« 信じる者が救われるのは宗教と言う世界での話なので | トップページ | 今日のぐり:「中華園 岡山本店」 »

2016年12月10日 (土)

時折見かけるあの集会の謎が一部解明?

日常的に経験することでありながら意外と理屈が判っていないことと言うものはあるものですが、先日こんな記事が出ていました。

謎が多い「猫の集会」 無理に解散させる必要はなし(2016年12月1日NEWS ポストセブン

 多くの人にペットとして親しまれている猫だが、その行動についてはまだまだ謎が多い。そのひとつが「猫の集会」富山県に住むパート勤務のESさん(45才)から、こんな相談が届いた。
「夕方、自宅の裏の空き地に10匹あまりの猫がよく集まっています。一緒に遊ぶわけでもなく、ただ座っているだけです。一体、何をしているのでしょうか? 無理に解散させない方がいいのでしょうか?」
 この相談に対して、東京港区に猫専門動物病院「Tokyo Cat Specialists」開いた国際猫学会ISFM所属の山本宗伸さんが回答する。

 公園や駐車場、路地裏などに集まってくる猫たち。この“猫の集会”に関して、動物行動学の教科書には、「縄張りの中立地に地元の外猫が集まり、約4mの距離を保ち、緩やかな円を描いて座る」と記述されています。
 集会は、夕方や夜に開かれることが多いようです。数時間続くこともありますが、基本的に猫同士の接触はなく、終わるとそれぞれの縄張りに帰って行きます。鳴いたり、威嚇行為などもありません。
 なぜ集まっているのか、動物行動学者でさえも、その謎を解明できていません。しかし、わざわざ集まるのですから、意味があるのでしょう。ですから、誰にも迷惑をかけていなければ、解散させない方がよいでしょう。
(略)
 猫の社会では体の大きなおす猫が支配的な振る舞いをすることはあっても、犬や猿のような絶対的なリーダーは現れません。ですから猫の集会は、地域の猫同士の顔合わせのようなものと考える方が適当ではないでしょうか。
 稀に親子で集会に参加する猫たちの姿を見かけます。近隣地域で新しい家族が増えていないか、反対に長老猫が元気にしているのか、確認しているのかもしれませんね。
 いずれにせよ、猫の集会は謎に包まれています。ぜひ一度猫のフリをして紛れ込んでみたいものです。

個人的にはたまたま裏通りを歩いていてそうした場に遭遇したことがあるのですが、確かに何をするでもなくただ集まってのんびりしていると言う様子で、何かしら集まること自体に意味のある行為なのでしょうかね。
興味深いのはより集団的な生き物であるイヌにおいてはそうした行為があまり話題にならないと言うことですが、特に日本の場合ネコは放任されていてもイヌは基本的に拘束されているわけですから勝手に集会も何もないもので、多くのイヌを自由に行動させていると集会めいたことをしている場合もあるようなのですが、ただしこの場合もどうやらネコのようにじっと寝そべっていると言うことはないようです。
いささか話が脱線しましたが、ともかくもネコ同士のコミュニケーションの一環としてそれなりに重要な意味があるのではないかとも推測されるこのネコの集会と言うものについて、その意味合いの一端をうかがわせるこんなニュースが話題になっていました。

猫の恩返しかな? 野良猫を会うたびに撫でていたら猫の集会に招待される(2016年12月06日BIGLOBEニュース)

可愛がっている野良猫に導かれ、猫の集会に参加したという不思議な出来事が、Twitterで話題を呼んでいる。

猫を飼い、猫ブログも運営している猫マスターの響介さんは、ランニング中に見かける人懐っこい野良猫を会うたびに撫でていた。この日もいつものように撫でていたところ、猫は突然立ち上がり、響介さんのほうを見てゆっくりと瞬きをした。愛情表現と感じ取った響介さんが同じように瞬きで返すと、猫は「ちょっとついてきて」とでも言いたげに、チラチラと振り返りながら歩き出した

そして、猫に導かれるように辿りついたのは猫たちの集会。約10匹の猫たちが空き地の思い思いの場所でのんびりし、案内してきた猫も「まぁゆっくりしてってや」とでもいいたげな顔で寝転んだ。集会といっても、特に遊んだりはせず、猫は一定の距離を保ち寝ているだけ。響介さんも同じようにまったりと過ごしたのち、猫たちの集会は日暮れとともに解散となった。後日同じ場所に出向いたところ、その場にいた猫たちが、響介さんのもとに寄ってきてくれたという。

Twitterには、「噂が広がってみんな撫でて貰いたかったんでしょうね」「次は猫の国に連れ込まれて、嫁入りですね」「『猫マスターと秘密の集会』映画になりそうです」といった声が寄せられ、2万5千回以上リツイートされている。

かなり主観的な部分も入り込んでいるようなのですが、これが本当のことだとすれば非常に興味深い話で、ネコの集会なるものがお互いに何かしら仲間意識を高めるために開かれているものなのか?とも推測されるところです。
しかしこうした行為は人間世界では全く珍しくないことで、ただ何となく友人同士集まってごろごろしていると言うことは誰でも経験したことがあるでしょうから、そう考えるとネコもかなり高度な社会性を持った生き物なのだろうなとも思えてきますね。
いずれにしてもネコの集会に招かれると言うことは相当にネコ社会からも受け入れられていると言うことだと思いますが、これもお互いの信頼関係あってのことで、招かれてもいないのにネコ集会に乱入するようなことは全く歓迎されないのは言うまでもないことですね。

|

« 信じる者が救われるのは宗教と言う世界での話なので | トップページ | 今日のぐり:「中華園 岡山本店」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

うちの納屋が集会所にされてるんだけどorz

投稿: | 2016年12月10日 (土) 09時38分

埠頭定食とか蘭姉定食とか、百合定食を振る舞って差し上げよう!(提案)
http://ameblo.jp/ikusabito/entry-10494054561.html

投稿: 10年前にドロッポしました。 | 2016年12月10日 (土) 09時50分

こういうのだと後始末が大変そうで
追い払うやり方ってないんすか?
忌避剤も超音波もトゲトゲも効果ないし

投稿: | 2016年12月10日 (土) 11時08分

即効性ではないところが味噌なのでしょう。
よく研究されていると思います。自己責任で。

投稿: | 2016年12月10日 (土) 11時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/64603943

この記事へのトラックバック一覧です: 時折見かけるあの集会の謎が一部解明?:

« 信じる者が救われるのは宗教と言う世界での話なので | トップページ | 今日のぐり:「中華園 岡山本店」 »