« 今日のぐり:「一心太郎」 | トップページ | 増えた癌患者は社会に帰ってくる道理 »

2016年7月18日 (月)

今日のぐり:「福龍」

宴の後のさみしさを「おもしろうてやがてかなしき鵜舟かな」と詠んだのは芭蕉ですが、現代においても「おもしろうてやがてかなしき」こんな記事が出ていました。

「俺の会社ブラック…」電車内のオッサン2人の会話がツラすぎる(2016年6月21日MAG2ニュース)

電車に乗っていると、他の人が話している会話を耳にすることもあるであろう。
Twitterユーザー・紅音ゼバス(@_zebasu_)さんが、隣にいたおっさん2人の会話を紹介してくれている。
それがこちら。

「俺の会社ブラックなんだよな…」
「色があるだけいいじゃないか」
「ああ、お前はむしょくか」である。

この会話はシュールすぎて笑えない!
「お前はむしょくか」が切なすぎる。
(略)

かつて過労死と言う言葉が日本独自の現象としてオックスフォード英和辞典に載ったなどと話題になりましたが、ブラック企業問題も現代日本を象徴する現象とも言えますね。
今日は色がついたり黒かったりで大変な世の労働者の方々を労い励ます意味で、世界中からその国らしいお国柄を示すニュースを取り上げてみましょう。

セレブの国アラブ、人工の山を作って水不足解決ってマジ?(2016年5月22日GIZMODOニュース)

節水なんてケチくさい、って感じなんでしょうか。
一瞬夏のトンデモSF映画かと思ったんですが、UAE(アラブ首長国連邦)の水不足対策が、なんというかさすがです。なにしろ、雨を降らせるために、山を作ることを検討しているようなんです。って、そんなの効果あるのかっていうと、一応ありそうではあるんです。ただその、供給される水の量を増やす手段に大金をはたくより、消費する量を減らす方が先じゃないかって話なんです。

山を作って雨を降らせるっていうのは、そこまでトンデモ科学じゃないようです。海からの湿った空気が人工の山にせき止められて、上空の冷たい大気で冷やされ、雲ができて、うまくいけば雨になって落ちてくるというわけです。こうして山の海側に雨が降り、反対側には雨が少なくなる現象は「雨陰(ういん)」と呼ばれています。
今は研究者たちがこの試みの実現可能性を判断しているところです。米国の大気研究大学連合と大気研究センターがこのプロジェクトのアドバイザーになって、「詳細なモデリング」をしているそうです。そこで検討した結果、やっぱり効率悪いからやめよう、となるかもしれません。多分そうなった方がいい気がします。

確かに、中東の広い範囲では今深刻な水不足です。最近の報告では、中東の一部では気候変動の影響で気温が高くなりすぎ、2050年までには人が住めなくなるとまで言われています。だからこれから数十年、状況は悪くなるばかりなんでしょうね。
でもUAEでは住民に対してそこまで節水を呼びかけてもないのに、とりあえず札ビラで箱モノを作ればなんとかなるだろう、みたいな考え方はどうなんでしょうか。UAEがいかに水をじゃぶじゃぶ使っているか、International Business Timesがこんな数字を出しています。

    Federal Water and Electricity Authorityの調査によると、UAEの住人は1日平均550リットルの水を使っていると推定されている。国際平均は170~300リットル。
    Al Jazeera Centre for Studiesの報告によると、同地域での水需要は140%上昇しているが、水資源は「干ばつ、雨量低下、昨今の気象傾向によってすでに減少中」である。

つまりUAEでは、ひとりひとりが国際平均の2~3倍相当の水を使っているようです。ちなみに「水と安全はタダだと思ってる」と言われる日本でも、1日ひとりあたりの水使用量は300リットルだそうです。去年大干ばつに襲われた米国カリフォルニア州でも、ほとんどの地域で住民による節水が功を奏し、対前年比で23.9%も水の使用量を減らせたんです。

