« 日々信頼を失い続けていると言う自覚はあるらしい人々の弁 | トップページ | 今日のぐり:「極旨醤油らーめん 一刻魁堂(いっこくさきがけどう) サンステーション福山店」 »

2017年5月 3日 (水)

今日のぐり:「大蔵屋」

先日から公開されている人気映画について、妙なことで話題になっていると言うのがこちらのニュースです。

コナン映画、最悪「ネタバレ魔」急増 巧妙な手口、防ぐ方法ないのか(2017年4月28日J-CASTニュース)

   上映中の映画「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」をめぐり、作品の根幹に関わる「ネタバレ」を悪質な手口で行うツイッターユーザーが登場し、被害を受けたファンから「最悪すぎる」といった悲鳴が相次いでいる。
   「コナンの映画見たい」「明日コナン見に行く」――今回のネタバレ行為の「標的」となっているのは、こうした呟きを投稿したユーザーだ。

   今回問題となったネタバレの内容は、映画中で起きた殺人事件の「犯人」が誰なのかを明らかにするもの。少年探偵を主人公としたミステリー作品の「コナン」だけに、これは作品の根幹に関わる重要部分のネタバレに当たる。
   その手法は悪質で、映画をまだ見ていないと思われるファンのツイートに、「犯人は●●●●(編注・伏字は原文では犯人の名前)」というアカウントのユーザーが、「いいね」を付けるというもの。実際に、

    「明日コナン見に行くの楽しみだな~~~」
     「コナンの映画見に行きたい!」
     「あ~~~コナン見たい~~見たすぎてやばい」

といった投稿に、ネタバレ用のアカウントから「いいね」が送られている。
   「ネタバレ魔」はツイッターの検索機能を使って投稿を探しているのか、「いいね」が送られるツイッターアカウントは無差別的に決めているように見える。さらに、ツイッターの設定によっては、ツイートに「いいね」を送ったユーザーの名前が自動で通知される場合もあり、ツイッターを見なくてもスマホ画面などに表示されてしまう。
   つまり、ツイッターでコナンの映画について呟いただけで、無差別に犯人のネタバレを食らう可能性があるということだ。
   実際、この「いいね」を使ったネタバレ行為は、映画の上映が始まった2017年4月15日以降徐々に増加。公開から2週間近くが経った28日昼現在で、編集部が確認した限りでは少なくとも100人以上の「被害者」が見つかった。
(略)

よくこういうことを考えつくものだと感心もするのですけれども、確かにこういう行為は嫌だと言うのは理解出来ますよね。
本日は映画を楽しみにしている人々に警鐘を鳴らす意味で、それをやられると地味に嫌かも…と言った類のニュースを紹介してみましょう。

中国の武器「狼牙棒」で後頭部殴打 殺人未遂容疑で53歳男を逮捕 長さ1・8メートル、先端に鉄とげ…(2017年4月15日千葉日報)

 中国の打撃武器「狼牙棒(ろうげぼう)」で男性の頭を殴ったとして、千葉県警成田署は14日までに、殺人未遂の疑いで富里市、自称無職の男(53)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は13日午後10時35分ごろ、自宅駐車場で、近くに住む男性(32)を狼牙棒で数回殴り、頭などにけがを負わせた疑い。使用された狼牙棒は、長さ約1・8メートルで棒の先端に鉄製のとげ状の突起物が多数取り付けられていた。

 同署によると、男性は、狼牙棒を持って騒いでいた男の様子を見に行ったところ「ちょっと来い」などと因縁をつけられ、後頭部を殴打された。2人は近隣同士で、あいさつする程度の間柄だった。
 男性が「腕をつかまれた。すぐに来てください」と110番通報。駆けつけた同署員がその場で男を取り押さえた。容疑を認めているという。(本紙、千葉日報オンラインでは実名報道)

そもそも狼牙棒とは何か?とググって見ればどのようなものかは判るところですが、同じ殴りつけるにしてもこれは止めていただきたいですよね。
先日一部方面で話題になっていたニュースですが、まずは記事から紹介してみましょう。

