« 今日のぐり:「わら家」 | トップページ | 100%病気を治せるわけではないのは当然として »

2017年5月15日 (月)

労基法無視の状態が続く医療の世界に外圧が介入

医師の労働環境のあり方がようやく労基法違反状態であると認められた中で、一部の方々が必至に労基法違反状態を維持しようと画策していらっしゃるようですが、最近は何やら風向きが変わってきたのだそうです。

《動き出す労基署》聖路加病院に労基署、土曜外来を全科廃止へ(2017年5月10日日経メディカル)

 労働基準監督署による立ち入り調査が行われ、改善策の実施を迫られる医療機関もある。「今の政権になってから、業種を問わず、労基署の立ち入り調査が増えた」と社会保険労務士法人名南経営の服部英治氏は指摘する。労基署がチェックするのは主に長時間労働の実態で、「昔は労基署に医師の仕事は完全に『聖域』という考え方があったが、今はそうではなくなっている」とも言う(元労働基準監督官へのインタビューは別掲記事参照)。

 実際、ここ数年、熊本大学医学部附属病院、沖縄県立北部病院(名護市)など地域の基幹病院に労基署の立ち入り調査が入った事実が報じられている。最近の立ち入り事例の中でもインパクトが大きかったのが聖路加国際病院(東京都中央区、520床)のケースだ。中央労働基準監督署が2016年6月、調査を実施。病院側は医師の時間外労働の削減などを求められ、その影響で診療体制の縮小を余儀なくされた

救急車搬送の受け入れを抑制

 調査の結果、医師に関して指摘を受けたのは、(1)長時間労働の常態化、(2)夜間・休日勤務に対する賃金の支払いの問題──の2点だった(図1)。(1)については、昨年4~6月の時間外勤務が月平均で約95時間に達していた。
 (2)については、これまで宿日直として運用してきた夜間・休日の業務がそうとは認められず、時間外労働として扱う必要があるとされた。
 年間1万1000件もの救急車搬送を受け入れる聖路加国際病院では、救急外来の医師だけでなく病棟の当直医も救急の応援に当たる。本来、宿日直は通常の勤務とは違い、夜間や休日の電話応答や火災予防のための巡視、非常事態発生に備えた待機など、「ほとんど労働を伴わない勤務」と定義されている。聖路加国際病院の勤務実態は、宿日直の定義には当てはまらないと判断された。そのため同病院は、過去に遡り本来支払う必要があった時間外の割増賃金と、実際に支給してきた宿日直手当の差額分を、個々の勤務医に支払うことになった。その総額や遡及期間は明らかにしていないが、過去2年以内について十数億円を支払ったようだ。

 労基署の指摘を受け同病院では、時間外労働を承認制にするなど残業時間のコントロールに乗り出した。また、時間外労働の負担の平準化を図り、60歳に近いベテラン医師にも準夜帯の勤務を担ってもらうことにした。さらに、夜間・休日の応需体制を縮小。今年5月には全科の土曜外来を廃止する。夜間については、これまで救急外来と病棟当直を合わせ1日17~19人の医師で回してきたが、今では12~14人体制に縮小救急車搬送の受け入れも以前より抑えている
 夜間の人員配置の縮小に伴い、これまで実施してきた夜間の患者家族への病状説明などを中止したため、患者や家族からクレームが出ているという。理解を求めるため、事情を説明した貼り紙を待合フロアに掲示している状況だ。

ここで注目頂きたいのは「昔は労基署に医師の仕事は完全に『聖域』という考え方があった」と言う証言なのですが、かつて労基署に電話をしても医師だと判ると電話を切られたと言う都市伝説があるように、明らかな違法状態をやはり放置してきたと言うのは確かであるようです。
このところはそうした態度も改まってきたようですから、労基署もようやく仕事をするようになったと見るべきかですが、医療機関もようやく真面目に順法精神を発揮するようになったとはとても言えない現状であり、いつまでも医師だけは法律無視で何をやってもいいなどと考えているようでは今の時代社会の理解も到底得られません。
聖路加国際病院と言えば当時院長だった日野原重明氏の方針で救急医療機能を拡大したところ、たまたま例のサリン事件が勃発して一躍救急医療の拠点として有名になった施設ですが、それだけに救急医療との絡みでどのような改善が期待出来るものなのか、実効性がどうなのかも含めて今後の成り行きに注目するところですよね。

いずれにせよ周囲の外圧がなければ自浄作用も働かない医療現場のあり方を示す話だとも言えますが、先日の調査では企業の4割は80時間超の過労死水準の残業を行っているなど労働環境改善は急務であり、今回の聖路加やこのところ話題になっている運送業界のように、業務縮小や値上げなど様々な対策を強いられているのが現状です。
労基署も以前よりは仕事をしていると言うことは、当然ながら今まで以上にスタッフが忙しく働かざるを得ないと言う理屈ですが、別に以前が余程に暇を持て余していたと言うわけでもないのでしょうから、多忙になり過ぎて手が回らないと言うケースもあるはずですよね。
そんな中で先日長時間労働是正対策の一環として興味深い話が出ていたのですが、こちらの記事から紹介してみましょう。