UAEといえばドバイなどにあるバブリーな建造物でよく知られていて、世界一高いビルもあるし、港にはヤシの木の形やらの人工島があふれています。
また、「高層ビル火災にジェットパック消防士」みたいな、一見未来なんだけど効率的にどうかと思われる解決策を編み出す傾向があります。そういう意味で、水不足の対策で山を作るというアイデアは、UAEのブランド的にはぴったりです。実際その山ができたとしたら、一大観光スポットになりそうです。
ただやっぱり、クラウドシーディングもそうですけど、物事には順番があると思います。仮に山を作ったとして、さらに水が足りなくなったらどうするんでしょうか? もうひとつ山を作るんでしょうか?

まあ日本人もバブリーな時代には賽の河原に石を積み上げるようなことを延々とやって喜んでいたわけですから、これを愚かしい無駄遣いとは一概には言えないとは思いますけれども、ねえ…
独裁者と言えば人並み外れたスーパーマンでなければならないと言うことでしょうか、その大変さが判るこんな記事が出ていました。

金正恩氏は3才で「射撃の名手」だった?…驚愕すべき北朝鮮の新教科書(2016年07月16日デイリーNK)

    南朝鮮(韓国)に住むチャドリは、米帝オオカミ野郎に反対するビラを撒きました。ビラは1束に25枚。初日には20束撒き、次の日には24束を撒きました。撒いたビラの数は全部で何枚でしょうか?

北朝鮮の教科書には、思想教育の教科書のみならず、算数や音楽の教科書にすら反米思想を刷り込むため、上のような過激な記述があった。しかし、最近の新しい教科書からは、こうした内容が姿を消したという。背景には、神聖な政治ポスターを粗末に扱うなど、意識変化が顕著な北朝鮮国民に対する思想教育や偶像化の効果がなくなっていることがあると思いきや、必ずしもそうではなさそうだ。
韓国の北朝鮮向け放送局「自由北韓放送」のキム・ソンミン代表は2014年から使われている北朝鮮の教科書を入手。それによると、「思想教育を減らし、実利を追求する傾向が強まっている一方で、金正恩党委員長への個人崇拝を強化する内容が増えている」と指摘する。
(略)
小中学校の夏休みが2週間、冬休みが6週間であることを考えると、週1時間の授業を受ける計算となる。そして、新しい教科書には、やはり以下のような金正恩氏の「超人伝説」が記されているという。

    ・金正恩氏は3歳の頃、1秒間隔で射撃を行い、10個の的に命中させた。 ・車で未舗装の道路を疾走した。 ・7歳の頃には時速200キロの超高速船を操縦し、外国のプロとの競争で2回も勝った。

3才で銃を扱うとは、銃規制問題で揺れる米国も真っ青な話だ。また、車で疾走したというが、足がアクセルやブレーキに届くのかという根本的な疑問が生じる。
(略)
誰もがウソとわかるつまらない偶像化教育にせっせと励む前に、故金日成氏、金正日氏から続く偶像化が、韓国や日本、そして世界の嘲笑の的になっていることを正恩氏自身が、一日も早く知るべきだろう。

と言いますか北朝鮮には運転免許の年齢制限と言うものはないのかですが、生まれついての独裁者ともなると何かと大変なのだろうなとも思いますね。
アメリカ人と言えば派手で賑やかなことが好きだそうですが、こちらやり過ぎるとこうなると言うニュースです。

「独立記念日をド派手な祝砲で」 手作り大砲が暴発し男性死亡(2016年7月7日Techinsight)

米国の市民が、この日だけは打ち上げ花火など派手に騒いでも良いとされるのが7月4日の「独立記念日」。今年もまた事故が各地で多発したもようだ。
ミシガン州ではなんと自身で大砲を作っていた男性が暴発により命を落としてしまった。『detroit.cbslocal.com』ほかが伝えている。

