« 医師偏在対策、各方面からの提言が続々と | トップページ | 劣悪な労働環境のトップに立つあの業界で改善が進まない構造的背景 »

2016年11月 1日 (火)

大口病院に行政指導、その実効性には疑問符だが

先日発生した横浜での点滴異物混入による殺人事件の余波が未だ続いているところですが、これに関して一方の当事者とも言える横浜市がこんな事後対策を指示していると報じられています。

防犯カメラ増設、看護師増員など13項目の行政指導 大口病院臨時立ち入り検査で横浜市が結果を公表(2016年10月30日産経新聞)

 横浜市は28日、点滴治療中の入院患者2人が中毒死した大口病院(同市神奈川区)の事件を受けて11日に行った臨時立ち入り検査の結果を公表し、看護師の増員や防犯カメラの増設など計13項目について行政指導した。市は、11月18日までに改善報告書の提出を病院に求めている。

 市によると、臨時検査の結果をふまえ、事件が解決し、病院の安全確保のめどがつくまでの間、薬品や点滴などを収容する「救急カート」の施錠管理や、ナースステーションが無人にならないよう常駐看護師を増員するほか、入館者に対する面会証の導入、防犯カメラのさらなる増設などの対策を求めた。

 今回の検査で、病院側から職員間で人間関係のトラブルがあったとの報告に加え、院内で殺人事件が起きたこともあり、職員のストレスチェックをするよう指導した。


患者中毒死の大口病院に改善指導 横浜市(2016年10月29日日本経済新聞)

 横浜市の「大口病院」で入院患者2人が中毒死した事件で、市は29日までに、臨時立ち入り検査の結果を病院側に通知した。計13項目について行政指導した。うち5項目は事件に関連して安全管理体制の改善や対策強化を求める内容

 5項目は「ナースステーションが無人にならないように看護師を増員する」「医薬品や注射器を載せる無施錠式の『救急カート』の管理体制改善」など。いずれも医療法上の問題はないが、事件が解決するまで対策をとるように求めた

 また、カルテの管理方法など、医療法に基づいた3項目についても新たに改善を求めた。

 横浜市は事件前の9月2日に同病院に定期立ち入り検査をしたが、事件を受け、10月11日に臨時の立ち入り検査を実施した。

事件が解決するまでの一時的な対策と言うことですが、事件が仮に解決したとしても対策を中止し元に戻すと言うのも現実的には難しいだろうと考えると、実際のところは恒久的な対応に準じたものと考えるべきなのかとも思うのですが、さてこれらの対策でどれほど効果があるものなのかが注目されますね。
個人的に気になったのが看護師増員を求めるものと報じられていて、スタッフのストレスなどが報じられていたことからそちらへの対策としてのことなのかと思っていましたら、ナースステーションが無人にならないように看護師を増やすと言うのもどうなのかで、そもそも夜間も含めて無人化を阻止すると言うことであれば相当数の看護師を増やさなければ意味がないことでしょうね。
現実的には防犯カメラの設置や点滴管理体制の改善などが中心になるかと思うのですが、これらも言ってみればすでに各方面から指摘されている程度のことであり、これで犯行をあきらめる程度の相手であればいいのですが、悪意をもって侵入してくる相手への本質的な院内の危険対策としてはあまり効果的とも思えないようには感じます。

前回にこの大口病院の話題を取り上げた際にも安全確保に要するコストを誰が負担するのかと言う意見がありましたが、保険診療でやっている限り原則的に収入は限られたものでどこも余裕などないはずですから、よほどに経営のしっかりした施設でなければ諸外国の病院のような本格的なセキュリティー対策も難しいのではないかと感じます。
とは言えハードウェアやシステム面での整備以前に職員各人のセキュリティ意識の面で医療機関はまだまだ未熟に過ぎると言う指摘もあって、未だに患者の個人情報流出などがたびたび報じられる点を見ても耳が痛い話なのですが、少なくとも夜間時間外などは人の出入りをチェックするくらいのことはあって当然でしょうし、現場の利便性もさほどに損なわれないで済みそうです。
例えば今後万一院内で犯罪的な行為が発生した場合、こうした過去の事例に照らし合わせて妥当な対策を取っていなかったと判断されれば病院側に損害賠償が命じられる可能性もありそうですから、全国の施設管理者の方々はこの際自施設のセキュリティー対策についてもう一度検討してみた方がいいかも知れませんね。

|

« 医師偏在対策、各方面からの提言が続々と | トップページ | 劣悪な労働環境のトップに立つあの業界で改善が進まない構造的背景 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

とりあえずはまずまず妥当な落としどころなんですかねこれって?

投稿: | 2016年11月 1日 (火) 08時34分

救急カートって危険な薬剤がしまってあるので確かに施錠すべきなんですけれども、
鍵が開かなくて救急カートが使えなかった経験をしているので、あんまり施錠したくないんですよね・・・

投稿: クマ | 2016年11月 1日 (火) 08時37分

ナースステーションに常時座らせとくだけなら看護師じゃなくていいはずだが。
というか看護師だとついつい他の仕事をしてしまうだろうから看護師じゃないほうがいいと思う。

投稿: JSJ | 2016年11月 1日 (火) 08時39分

医療現場の場合何が正当な業務なのかと言う判断が難しい場合も多いので、素人要員では監視の役割を果たせない可能性もあるのかなと思いますね。

投稿: 管理人nobu | 2016年11月 1日 (火) 10時51分

昔、ウチの院長先生が言ってたけど、医療従事者がその気になったら絶対こういうのは防げないんだって。「対策をとってなかったら病院の責任」とかしたら、どんどんギスギスした社会になっていくので、まずは犯人を捕まえて、粛々と法の裁きを受けてもらうということでいいのではないでしょうか。

投稿: ふぉれすと | 2016年11月 1日 (火) 12時07分

猟銃持ったストーカーが殴り込んだ九州の某スポーツセンターも監視カメラ増やしたけど…ねえw?

>常駐看護師を増員する

なり手がいますかねえ…。

>まずは犯人を捕まえて

犯人がなかなか捕まらないからこうやってお茶を濁してるのでわ…?

投稿: 10年前にドロッポしました。 | 2016年11月 1日 (火) 12時32分

田舎の公立病院だったらもっとすごい改善策が飛び出してきたんだろうなあ

投稿: | 2016年11月 1日 (火) 13時09分

Колокол-1 

投稿: | 2016年11月 2日 (水) 13時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/64420671

この記事へのトラックバック一覧です: 大口病院に行政指導、その実効性には疑問符だが:

« 医師偏在対策、各方面からの提言が続々と | トップページ | 劣悪な労働環境のトップに立つあの業界で改善が進まない構造的背景 »