« 今日のぐり:「草戸庵」 | トップページ | 外国人がタダ同然の医療を受けられる抜け道 »

2016年11月24日 (木)

ヌーハラなる言葉を流行させようと言う動きあり

本当なのか嘘なのか何とも言いがたいのですが、最近こんな妙な話が話題になっているようです。

“ヌーハラ”ってどういう意味? 日本特有の新たな「ハラスメント」誕生が物議(2016年10月24日GETNAVIweb)

昨今は“ハラスメント”の種類がどんどん増えてきている。SNSで“いいね”などを強要する「ソーシャルメディア・ハラスメント(ソーハラ)」、企業が内定を出した学生に就活をやめるように強要する「就活終われハラスメント(オワハラ)」といった変わり種まで出始めた。そして最近では、「ヌーハラ」というこれまた聞き慣れないハラスメントが登場し、物議を醸している。

「ヌーハラ」っていったい何?
Twitterのとあるユーザーが「ヌードル・ハラスメント」、略して「ヌーハラ」が日本には存在すると指摘した。このユーザー曰く、「ヌーハラ」とは「日本に来た外国人が日本人が“ズズズ”と麺をすするのを聞いて、精神的苦痛を感じる状況」とのこと。
他にも「日本のラーメン屋の大半は豚肉を具材かスープに使用しているため、豚肉を食べないムスリム(イスラム教徒)がかわいそうだということ」「外国出身の子供が学校で麺をすすれずにからかわれること」「カレーうどんを食べる白い服を着た客にエプロンを提供しないこと」なども「ヌーハラ」だと主張している。

麺を“ズズズ”とすすってはダメなのか?
確かに外国の多くでは、食事中に音を立てることはマナー違反だとされている。だが、日本では音を立てて麺をすする行為は何も問題なく、昨今では「日本にはそのような文化がある」と外国からの認知も高まってきている様子。
海外の声をネット上で見てみると、たしかに麺をすする音を不快だと感じる人もいるようだが、「別に音は気にならないな(カナダ人)」「地元のヌードルバーでもすすっている人はいるよ(イギリス人)」「すするのは好きだけど、スープが顔にかかっちゃうのが嫌なんだよね(ドイツ人)」と“気にならない派”も多い模様だ。
また、多いのが「日本の文化だから、日本ではすすっている人を見て笑っちゃだめだよ」という、文化の違いには口を出すべきではないという意見。他にも日本に来た外国人が「麺をすすってみたい!」とチャレンジしたりと、少なくとも日本では外国人の多くが麺をすすることに寛容であるように見える。
今回の「ヌーハラ」論には、「考えすぎ」「文化を否定することこそマナー違反」「昨日そば屋で隣に座ってた外国のご老人夫婦はすすってたぞ?」と批判の声が多いようだ。


「麺を音を立てて食べてはいけない」への大反発 「ヌーハラ」なんてものが本当にあるのか(2016年11月19日J-CASTニュース)

   「ヌードル・ハラスメント」(ヌーハラ)といった新語が独り歩きしている。ヌードルは蕎麦やラーメンなどの麺で、ハラスメントは人を困らせる事、嫌がらせといった意味だ。外国人には麺をすするといった習慣がないため、すする音を聞かせて不快な思いをさせないよう、音を立てずに食べるべきだ、という主張が裏にはある。
   これについてネット上では、日本の伝統的な食べ方であり、すすることで美味くなるよう調理されているわけだからハラスメントには当たらない、と大反発が起きている。

スエーデンから来た老夫婦は「ブタよ!」
   「ヌーハラ」という言葉が広がったのはこんなツイッターでのつぶやきからだと言われている。「世界が激怒する日本の『ヌーハラ』」というタイトルで、

    「欧米では音を立てずに食事することを子供の頃からしつけられてます。しかし日本では『ズズーズ』と野生動物のように音を立てて食べることを強制されます。それが欧米人からすれば差別以外の何物でもありません」
    「2020年のオリンピックに向けて一刻も早くこの『ヌーハラ』を地上から撲滅するべしです。まずは『世界的に正しい麺類の食べ方』を日本政府が啓蒙して日本人の意識改革をすすめることが早急の課題なのです」(編集部で一部修正)

などと2016年10月中旬から主張が始まり、まとめサイトも登場した。

   16年11月16日には、フジテレビ系情報番組「とくダネ!」で、「日本人VS外国人『ヌーハラ』論争」という大特集を放送し、この言葉を一気に全国的に広めた。蕎麦やラーメンをすする音はほとんどの外国人にとって耐えられないほどの不快な音だとし、番組スタッフがラーメンを食べる映像と音を外国人観光客に見せると、スウェーデンから来た老夫婦は「ブタよ!」と一喝した。エストニアの男性は、「音を出して食べたら、幼稚園で、ちゃんとした教育を受けてないと言われるよ」と語った。イタリア人の彼氏がいる日本人女性は音を立てて麺を食べる事をやめた。それは彼氏から「隣の部屋に行って食べてくれ」と言われたからだとした。
(略)
   「ヌーハラ報道」が増えるにつれ、ネット上でも、そもそも「ヌーハラ」というものが実際に存在しているかも分からない、といった意見とともに、「ヌーハラ」騒動に対する批判が増え始めた。このような言葉を流行らせようとしている人たちには、何か日本に対する悪意を感じるとし、ネットの掲示板には、

    「おもてなしを一方的に外国人サマへの譲歩と捉えている向きがある。自国の風俗習慣を『殺す』たくらみとしか思えない」
    「なんでもかんでも外人に配慮配慮ってうぜーんだよ、ここは誰のための国だよ」
    「こういうことが話題になるのは日本だけだろ。よその国で、外国人観光客が不快な思いをするから昔からある伝統を変えようなんて話が出ることがあるか?」
    「外国人に対して ソバの『伝統的な食べ方』を教えるのが 正しいおもてなしの心だろ」

