« 飲酒運転の車にぶつけられた結果 | トップページ | 免疫療法ガイドラインが専門家に与えた葛藤 »

2017年3月25日 (土)

今日のぐり:「おばんざい木むら」

先日ちょっと良い話として紹介されていたのがこちらのニュースです。

タクシー強盗未遂の25歳男諭し、チキンステーキおごった66歳運転手…「人に迷惑かけない人生歩んで」(2017年3月21日産経新聞)

 兵庫県姫路市の路上に停車中のタクシー車内で、運転手から金を奪おうとして男(25)が逮捕された強盗未遂事件で、被害にあった男性運転手(66)=同県明石市=が20日、産経新聞の取材に応じ、「怖かったが、きちんと反省して、人の道を外れることなく改心してほしい」と振り返った。

 「金、出さんかい」
 19日未明、タクシー料金約1万5千円を請求した直後、男性運転手は後部座席に乗っていた客の男に突然、髪の毛をわしづかみにされ、顔面に毛抜きを突きつけられて脅された。
 男性運転手によると、男は18日深夜、明石市内のJR西明石駅前でタクシーを呼び止めた。行き先を尋ねても「姫路まで行ってくれ」「近くまで来たら場所をいう」というだけで、具体的な番地などは告げなかった。不審に思いながらも、姫路市内までタクシーを走らせ、目的地付近に着いた途端に金を要求してきたという。

 興奮気味の男に対し、男性運転手は「悪いことしてるのは分かってるよな」などと説教。男は次第に落ち着きを取り戻し、自身の生い立ちなどを語り始めたという。
 男が「金がなく、ご飯も食べていない。寝る場所もない」と打ち明けたため、近くのファミリーレストランで食事を取ることに。男はチキンステーキやドリンクバーなど計4点を注文し、「ここまで人に親切にしてもらったのは初めてです」とうれしそうな表情を浮かべた。同時に、「本当に悪いことをしてしまった」と反省していたという。
 男性運転手は男の食事代計2252円を支払い、「まだ仕事があるから」と店を後にした。通報はしなかったものの、男は19日午後に交番に自首した。警察から連絡を受けたという男性運転手は、「自首したと聞いて安(あん)堵(ど)した。まだ若いし、これからは人に迷惑をかけないような人生を歩んでほしい」と話していた。

しかし毛抜きで強盗と言うのもなかなかに斬新ですが、頼んだのがファミレスのチキンステーキと言うのも何やら人生の風雪を感じさせますね。
今日は冷静な対処で事なきを得た運転手氏の無事を祝って、世界中からそれは少し考え直すべきでは…と感じさせる犯罪者の話題を紹介してみましょう。

“刃物強盗”3万7000円強奪し「5000円はいらない」(2017年3月23日テレ朝ニュース)

 「5000円はいらない」と強盗が奪った金の一部を返してきたということです。

 警察によりますと、22日午後10時ごろ、横浜市西区で帰宅途中だった会社員の男性(47)の前に刃物を持った男が現れ、「分かるだろう、金だよ、金」と脅し、現金3万2000円を奪って逃走しました。男は逃げる前に男性の財布から3万7000円を取り出すと、「5000円札はいらない」と突き返したということです。男は身長170センチから175センチくらい、上下黒の服を着ていて、警察が行方を追っています。

しかし5千円札が余程嫌いだったのでしょうか、なかなか珍しい犯罪だったと言う気がしますね。
こちらも珍しいと言うのでしょうか、世間では狙うものが違うだろうと言う声が多かった事件です。

「パンツをよこせ」帰宅途中の女性襲い下着狙う 強盗未遂容疑で35歳派遣社員逮捕 警視庁(2017年3月22日産経新聞)

 帰宅途中の女性の下着を奪おうとしたとして、警視庁小松川署は22日、強盗未遂容疑で、東京都江戸川区南篠崎町の派遣社員、新井理央容疑者(35)を逮捕した。「駅から好みの女性の後をつけて、押し倒そうとしたが、パンツを奪おうとしたかは覚えていない」と供述している。