入院中の熊本市長宛てに、妻から送られてきた画像がヒドい!(2017年5月1日MAG2ニュース)

熊本市の大西一史市長(49)が、このGW中に、甲状腺にできた腫瘍(しゅよう)を取り除く手術をするために入院をしているようだ。
一刻も早く、良くなってもらいたいものである。

市長によると、妻から、えげつない画像が送られてきたという。
早速、見てみよう。

熊本市長 大西一史
@K_Onishi

入院中の私に妻が送りつけてきた写真。ひどくないっスかッ
2017年Apr30日 14:40

(略)
入院中なのに、これはひどい・・・。
(略)

何がどうひどいのかは元記事の画像を参照いただきたいと思いますが、確かにこれはひどいと言うしかないですね。
こちらも一体何があったのかと話題になっていたニュースですが、これまた記事から紹介してみましょう。

公衆トイレ 屋根裏に3年間「住む」男逮捕 「前の人も」(2017年4月21日毎日新聞)

 大分県警臼杵津久見署に大分県臼杵市内の公園の公衆トイレの屋根裏に侵入したとして建造物侵入容疑で逮捕された男が「約3年前から住んでいた」「前の人もいたので(入った)」と供述していることが分かった。「約10年前に岐阜県から出てきた」といい、住まいを点々とした後に住みついたとみられる。

 男は住居不定、無職の山野内孝志容疑者(54)。逮捕時は氏名不詳だった。

 同署などによると、広さ約92平方メートルの屋根裏に2リットルや500ミリリットルのペットボトルが計300本以上あり、本人のものとみられる尿が入っていたという。電気ストーブやガスコンロ、衣類などもあった。屋根裏はきれいに整頓されていたという。山野内容疑者はトイレの個室の壁などを伝い、天井の約50センチ四方の点検口から出入りしていたとみられる。

 臼杵市は他の市内の公園の公衆トイレも点検したが、同様に誰かが侵入していた形跡はなかった。今回のトイレの点検口も上れない場所に移したという。【田畠広景】

元記事の画像を見る限り確かに入母屋のそれなりに立派なトイレなのですが、しかし前の人もいたと言うのが何とも不気味な感じがしますでしょうか。
そういうことがあるのは理解出来るのですが、何事も過ぎたるは及ばざるがごとしとも言えるのがこちらのニュースです。

70才で体を鍛え始めた男 マッチョ化し半裸で過ごし孫ドン引き(2017年3月15日NEWSポストセブン)

 マッチョなボディーに憧れる男性は多いが、それは老いても同じこと。東京都に住む女性Aさん(68才)は、70才にして体を鍛え始めた夫のエピソードを明かす。

 孫が描いた、“おじいちゃん”の絵が、どう見ても豚にしか見えなかったことにショックを受けて一念発起。70才にして、初めて某有名フィットネスクラブに通いだしたわけ。
 何が気に入ったのかしら。どうせすぐにやめちゃうと思っていたのに、週休2日よ。それで筋肉がうっすらとつき出したらもう止まらない。トレーニングメニューに加えて、毎日のランニングに筋トレ。食事はたんぱく質を中心にして、あんなに大好きだったお酒まで断ったの。
 で、とうとう数か月後には、豚の絵とはまるで違う筋肉質に大変身よ。だけど、しわくちゃ顔を、筋肉スーツの上に取りつけたみたいですごく不自然。
 しかもその体を見せつけたいもんだから、家に帰ったら上半身裸になるのよ。たまったもんじゃないって。
 豚の絵を描いていた頃には、「おじいちゃん大好き」だった孫も、最近は「おじいちゃん気持ち悪い」と寄りつかなくなっちゃった。まったく、何のための筋トレか、本末転倒もいいところ。

それがどのような状況なのか想像出来てしまうのですが、しかし本人も孫離れ出来たと言うことであればよかったのかも知れないですけれどもね。
最後に取り上げますのはこちらのニュースなのですが、これ自体は非常に画期的な新薬と言っていいのでしょうか。