このほどミシガン州ニウェーゴ郡のクロトン・タウンシップで、アンソニー・ハーマンさんという46歳の男性が鋭い金属片が胸に突き刺さったことにより死亡した。
ミシガン州警察の発表したところによれば、ハーマンさんは「独立記念日」に祝砲を放ちたいとして自身で大砲を手作りしていたもよう。
前日である3日には一日中撃っていたが、午後10時46分ごろにそれが暴発しハーマンさん自身が被弾。午後11時半に死亡が確認された。

その大砲は鋼管製で長さが約30cm、直径が7.62cmといわゆる「超小型大砲」であったが、殺傷能力は相当なものであった。
ハーマンさんが倒れている付近一帯に金属片が散乱していたが、137m離れた民家の庭の洗濯物に弾丸の金属片が突き刺さったほか、183m先でも破片が発見されている。
大砲から13mほど離れたところにいたハーマンさんが死亡した以外、幸いにも負傷者は出ていないという。

そもそも手製の大砲を作ろうと言う姿勢がどうなのかですが、やはりいざとなれば市民が武器を手に立ち上がるお国柄とはこういうものなのでしょうか。
ドイツ人と言えば何事にも真面目な一方で性に関してはかなりアレなところがあるそうですが、その真面目でアレなドイツ人の小学校教育はこんな感じだそうです。

子どもの情事:独小学生、性生活の一幕を役で演じる(2016年06月20日スプートニク)

ノルトライン=ラインヴェストファーレン州で、「多様性の学校」教育プログラムの一環の新たな試みが提示された。ドイツ紙「ディ・ヴェルト」が報じた。

同性愛関係、トランスセクシュアル、また、様々な種類の非伝統的なセックスについて子ども達に語られる。教師には一連のワークショップを行うよう提案され、子どもたちは小規模な劇を演じる。

劇中シーンの模範的なテーマとしては次のものが提案されている:オーガズムと早期のオーガズム、サドマゾヒズム、アナルセックス、オナニーのための部屋だ。

ディ・ヴェルト紙が伝えるところ、プログラムの目的は、非伝統的な性的指向を持つ人々への敬意を子どもに教えることにある。

知識がないよりもあった方がいいのだろうと一般論としては思うのですが、こうして何事にも徹底的なドイツ気質が出来上がっていくのでしょうか。
イタリア人と言えば近代以降あまり勤勉なイメージは持たれていないところですが、そんなイタリアの公務員はこんな感じなのだそうです。

イタリア小都市、役所職員の半数が「ずる休み」で逮捕(2016年7月13日ロイター)

[ローマ 12日 ロイター] - イタリアのナポリ近郊にある人口1万1000人の小都市ボスコトレカーゼで12日、役所職員の約半数に当たる23人が「ずる休み」の罪で逮捕され、人手不足のため大半の業務が停止される事態となっている。

数週間にわたる捜査の結果、200件のずる休みが発覚。関与した人物は30人に上ったという。

警察が仕込んだカメラには、職員がタイムレコーダーで出勤記録を付けてから私用で職場を離れる様子や、複数のカードを機械に通して出勤していない同僚の出勤記録を付ける様子などが撮影されていた。

市長は地元テレビに対し「役所を閉鎖せざるを得ないだろう」と語った。政府は最近、ずる休みに対する取り締まり強化を発表しており、摘発された労働者は6─12カ月の停職処分を受けたほか、最終的に解雇の可能性もあるという。

しかし処分されて業務が滞ると言うことはそれなりに必要な仕事はしていたと言うことなのでしょうか、そもそも役人の数が適正だったのかどうかですね。
最後に取り上げるのはご存知ブリからのニュースですが、先日の国民投票が思わぬ形で影響を及ぼしているそうです。

EU離脱の影響? イギリスの2大公務員猫「首相官邸ネズミ捕獲長」と「外務・英連邦省ネズミ捕獲長」のバトルが勃発(2016年7月15日ねとらば)