長時間労働調査を民間委託 規制改革推進会議が提言(2017年5月9日共同通信)

 政府の規制改革推進会議の作業部会は8日、長時間労働の監督を強化するため、労働基準監督業務の一部を、社会保険労務士など民間に委託する提言をまとめた。労働時間上限の順守状況などに関する調査票を企業の事業所に送って回収し、実態を把握する。問題が見つかれば、事業所の同意を得た上で立ち入り調査や相談指導をするほか、応じなかった場合は労働基準監督署へ引き継ぐ。
 厚生労働省はこれまで民間委託に慎重な見解を示していたが、委託する業務範囲が限定的なことから、最終的に提言を受け入れた。違反した事業所に課徴金を課す制度を創設するといった案は提言に盛り込まれなかったが、引き続き検討すべきだとした。

 労基署が定期的な監督を実施した割合は1年で全事業所の約3%にとどまる。労働基準監督官の不足が原因のため、民間を活用して補う必要があると判断した。規制改革推進会議が6月にまとめる答申に盛り込む。
 委託先は入札で決める。労使協定(三六協定)締結を届け出ていない事業所を調査対象にする。
 今回の提言実施に労働基準法の改正は必要ない。作業部会で主査を務めた昭和女子大の八代尚宏(やしろ・なおひろ)特命教授は記者会見で「残業時間に罰則付きの上限を設ける方針を政府が決めているので、(所管の)厚労省が速やかにやってくれると思う」と早期実施に期待感を示した。

政府が提言を受け入れたと言うことですから近く実施に移されると言う事なのでしょうが、しかしなかなか興味深い話ではあって、それこそ医師からの訴えはあっさりスルーと言った過度な忖度が働くことがなくなり、淡々と機械的にチェックがなされるようになっていくのでしょうか。
この点で業務の実をあげるためにも民間委託するなら成果報酬で、レセプトチェックのように機械的に淡々と行うようにすれば否応なしに大変な社会的影響が出てくるかと思うのですが、全国の病院で三六協定が締結されていない施設が3割程度はあるとも言いますから、医療現場にいても全く他人事ではありませんよね。
ちなみに医師には応召義務があるから労基法適用外とすべきだと言う意見も未だにありますが、これも個々の医師ではなく病院に課せられた義務であると解釈すべきだと言う意見もあるそうで、医療現場が外圧による改革を強いられていく中でこうした法的な疑問点も早急にクリアされていく必要があるのだとは思います。

|

« 今日のぐり:「わら家」 | トップページ | 100%病気を治せるわけではないのは当然として »

心と体」カテゴリの記事

コメント

うちもタイムカード入れるって

投稿: | 2017年5月15日 (月) 08時02分

>夜間の人員配置の縮小に伴い、これまで実施してきた夜間の患者家族への
>病状説明などを中止したため、患者や家族からクレームが出ているという。
お前たちに人権は無いというクレームですね わかります。
しかし立正佼成会付属でも公立八鹿でもなく、数ある病院の中から
聖路加を選んだってのはナンでしょうね?頂上作戦なのかなあ。。。

投稿: | 2017年5月15日 (月) 11時18分

ホントにヤバいとこはうかつにガサ入れ出来ないってことでは?

投稿: | 2017年5月15日 (月) 11時32分

>夜間の人員配置の縮小に伴い、これまで実施してきた夜間の患者家族への
>病状説明などを中止したため、患者や家族からクレームが出ているという。
医師の労働環境を守るためには、病院じゃなくて患者や家族にプレッシャーを
かけるといいんじゃない。

患者や家族のクレームで病んだりしたら損害賠償請求。
万が一自殺したら刑事事件にすることも辞さないようにすれば。

なんでかわいそうな患者が刑事罰を受けなきゃいけないと言われたら
彼らお得意の「人が一人死んでいるんだぞ」と返せばよろしいかと。

見せしめで数千万の損害賠償を折ったり豚箱に入る患者や家族が出ればバカな
国民もびびるでしょ。

投稿: | 2017年5月15日 (月) 17時42分

いわゆるモンスター顧客への対策をどこまで行うことを許容しているのかも、職場のブラック度を推定する指標になるのでしょうね。

投稿: 管理人nobu | 2017年5月15日 (月) 20時34分

夜間の病状説明中止でクレームって。

投稿: ぽん太 | 2017年5月16日 (火) 08時06分

>患者や家族のクレームで病んだりしたら損害賠償請求。
万が一自殺したら刑事事件にすることも辞さないようにすれば。

ふつーにそんなブラック病院に勤めなきゃいいんですよ…。
何度も言ってますが大事な事なんで何度も言いますが、ブラック病院に勤務する医師は全労働者の敵だからして縛り首にすべきです!!!!!

投稿: 10年前にドロッポしました。 | 2017年5月16日 (火) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/65275420

この記事へのトラックバック一覧です: 労基法無視の状態が続く医療の世界に外圧が介入:

« 今日のぐり:「わら家」 | トップページ | 100%病気を治せるわけではないのは当然として »