« 千葉市がインフルエンザ迅速検査を中止へ | トップページ | 専門医制度、ひとまず5都府県で総数規制を導入 »

2017年2月19日 (日)

今日のぐり:「中華そば奥屋 藍住店」

「orz」と言う有名なアスキーアートがありますが、大勢の参加者が思わずorzしてしまっただろう事件が報じられていました。

マラソン大会262人失格 「最後尾」児童が優勝した全事情(2017年2月15日J-CASTニュース)

   岡山県笠岡市で行われたマラソン大会の小学生の部で、参加者263人のうち、262人がコースを間違い、結果として正確なコースを走り、先行集団から大きく離されてゴールした最後尾の生徒が優勝する、という珍事が起きた。
   市の教育委員会によると、案内板が分かりにくかったため生徒はコースを間違い、最後尾の児童には自転車に乗ったレースを監視する係員がいたことで正確に誘導できたのだという。

   珍事が起きたのは2017年2月5日に開催された笠岡市主催の「第20回 べいふぁーむ笠岡マラソン」。笠岡陸上競技場をスタートし戻ってくるコースが設定されていて、子供からお年寄りまで参加でき、「ハーフマラソン:女子(50歳以上)」「ハーフマラソン:男子【陸連登録者】」「10km:女子 高校生」など30近い種目がある。
   その中で、中学生、小学生3~6年の3キロレースが一緒に行われた。まず中学生からスタートし、5分後に小学生が走った。従来ならば中学生の後を小学生が追うことでコースを間違えることはないが、今回に限り中学生の参加は40人と少なく、しかも早かったため小学生の先頭集団は中学生を見失ってしまった。沿道の誘導表示はあったが「分かりにくく」、ボランティアのスタッフは沿道にいたものの、ランナーの安全確保をメインに活動していたため、小学生たちが違うコースに入って行くのが分からなかった。
   結果的に中学生は全員正規の3キロコースを走れたが、違うコースを走った262人の小学生は1.8キロ程度でゴールすることになった。あまりにも早い到着に驚いた係員が確認したところ、コースを間違えていたことが分かった。走り直しをするわけにもいかず、「頑張ったから」という理由で「参考記録」として1位から6位を表彰した。J-CASTニュースが市の教育委員会 スポーツ推進課に17年2月15日に取材したところ、「事件」のあらましはこんな具合だった。

   ところが後になって、3キロを完走した小学3年生の男子がいることがわかった。なぜ正規ルートで完走できたかといえば、最後から2番目の小学生の姿すら見えなくなるほどに遅れてしまったからで、ランナーの最後尾にはレースを見守るために自転車に乗った係員が配置されていて、その係員が最後の小学生をゴールまで導いた。
   大会の事務所は改めてこのレースに関する調査を行い、完走したのが事実だということがわかったとし、17年2月14日に「小学生男子の部」の優勝者として表彰することを発表した。同推進課はJ-CASTニュースの取材に対し、分かりにくい誘導表示を出してしまったことを反省しているとし、
    「参加者全員に対し、誘導ミスを謝罪する手紙を送っております」
と語った。ただ、小学生男子(3~6年)の参加費500円の返却はしないという。

この場合優勝者も喜んでいいものやら微妙なところだったかも知れませんが、失格になったその他の参加者はさぞやがっかりだったことでしょうね。
本日は262人の小学生達の労を労う意味で、世界中から思わず脱力してしまいそうなニュースを紹介してみましょう。

ホッチキスの針は外さなくても良いらしい 「古紙リサイクル時、ホッチキス針は障害にはなりません」(2016年12月13日ねとらば)

 古紙をリサイクルに出す際、「ホチキス針を外す必要はない」とSNSで話題になっています。実際にホッチキス針の箱を確認すると、そこには確かに「ホッチキス針は古紙の再生紙工程で支障はありません」の文言が……。今までの一手間は何だったんだ……?

 製造元のマックスのサイトを確認すると、「古紙リサイクル時のホッチキス針について」の記載があり、王子製紙による古紙再生の工程が記されています。
 まず、ブロックにした古紙の塊をバラバラにし、水とともに溶きほぐし繊維状にする工程で大まかなゴミが取り除かれます。この時、一部のホッチキス針も除去され、その後幾重にも組み合わされた除去装置でホッチキス針等の異物はキレイに除去されるそうです。

 あらためてマックス株式会社に電話確認したみたところ、水とともに溶きほぐされた紙よりも、ホッチキス針の方が自重があるため水に沈むそうです。その原理を利用して機械の中で他の不純物とともに除塵(じょじん)されるため、ホッチキス針は外さなくても古紙のリサイクル工程で障害にならないとのことでした。

