« 今日のぐり:「ラーメン匠 深津本店」 | トップページ | 臨床救急医学会が終末期患者の救急搬送について提言 »

2017年4月10日 (月)

初の10万人規模の医師アンケート、厚労省が結果を公表

すでに各方面で報じられているところですが、先日こんなニュースが出ていたことを御覧になったでしょうか。

20代の医師 週平均で約55時間の勤務(2017年4月7日NHK)

厚生労働省が全国の医師を対象に行ったアンケートで、病院などに勤務する20代の医師では、1週間の勤務が平均で55時間程度に上るなど、過重な勤務実態が初めて明らかになりました。

厚生労働省は去年12月、全国の医師およそ10万人を対象に、働き方などについて初めてアンケートを行い、1万5000人余りから回答を得ました。
それによりますと、病院などに常勤している医師の1週間の勤務時間は、60代の平均が、男性で45.5時間、女性で39.3時間だった一方で、20代では、男性が57.3時間、女性が53.5時間で、若い医師ほど過重になる傾向がありました。
また、年代に限らず、60時間以上に上る人は、男性で27.7%、女性では17.3%でした。

診療科別では、救急科が最も長く55.9時間、次いで外科系が54.7時間だったほか、内科系は51.7時間でした。
このほか、当直や自宅などで緊急時の対応に備える「オンコール」と呼ばれる勤務も若い医師ほど多く、20代の医師の待機時間の1週間の平均は、男性で16時間、女性で12時間でした。
さらに、子育て中の女性の医師で、時短勤務や勤務日などの削減を希望した人のうち、実現したのは半数程度だったこともわかりました。

厚生労働省は、多くの医療現場で過重な労働が常態化していると見て、医師の負担軽減や子育て支援に向けた勤務制度の在り方を検討することにしています。

医師10万人調査、結果公表!男性医師27.7%が「週60時間以上」、地方勤務意向は44%(2017年4月6日医療維新)

 常勤勤務医では男性27.7%、女性17.3%が、「週60時間以上」勤務し、1カ月当たりの時間外労働は「過労死ライン」の80時間を超える計算になる――。
 依然として一定数の勤務医が厳しい勤務を強いられている現状が、4月6日に発表された「医師10万人調査」から明らかになった。個人による差も大きく、週の勤務時間が100時間以上に上る医師も見られた一方、常勤でも40時間未満との回答もあった

 「医師10万人調査」の正式名は、厚生労働科学特別研究「医師の勤務実態及び働き方の意向等に関する調査」(『医師10万人調査がスタート!厚労省』を参照)。厚生労働省の「新たな医療の在り方を踏まえた医師・看護師等の働き方ビジョン検討会」の議論や今後の医師需給推計の基礎データとなるため、昨年来、注目されていた調査だ。調査票は約10万人の医師に配布、回収できた1万5677人の回答を集計した。年代別などの勤務実態や勤務意向が明らかになり、政府が進める「働き方改革」にも影響し得る結果とも言える(資料は、厚労省のホームページ)。
(研究班資料による)

 週平均勤務時間を年代別に見ると、最も長いのは20代で55時間程度で、内訳は男性57.3時間、女性53.5時間。年代が上がるにつれて減少し、60代では男性45.5時間、女性39.3時間。
 診療科別では「救急科」(55.9時間)、「外科系」(54.7時間)、「臨床研修医」(53.8時間)などで長い傾向がある。一方、「精神科」(43.6時間)、「麻酔科」(49.1時間)などでは短い。
(略)
 なお、ここで言う「勤務時間」は、「診療」(外来、入院、在宅)と「診療外」(教育、研究・自己研鑽、会議・管理業務等)の時間の合計。これに「当直・オンコール」が別途加わるが、「当直・オンコール」中に行った診療等は、「勤務時間」に含めて計算している。例えば、20代の男性常勤勤務医の場合、「当直・オンコール」18.8時間のうち、待機時間は約16時間で、残る2.8時間を含めて「週平均勤務時間」(57.3時間)を計算。もっとも、「当直・オンコール」はその実態により、より多くの時間が勤務時間と見なされる場合もある一方、「診療外」の自己研鑽をどの範囲まで勤務と見なすかという問題は残る。

 本調査の概要と、主な調査結果は以下の通り。
(略)
◆勤務時間について、性別、診療科別などで大きく異なる。
・20代勤務医(常勤)の勤務時間(診療+診療外)の時間は、週平均55時間程度。これに当直・オンコールの待機時間(男性約16時間、女性約12時間)が加わる。
・勤務医(常勤)の勤務時間は、内科系51.7時間、外科系54.7時間、産婦人科50.6時間、小児科50.2時間、救急科55.9時間、麻酔科49.1時間、精神科43.6時間、放射線科51.9時間、臨床研修医53.7時間。

