« やはり大学病院は……だった | トップページ | 今日のぐり:「かのや 新宿東南口店」 »

2018年2月23日 (金)

安い値段で求人されているクレーム対応要員の実際は

このところの流出事件で全国に名を轟かせているあの会社が、今度は別な方面でも名を轟かせていると話題になっているのがこちらのニュースです。

ネット上で「時給1600円でクレーム対応は地獄」といった声 コインチェックがスタッフを募集(2018年2月7日ITmedia)

 仮想通貨取引所「Coincheck」を運営するコインチェック。1月26日に不正アクセスを受け、26万人の仮想通貨「NEM」約580億円分が流出。対象者全員に約460億円を日本円で返金すると発表しているが、具体的な時期は明らかにしていない。また、取引所で扱っているビットコイン以外の全ての通貨の取引を停止しており、その再開のめども立っていない状況だ。
 そうした中、数日前から、「コインチェックが時給1600円でクレーム対応をするバイト(コールセンタースタッフ)を募集している」と、ネット上で話題になっている。

 きっかけは2月3日に、求人サイト「エン派遣」に掲載された求人情報(現在は削除されている)。募集先の名前は「大手金融機関」となっていたが、募集要項には「コインチェック社に関する問合せ対応」「第三者による不正ログインや不正送金の問合せ対応」「不正ログイン、不正送金等の犯罪被害に対する対応」――などと記載されていたため、コインチェックが事業再開に向けてコールセンタースタッフを募集しているのではないかと話題になった。
 ネット上では「時給1600円でクレーム対応は地獄」「社員がやれよ」といった批判的な声や、「いよいよ事業再開か」「破産せずに済むのか」という事業継続への期待を寄せる声などが挙がっている。

 事実関係についてコインチェックに問い合わせたところ、「確かに募集は行っているが、どの求人サイトを活用しているかについては回答を控えたい」と説明。前述した募集がコインチェックの求人かどうかは不明である。
 ただ、「事業再開に向けて、新たにコールセンタースタッフの増員を掛けていることは事実」(コインチェック)としており、事業再開に向けて動き出しているようだ。

しかしこの種のクレーム対応というものは企業理念や業務内容の精通などにも精通し、非常にデリケートなスキルが求められる難しい仕事だと思うのですが、何も知らないアルバイトにそれをやらせると言うのはどうなのかですね。
確かにそうした人材が多数必要であることは理解出来るのですが、しかしこのご時世に時給1600円で相当にストレスの貯まりそうな仕事であるのは確かで、どの程度の募集があるものなのか気になります。
日本の顧客サービスが丁寧であると言う評価を国際的にも受けている一方で、このところそれがあまりに充実しすぎた結果なのか、モンスター、クレーマーと呼ばれるトンデモ顧客を増加させる一因にもなりかねないと言います。
とは言え企業としてはクレームが入れば、ひとまず土下座をさせ頭を下げるスタッフが必要であると言うことも現実なのでしょうが、先日は文字通り土下座要員を募集していた企業が話題になっていました。

【激怒】日本ツイッター社が炎上! ネット知識ない老人をクレーム係で雇用か(2018年2月13日Buzzプラスニュース)

日本のツイッター社(Twitter Inc)が炎上している。作家として活躍する如月真弘先生が、ツイッターに対して有料広告を掲載。しかし納得できない理由で広告が停止され、表示されなくなってしまった
如月真弘先生は広告停止に抗議をするためツイッター社に出向いたところ、老人スタッフが対応。老人は自社サービスであるTwitterの知識に乏しく、ネットに詳しくない人物だったという。そしてその老人は、石床に跪(ひざまず)き、ソファに座る如月真弘先生に対して対応したというのだ。
石床は冷たくて硬く、誰が見ても痛々しい状態なのは間違いない。実際にその光景を見た如月真弘先生は「異常な光景です」と語っている。以下は如月真弘先生のコメントである。