なんともびっくりとも言えますが、確かに今までの手間は何だったのかと思うような話でがっかりした人が多かったようですね。
こちら本来的には喜ばしいことなのでしょうが、全国で何故か失望の声が多く上がっていたと言うニュースです。

女性店長「君のこと知ってるからやめとき」男性オーナー「なめとんか!」諭され凄まれ…コンビニ強盗が逃走、滋賀・草津(2016年11月17日産経新聞)

 17日午前3時45分ごろ、滋賀県草津市野路東のコンビニエンスストア「サークルK草津野路店」に男が押し入り、カウンターにいた女性店長(60)に刃物をちらつかせながら「金を出せ」と脅迫。店長は「君のこと知っているからやめとき」と返答し、さらに、バックヤードから出てきた男性オーナー(38)が「なめとんか」と一喝すると、男は逃走した。

 店内に客はおらず、店長らにけがはなかった。県警草津署が強盗未遂事件として捜査している。

 同署によると、男は30歳くらいで身長約180センチ。丸刈りでメガネをかけ、白いマスクと茶色っぽい上着、白っぽいズボンを着用していた。男は店長の知人ではなく、店長は「客の中に似たような感じの人がいる気がしたので、とっさに『知っている』と言ってしまった」と話しているという。

しかし何とも不覚悟と言うのでしょうか、これでは強盗に限らず何をやってもうまくいかないのではないかと心配になる強盗でしたね。
昨今ではドライバーも大人しくなったと言う意見もあるようですが、こちら幾ら何でもそれは空気を読むべきだったと言うドライバーのニュースです。

県警で免許返却後、目の前で運転 容疑で男を逮捕(2017年2月9日神戸新聞)

 兵庫県警本部(神戸市中央区)で運転免許の取り消し処分を受けた直後に、隣接する駐車場に止めていた車を運転したとして、県警交通指導課は9日、無免許運転の疑いで、加古川市に住む建設業の男(29)を現行犯逮捕した。

 同課によると、男は交通違反の累積により免許取り消し処分が決まり、県公安委員会から同日午前に県警本部に呼び出された。免許証を返却し、警察官からは「今後車を運転すると違反になる」と注意を受けていた。

 しかし男はその後、20メートルほど離れた駐車場まで歩き、軽乗用車に乗って出庫させたところを同課員に発見された。

 調べに対し、男は容疑を認め、「女性との待ち合わせがあり、車が必要だった」と話している。

こういうキャラだから免停になったとも言えるのかも知れませんが、しかしあまりに情けなすぎると多くの人を失望させたニュースでした。
タトゥーを入れた犯罪者と言うのも決して珍しいものではないのでしょうが、こちら幾ら何でもそれはどうよと話題になっていたニュースです。

「一度見たら忘れられない顔」の常習的犯罪者 米・警察がマグショットを公開(2017年02月12日テックインサイト)

米ワシントンD.C.で身柄を拘束された犯罪者のマグショットが話題を呼んでいる。タトゥーの入った顔、ドレッドヘアの容疑者などアメリカなら見慣れた姿だが、この男の場合は何かが違う。一度見たら忘れられない顔なのだ。

この男は1999年にノースカロライナ州で児童性的暴行事件を起こして有罪となったほか、7つの州で短期的な滞在を繰り返しながら違法薬物所持、性的暴行、暴行など数々の罪を犯していたマシュー・エゼキール・ステイジャー(45)。再びの児童性的暴行事件をテキサス州オースティンで起こし、2012年12月にバージニア州で逮捕されるまでのらりくらりと逃亡生活を続けていた。
「アダム・ウォルシュ児童保護安全法」に基づき懲役5年の実刑判決を受け、今月2日にテキサス州にある拘置施設に送還されることになったステイジャー。しかしバージニア州ピーターズバーグの連邦刑務所からリッチモンド国際空港に移動した後、飛行機に乗らず行方をくらませていた。そのため米連邦捜査局より指名手配となっていた中、ワシントンD.C.にて8日に身柄を拘束されたことを『wavy.com』が伝えている。

極めて薄くなっている赤茶けた髪を、ドレッドヘアを意識してか無理やり三つ編みにすること数か所。顎ヒゲの量はそれより立派だが同様にネジリが入っている。そして注目すべきは顔面を覆うタトゥーであろう。ごく薄い眉毛にはドットが添えられ、下瞼にはボロボロと黒い涙が流れ、唇はまるで壊れたファスナーのよう。非常に危険な常習的犯罪者でありながら、すべてのタトゥーが幼児にイタズラでもされたかのような情けないデザインである。
(略)

