« 免疫療法ガイドラインが専門家に与えた葛藤 | トップページ | 思いがけず炎上が続く油絡みのあの問題 »

2017年3月29日 (水)

地域枠の義務違反に対し厳しい目線

先日こんなニュースが出ていたことを御覧になったでしょうか?

都市圏で暮らしたい…「地域枠」医師、3%離脱(2017年03月26日読売新聞)

 地域で働く医師を育成する大学医学部の「地域枠」を昨春卒業した1060人のうち、3%強に当たる35人が地域医療から離れていたことが文部科学省の初調査でわかった。

 「地方では専門性を高められない」「都市圏で暮らしたい」などが理由。地方の医師不足が深刻になる中、全国の71大学が地域枠を導入しており、厚生労働省の検討会が改善に向けた議論を進めている。

 地域枠は、卒業後の一定期間、大学の地元などで医療に従事することを条件に一般枠とは別に募集、選抜するのが一般的。「一定期間の地元勤務」などを条件に奨学金を返済免除とするケースも多い。一般枠で入学後、同様の奨学金を出す自治体もあり、文科省はこれらを含めて「地域枠」と総称している。今回の調査で判明した離脱者35人のうち30人は条件付き奨学金を受け取り、卒業時に返済するなどしていた。

こうしたニュースをどのように受け止めるべきかは人それぞれなのだろうと思いますが、個人的に感じたこととしては地域枠学生のわずか3%しか離脱しなかったのかと言う驚きで、今どきの学生はやはり相当に真面目なのだろうなと思いますね。
興味深い点としては離脱者35人のうち5人は奨学金を返済していなかったように読めると言う点ですが、通常こうした場合返済義務が生じるはずですから今後働きながら返済していくことになるのか、場合によっては勤務先が立て替えて払ってくれるというありがたい話もあるように聞きますね。
いずれにしても契約でこうした場合にはこうなると言うことを明記し双方納得して契約しているのであれば、それに従って対処していくと言うことでしかないと思うのですが、世間的にはこの種の行為に対してあまり良い感情がないと言うことなのでしょうか、先日はこんな記事も出ていました。

「地域枠」義務違反の病院に罰則を検討、臨床研修部会(2017年3月24日医療維新)

 厚生労働省の医道審議会医師分科会医師臨床研修部会(部会長:桐野高明・東京大学名誉教授)が3月23日に開催された。地域枠で医学部に入学した研修医が指定地域外の病院で初期臨床研修を行う問題に対応するため、医師臨床研修マッチングに当たって、研修医に地域枠であることを申告することを義務づけたり、病院に対して罰則を設けたりするなどの対策を議論した。
 近年、地域枠で入学しながらも、大都市部の病院で初期臨床研修を行ったり、その際に病院側が、義務を果たさない場合に生じる奨学金返済を肩代わりするなどの事例があるという。改正案は、参加者(研修医)向けの規約に以下の2つの条項を追加するというもの。マッチングは医師臨床研修マッチング協議会が実施しており、厚労省がとりまとめた改正案を同協議会と協議する。

規約に追加される条項案
・参加者は、地域医療等に従事する明確な意志を持った学生の選抜枠、いわゆる「地域枠」の入学者であって、臨床研修期間中に指定された地域や病院での従事要件が課せられている場合は、選考過程において参加病院にその旨を伝えること。
・地域枠を設けている都道府県は、参加者のうち、地域枠入学者であって、臨床研修期間中に指定された地域や病院での従事要件が課せられている者の情報(氏名、大学及び従事要件)を、厚生労働省を経由して参加病院に通知する。参加病院は、得た情報を選考過程での参考情報としてのみ用い、また、該当する都道府県に紹介する場合がある。

 規約の改正については大筋で合意された。
 併せて、厚労省は、臨床研修病院が義務履行要件に反する研修医を採用している場合、病院に対し研修医1人当たり60万円程度になるとされる臨床研修補助金を減額するなどの罰則を設ける方針。また、翌年以降の募集定員を削減することも検討している。ほとんどの委員が罰則を設けることに賛成を示したが、社会福祉法人聖隷福祉事業団総合病院聖隷浜松病院顧問の清水貴子氏は「ペナルティを科したいのは重々分かるが、これまでやっていなかったので、まずは周知のみとすべきでは」と指摘。罰則に関する議論は次回に持ち越された。補助金は省令施行通知で実施されており、罰則の適用は早くても2018年度からとなる。
(略)

実際にやるやらないは別にして、地域枠の義務違反を犯した学生当人ではなくそれを雇う側の病院にペナルティを科そうと言うのはなかなかよく考えた手段で、確かに罰金はともかく研修医の募集定員削減などは地道に効きそうなペナルティだなと感じるのですが、その背景には当然ながら返済奨学金の肩代わりなど病院側のバックアップが違反を増長させていると言う気持ちもあるのでしょう。
もう一つ、例えばこれが医師・医学生ではなく他の業種であればどのように報じられていたのかで、例えば一昔前まで当たり前に行われていた看護学生のいわゆる御礼奉公を進歩的なメディアがどれだけバッシングしていたかを思い出していただければ、まさか彼らが医師だけは当然の権利を認められないなどと言い出すはずもありませんよね。
要するに違反とは言っていますがこうしたペナルティが表沙汰になるほど制度そのものやペナルティを科す側にとっても必ずしもありがたくない話であるとも言えるわけで、それが故に少しでも立てる波風を小さなものにしようと言う工夫の表れなのだろうと思うのですが、しかし97%が普通に制度を遵守しているのだから何も大騒ぎするほどのことでも…と思ってしまうのは不肖管理人だけでしょうか。

|

« 免疫療法ガイドラインが専門家に与えた葛藤 | トップページ | 思いがけず炎上が続く油絡みのあの問題 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