 逮捕容疑は昨年9月14日午前0時40分ごろ、東京都江戸川区の公園で、帰宅途中のアルバイトの女性(32)の後ろから襲いかかり、「パンツをよこせ」と叫んで地面に押し倒して下着を奪おうとしたが、女性が抵抗したため、そのまま逃走したとしている。

 小松川署によると、防犯カメラの映像から関与が浮上した。

人の好みは人それぞれなのでしょうが、それでもパンツの方が良かったんですね…
二つ名を持つ犯罪者と言えば普通はそれなりの人物と言う気がしますが、こちらその二つ名はどうなのよ?と思う窃盗犯のニュースです。

スイーツ好きの窃盗 「シュガー」逮捕(2017年3月21日NHK)

都内の事務所に忍び込んで、アイスクリームなどを盗んだとして、石川県の51歳の男が逮捕され、警視庁は事務所ばかりを狙っておよそ40件の盗みを繰り返していたと見て調べています。警視庁は、男が侵入した事務所を物色しては甘いものばかりを食べていたと見ていて、一部の捜査員の間では「シュガー」と呼ばれていたということです。

逮捕されたのは、石川県輪島市の無職、若島康弘容疑者(51)で、警視庁によりますと、去年8月、東京・武蔵野市の税理士事務所に忍び込んで、冷凍庫に入っていたアイスクリームなどを盗んだ疑いが持たれています。調べに対し、容疑を認めているということです。
警視庁は、防犯カメラの映像などから都内や石川県内の事務所の現金などを狙っておよそ40件の盗みを繰り返し、被害はおよそ550万円に上ると見て調べています。

これまでの調べで、このうち、15件の現場で、生チョコやプリンなど合わせておよそ250点のスイーツの食べかすが散乱していたということです。
警視庁はいずれも若島容疑者が、侵入した事務所を物色しては冷蔵庫などの中にある甘いものばかりを食べていたと見ていて、一部の捜査員の間では「シュガー」と呼ばれていたということです。

冷蔵庫のアイスクリームを盗っていく窃盗犯と言うのも非常にはた迷惑で困ったものですが、刑務所の中では甘いものに不自由することになりそうですね。
こちらも二つ名を持つ泥棒のニュースですが、こちらも格好良いのか情けないのか微妙な感じですよね。

銭湯専門の泥棒“風呂場のミッチー”逮捕 警視庁(2017年3月22日産経新聞)

 銭湯を専門に盗みに入っていたとして、警視庁捜査3課は22日、窃盗容疑などで、東京都世田谷区大蔵の無職、道端英樹容疑者(66)を逮捕した。「覚えていないので、時間をかけて思い出す」と容疑を一部否認している。

 捜査3課によると、道端容疑者は捜査員から“風呂場のミッチー”と呼ばれており、荒川区や台東区など、昔ながらの銭湯で番台の引き出しから入浴券を盗む手口で、40件以上(被害総額約80万円)の犯行に関与したとみられている。盗んだ大半は入浴券で、これまで2千枚以上を東京・山谷で知人らに売り、生活費や遊興費にしていたという。

 逮捕容疑は平成27年11月10日午前4時~8時ごろ、東京都荒川区の銭湯に侵入し、入浴券約100枚(計4万2千円相当)を盗んだとしている。

脱衣場で財布でも盗むと言うのならともかくですが、しかし入浴券を盗んでいくと言うのもかなり残念な感じがしますでしょうか。
最後に取り上げますのはフランスからのニュースですが、正直その発想はなかったと多くの人々を驚愕させたと言います。

仏動物園に密猟者、シロサイ殺し角奪う 「前代未聞」の事件に衝撃(2017年3月8日AFP)

【3月8日 AFP】フランスの首都パリ(Paris)郊外のトワリー(Thoiry)動物園で、夜間に侵入した何者かによってシロサイ1頭が射殺され、角を奪われる事件が発生した。警察と同園が7日、明らかにした。
 犯人は6日夜、住み込みの職員5人に気付かれることなく、正門をこじ開け、さらに少なくとも2か所の扉を破り侵入した。