その様子がどのようなものであるのかは元記事の画像を参照いただきたいですが、しかしこの独特のセンスでよく逃亡生活が送れていたものですよね。
最後に取り上げるのは本人ならず周囲の人間も思わず崩れ落ちたと言う、あまりに悲劇的なこちらのニュースです。

1ヶ月かけ自転車で故郷に向かってた男性 反対方向だったと気づき失意のドン底(2017年1月31日MAG2ニュース)

中国や韓国などではメジャーな祝祭日である「春節」(旧正月)に、とんでもない悲劇が起きて話題になっている。多くの人々が里帰りするなか、自転車で1ヶ月かけて里帰りしようとしていた青年が、530km走ったところで、逆だったことに気づいたのだ…。

メディアの中国青年報などが伝えたところによれば、この事件の発端は高速道路を走る一台の自転車。警察がこの不審な自転車をとめ、乗っていた青年の事情聴取を行ったところ、とんでもない事実が発覚した。
青年は春節のために山東省から、故郷の黒竜江省まで帰っているところだと答えた。その距離はは約1953kmで、自転車で行けば約1ヶ月から2ヶ月はかかる。だが問題は、青年が警察に声をかけられたのが安徽省であり、故郷とはまったく真逆の方向だったのだ。
青年は約1ヶ月近くかけて反対の方向に進んでいたことがわかり、その場で「アイヤ〜」と力なく叫び、その場で膝から崩れたという。

この青年は山東省に出稼ぎに来ていたのだが、ゲームにのめりこんで稼いだ給料をすべてつぎ込んでしまい、そのため列車や車で故郷に帰ることができなかった。そのため、自転車で帰ることを決意したという。また青年は文字の読み書きができず、また道路標識や地図も読むことができなかったため、反対方向に向かっていることに気づかなかった。
さすがに青年をあわれに思った警察が、この青年が無事に故郷に帰れるよう、現在寄付金をつのっている。

どこからツッコミ…もとい、どこからどのように励ましていいのかは判りませんが、これは確かに膝から崩れもしようと言うものですね。
しかし文字の読み書きが出来なくてもゲームにのめり込むことは出来ると言うことなのでしょうか、やはりああいうものは人間の本能に迫るように作られていると言うことなのですかね。

今日のぐり:「中華そば奥屋 藍住店」

徳島と言えば地ラーメンの「徳島ラーメン」が昨今次第に知名度を高めていて、豚バラ肉やネギ、生卵を載せたその独特のスタイルはなかなかインパクトがありますよね。
こちら徳島市内を何気なく通りかかって見つけた中華そば専門店ですが、典型的な徳島ラーメンのお店だそうですがあくまでもただのラーメン屋と言う体なのが地元の店っぽくていいですね。

メニューはそれなりに色々とあるようなのですが、今回は一番それっぽい中華そばの肉玉入りをネギ大盛りで頼んで見ました。
しかしこの徳島ラーメンなるもの、トッピングだけ見ているとまさにすき焼き風で、味もすき焼きにも通じる甘辛の濃いめな味なのですが、玉子で中和されるのかこれが意外にあっさり入ります。
この甘辛味が溶け込んだスープも別にくどくなく飲めるのが不思議な感じがするのですが、少し独特なくせはあるもののこれは結構うまいラーメンですね。
地元の人はこれに白飯を合わせたりするそうで、店内でも焼き飯を一緒に頼んでいるお客も多いようでしたが、確かに飯にも合いそうな味ではありました。
強いて言えば自家製麺が売りらしい麺の茹で加減がもう少しシャッキリしていればなおよかったのですが、この味にはこれくらいの方が合うのかも知れません。

たまたま入ったお店ですが実は相応に名の知れたお店だったのか、店内は色紙が一杯なのですが、見ていると意外な人が意外に達筆だったりして面白いものですね。
よく言えば歯切れがいいのでしょうが、昨今では珍しいちょいと投げっぱなしな感もあって、店の雰囲気共々妙に昔っぽい懐かしさも感じたのですが、しかしさすがにスープに指は入っていませんでしたね。

|

« 千葉市がインフルエンザ迅速検査を中止へ | トップページ | 専門医制度、ひとまず5都府県で総数規制を導入 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

>さすがに青年をあわれに思った警察が、この青年が無事に故郷に帰れるよう、現在寄付金をつのっている。

優しいじゃねえか!中国のくせにw

投稿: 10年前にドロッポしました。 | 2017年2月20日 (月) 09時24分

故郷に帰る以前に職場に復帰できたのかどうかが気になります。

投稿: 管理人nobu | 2017年2月20日 (月) 13時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/64910293

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり:「中華そば奥屋 藍住店」:

« 千葉市がインフルエンザ迅速検査を中止へ | トップページ | 専門医制度、ひとまず5都府県で総数規制を導入 »