« ウエストサイズに一喜一憂する方々への悲報 | トップページ | 今日のぐり:「うなぎ料理 くりはら」 »

2016年8月 6日 (土)

その昔「クロスゲーム」と言う漫画がありました

この時期は高校野球に注目が集まるところですが、先日出ていた短い記事が思わぬ世間の反響を呼んでいます。

大分の女子マネが甲子園のグラウンドに 大会関係者慌てて制止(2016年8月2日デイリー)

 第98回全国高校野球選手権大会の甲子園練習が2日、甲子園球場で行われ、大分の女子マネジャーがユニホームを着てグラウンドに立ち、大会関係者から制止される一幕があった。

 大会規定では危険防止のため、グラウンドに立つのは男子のみと明記されている。甲子園練習も準じる形になるが、手引きには男女の明記がなく、ジャージーでの参加は禁止、ユニホーム着用とだけ書かれていた。そのため廣瀬茂部長は「私が勘違いしていました。彼女は一生懸命頑張ってきたので、グラウンドに立たせてあげようと思って…。本当に申し訳ありません」と女子マネジャー・首藤桃奈さん(3年)のユニホームを新調し、甲子園練習に練習補助員として参加させた。

 守備練習では慣れた手つきでノッカーへボールを渡し、約10分が経過した頃、大会関係者が気づいて制止。首藤さんは「やっぱりダメなんだと思いました。いつもやってるんですけど、甲子園ということで緊張して手が震えました」と言う。

 大分は中高一貫教育で、首藤さんはクラシックバレエを専門としてきたが、中学校の卒業式で答辞を読んだ際、「私がマネジャーになって甲子園に連れて行きます!」と宣言した。クラシックバレエの道を断念し、野球部のマネジャーに就任。1年夏に初出場を果たし、3年生になった今年、再び聖地へ戻ってきた。

 「1年生と3年生では違いますね。私的には両方とも連れてきてもらっているんですが、みんな同級生で家族みたいなものなので。プレーを見ていると心配になります」と語った首藤さん。ベストセラーとなった「もしドラ」の主人公・川島みなみをほうふつとさせる敏腕マネジャーは、ベンチから選手の動きに目を配っていた。

女子マネ制止にネット炎上 為末氏も「世の中と最もずれている競技になりつつある」(2016年8月2日デイリー)

 全国高校野球選手権大会の甲子園練習で2日、大分の女子マネジャーがユニホームを着てグラウンドに立ち、大会関係者から制止されたアクシデントに、ネットでは「いつの時代のルール?」「時代錯誤」「男子なら危険でも構わないのか」など、その対応に非難が殺到している。
(略)
 これにネット上では大会運営側に非難が殺到。口からトランプを出すマジックが有名なマジシャンのふじいあきらは「これってなにがいけないの?危険って性別関係無いじゃん。即刻見直すべき」とツイート。元五輪アスリートの為末大氏も「世の中と最もずれている競技になりつつある」、脳科学者の茂木健一郎氏もツイッターで「『丸刈り』を含め、謎の様式美、禁則が多すぎますね」と、首を傾げた。

 そのほかにも「始球式に女性が何度も立っているのになんでだ」「おにぎりだけ握ってろってか」「もし彼女が『私は男子だ』と言い張ったら身体検査でもする気か」「危険防止のためということだが、だったら尚更、規定通りユニフォーム&ヘルメットを着用していれば問題ないのでは?」「相撲か」など、批判ツイートが殺到していた。

記事を見ますと日常的に練習の手伝いを行っていたようで、その意味ではこうしたことに慣れていると言えなくもないのでしょうが、もちろん練習中の事故と言うものはいつ起こるか判らないと言う点で無闇に立ち入るべきではないのは当然でしょうが、気になるのは部外者でも素人非経験者でもなく女性であるから立ち入り禁止だとされている点ですよね。
当然ながらこれは時代錯誤の男女差別ではないかと言う声が出てくるわけですが、仮に事故でも起ころうものなら男性よりも女性の方が損害賠償金が高くなるのではないかと言う穿った見方もある一方で、これは男であればどんなドシロウトだろうが立ち入りを許されるのは男なら怪我をしても構わないと言う男性差別であると言う声もあるようです。
強いて言えば高校野球は男子限定で女子の参加は認められていないことから、男の大会に女が立ち入ってはならないと言うことは言えるかと思いますが、そもそも女子の参加を認めないと言う事自体が時代錯誤ではないかと言う意見もあるように、投手の連投問題などかねて指摘されてきた高校野球の諸問題とあわせて一斉に批判の声が上がっているようです。

別な学生スポーツの例ですが、試合中の危険を防止するため一定程度の経験がない者は試合参加させないと言うルールを設けている場合もあって、事故防止対策はどのスポーツにおいても重要なことであるのは言うまでもなく、熱心にマネージャーをやってくれたのだからと言ったご褒美的な感覚で素人が立ち入ると言うのは制限されてもやむを得ない場合があるかも知れません。
ただ一部の方々に見られるように硬球の危険性を理由に規制が必要であると主張するのはそれなりに理解出来るのですが、不慮の事故の危険性を訴えるなら男なら事故が起きてもいいのかと言う反論も成り立ちますし、事実学生スポーツでの事故が訴訟沙汰につながることも今や少なくないのですから、規制をするには誰が対象になるのか、その根拠は何なのかと言うことが問われているのだと言うことです。
試合には出なくても女子の野球経験者など素人ではない人もいるわけで、そうした方々も一律に性別を理由にして立ち入りを規制されるのはやはり釈然としないものがありますが、あくまでも事故防止対策であると言うことであれば野球の場合も一定の経験の有無による制限やヘルメット着用などの安全防止対策の義務付けなど、より合理的と思われるルールを用意した方が世間の理解は得られるのでしょうね。

|

« ウエストサイズに一喜一憂する方々への悲報 | トップページ | 今日のぐり:「うなぎ料理 くりはら」 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

大学の頃に吉川英治の新平家を読んで薙刀をやってみたいなと思った僕は
住居地の薙刀協会みたいな所に電話をした訳です。
そのおり怖そうな婆さんと思しき女性に
「薙刀は女子教育の一環であり男子に教授することは金輪際あり得ない!」と
ガチャ切りされたっけ。。。 今から30年ほど前の話です。

投稿: | 2016年8月 6日 (土) 07時34分

なぎなたは歴史的な経緯ってものもあるからなあ
野球って昔から女人禁制だったっけ?

投稿: | 2016年8月 6日 (土) 08時30分

漫画「あさひなぐ」では男子もやってましたが…。
それはそうと夏の甲子園は児童虐待だから禁止にすべきw

投稿: 10年前にドロッポしました。 | 2016年8月 6日 (土) 09時53分

ぶっちゃけマネージャーの子がちょっとかわいかったから盛り上がったんだと思う

http://goo.gl/PtWiwu

投稿: | 2016年8月 6日 (土) 10時00分

>男子に教授することは金輪際あり得ない!
助産師会?

投稿: | 2016年8月 6日 (土) 14時44分

そゆこと言ってガチャ切りするひとのやってる教育ってどうなのよ

投稿: | 2016年8月 6日 (土) 18時46分

本当に若者の体のことを考えているのなら猛暑の中で連投させないだろうと言う声は少なくないようですね。

投稿: 管理人nobu | 2016年8月 8日 (月) 13時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/64017190

この記事へのトラックバック一覧です: その昔「クロスゲーム」と言う漫画がありました:

« ウエストサイズに一喜一憂する方々への悲報 | トップページ | 今日のぐり:「うなぎ料理 くりはら」 »