◆他職種との分担可能な業務について、調査した5種の業務に要する時間のうち、1日当たり平均47分を分担可能。
・「患者への説明・合意形成」、「血圧などの基本的なバイタル測定・データ取得」、「医療記録」(電子カルテの記載)、「医療事務」(診断書等の文書作成、予約業務)、「院内の物品の運搬・補充、患者の検査室等への移送」の業務に要する時間は、1日当たり約240分。中でも「患者への説明・合意形成」(82分)、「医療記録」(93分)が長い。しかし、他職種に分担できる割合は、「医療事務」(33%)、「院内の物品の運搬等」(30%)などで高く、「患者への説明・合意形成」(8%)、「医療記録」(14%)では低い。
(略)

この10万人規模のアンケート、昨年紹介しましたように初の大規模な医師の労働実態調査として話題になっていたものですが、平均値で週平均55時間と言う時間をどう見るべきかと言う考え方もあるでしょうし、当然ながら同じ医師と言っても勤務形態に大きな違いがある以上、ひとまとめに平均して論じることには意味がないと言う意見もあるでしょう。
ただそもそも何故こんなアンケートをしたのかと言うことを言えば医師需給の推計や地方の医師不足対策など様々な用途が考えられるのももちろんですが、厚労省の「労」の部分に絡めて考えればやはり昨今話題の働き方改革とも関連して、医師の労働環境の現状はどうであり今後どうあるべきかと言う議論の叩き台になることが予想されます。
その観点からすると平均値でも過労死ライン(月80時間)に迫ると言うのは決して健全な労働環境にありませんが、興味深いのは診療科はもちろんのこと医師の年齢によっても平均値がかなり大きく異なっていると言う点で、勤務形態による補正などをした上でも若手医師にしわ寄せが来ている状況なのだとすれば興味深い現象ですね。

先日は順天堂大の心外教授である天野篤先生が医師の時間外労働規制に反対するコメントを出していて、若手医師に対し「しっかり働いて、社会に還元してもらいたい」「医師の仕事を「働き過ぎ」と思うようだったら、それは医師に向いていない証し」「人よりも無理してでも頑張って、ガツガツと症例経験を積んだ人が、よりいい医師になる」等々、今どきこうまでテンプレ通りな方も…とむしろ感心しながら拝見しておりました。
また日病がまさに医師の時間外労働制限は適用除外せよなどと主張していたものですが、その日病と組んで医師の労働規制反対を主張する日医なども横倉会長が「医師の雇用を労働基準法で規定するのが妥当なのか」等々と主張していて、念願通り医師の時間外労働規制が5年先送りされたことにはさぞや快哉を叫んでいるのだろうと思います。
その猶予された5年間で日病を始め医師を働かせる側がどのような改革を目指すのかと言うことが今後の焦点になるのだろうと思うのですが、何らの実効性ある対策も講じることなく5年経っても医療は特殊だ、医師を労働者と見なすことには違和感がある等々と意味不明のロジックを振りかざしているようでは、働かされる側としてもやっていられないと言いたくもなるでしょうね。

|

« 今日のぐり:「ラーメン匠 深津本店」 | トップページ | 臨床救急医学会が終末期患者の救急搬送について提言 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

アンケートやっても何もしないんだから意味ない

投稿: | 2017年4月10日 (月) 09時45分

いっそ重労働したい医師免許と重労働したくない医師免許の2つに分けたらどう?

投稿: | 2017年4月10日 (月) 10時06分

でもどうせ世間知らずの学生さんは先輩にだまされてハードモード仕様の免許取っちゃうんでしょ?

投稿: | 2017年4月10日 (月) 10時27分

今は男もAT限定免許でいいってのが増えてる

投稿: | 2017年4月10日 (月) 11時40分

AT限定と言えば未だに新規の免許取得者のうち、男性は7割がMTありで取得していることに意外性を覚えるのは自分だけでしょうか。

投稿: 管理人nobu | 2017年4月10日 (月) 14時44分

 男はオペレーターになりたいんです、操縦したいんです。
 天野先生のオペ好きもそれなんじゃないでしょうか。自動車のMTなんてガンダムや天野先生のオペより実害が少ないでしょ、凡人がやっても。

投稿: | 2017年4月11日 (火) 09時26分

運転免許については、特に田舎の場合就職活動で不利にならないようにMTありで取得しようとするのかもしれません。
私の前任地の病院にはMT車がありましたから・・・

投稿: クマ | 2017年4月12日 (水) 07時38分

地域枠で入った学生には地域限定免許を与えるべき

投稿: | 2017年4月12日 (水) 07時54分

↑ 御尤もだけどソレに関わる法整備はどう考えての事でしょう?

投稿: | 2017年4月12日 (水) 08時26分

ところで、このアンケートが来た人います?
ここの常連コメンテータの中にも一人か二人は届いた人がいるはずなのですけど。

投稿: JSJ | 2017年4月17日 (月) 21時33分

うちの職場では見たことも聞いたことも。医師数十人いますけど。

投稿: | 2017年4月18日 (火) 08時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/65124124

この記事へのトラックバック一覧です: 初の10万人規模の医師アンケート、厚労省が結果を公表:

« 今日のぐり:「ラーメン匠 深津本店」 | トップページ | 臨床救急医学会が終末期患者の救急搬送について提言 »