« 「舌をしびれさせるのは、多量の化学調味料ですよ」は正しいのかも知れませんが | トップページ | 必要のない薬を患者に大量投与した理由とは »

2017年3月19日 (日)

今日のぐり:「はま寿司 倉敷水江店」

先日こんなニュースが話題になっていました。

『ドラゴンボールZ』好きの少年が蜂に襲われて400回刺されるものの超ベジータになりきって生還(2017年3月4日ギズモードジャパン)

もしヤムチャになろうとしていたら、一発でアウトだったかも。
アリゾナに住む11歳のアンドリュー少年が家の外に置かれた古い車をエアガンで撃って遊んでいたところ、車内に作られていた蜂の巣に流れ弾が命中し、中にいた大量の蜂が激怒。少年を400回以上刺すという大惨事が起こりました。
しかし、少年は強かった! GeekTyrantによると、刺されている最中、彼は『ドラゴンボールZ』の超ベジータ のように、スーパーサイヤ人になろうと必死に気を高めたそうです。おそらく、DbzRemasteredHighDefの動画のような感じに。
Carbivore Connorでは、事故後のアンドリュー少年がインタビューに応える様子の動画をアップしています。かなり痛々しいので、閲覧にはご注意ください。
全開に気を高めたんだ。僕はアンドリューだけどベジータって呼んでね。400回の蜂の刺してくる攻撃に耐えたよ!

アンドリュー少年はもともと蜂の毒にアレルギーがあったとのことで、命の危険にまで及んだ可能性もあります。ベジータになりきることが、丸まって身を守り、全身をこわばらせることにつながり、それが結果的に良かったのかもしれません。
事故から救出されたあとは奇跡的な回復を遂げていた彼の写真と併せて、ABC15 Arizonaのニュースで救出にあたった消防署長のコメントもどうぞ。
腫れが引いたらまたイイ男に戻るよ。いつも笑顔を忘れずにね。
と語りかけるクラーク・ビンガム署長も実は蜂アレルギー持ちだったのだとか。しかし危険を顧みずに助けに行った署長は今、アンドリュー少年の究極のヒーローとなったそうです。
ヒーローの中でも『スーパーマン』ですかね? クラークだけに。

なにげにヤムチャをディスるのはやめていただきたいものですが、しかし400回も刺されてよく無事でいられたものですよね。
本日はスーパーサイヤ人化してしまったアンドリュー少年に敬意を表して、世界中から男としてそれはつらい…と感じさせるニュースの数々を紹介してみましょう。

「レビュー主の母です」Amazonレビューに母降臨 料理下手をフライパンのせいにした息子のレビューを星5つに訂正させる(2017年3月15日ねとらば)

 Amazon.co.jpでフライパンを購入したてんてんさん。当初レビュー欄でフライパンを「星2つ」としていましたが、そこにまさかのお母さん乱入。5つ星に訂正させたママゾンっぷりが話題となっています。

 てんてんさんが買ったのはフランス製「デ・バイヤー」のなかなか良さげなフライパン。ところがレビューでは、「高さがないため、調理可能面積は少なめ」「多めに作ると材料が飛び出します」「万能フライパンではなく料理と人と保管場所を選ぶフライパンですね」と、かなり辛辣な評価でした。そんなレビュー欄に突如お母さんが降臨。「レビュー主の母です」と切り出すと、「レビュー主はろくに料理もできないくせに焼きそばを作って焦げ付いたため悪い評価にしていました」と暴露し始めました。

 てんてんさんは「システムキッチンに立てかけて収納できない」ことを減点ポイントとしていましたが、お母さんは「システムキッチンなどとかっこつけていますが、安アパートなどでそんなものがあるはずもなく。料理の仕方を簡単に教えたら鼻歌交じりに『なかなかええフライパンやね』とえらそうに言っており、とても気に入ったようでした」と、てんてんさんをフルボッコ。てんてんさんも最終的にはフライパンの性能に納得したようです。

 顔の見えないネット上での書き込みなので、本当にお母さんが乱入したのか、はたまたてんてんさん1人によるネタ投稿だったのかは定かではありませんが、なんともほっこりするレビューでした。

昔ながらのコピペのバリエーションとも言えるのでしょうが思わぬ暴露にびっくりとは言え、最終的にはフライパンの性能に満足しているようで何よりでした。
日本では特にその根絶に苦労している家庭も多いと思うのですが、先日こんなびっくりするようなニュースが出ていました。

繁殖に雄いらず 雌3匹以上で単為生殖促進(2017年3月13日毎日新聞)

 全国に分布するワモンゴキブリは雌だけで3匹以上いると、雄と交尾せずに子孫を残す「単為生殖」が促進されるとする実験結果を、北海道大の研究チームが13日発表した。単為生殖できる他のゴキブリも同様の性質をもっている可能性がある。動物学専門誌に掲載された。
 害虫駆除では雌のフェロモンで雄を引きつけて殺虫し、繁殖を妨げる方法があるが、ワモンゴキブリは雌雄両方の駆除を徹底しないと効果が小さいと考えられる。