一罰百戒。。。なのでしょうね、
そもそも地域枠の学生はお上からすれば「買った奴隷」でしょうから
スパルタクス的な動きをされるのは以ての外でしょうし。
ただ個人的見解からすれば研修医達にも
「え?あんたたち解って身売りしたんでしょ?」的な
モニョ感は感じるのですが。

投稿: | 2017年3月29日 (水) 07時33分

学生ローンと同じくご利用は計画的にですよねえ。>地域枠

投稿: ぽん太 | 2017年3月29日 (水) 08時00分

初期研修が終ったらやっぱり逃げられるっていう・・・

投稿: JSJ | 2017年3月29日 (水) 08時59分

いわゆる地域枠というのは、指定された病院で研修を受けることは義務なのではなく、奨学金返済を免除されるための条件でしかないはずです。
そうなっていない場合、過去にお礼奉公で問題となったのと同じく、法的な問題が生じます。
お金の出所はともかく、奨学金を返済したのであれば指定された病院で研修を受ける必要はありません。
今回の話は、そういう前提を理解した上でのことなのかが気になります。

さらに言えば、今回のことが認められてしまうのであれば、田舎の医学部が
「わたくしたちの医学部は全員地域枠で募集します。地域枠ですから授業料は1万円減らします」
とか言えば、卒業生全員を自由にコントロールできるようになります。

投稿: クマ | 2017年3月29日 (水) 09時00分

クマさん
>お金の出所はともかく、奨学金を返済したのであれば指定された病院で研修を受ける必要はありません。
>今回の話は、そういう前提を理解した上でのことなのかが気になります。

だからこそ新たなペナルティを課されるのが研修医本人ではなく医療機関となっているのだと思います。
しかも対象はマッチングでコントロールできる研修医だけ。
マッチングの選考基準に、「他の都道府県の地域枠として入学した学生は採用しない」と明示しておけば法的な問題はクリアできるのではないでしょうか。

投稿: JSJ | 2017年3月29日 (水) 09時17分

JSJさまへ

法的な問題がクリアできるかどうかは微妙ですが、こういう動きが進むと地域枠で奨学金を渡す必要がなくなるわけですから、
これから医師になろうとする人たちにとってあまりいい話ではないと思われます。

投稿: クマ | 2017年3月29日 (水) 13時32分

研修医だけの話ですが、実質的な都道府県限定医師免許に近くなるのかなとも感じます。

投稿: 管理人nobu | 2017年3月29日 (水) 14時21分

いまや旧帝大に合格できる学生の殆どが「富裕層」出身である
それと同様に医学部もそうでありましょう。
東京横浜等の東日本の大都市は私には分かりませんが
少なくとも西日本の政令都市である私の在住の場所はそうです。
そしてそんな都市では「持ってる奴は だいたい友達」です。
自分の出身校の、子供の出身校の、下の子の進学先の
上下左右の人間関係は密に絡まり合っています。
そうすると先だっての島での交通違反の話ではありませんが
足抜けをしてしまうとこの後、地域社会で生き辛い空気に
本人だけでなく縁者まで晒され続ける事になるのは、
明らかと思われます それもかなりの長期間。
理屈の上では「いつの話だ」とも「八つ墓村か」とも言えますが
肌感覚としてその存在は良かれ悪しかれ否定出来ないモノです。
だからこの3%って数字は象徴的な数字に思われます、
持っていない奴 かつ 合格ボーダー層の割合を示す数字と
リアルにリンクしていそうです。

投稿: | 2017年3月29日 (水) 15時31分

約束したんだからちゃんと守ろうや

投稿: | 2017年3月30日 (木) 09時52分

個人的には、労働者側から解除できない労働契約というのはよろしくないと思います。
今回の話は間接的にそういうふうに持って行こうとしているわけですから、個人的には反対です。
地域枠の研修医がセクハラパワハラを受けていても、退職して他の病院で研修を受けることが困難な状況は作るべきではありません。

投稿: | 2017年3月30日 (木) 13時25分

名前を入れ忘れましたごめんなさい。
投稿: | 2017年3月30日 (木) 13時25分 の投稿は私です。

投稿: クマ | 2017年3月30日 (木) 13時26分

この病院に圧力をかけるやり方って他にも使い道がありそうなんだけどな~

投稿: | 2017年3月30日 (木) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/65074401

この記事へのトラックバック一覧です: 地域枠の義務違反に対し厳しい目線:

« 免疫療法ガイドラインが専門家に与えた葛藤 | トップページ | 思いがけず炎上が続く油絡みのあの問題 »