« 地域枠の義務違反に対し厳しい目線 | トップページ | 今日のぐり:「イタリアンGAVI(ガーヴィ)」 »

2017年3月31日 (金)

思いがけず炎上が続く油絡みのあの問題

先日何気なく紹介したよくある類の話題なのですけれども、何故か妙な具合に延焼が続いているようです。

速水もこみちオリーブ油騒動、マジメな人が笑いの対象に(20178年3月24日NEWSポストセブン)

 ネットの言論には、独特の論調がある。思いもよらないことが笑いの種となり、盛り上がることも。たとえば、BPO(放送倫理・番組向上機構)のHPで紹介される事例集は、ネット民にとってネタの宝庫となっている。人権侵害などの深刻な問題を論じる機構が公表する情報が、なぜネタ扱いされるのか。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が解説する。

 俳優・速水もこみちといえば、朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)内のコーナー「MOCO’Sキッチン」でオリーブ油を使いすぎることで知られている。ネットではこれはネタと理解されており、速水の半身がオリーブ油の中に沈んでいるコラージュ写真まで存在する。
 しかし、この伝統芸に対しBPO(放送倫理・番組向上機構)には「使い過ぎ」「家計に配慮すべき」といった意見が寄せられ、これをBPOは「視聴者のご意見」としてHPで紹介した。これが数々のメディアで報じられたが、ネット雑談界の歴史を踏まえると、2000年代後半以降、BPOのこの「視聴者のご意見」は重要な“ソース”となっていた。
 なにせ、あまりにも生真面目な人々が静かな怒りをもって正義の組織・BPOに訴えかけている様が喜劇に感じられ、2ちゃんねる等で笑いの対象となってしまう。
「高齢の父が『プロ野球中継が少ない』と嘆いている」や「地震の現場の報道で、住民はヘルメットをかぶっていないのに、報道陣はかぶっているのはおかしい」などの投稿が厳選され、紹介されているのである。これに対しては、「そこ問題視するところかよwww」などと笑いの対象になる。

 BPOでは「※無断転載はお断りします。公表している視聴者の意見について、転載を希望する場合には、事前にBPOにご連絡ください。」と、安易に使わぬよう釘を刺しているが、実際問題としてBPOの「視聴者のご意見」はネット民にとって娯楽を提供するサイトになっている。
 また、同様にネット民の重要なソースとなっているのが各地の警察署が発表する「声かけ事案」である。これは警察が怪しい人間の情報を発し、住民へ注意を呼び掛けるものだが、これも状況が分からず文字面だけ見ると、BPOと同様に笑い、ないしは「ここまで不自由な社会になったのか……」と皆で呆れるトピック化している。
(略)
 ネットには「マジメな人を嘲笑」の文化が根付いているため、今後SNSデビューをする諸兄が「通学時の声かけで不審者から子供たちを守らなくてはいけない」などと道徳的なことを書くと「女児にハゲ頭を見せつける事案が発生w」と煽られるかもしれないが、そこでキレてはならない。

速水もこみち、大量オリーブオイル使用は人体に極めて危険…間違った食の知識、スーパーに偽物蔓延(2017年3月28日ビジネスジャーナル)

 今月、テレビ番組『ZIP!』(日本テレビ系)内の料理コーナー『MOCO’Sキッチン』における速水もこみちの“オリーブオイル大量使用”に対し、視聴者より放送倫理・番組向上機構(BPO)に苦情が寄せられていたことが明らかとなった。
 同コーナーはオリーブオイルが多用されることで知られており、過去には1品の料理に1瓶丸々使用することもあった。また、速水は自身でオリーブオイルのプロデュースも手がけており、「コーナーで毎回のように大量のオリーブオイルを使用することで、自身のビジネスにつなげており、出演番組を金儲けに利用している」(テレビ局関係者)との批判の声も聞こえてくる。
 気になるのは、健康というイメージも広まっているオリーブオイルだが、速水のように大量に使用することは健康を害さないのかという点である。そこで今回は、『「隠れ油」という大問題』(三五館)の著者で植物油研究家の林裕之氏に解説してもらった。
(略)
 オリーブオイルの主成分はオレイン酸(オメガ9脂肪酸)で、50~80%の高率で含まれています。このオレイン酸は、血液中のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を減らし、脂質異常症や動脈硬化を防ぐ効果があるといわれています。これが心筋梗塞や狭心症、脳卒中などの心血管疾患の予防に役立つといわれる根拠となっています。
 しかし詳しく分析した結果、魚介類を中心に野菜やナッツ類、フルーツをたっぷりと摂る伝統的な地中海食が良いのであって、オリーブオイルだけに健康効果があるわけではないとわかってきました。
(略)
 次に問題なのは品質偽装です。
 エクストラヴァージンオリーブオイル(EXVオリーブオイル)は、オリーブの実を絞った汁から不純物を取り除いた、いわばオリーブ100%ジュースで、オレイン酸のほかビタミンEやポリフェノールなどの抗酸化物質を含んでいます。ところが、世界中でEXVオリーブオイルの偽物が蔓延しています。
 化学的に精製されたオリーブオイルをブレンドしたものはまだ良いほうで、なかには大豆油や菜種油、ひまわり油にEXVオリーブオイルを少しだけ混ぜて、クロロフィル(葉緑素)で着色しただけの粗悪品もEXVオリーブオイルとして流通し、イタリアンマフィアの資金源になるなど問題となっています。
(略)
 健康に良いと思いながら使っているオリーブオイルは、かえって体に害をもたらす可能性すらあるのです。
 速水さんは、オリーブオイルのみならず、サラダ油を大量に使うことも問題視されています(註1)。サラダ油はオリーブオイル以上に危険性が指摘されています(註2)。速水さんは、油についての正しい知識は持っていないのでしょう。
 タレントとはいえ、食品を扱う以上品質や安全性に対する最新の正しい情報を把握していることが必須で、優れた健康効果もなく、油から摂る必要のないオレイン酸が主成分で高カロリーなだけのオリーブオイルを大量に料理にふりかけるのはやめるべきです。

