« 今日のぐり:「中華園 岡山本店」 | トップページ | 一日12円で得られる安心? »

2016年12月12日 (月)

労基署が医療現場に対しても本格稼働体制に突入か

聞いてみれば当然と言えば当然の話なのですが、先日こんなニュースが出ていました。

沖縄の県立病院で賃金未払い 当直医の時間外勤務 労基署が是正勧告(2016年12月9日沖縄タイムス)

 時間外(当直)勤務の医師らに対する賃金未払いがあるとして、沖縄県立北部病院と南部医療センター・こども医療センターが11月、名護、那覇両労働基準監督署から労働基準法に基づき、過去2年にさかのぼり適切に支払うよう是正勧告を受けたことが8日、分かった。本土復帰の年から44年間、県立病院で続く割増賃金の算定方法が背景にあり、県病院事業局は全6病院に「同様の実態がある」と説明。対象の医師・歯科医師は現職だけで約330人、未払い額は億単位に上るとみられる。 伊江朝次・病院事業局長は「勧告は真摯(しんし)に受け止めるが、病院経営への影響は計り知れない。限られた予算の中で、救急医療体制を縮小する議論にもつながりかねない」と懸念する。

 県立病院課によると対象は午後5時から翌日午前8時半まで15時間半、救急対応などに当たる当直医師ら。割増賃金を巡っては1972年11月に当時の県厚生部長名で各県立病院長に対し、一律に8時間分を1時間当たり2・5割増で支給するよう通知が出され、慣例化した。残る7時間半分は「休憩や自由時間と認識してきた」という。 一方、県職員給与条例、規則では時間帯によって平日、土日・祝日は2・5?6・5割、時間外勤務が月60時間を超えた場合は最大7・5割の割増賃金を設定。労基署には、拘束時間中は救急対応に備えた「待機」であり、適切な割増賃金を払うべきだと指摘された。 労基署の立ち入り調査は病院職員OBの情報提供を基に7月に北部病院で、9月には南部医療センターであったという。是正勧告はこの2病院だけだが、病院事業局は看護師などを含めた全病院の医療従事者を対象に、賃金未払いがないか精査を進める。

過去にも医療現場の賃金未払い問題はたびたび紛争化していて、近年では最高裁まで進んで原告勝訴が確定した奈良県立奈良病院のケースなど巨額の未払い賃金が認められるケースが見られますけれども、今回注目されるのは労基署側がわざわざ立ち入り調査を行い是正勧告を出していると言うことで、このところ医療現場にはびこる悪習を正す流れに沿った対応と言えそうです。
その発端となったのが職員OBからの情報提供だと言うことですが、政府も近年いわゆるブラック企業問題に関してはようやく本腰を入れての対応を始めているようで、先日は消費者庁の有識者会議でも内部告発を行った人物に対する保護を強化すると共に、保護する範囲をOBにも広げるべきだと言う報告書が出たそうです。
厚労相も先日の電通新入社員自殺問題などを受けて、現在有名無実化している違反企業の公表を推進すると答弁したと言いますが、全国各地の公立病院などはむしろ違反をしていない方が珍しいでしょうから、今後はどんどんと悪質な病院名は公表され是正勧告等適切な処分が下されることになるのでしょうか。

この種のニュースが出ますと「そんなことを言っていると医療は出来ない」と言った声が必ずどこかから上がるもので、ブラック企業経営者などと同じような弁解だなと感じられるのですが、しかし当然ながら病院経営への影響を考慮して現場の労働者に泥をかぶってもらうなどと言う話は通用するはずがないですよね。
特に職員の定数が決まっている一部公立病院では、員数外の医師を非常勤名目で低賃金で雇用しフルタイムで働かせると言った悪習が残っているところもあるようですが、近年電子カルテの記載時刻等から未払い賃金をまとめて請求されると言ったケースが珍しくなくなってきていて、今後こうしたやり方が通用しなくなってくることと思われます。
しかしカルテ上に記録が残るのですから、もしその時間働いていなかったはずの職員が責任ある仕事をしていて、後日その部分に関して何らかの事故なりトラブルでも発生した場合には問題にもなりかねないと思うのですが、リスク管理の観点からも病院はもう少し真剣にこうした問題への対応を考えていった方がいいように感じますね。

|

« 今日のぐり:「中華園 岡山本店」 | トップページ | 一日12円で得られる安心? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

電子カルテが普及したおかげで、労働基準監督署に限らず調査がしやすくなっています。
病院を経営する側としては頭の痛い問題でしょうね。

投稿: クマ | 2016年12月12日 (月) 17時29分

病院によってはタイムカード等があっても医師は使うなと言う施設もあるそうで、そうした場合タイムカード代わりに電カル記載と言うのはありかも知れません。

投稿: 管理人nobu | 2016年12月13日 (火) 14時17分

うちの研修医。労働時間管理のためにタイムカードを導入したら「採用時にそんなことをやるとは聞いてない。面倒くさいからやりたくない」と言ってきた。

自分たちの身を守るためにも必要なことですらめんどくさいからやらない奴って絶対事故起こすから関わらないようにした。

投稿: | 2016年12月13日 (火) 20時42分

そんなやつ潰しchinaヨ

投稿: | 2016年12月14日 (水) 08時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/64612563

この記事へのトラックバック一覧です: 労基署が医療現場に対しても本格稼働体制に突入か:

« 今日のぐり:「中華園 岡山本店」 | トップページ | 一日12円で得られる安心? »