« 救急車を呼ぶ件数自体も増えているのですが | トップページ | 速報)SSは捕鯨への妨害行為を永久に行わない »

2016年8月23日 (火)

古くて新しい医療サービス

また新たな医療サービスが登場したと言うニュースが出ていたのですが、まずはこちらの記事から紹介してみましょう。

電話1本で…夜も自宅に来てくれる!?新医療サービス(2016年8月09日テレビ東京)

 東京・世田谷区のアパートの一室にみなとホームクリニックがあり、医師である名倉義人さんは救命救急、菊池亮さんは整形外科を専門とする。2人は全国初の医療サービスを立ち上げ、コールセンターから連絡を受けるとセンターに電話した患者宅を訪い、診察、薬の処方まで行う

 夜8時過ぎに診察依頼の連絡を受けた菊池さんは約40分で谷口佳央理さん宅に到着。警察から許可証を得ているため、路上に駐車できる。谷口さんによると生後9か月の娘の体調が芳しくないといい、菊池さんは心音、喉を確認し、軽度の風邪と診察、交通費のみの1400円を請求した。サービス料は東京23区の場合、中学3年まで医療費は無料で、高校生以上の医療費は交通費+診察料の保険適用3割負担となっている。

 総務省の調べで救急車の出動件数は年々増加し、昨年は過去最高を記録。出動にかかるコストは1台4万円以上で、地方財政を圧迫している。新たなサービスはコスト削減に繋がると期待されているが、医師の数は5人しかいないため依頼が重複すれば往診を断らざるをえない。菊池さんは、今後は人材を増やし、往診文化を根付かせれば、軽症患者は往診を選択してくれると思うと期待を寄せている。

 飯田展久氏は、電話1本による往診システムが根付くことで軽症患者に対応できるようになることについて、患者側としてもニーズがあり、23区内には入院を必要としない程度の人のための医療機関が19ヶ所しかなく、22時までだと指摘。このシステムは夜間に体調を崩した人には必要なサービスだと思うと語った。

実は昔ながらの往診と言うシステムそのものではないかと言うことなんですが、こうした需要が一定数あることは当然理解出来るのですが、興味深いのはどうやらクリニックとしての実態を持たず往診専門にやっていると言うことで、今の時代に大きな設備投資を伴う新規開業ではなかなか経営を黒字化させることが難しいと言いますが、この方法であれば初期投資は最小限で済みそうですよね。
気になるのはサービスにかかる費用が非常に安いと言うことですが、もちろん保険や公的な補助から収入としてはそれなりにあるのでしょうが、交通費程度のコストで済むとなれば幾らでも需要はありそうですし、実際に記事を見る限りでは依頼が重複し断らざるを得ないほど繁盛しているようです。
夜8時に出動と言うことはおそらく交替勤務制なのでしょうが、医師5人と言えば相当なマンパワーのように見えても法定の週40時間労働ですと平均1.5人が勤務していると言う程度にしか過ぎず、往復の移動時間などで無駄も出ることを考えると実のところクリニックを構えるよりは効率は悪いのかも知れませんね。

こうしたサービスでどの程度の医療が提供出来るのかですが、昨今では持ち運んで使えるスマホスタイルのエコーなど様々な小型軽量の医療機器がありますし、そもそも診察してこれは状態が悪いと判れば病院に行けと指示すればいいわけですから、昔ながらの聴診器一本で案外ほとんど事足りているのかも知れません。
往診ですから検査や治療にしろ過剰に行うと言うことはなかなか考えにくいもので、お金を出す保険者や行政の立場としてもこうした安上がりな医療サービスが充実することで従来の救急隊出動から救急病院搬送と言うフルコースの医療が抑制出来ると言うことであれば、相当な補助金を出してでもコスト的には安く上がると言う計算も成り立ちそうですね。
問題はこうした医療を全国展開するにあたってそこまで従事する医師が確保出来るものなのかですが、これも道具の進歩で例えば手が空いていて応需可能な医師がその都度スマホのアプリを立ち上げておけば、その時間だけコールが来ると言ったシステムは可能でしょうから、案外古くて新しい往診と言うスタイルにも大きな将来性があるのかも知れません。

|

« 救急車を呼ぶ件数自体も増えているのですが | トップページ | 速報)SSは捕鯨への妨害行為を永久に行わない »

心と体」カテゴリの記事

コメント

利幅は薄そうだけどコストもかからなそうですね。
開業のスタイルとしちゃリスクは少ないだろうけど何も出来なさそう。

投稿: ぽん太 | 2016年8月23日 (火) 09時44分

ゲートキーパーとして受診抑制に貢献する可能性もある一方で、単に余計な一手間が増えただけになる可能性もあるわけです。
コスト抑制効果もさることながら、医療全体で見て必要なリソースが減るのか増えるのかと言う点も検証してみたいですね。

投稿: 管理人nobu | 2016年8月23日 (火) 12時29分

薬はどうやって処方するのかと思ってHP見たら応急的な薬だけ出して、あとは24時間営業の調剤薬局に宅配させるみたいですね。なんか、都会だからできる商売なのかもしれませんね。
でも、HPにリンクを貼ってまで特定の薬局を紹介しちゃってますけど、療担規則違反にならないのでしょうか。

投稿: bob | 2016年8月24日 (水) 17時03分

そう言えば無料レンタルサーバーでHPつくった場合に勝手に表示される広告は違反になるのかな?

投稿: | 2016年8月24日 (水) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/64091513

この記事へのトラックバック一覧です: 古くて新しい医療サービス:

« 救急車を呼ぶ件数自体も増えているのですが | トップページ | 速報)SSは捕鯨への妨害行為を永久に行わない »