「現れた社員様は大変なご高齢で失礼な言い方をすれば明らかに定年後にクレーム係として再雇用され、twitterの仕組みに私より知識がありませんでした。そんなおじいさんがソファに座る私に対し、何十分も硬くて冷たい石の床に跪いている。座って下さいと頼みましたが、「こうすることになっています」と」
「自分の祖父ほどの老人を足元に跪かせているのです。異常な光景です。段々こちらが悪いことをしているような気になってきて、強いことが言えなくなります。無論、それが会社の作戦なのはわかっています。姑息な作戦にお年寄りを使うtwitter社の魂胆に、私は正直、何よりも腸が煮えくり返りました」
(略)
この出来事を如月真弘先生がTwittwrに書いたところ、多くの人たちがTwitter社のやり方に怒りを感じ、炎上状態となっている。Twitterで炎上することは多々あるが、まさかTwitter社自体が炎上するとは驚きだ。数多くの炎上を知っているはずなのだが、自社の防火対策は疎かにしていたようである。

もちろんこうした効果を期待して雇用されていると言うことではあるのでしょうが、それにしても言ってみれば時代の先端に近い場所に立つ企業にしては、何とも古典的なやり方をするものだと思いますね。
当然ながら世間からは非難の声が続々と寄せられているのですが、その背景にあるのは自分達も職場で当事者となれば、同様の土下座を強いられる局面があると言う気持ちも大いにあるのだろうと思います。
ちなみに当の企業に問い合わせたところ公式コメントはなしだったとのことですが、社としてはクレームはネット経由でのみ受け付けているのだそうで、直接やってきたから重く扱うと言ったことは全くないのだそうです。

気になるのは対応した人物が終始一貫して「こうすることになっている」と主張したと言う点で、仮にこうした行為を会社が従業員に強いていると言うのであれば、法に違反する可能性や人権侵害の恐れもあります。
上司が業務命令として部下に土下座を強いた場合は強要罪に問われるそうですが、会社としての就業規則等には明示しておらず、あくまで従業員個人が自主的に行った場合どうなのかですね。
さらに言えばこの人物が同社社員でも何でもなく、アルバイトの類で雇用打ち切りを恐れ自主的に行っていたのだとすればどうかですが、冒頭の記事などを見る限り一部企業ではまさにそうした要員も用意されていそうです。
最近では長時間労働の是正などに関心が高まっている中で、こうした不当な業務命令も当然許容されるものではありませんが、大前提として顧客側にも不当な要求をしないと言う事も求められるはずですね。

|

« やはり大学病院は……だった | トップページ | 今日のぐり:「かのや 新宿東南口店」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

差別主義者出禁や24時間営業休止等、「お客様は神様」の終焉
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180219-00000019-pseven-soci&p=1

投稿: | 2018年2月23日 (金) 08時36分

パタゴニア釣行の際、モンベ○のウェイダー(釣り用の胸まである長靴)を新調したのですがしょってから水漏れ!補修テープ等は持参していたのですがタチの悪い事にどこから漏れてるのか分からず、そのまま釣りを続行せざるを得なかったのですが最終日、湖に立ちこんでふと見ると足首から一列に気泡がw

シームテープの接着不良でした。

帰国後、釣行費と慰謝料よこせごるぁ!と息巻きましたがもちろん通る筈もなくw、ポイントで購入したのでポイントでしか返金出来ないところを特別に現金書留で返金してもらって多分終了。オマエんとこの商品は二度と買わないから手持ちのポイントも全部現金化しろやごるぁ!も通らずw

アイガー北壁登頂時か粗悪品の手袋で凍傷になった当時の御社会長にならご賛同頂けるものと確信してたのになあ…(ちらっちらっ

で、シムスってアメリカ製のに買い替えたんですが…ジーンズかな?
値段がモンベ○の4倍くらいするのですが、布地だけで5倍は使ってるんじゃないか?って分厚さ。毎日使ってるニュージーランドのガイドが砂利道で脱ぎ履き(靴は別に履くストッキングタイプで足首部はネオプレーンのみなので通常は脱ぎ履きにはもっと気を使う)するわ、私の3mm厚の鮎タイツ(下半身だけのウェットスーツ)をも突き通す棘だらけの藪を突進するわ、と物凄く雑に扱っていたのですがこれなら納得。

…ここまでのへヴィデューティさは要らなかったかなモンベ○のが軽い分明らかに機動性高いし(ぼそっ

投稿: 10年前にドロッポしました。 | 2018年2月23日 (金) 09時56分

モンスターが来たぞ
モンスターが来たぞ
モンスター!!

