに火をつけてしまった」と話しているということです。

また住宅を爆発させようという意図はなく「ガス漏れが起きることで、近隣に危険が生じるとは思わなかった」と話しているということです。
警察によりますと栗原容疑者は逮捕後「周辺の住民にご迷惑をおかけして、大変申し訳ありません」と謝罪の気持ちを示しているということです。
警察は栗原容疑者が、どのようにガスを充満させたかなど、事件の詳しい経緯や動機を調べています。

これは死ななくて良かったと前向きに捉えるべきか何とも微妙なニュースなのですが、人間ついうっかりと言うことは確かにあるものですね。
世の中ルール通り厳密にやらなければ駄目と言う場合も少なくありませんが、こちら一見サービス精神旺盛に見えてありがた迷惑だったと言うニュースです。

建設機械運転講習時間不足補講を(2018年03月02日NHK)

建設機械の運転教習などを行っている北九州市の教習所が、平成25年から4年間にわたり法律で定められた講習の時間を満たしていなかったとして、福岡労働局はこの教習所を2日から2か月間の業務停止処分としました。労働局はこの間に運転などの資格を取得した9200人余りは有効な資格を取得していないとして、補講を受けるよう呼びかけています。

福岡労働局によりますと、神戸製鋼グループの1つで、千葉県市川市に本社を置く建設機械の運転教習所、「コベルコ教習所」のうち、北九州市小倉北区にある教習所は平成25年から4年間にわたり、小型クレーンやフォークリフトの運転などの講習を、昼前に最大で15分早く終了していたということです。
運転資格の取得に必要な講習の時間は法律で定められていることから、この間に受講した9247人については、有効な資格を取得してないことになります。
昼間に講習を早めに切り上げた理由について、会社は、受講者の昼食時間を確保するためだったとしています。
福岡労働局はこの教習所に対し、2日から2か月間の業務停止処分にしました。
この間に資格を取得した人は教習所が行う補講を受ければ資格は有効になることから、労働局は速やかに補講を受けるよう呼びかけています。
「コベルコ教習所」は、「安全に関わる教習業務の信頼を揺るがす行為で、関係者のみなさまにおわび申し上げます。対象の受講者には個別に連絡をしているので、補講を受けていただきたい」と話しています。

こんなところまでよくチェックしているものだと思いますが、しかしこういうものは時間ではなく内容で決めてもいいような気もするのですがね。
愉快犯と言うものなのでしょうが、良い子のみんなは危ないから真似するな系の事件が報じられていました。

「百万遍」交差点のこたつ 2日連続で出現か(2018年3月9日朝日放送)

京都市で、交差点の真ん中に若者たちが、こたつを置き、鍋を囲んでいた問題で、この翌日にも同じ場所で机を囲む2人組が目撃されていました。

現場は市バスやトラックも行き交う、非常に交通量の多い片側3車線の交差点です。先月25日午後5時ごろ、京都大学前の「百万遍」交差点の真ん中で、こたつに入り、10分以上にわたって居座る男女4人が通行人などに目撃されました。4人は鍋を囲み、拡声器で「こたつの素晴らしさ」を演説していたということです。警察に注意された4人組は、こたつをリヤカーに乗せて京都大学の構内へ立ち去ったということです。その後の取材で、翌日26日の午後8時40分ごろにも、同じ場所に机を置いて居座る2人組が現れていたことがわかりました。目撃者によりますと、2人は男性で、このうち1人はヘルメットをかぶっていて、もう1人は女装をしていたということです。通行人から通報を受けた警察官が駆けつけたときには、すでに机と2人組は姿を消していました。警察は「同じような行為があった場合は、厳正に対処する」としています。

その異様な光景は元記事の画像を参照いただきたいですが、大学前とは言え交通量の多い大きな交差点の真ん中で何をしているんだですね。
最後に取り上げますのは人によって解釈の分かれそうなニュースなのですが、まずは記事から取り上げてみましょう。