 チームはワモンゴキブリを▽雌雄1匹ずつのペア▽雌1匹だけ▽雌だけ2~5匹--など11パターンで、それぞれ14組以上を容器で飼育。複数の卵が入ったカプセルのような「卵鞘(らんしょう)」を形成するまでの期間を2回目まで調べた。
 その結果、雌3匹以上では最初の形成が平均10日程度と1匹だけより3日程度早く、2回目では9日程度早くなった。15匹以上で飼育を始めたケースでは、雌だけで3年以上もコロニー(集団)を維持している。
 匂いや物などを感じ取る触角を切除すると卵鞘形成が遅くなったため、単為生殖促進には触角で他の雌を確認することが必要だと考えられるという。チームの西野浩史・北大助教(神経行動学)は「集団のケースで単為生殖が進むのは、子の生存率が高くなるからではないか」と話す。

あの繁殖力や生存性の強さの理由がわかった気がするのですが、それにしても男としては全く立場のない話でもありますね。
こちら男として極めてつらい状況であり、まさしく同情するしかないだろうという悲しむべきニュースです。

かつら没収は人権侵害、受刑者の訴え認める NZ裁判所(2017年3月17日AFP)

【ウェリントンAFP=時事】殺人や児童性的虐待の罪で終身刑を受け服役中の男が、刑務所でかつらを没収されたのは人権侵害に当たると訴えていた裁判で、ニュージーランドの高等裁判所は16日、男の主張を一部認め、かつらは「表現の自由」との判断を示した。(写真は資料写真)
 フィリップ・ジョン・スミス受刑者(42)は1996年に終身刑を言い渡されたが、2014年1月にオークランドの刑務所から仮釈放された際にブラジルへ逃亡した。このとき、スミス受刑者は「自尊心を高めるため」として2年前に着用を認められたかつらをかぶっていた。
 3週間後、スミス受刑者は身柄を拘束されニュージーランドに送還されたが、かつらは没収され、裁判所出廷時に撮影された頭頂部が薄くなった写真が広くメディアで報じられた。
 「完全に見下され、体面を傷つけられ、屈辱を味わった」。スミス受刑者は裁判でこう主張し、自分は頭頂部の脱毛を非常に気にしており、かつらは社会復帰のために重要だと訴えた。
 エドウィン・ワイリー判事は、矯正局がかつらを没収した際にスミス受刑者の人権を考慮しなかったとの原告側の主張を認め、「表現の自由というスミス氏の基本的人権がないがしろにされたと結論付ける」として、かつら没収の決定を取り消す判断を示した。
 ただ、ワイリー判事はスミス受刑者が求めた5000ニュージーランドドル(約40万円)の損害賠償については却下した。

そのつらさ悲しさは理解できると言うものですが、しかし刑務所内でかつらが認められるのであれば他にも様々なものが認められる余地もありそうですね。
こちら何とも血なまぐさい猟奇的事件なのですが、特に男の方々にとっては精神的ダメージが大きそうなニュースです。

「年の割に大きすぎる」2歳息子のペニスを切断した母親(2017年03月16日テックインサイト)

今年1月、ジンバブエ第二の都市ブラワヨで「息子のペニスが年の割に大きすぎる」という理由で、母親が2歳の息子のペニスを切断していたことが分かった。現地時間3月14日に国営日刊紙『chronicle.co.zw』が報じた。

母親は息子のペニスを切断後、叫びながら近所の人に助けを求めたという。この母親は以前から近隣住民に息子の局部が2歳児にそぐわない大きさだと言っていたそうだ。

息子は地元の「Mpilo Central Hospital」に搬送されたが切断されたペニスは見つからず、2か月にわたり病院で治療と精神的ケアを受けたという。現在、退院後に幼児が入所できる児童養護施設を探している。母親は息子に対してだけでなく他の患者にも暴力的な態度であったため、現在は精神科専門の「インガットシェニ病院」に収容されている。

まあそれは慎重な精神的ケアも必要だろうと言うものですが、しかし2歳にして何とも悲劇的な運命に襲われたものでしたね。
こちらアメリカはテキサス州からの話題ですが、幾ら何でもそれは行きすぎではないかと言う声が強い一方、なかなか複雑な事情もあるようです。

「男性の自慰に罰金」の州法案、中絶規制への批判込め(2017年3月14日CNN)