投稿: | 2018年2月23日 (金) 12時21分

↑多分褒められたw!

投稿: 10年前にドロッポしました。 | 2018年2月23日 (金) 13時34分

ほめられているかどうかはともかくとして、やはりメリケンの蛮用に耐えると言うのはそれなりにコンバットプルーブンな意味合いを持つものなのですね。

投稿: 管理人nobu | 2018年2月23日 (金) 17時09分

バブルの頃に購入したグレゴリーのデイパックが未だに現役です。アメリカ製畏るべし!
*現行モデルは中国製みたいですが。
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%83%BC-%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF-651691041-BLACK/dp/B00I024M3G/ref=sr_1_4?ie=UTF8&qid=1519374048&sr=8-4&keywords=%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%83%BC

投稿: 10年前にドロッポしました。 | 2018年2月23日 (金) 17時31分

モンボロ程度のアウトドア用品を使うにあたって
現地利用の本番前に なぜ地元で着用してチェックしないか それが不思議。
これは自業自得の範囲内ですなあ。

投稿: | 2018年2月24日 (土) 07時08分

↑チェックで破損したら元も子もないでわないですかぁwwwww

まあマジレスすると時間がなかったんですよ。最初はシムスのを買うつもりで予約してたんですが、入荷が遅れて釣行に間に合わなかったので急遽購入したもんで。あとしょってから、ってのは実は盛っててw、実際は症状が出るまで少しタイムラグがあったので多分事前チェックでは分からなかったと思われます。あとまあアウトドア歴30年以上のベテランなおいどんの認識ではモンベ○はコスパに優れる信頼のおけるメーカーでして、実際今まで多数の商品(ふるさと納税で十数万円分のポイントがあるもんでw)を購入してきましたが、今まで問題は…そういえばあったなw。20数年前、初めての海外旅行のシベリア釣行で寝袋のジッパーが壊れたんだったww

うん自業自得だねさーせんwwww

投稿: 10年前にドロッポしました。 | 2018年2月24日 (土) 12時53分

たまーに医療費が高すぎるという苦情を医者にぶつけられることがあります。
そういうときの決まり文句は
「保険診療の値段はすべて国が決めており、末端の医者に決定権はありません。国会議員である○○先生に陳情してみてはいかがでしょうか」

あと、登山も釣りもキャンプもしないのに身につけるものが登山用品メーカーのものばかりになるのはなぜでしょうかね。男だからでしょうかね。

投稿: クマ | 2018年2月24日 (土) 14時34分

昔うるさい家族が転院拒否してきたときに「県立だから文句があったら県知事に言って」で押し切ったことが

投稿: | 2018年2月24日 (土) 15時52分

>保険診療の値段はすべて国が決めており、末端の医者に決定権はありません。

公定価格って有難いですね。いや、割とマジで。
完全自由診療の先生とかってマジでリスペクトw

>身につけるものが登山用品メーカーのものばかりになるのはなぜでしょうかね。

質実剛健なオレカッケーwwwwwって奴?いや、私がそうだからwwww
で、粋がってパタゴニアの5万円もするジャケット着てキャンプしたらたき火の火の粉で穴だらけwwwwwww

以来たき火の時は、バブル時に友人から2500円で買ったパチ物CWU45-P(フライトジャケット)を着るようにしています。

投稿: 10年前にドロッポしました。 | 2018年2月24日 (土) 16時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安い値段で求人されているクレーム対応要員の実際は:

« やはり大学病院は……だった | トップページ | 今日のぐり:「かのや 新宿東南口店」 »