アメリカで白人教師が奴隷制度を説明するために黒人の生徒を床に寝かせて足で踏みつけ実演 大炎上し問題に(2018年2月4日ゴゴ通信)

ニューヨーク州にある中学校の社会科の時間にとんでもない授業が行われた。

この授業を担当していたのはこの中学校に勤務して2年足らずの新任教師パトリシア・カミングスという白人の美人教師。教師は大西洋中央航路(Middle Passage)を説明しながらアフリカから奴隷が数百万人もアメリカに連れて行かれたと説明。
このミドル・パッセージとは、大西洋間奴隷貿易において、アフリカ人の黒人を奴隷船に乗せて南北両アメリカ大陸へと運んだ道筋を指す言葉。
教師は授業中に突然黒人生徒3人を呼んで、教室に床に寝るように指示した。続いて教師は生徒を踏みつけながら「気持ちはどう? 奴隷になってみたい?」と尋ねた。

この中学校は黒人とヒスパニック系の人の生徒がほとんどであり、白人の生徒は3%ほど。教師は一時的に授業から外されたが、次の日に学校に戻ってきた。
ニューヨーク文部科学省は「現在調査中。非常に衝撃的な事件で、このような行為は、学校や私たちの社会ではありえない」と述べた。

文字だけを見ていると今ひとつ何が何だか判らない話なのですが、元記事の画像を参照した結果「これはケシカラン」と憤慨する人々が続出したと言います。
人種差別的側面についてはともかくとしても、教室の中でこんなことが行われていると言うのもなかなか普通ではない学校なのかなと言う気がします。

今日のぐり:「寿司 一心」

瀬戸大橋線児島駅からほど近い、住宅街の一角に位置するこちらのお店、昨今回転に押されすっかり減ってしまった町の寿司屋と言ったところでしょうか。
とは言えリーズナブルな価格で地元の魚が楽しめ、特にランチタイムメニューの人気が高いのだそうで、今回も昼食時にお邪魔してみました。

一通りの料理が揃っている豪華版ランチとも言うべき一心定食を頼んでみましたが、こちらの場合順に料理を運んできてくれるのでちょっとしたコースの気分ですね。
まず出てきた天ぷらはこのところ食べた天ぷらの中で一番衣が軽く、とりわけ寿司屋であるにも関わらず(失礼)妙に野菜天がうまかったのが印象に残りました。
続いて出た刺身は時期のブリがなかなか脂の乗りが見事なもので、大ぶりの身を口に含んでみても生臭さなど全くなく、なかなかこれはいいブリですよね。
小鉢類は細々とした仕事が好印象ですが、かなり甘口の味噌を使ってある味噌汁は少し好みが分かれそうですし、茶碗蒸しももう少し切れ味が欲しい気がしました。

全体に使っている素材はそれぞれちゃんとしたものですし、仕事ぶりもなかなか綺麗なもので量も十分と、ランチメニューとして見るとお値打ち感は相当なものです。
お客がそれなりに入っている中でも接遇は意外とおっとりしたものですが、何しろ料理がどんどん出て来るので小食や食が細い人は心の準備が必要かも知れません。

|

« 盗っ人猛々しいを地で行ったサイトが話題に | トップページ | 老兵は立ち去るのみ、ではない場合の方が何かと »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

>「(ハトのために)何かしたらなあかん」

(カワラバト(ドバト)は外来種な上糞害&クリプトコッカスを媒介する紛うこと無き害鳥)じゃけん、駆除しましょうね~w

>警察に注意された4人組は、こたつをリヤカーに乗せて京都大学の構内へ立ち去った

あっ(察し

>「これはケシカラン」

(ボクの好みじゃないけど)これは確かにケシカランw

投稿: 10年前にドロッポしました。 | 2018年3月12日 (月) 10時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり:「寿司 一心」:

« 盗っ人猛々しいを地で行ったサイトが話題に | トップページ | 老兵は立ち去るのみ、ではない場合の方が何かと »