 殺されたのは、国際自然保護連合(IUCN)の絶滅危惧種リスト(レッドリスト)で準絶滅危惧種に指定されているミナミシロサイで、4歳の雄の「バンス(Vince)」。バンスは他にも少なくとも2頭のサイが飼育されている場所で襲われたという。
 警察の報道官がAFPに明かしたところによると、6日にサイの飼育場を後にした職員が、翌7日に戻った際にバンスの死骸を発見。バンスは頭を3度撃たれ、2本の角のうち大きい方の角だけが盗まれていたという。角はチェーンソーで切断されたとみられる。

 捜査当局は、盗まれた角には3万~4万ユーロ(約360万~480万円)相当の価値があると推定している。同園のティエリー・デュゲ(Thierry Duguet)園長はAFPに対し、「こんなことはフランスや欧州の動物園で一度も起きたことはなかった」と指摘。職員らは事件に衝撃を受けていると語った。

サイの角も案外と高価なものなのだなと思うのですが、しかしせめてアフリカまで行けばいいでしょうに、何ともお手軽に済ませた気がしますね。
こうした輩は今後増えてくる可能性もあるのが厄介なところですが、動物園側としても早速対策を講じなければならず頭が痛いところでしょう。

今日のぐり:「おばんざい木むら」

福山駅から少し離れた裏通りの一画にあるこちらのお店、駐車場に立っているウルトラマンが目立っていますが、お店自体はなかなか雰囲気がありますよね。
とは言え入って見るとカウンターにお惣菜が並んでいて、適当に好みのものを取ってもらって食べると言う、まさに昔ながらのスタイルのお店です。

目につくものを色々とつまんで見ましたが、最初に出てきた飛竜頭はたっぷり大きいサイズで、熱々で香ばしく味もよしとなかなか先が楽しみですよね。
野菜料理が色々あって、あっさり味のナス煮浸しや大根の煮物、軽く塩をしているレンコンとふきのとう天ぷらなど、いずれも素材の味が素直に出ています。
一方でオリジナル料理なのでしょうか、レンコンをバルサミコ味で似た一品が甘くてちょいとピリ辛の味で、この日一番楽しめたものでしたね。
肉料理も幾つかいただいたのですが、チキン香草焼きは有名牧場のチーズを挟み込んであるそうで、これも普通にお総菜でも出てきそうなものですがさすがに上品な味です。
全体に非常に微妙な味つけで酒飲みには少し物足りないかなとも思ったのですが、見慣れたものが多いだけに料理する人にとってこそ感銘を受けることが多そうですよね。

座敷席の掘り下げた足下に電気カーペットと言うのも地味に有効ですが、トイレなども設備も広さも充実したもので、強いて言えばバリアフリーでないのが惜しいくらいでしょうか。
ただ座敷席だとオーダーが少しばかり面倒で、こういうお店はカウンターで食べるのがいいのでしょうが、多少なりとも何かしらのサポートする仕組みがあればいいのでしょうけれどもね。
ハードウェアに対して接遇面などはごく普通で特に感銘を受けるようなものではないのですが、まあこういうスタイルであまり格式張っていてもそれはそれで違う気がします。

|

« 飲酒運転の車にぶつけられた結果 | トップページ | 免疫療法ガイドラインが専門家に与えた葛藤 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

>しかしせめてアフリカまで行けばいいでしょうに、

アフリカだと銃持った護衛がついてますからね…。

投稿: 10年前にドロッポしました。 | 2017年3月25日 (土) 11時00分

そこは人間の皮も確保できるチャンスと考えたい

投稿: | 2017年3月25日 (土) 11時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/65061356

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり:「おばんざい木むら」:

« 飲酒運転の車にぶつけられた結果 | トップページ | 免疫療法ガイドラインが専門家に与えた葛藤 »