速水もこみちへのオリーブオイル使いすぎ苦情にイタリアンシェフ「本場では普通」(2017年3月25日週間女性)

 『ZIP!』(日本テレビ系)ではおなじみの、速水もこみちの人気料理コーナー『MOCO'Sキッチン』。毎回オリーブオイルを大量に使う“もこみち流”の斬新な料理が大人気。そんな彼に思わぬクレームが届いたことがネットで話題になったという。

《朝の情報番組に、人気俳優の出ている料理コーナーがある。そこで使われているオリーブオイルの量は、料理一品に対して多すぎるのではないか。オリーブオイルは体に良いものであっても、使い過ぎるとどうなのか。そもそも、安価で簡単に手に入るものなのか疑問だ。視聴者の健康や家計などに配慮するべきではないか》

(略)
 都内にあるイタリア料理店のシェフは、
「本場のイタリアンでは、あれくらいのオリーブオイルを使うことは全然普通ですよ。むしろ作るものによっては、足りないくらいです」
 と速水の肩を持つが、ニュースはひとり歩きし広まった。クレームを送りつける視聴者心理はどんなものなのか。家族問題評論家の池内ひろ美氏に読み解いてもらった。

「相手にミスがあると感じ、自分が正しいと持論が展開できれば、何でもいいのだと思います。速水さんの場合も、健康を盾に取って揚げ足取りをしているだけなんです。現実に自分がオリーブオイルを1本使うことはないとわかっていても、クレームを言えるチャンスを逃さないんです」
 今後については「メディアがいきすぎたクレームに屈して“誤った表現がありました”と謝罪すると、クレーマーにとって成功体験になります。逆に、正当なクレーム以外が放置されるとわかると、つまらないクレームは減っていくと思いますね」と見通す。

とにかくもオリーブ油の豪快な使い方で有名と言ってもいいこの番組、過去にもこの種のクレームはついていると言う話も聞く一方で、最近では以前ほどオリーブ油を使っていないと言う話もあるそうで、それはそれで残念な気もするでしょうかね。
いくつか見た限りでは読者層を反映しているのか、男性向けメディアでは厳しい論調が多く、逆に女性向けメディアではやや抑制的なのかと言う印象も受けたのですが、いずれにせよ基本的に好意的な立場を取る側の人々にとっても別にオリーブ油が好きだとか体に良いだとか言う理由で言っているのではなく、あれはそういうものなのだと言う認識があると言うことですよね。
ただ今回はそうした番組そのものの是非よりもクレームの是非の方に話題が進んでいるようにも見えるところがあって、特に昨今この種のクレームについては何かと話題になりがちですから、そもそも真面目なクレームを笑いものにする風潮は如何なものか言う論調もあれば、あれはああいうものだと判っているのだから突っ込むのは野暮だと言う意見もあるようです。

番組自体は本格的な料理番組と言うよりも、俳優が演じることによりエンターテインメントとして成立させている側面が強い類のもので、その意味ではネタにマジレスと言う言葉がふさわしいのではないかと思うのですが、しかしクレームが付くから中止する、内容を改めると言うことは今の時代ありがちではあり、それがいいのか悪いのかは判断が分かれそうだと言うことです。
有名なところでは某国民的ネコ型ロボット漫画における女の子の入浴シーンが水着姿にされただとか、国民的家庭アニメで若夫婦の寝室に置かれていたティッシュ箱が消えただとか言う話があって、世の中何にでもクレームを付ける人はいるものだと思うのですが、逆にどれだけ批判が殺到しても我が道を逝くメディアもあるわけです。
どちらが正しいのかと言われるとどちらもそれぞれの判断で行われていることなのだとしか言いようが無いと思うのですが、当然ながら世間がそれを見てどう考えどう判断するかと言うこともあるわけで、今回の思わぬ騒動を世間ではどう考えているのかと言うことですよね。

|

« 地域枠の義務違反に対し厳しい目線 | トップページ | 今日のぐり:「イタリアンGAVI(ガーヴィ)」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

的はずれな難癖としか

投稿: | 2017年3月31日 (金) 07時55分

砂糖業界と食用油業界の情報戦?

投稿: JSJ | 2017年3月31日 (金) 08時55分

むしろこの番組の場合、フィクションと明示した方がより弾けられる気もします。

投稿: 管理人nobu | 2017年3月31日 (金) 12時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/65086981

この記事へのトラックバック一覧です: 思いがけず炎上が続く油絡みのあの問題:

« 地域枠の義務違反に対し厳しい目線 | トップページ | 今日のぐり:「イタリアンGAVI(ガーヴィ)」 »