« NIH指針公表で動物による臓器生産の時代へ? | トップページ | 教育へのこれ以上の投資は無意味か »

2016年8月16日 (火)

注)医療機関のウェブサイトは広告ではありません

基本的に医療機関は広告禁止だと考えていましたら最近は必ずしもそう簡単でもないようで、先日はこんなニュースが出ていました。

医療機関のサイト広告、規制違反に罰則も(2016年8月3日CBニュース)

厚生労働省は3日、医療情報の提供内容等のあり方に関する検討会に対し、医療機関のウェブサイトの取り扱いについて、新たな規制の内容をガイドラインで明確化するとともに、ネットパトロールによる監視体制を構築することを提案した。また、ガイドラインの規制順守を図るため、医療法を改正して違反に対する罰則を設ける考えも示した。【新井哉】

医療機関のサイトの表示をめぐっては、特に美容医療の分野で、自院のサービスなどを誇大にPRするケースが少なくなく、その情報をきっかけとして消費者トラブルが相次いで発生。都道府県や保健所設置市などに寄せられる相談や苦情なども後を絶たないという。

医療機関に関する広告は医療法上の制限があり、それに抵触した場合は罰則規定も設けられている。ただ、医療機関のサイトを医療法上の広告として扱うと、患者が知りたいと考えられる情報が得られなくなるといったデメリットを懸念する声が出ており、検討会で規制の範囲などを議論してきた。

この日の会合で厚労省は、これまでの議論を踏まえた方向性を提示。虚偽・誇大な表示が規制されない状態は適切ではないとの考えを示し、「不適切な表示を禁止する規制を新たに設けることとしてはどうか」と提案し、検討会の委員に議論を促した。

旧来のやり方としてのいわゆる広告に関してはきちんとルールもあり、今現在もそれなりに守られているのだと思うのですが、一方で新しいメディアとも言えるネットやSNSなどの世界においては必ずしも有効な規制が行われていないと言うことなのでしょうか、その背景には平成18年に行われた「ウェブサイトは広告ではなく情報提供」等とした医療法等の改正も影響しているようです。
これによってインターネット上での情報提供が認められたばかりか、都道府県などはむしろ積極的に医療機関の情報公開を進めなさいと言うことになったのは、医療機関選びに一苦労と言う国民目線で言えば当然の制度改定だとも言えるのですが、では何を乗せるかと言えばやはり実績や得意分野の話でしょうから、世間的な意味での広告と何がどう違うのかは微妙なところも多いのでしょうね。
実際に美容整形などを中心にして誇大広告めいた話でトラブルが相次いでいるのだそうで、こうしたことから今度は規制強化に舵を切るのもやむなしと言う一面もあるのですが、今や何の業界であれデータを挙げてアピールしなければ何も始まらないと言う時代に、さて医療機関だけは全くそうしたことをやってはならないと言う話が通用するのかどうかです。
そもそも組織としてのウエブサイトで何をどう規制しても、例えば院長が個人でやっているブログなどまで規制出来るのかどうかで、今の時代これらは簡単に相互に関連づけられるものですから、実際の方法論として規制の実を挙げようと考えるとこれはなかなか難しそうな話でもありますね。

厚労省も手をこまねいていたわけではなく平成24年にウェブサイトに関するガイドラインも作成していて、画像の修正加工や病気への不安を煽るような内容のものは規制されたと言いますが、他と比較して自らの優位性を示してはならないと言われても治療実績などを数字で出せばどうしても比較にはなるでしょうし、逆に何が施設としての売りなのか患者にも判らない話でしょうね。
世間で盛んに医療機関のランキング情報などが飛び交っているのもこうした相互比較の情報に対する国民のニーズを示していると言えますが、ただ数や成績だけでは技術的優劣は判らないと言うことは過去にも繰り返し指摘されてきたところで、誰でも出来る簡単な手術ばかり手がける施設よりは他では出来ない難手術を行う施設の方が、見かけの成績や症例数は下でも実際は格上だと言う考え方もあるわけです。
もちろん身近な医療機関として普段着の医療をしっかり確実にやっている施設の方がずっと需要が多いと言うことも事実で、要は医療機関は全てが同じではなくそれぞれが違うものなのだと言う大前提をどこまで認めてしまうかなのですが、全国どこで誰がやっても同じ報酬と言う皆保険制度の仕組みの中で、制度的にどの程度格差をつけていくべきかについてはこれまた議論も多いところでしょうね。

|

« NIH指針公表で動物による臓器生産の時代へ? | トップページ | 教育へのこれ以上の投資は無意味か »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ぶっちゃけ広告出してまで患者増やしたくないって勤務医の先生は思ってるんじゃ?

投稿: ぽん太 | 2016年8月16日 (火) 07時53分

とある開業医の先生はあえて看板の類は一切出していないそうで、ご近所の口コミ客ばかりで気安い診療をしていたのですが、引退を考え始めた今は患者も高齢化で程よく減ってきていて丁度良いペースでやれているそうです。

投稿: 管理人nobu | 2016年8月16日 (火) 12時41分

マッシー池田先生曰く、「わざわざHP見て来るようなめんどくさい患者を診たいか?オレはご免だぞw」

投稿: 10年前にドロッポしました。 | 2016年8月17日 (水) 13時02分

それ正論

投稿: | 2016年8月17日 (水) 14時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/64054311

この記事へのトラックバック一覧です: 注)医療機関のウェブサイトは広告ではありません:

« NIH指針公表で動物による臓器生産の時代へ? | トップページ | 教育へのこれ以上の投資は無意味か »