(CNN) 男性の自慰行為は1回につき100ドルの罰金――。女性の人工妊娠中絶を厳しく規制している米テキサス州で、民主党の女性議員が14日までに、批判を込めてそんな法案を提出した。ただ、法案には共和党議員から反発も出ている。
法案には、男性が精管切除を望む場合や勃起障害治療薬を買い求める場合、24時間の待機を義務付ける内容も盛り込んでいる。
提案したのはテキサス州議会のジェシカ・ファーラー下院議員。たとえ成立の見込みはなくても、男性議員に対し、女性に対する仕打ちを自ら味わってほしいという思いを込めた。

テキサス州では女性が人工妊娠中絶手術を受けることが極めて難しい。法案では性差別的な二重基準を際立たせることにより、女性が自分の健康に関して突き当たる障壁にスポットを当てることを狙った。
「テキサス州が女性に対してやってきたことに目を向けてほしい」「もしも男性が、同じように行き過ぎた手順を踏まなければならないとしたらどうなのか」。ファーラー議員はそう語る。
男性の自慰行為については、命の尊厳を守ることができないという理由、さらには「生まれる前の子どもにとって良くない行為」という理由で罰則の対象とした。

「男性の知る権利法」という名称は、テキサス州で中絶を望む女性に対して医師からの配布を義務付けられているパンフレット「女性の知る権利」への皮肉を込めた。
同パンフレットについては、内容が不正確で宗教的な理念の影響が大きく、中絶を思いとどまらせようとする意図があるとして批判の的になっていた。
ファーラー議員によると、テキサス州は先進国の中で妊婦の死亡率が最も高い。実際に、最近の調査によれば、妊娠関連の合併症で死亡する女性の割合は2010年から14年の間に倍増している。
同議員の法案に対して共和党議員は強く反発。トニー・ティンダーホルト議員は「人間の生物学に関する基本的な理解が欠如している」と批判した。同議員は、中絶手術を行う医師や手術を受ける女性を殺人罪に問う法案を提出している。

テキサス州では妊娠20週を過ぎた女性は、生命が危険にさらされない限り、中絶できない。
中絶手術を行うクリニックも極端に少なく、医師やクリニックに対する規制強化の州法が制定された2014年以降、中絶手術ができるクリニックは44施設から18施設へと急減した。
この州法は後に最高裁判所で無効とされたが、今も中絶手術ができるクリニックがあるのは州内の7市のみ。州西部は「中絶砂漠」状態となっている。

背景には宗教的・文化的価値観に基づく対立があると言うことなのですが、しかしアメリカにおける中絶問題の大きさは日本ではあまり想像出来ないものですよね。
男性にとってどのような気持ちになるものなのかは判りませんが、しかしこうした法律が施行された場合自慰行為と言う言葉の定義を巡ってまた騒動が勃発しそうな気もします。

今日のぐり:「はま寿司 倉敷水江店」

このところ100円系回転寿司の競争は大変なもの聞きますが、倉敷市市街地中心部からやや外れたこちらのお店もいつも満員のようですね。
ただ行列待ち自体は開店直後の時期よりは短くなってきた印象もあるのですが、さすがにオペレーションも手慣れてきたと言うことなのでしょうか。

同行者とシェアしながら適当に頼んで見たのですが、まずはいきなり一貫盛りかつ100円でもないと言うブリトロですが、ちゃんとブリっぽい味がしました。
炙りサバは少し脂ぎってるなあと言う感じですが味は及第で、しかし100円系チェーンの鮮魚ネタもちゃんとそれらしくなっていると言うのは感心しますね。
カキフライ軍艦はタルタルソースが合わせてあって、まあ飯にはもともと合うのが保障付きと言う組み合わせですが、こういうメニューは回転らしくていいですね。
他方でまぐろ龍田軍艦と言うものも試して見たのですが、これは少しまぐろの血の風味が強いのか単品で食べた方がよさそうに感じました。
豚汁は以前より肉が増えた印象ですが、逆に野菜が減った気もするのは個体差の範疇なのか、しかし味噌がここまで薄くなると個人的にはいいんですが、豚汁っぽさは薄まった気もします。
単品のあさり酒蒸しは何とも味の薄いあさりなのが逆に印象的なくらいで、厚焼き玉子は特徴的なくらいに甘い味と、この辺りは100円っぽくてほっとするところもあります。

全般的には値段分以上には楽しめるかなと好意的に感じたのですが、こちらの場合メニューの幅も広いのはいいんですが、毎回売り切れが多いのは気になりました。
ちなみに地味ながらカード払い可なのはありがたいことですが、しかし薄利多売の極まるこうした業界でカード払いの扱いも大変な部分はあるのでしょうね。

|

« 「舌をしびれさせるのは、多量の化学調味料ですよ」は正しいのかも知れませんが | トップページ | 必要のない薬を患者に大量投与した理由とは »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/65032204

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり:「はま寿司 倉敷水江店」:

« 「舌をしびれさせるのは、多量の化学調味料ですよ」は正しいのかも知れませんが | トップページ | 必要のない薬を患者に大量投与した理由とは »