8時間を1000年に感じる「精神と時の部屋」のような薬が開発可能!囚人に服用させるらしい(2017年3月30日秒刊サンデー)

我々の人生は80年、頑張っても100年という感じではございますが、これが科学の力で1000年になるとすれば、とんでもなく人生を楽しめるのかもしれません。しかし、逆に言えば1000年間楽しくない人生を歩むことにもなりかねないわけですが、そんな夢のような技術が開発可能ということで話題になってます。

現在服役している囚人たちですが、最も長い刑罰として「終身刑」「無期懲役」などがありますが、模範受刑者・恩赦などによりだいたい30年ぐらいで出てくることが出来ます。ある意味「終身」でも「無期」でもないわけですが、これが1000年の刑となれば話は別です。いくら恩赦や模範となっても1000年という膨大な規模となれば手の施しようがありません。そもそもそんなに人は生きられません。
しかし哲学者のレベッカ・ローアチェスによると、最新のバイオテクノロジーで人類をたった8時間で1000年の刑に処する事ができるのだという。
具体的に言うと、その特殊な薬を飲むとたった8時間が1000年に感じることができて、薬が抜けた頃には憔悴しきっている状況になるようです。人間の感じる時間を100万分の1にすることで、その技術は可能になるのだといいます。

とはいえ、本人は1000年でも実際の社会では8時間なのではたから見れば刑を軽くしているようにしかみえませんが、その辺の倫理観がクリアされれば実現するのかもしれませんね。
まあ、バーチャルで1000年を感じることが出来るのであればむしろその薬を使って、勉強をしまくったり、やりたいことをやりまくり、そのうえでたった8時間しか進んでいないなんて、まるで精神と時の部屋のような夢のような話ですが開発されればされたでまた別の問題がおきそうですね。

何しろ哲学者の言うことですから実際に科学的裏付けのあることなのかどうか何とも言えませんが、それにしても実際に実用化されれば各方面に応用できそうですよね。
それなのによりにもよって何故囚人に?と言うところからすでに真っ当な発想とは思えませんが、案外収監期間が大幅に短縮出来ることでコスパがよいのかも知れません。

今日のぐり:「大蔵屋」

広島県東部の府中市界隈のお好み焼きは一般的な広島のそれとは少し違っていて、薄切り肉ではなく豚挽肉を使うと言う特徴があるそうです。
その「府中焼き」を出すお店の一つがこちらですが、幹線道路から奥に入った住宅地の一角にあるごく小さなお店ながら、持ち帰りも含めお客は多そうですね。

今回は一番ベーシックなそば肉玉を頼んで見ましたが、テーブル席でも熱々の鉄板に乗せてサーブしてくれるのはありがたいですね。
見た目はごく普通のお好み焼きとさほど違っているようには思えないのですが、肉の食感がないかわりにキャベツとの馴染みがいいのか?と言う気がします。
麺の焼き加減は個人的にはもう少し堅く焼いた方が好みなのですが、逆にこれくらいのぷりぷりした具合がいい人もいるのでしょうね。

府中焼きの中での位置づけは何とも言えないのですが、普通にお好み焼きとして食べても結構うまいんじゃないかと思いますし、価格設定にも割安感があります。
しかし市内でもそう町外れと言うわけでもないのに、トイレが今どき非水洗と言うのは地域のインフラ的にどうなんでしょうね。

|

« 日々信頼を失い続けていると言う自覚はあるらしい人々の弁 | トップページ | 今日のぐり:「極旨醤油らーめん 一刻魁堂(いっこくさきがけどう) サンステーション福山店」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/65226112

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり:「大蔵屋」:

« 日々信頼を失い続けていると言う自覚はあるらしい人々の弁 | トップページ | 今日のぐり:「極旨醤油らーめん 一刻魁堂(いっこくさきがけどう) サンステーション福山店」 »