 イギリスの2大公務員猫である「首相官邸ネズミ捕獲長」のラリーと、「外務および英連邦省ネズミ捕獲長」のパーマストンの緊迫した関係性が英メディアの注目を集めています。

 イギリスのEU離脱を主導した中心人物、ボリス・ジョンソン氏が7月13日(現地時間)、外務大臣に就任しました。それに伴い思わぬ場外乱闘が勃発。辞任したキャメロン元首相と共に5年間「首相官邸ネズミ捕獲長」として勤務してきた猫のラリーと、ボリス氏の新たなお膝元となった外務および英連邦省で「ネズミ捕獲長」を勤めているパーマストンが火花を散らす様子が激写されました。

 首相官邸と外務および英連邦省は隣接しており、2つの建物をつなぐ通路で両「ネズミ捕獲長」が最悪のタイミングで遭遇。BBC記者が撮影した映像にはお互い一歩も引かず、「ミ゛ャー……」と相手をけん制する様子が映し出されています。なお、ラリー(※非公式アカウント)はBBC記者のツイートに対し、「あいつが先に始めたんだ」と弁明ツイートを投稿しています。

 この他にもラリーがボリス氏の外務大臣就任について皮肉とも取れるツイートを投稿をしたり、パーマストンが「お隣さん同士仲良しだよ」とラリーとの関係性についてしらじらしいツイートをするなど、燃料は投下され続けています。

その仁義なき戦いの様子は元記事を参照いただければと思いますが、ちなみにこの両氏ともに元は野良から雇用されたのだそうです。
その辺りが彼らの縄張り…もとい、職業意識にどのような影響を与えているのかは何とも言いがたいのですが、取りあえず周囲としては黙って仕事をして欲しいところでしょうね。

今日のぐり:「福龍」

福山市街地の一画に位置するこちらのお店、昔から鶏の唐揚げで有名な老舗ですが、小さな店舗ながら相変わらず繁盛していらっしゃるようですね。
メニューを見て見ますと特に手の込んだものはなく、ラーメンに唐揚げ、炒飯が基幹メニューでそれらに一品組み合わせてセットメニューにしているパターンが多いようです。

と言うわけで今回はそれら全てが入っている半チャンラーメンBセットを頼んでみたのですが、ここのラーメンは備後地方では標準的なあっさり醤油です。
麺は老舗に良くあるちょっと微妙な茹で加減で、スープは弱いが醤油ダレとのバランスはまずまずと、単品で頼もうとは思いませんがこの種のセットの中では主張し過ぎない味でしょうか。
名物の唐揚げは大振りなカットが特徴で、下味や肉自体の味はさほどではないのですが、クリスピーな衣とパリパリの皮、その下のトロットした脂の食感はなかなかよく出来ています。
炒飯は見た目も味もプロの作った家庭の焼き飯と言う感じで、全般にどれも濃過ぎず美味過ぎないほどほどの味ですが、食べ飽きないのはこれくらいの味加減なのかとも感じました。

家族経営なのか接遇面は標準的な個人店レベルですし、設備の方も見た目の年式相応と言う感じですが、フロアの方はまだ若くて元気はいいんですが年期の入った厨房は大変そうですね。
ただでさえ暑い厨房内ですから、これからの暑い時期にお爺ちゃんお婆ちゃんが体調を壊しでもしたら大変そうですが、長年の愛用者のためにもくれぐれも御自愛いただければと思います。

|

« 今日のぐり:「一心太郎」 | トップページ | 増えた癌患者は社会に帰ってくる道理 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

福龍さんは エビフライ定食もオススメです!

投稿: | 2016年7月19日 (火) 07時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/63928436

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり:「福龍」:

« 今日のぐり:「一心太郎」 | トップページ | 増えた癌患者は社会に帰ってくる道理 »