などといった書き込みが並んでいる。

まあ誰が麺のすすり方を強要しているのか存じ上げませんですが、この手の主張は昔から絶えたことがない話で、特に食文化の面に注目しても日本でも外国人から批判されるからクジラを食べるのはやめるべきだと主張する人が一定数いますし、お隣韓国でも同様にイヌを食べるのはやめようと言う主張もあり、これまた五輪などの国際的イベントを機にと言った枕詞がつくことも共通していますよね。
特定文化においては不快に思える行為があるなら、特定文化においては快適に思える文化もあるわけで、我々はヌーディズムの信奉者だから東京の街中も裸で歩かせろと言われても日本では禁止だとお答えするしかないと思いますが、何故か特定の文化圏に関わる主張だけがより重視される傾向があるように思えるのは気のせいでしょうか。
昔からヒンズー教文化圏では牛肉を食べるなどトンデモナイこととされているし、イスラム教文化圏では豚肉を食べてはいけないことになっていますが、東京五輪でこれら宗教の方々も沢山いらっしゃるから牛や豚を東京の街から追放しようなどと言う運動が拡がっている、なんて話は聞いたことがないですよね。

ちなみに日本でも麺類や汁物を食べるに当たって盛大に音を立てるのは別に行儀が良いとされているわけではありませんが、こと蕎麦に関しては比較的肯定的に捉えられる傾向にあるのは蕎麦文化圏の中心地であった江戸っ子気質に由来すると言う説に加え、風味を大切にする蕎麦の場合すすることで鼻腔に香りが抜けて蕎麦の風味がより楽しめると言う話もあるようですが、まあこじつけ臭い話ですよね。
ともあれ基本的にこの種の話に関してはそうした考え方の方々は多文化に配慮して行動いただければそれでいいんだろうと思いますが、当然ながら全くスルーしてしまえばいいと言うのとは異なる話で、こうした考え方を当たり前のものとして持っている外国人の方々に対して日本のヌードルの食べ方はそうなのだと説明しておく方が余計な文化摩擦を生まないだろうとは思います。
ただそれは別に麺を音を立ててすすることに限らずあらゆる文化の側面に関しての話で、例えば茶碗など食器を持つと言う行為は日本では正しいマナーですが多くの国では不作法とされているように幾らでも文化的差異はあるものなので、恣意的に特定の習慣の違いだけを取り上げてこれはあり、これは駄目と大騒ぎすると言うのも何かしら理由があってのことなのでしょうね。

|

« 今日のぐり:「草戸庵」 | トップページ | 外国人がタダ同然の医療を受けられる抜け道 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

毛唐に我が国の風習について四の五の言われる筋合いは無い!って前提の元ですが、
でも実際には周りを見渡してみると、そんなに音を立てて食している方はいないような。
これは私が関西住まいで饂飩文化圏だからでしょうか?
細い麺だと音が出るのかなあ、でも素麺も音を立てては食べないしなあ…
ちなみに西陣の下町育ちなので決してお上品な氏素性ではないです。

投稿: | 2016年11月24日 (木) 07時53分

煽り入ってるしネタなのかなって気がしますけど。

投稿: ぽん太 | 2016年11月24日 (木) 09時08分

この件とは関係ないと思いますが、確か我が国の伝統文化を破壊する事を是とするイデオロギー勢力がありましたよね、お茶碗を持つ側でしたっけ?
いえ、この件とは全く関係ないと思いますが。

投稿: | 2016年11月24日 (木) 09時42分

この食べ方の素晴らしさがわからないなんて、というのは
納豆など外国人に無理目なものをわざと食べさせて、やっぱり無理よねと確認して喜ぶのと似てる
この食べ方の素晴らしさが分からない奴、を差別するのが楽しいんだよね、きっと

投稿: | 2016年11月24日 (木) 09時46分

差別の第一歩とは差異への特別視なので、いわゆる逆差別問題なども本来当事者が不満の声を上げるべき問題なのかも知れませんね。

投稿: 管理人nobu | 2016年11月24日 (木) 14時49分

デマ
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20161121/dms1611210830002-n1.htm

投稿: | 2016年11月25日 (金) 20時48分

正体まで判明
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1611/29/news047_2.html

投稿: | 2016年11月30日 (水) 21時43分

>http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1611/29/news047_2.html
>>日本人に「米を素手で食べることについてどう思いますか?」と質問すれば、ほとんどの人が「汚い」とか「下品」と答えるだろう。

おにぎり「」

投稿: 10年前にドロッポしました。 | 2016年12月 2日 (金) 11時08分

↑屁理屈

ご飯を手づかみとおにぎりは違うやろ
それを言うならせんべいも「米を手づかみ」だし

投稿: | 2016年12月 2日 (金) 13時38分

>日本人に「米を素手で食べることについてどう思いますか?」と質問すれば、ほとんどの人が「汚い」とか「下品」と答えるだろう。

比較的多くの日本人は、「インド人ならごはんを手づかみで食べるんじゃないか」と考えるわけで(正しいかどうかは別にして)、
そういう人たちが素手で食べることを「下品」と表現するとは考えにくいです。

投稿: クマ | 2016年12月 3日 (土) 08時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/64533767

この記事へのトラックバック一覧です: ヌーハラなる言葉を流行させようと言う動きあり:

« 今日のぐり:「草戸庵」 | トップページ | 外国人がタダ同然の医療を受けられる抜け道 »