« 医療の整備は自治体に委ねるはずがかえって国の統制が強まっている? | トップページ | 今日のぐり:「和食居酒屋 神門(しんもん)」 »

2018年2月 2日 (金)

医療施設内での撮影録画に規制

先日は読書サークルの学生がつぶやいた作品批評に対し、当の作家が暴言を返して騒ぎになると言う一件がありましたが、SNSは利用の容易さから不用意な発言を招きやすく、馬鹿発見器とも言われる所以ですよね。
最近では写真共有アプリも非常にポピュラーになっているようで、各方面で写真共有映えする画像をとシャッターチャンスを狙う方々が目立ってきていますが、それに対してもこんな思いがけないリスクが指摘されています。

ちょっと待って!その画像(2017年12月22日NHK)

    ツイッターなどで検索すると、「病院なう」などというコメントとともに病院内で撮影したと見られる画像が多数見つかります。そのほとんどが診察を待つ自分の姿や入院中に出された食事など一見差し障りのないものばかりです。
    実は今、こうした画像がSNSに掲載されることへの対応に苦慮する医療機関が増えているんです。

   撮影で押し問答も

    埼玉県川越市の総合病院「三井病院」は2年ほど前、院内での撮影や録音を一切禁止にしました。きっかけは、ある患者の付き添いの人が診察の様子を撮影してブログに載せようとしたことでした。病院側は撮影しないよう求めましたが「どこにそんな決まりがあるのか」と言われて押し問答になりました。説得の結果、撮影はされませんでしたが、病院側は深刻な問題と受け止めました。
    ツイッターなどに掲載されている病院内で撮影したと見られる画像の中には、明らかに撮影者と無関係な患者や家族などが映り込んでいるとわかるものがあります。

    これについて、医療社会学が専門で東京大学医科学研究所の武藤香織教授は、医療機関には極めて機微な情報があふれているとしたうえで、「患者の中には、自分がどんな病気にかかっているのかを知られたくない人、病気によって容姿が変わってしまって他人に見られたくないと考えている人もいる。プライバシーの保護が、より重要になる」と話しています。

しかし世界的にも自撮りが行きすぎて重大事故が発生しただとか、ところ構わず撮影する方々によって迷惑を被る事例があったりで、昔ながらのカメラ撮影と同様に最低限の常識やマナーは求められるものですよね。
撮影に絡むトラブルでは自動速度取り締まり装置がプライバシー侵害だと訴えられたケースもあり、最近では街角の防犯カメラ設置を問題する向きもありますが、これらは一定の公益性もあると考えられるものです。
一方で今回の場合はあくまで個人的な目的で何らの公益性も認められず、しかも他人のプライバシーを侵害する恐れがあると言うことですが、注目したいのは院内での撮影だけでなく録音も一切禁止とした点でしょう。

診療中の医師とのやり取りなどを録音したいと言う人も昨今珍しくなくなっていますが、全体の一割程度の患者が録音をしていると言うアメリカでは州毎に法律で録音の可否やルールなども決まっているそうです。
興味深いのは診察後には必ず録画を渡すと言う施設もあって、これにより医療訴訟コストを1割削減出来たと言うのですが、とは言え無断で録音録画をし止めても聞かないような人は施設側も警戒せざるを得ませんね。
プライバシー保護のために無断録音禁止なら、密室の診察室内で許可を得ての録音は構わないじゃないかと言う反論も当然ありそうで、今後どこまで許容すべきかは各施設で対応を考える必要がありそうです。

なお無断撮影がどの程度プライバシー侵害になるのかですが、一例として机の上に置かれたカルテの表紙から病名が流出する可能性もあり、また医師やスタッフの何気ない会話が重大情報になる場合もあるでしょう。
不用意に公開した写真1枚で住所氏名から学校や勤務先まで判明してしまう時代で、見る人が見ればどこまでの情報が知られるか判りませんから、院内での無断録音撮影禁止は仕方ないかなとも思いますね。
では一歩病院玄関を出れば構わないのかと考えると、受診自体を秘匿したい類の診療科施設から出てくる写真を撮られては困ると言っらことも十分あり得る話で、どこまでが許容範囲かと言う線引きは難しそうです。
最近は医薬分業のせいか薬局での患者説明が詳細になっていて、周囲にも丸聞こえの大声で何の薬か細々と説明しているのはどうかとも思うのですが、医療機関側の意識も改めていく必要はありそうですね。

|

« 医療の整備は自治体に委ねるはずがかえって国の統制が強まっている? | トップページ | 今日のぐり:「和食居酒屋 神門(しんもん)」 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

入院中の患者さんがほかの患者さんを撮影してインスタグラムなどにアップしたことに対して
病院が責任をとれなんて言われると、スマホ持ち込み禁止にせざるを得なくなりますが・・・

投稿: クマ | 2018年2月 5日 (月) 12時53分

興味深いのは大手画像投稿サービスの規約によれば、投稿に関わる一切の責任は利用者個人が負うとしている点で、紛争化した場合病院側に有利となるものなのかどうかです。
https://ja-jp.facebook.com/help/instagram/478745558852511

投稿: 管理人nobu | 2018年2月 5日 (月) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/66345131

この記事へのトラックバック一覧です: 医療施設内での撮影録画に規制:

« 医療の整備は自治体に委ねるはずがかえって国の統制が強まっている? | トップページ | 今日のぐり:「和食居酒屋 神門(しんもん)」 »