« 今日のぐり:「大阪王将 福山平成大学前店」 | トップページ | 神戸・三宮の暴走事故も意識障害の結果だった可能性が浮上 »

2016年5月 5日 (木)

今日のぐり:「さんが」

先日こんなニュースが出ていた野をご存知でしょうか。

いい笑顔w消防士が警察官を“救出”した気まずい瞬間が話題に(2016年05月01日IRORIO)

市民の安全のために働いている、消防士や警察官。安全を守るため、時には厳しく市民を指導する立場でもある。
そんな立場にある者として、なんとも恥ずかしい事態を招いてしまった警察官たちがいる。
それが彼らだ。

エレベーターに閉じ込められた警察官

4月27日の午後1時ごろ、米ミズーリ州カンザスシティのポリスアカデミー内にあるエレベーターが故障し、閉じ込められた警察官を消防士が救出しているところをおさめた1枚だ。
警察官の何人かは、気まずそうにうつむいている。
それもそのはず。実は彼らは重量制限を無視して乗り込んでしまい、閉じ込められたのだ。
消防士への感謝の気持ちを込めてか、それとも自戒のためにか、4月28日、カンザスシティ警察署が公式フェイスブック上でこの写真を公開した。

2日間で4100以上のシェア

この写真は2日程度で9000件近いリアクションと、4100を超えるシェアを受けている。340を超えたコメントには、「おかしい」、「どことなくかわいらしい」という声のほか、「警察官もヒーローが必要ってわけね」、「今度は私も救出して!」などの消防士への声援が送られている。
救出された警察官にケガはなかったが、プライドは無傷では済まなかったようだ。きっとこれに懲りて、これからは安全基準を守るようになるだろう。

この無駄にさわやかな笑顔が何を意味するのかですが、やはりこういうことになるのでルールは守ることが大事なのでしょうね。
今日は無事救出された警察官達を祝って、世界中からこれはちょっと気まずいと言うニュースを紹介してみましょう。

連続強姦魔の男、携帯でポルノ動画を見ながら歩き、トレーラーにひき逃げされ死亡 米テネシー州(2016年3月27日ミラー)

ケビン・ジョーダン(55)は、テネシー州メンフィスでトレーラーにひき逃げされ、死亡しました。

ジョーダンは1994年、連続強姦犯として逮捕され、懲役25年の判決を受けて服役。刑務所内では素行良好であったため、刑期を短縮して2010年に釈放され、メンフィスに戻っていました。

警察によると、ジョーダンは歩きながら携帯でポルノ動画を見ていたため、トレーラーに気がつくのが遅れたとのこと。ひき逃げされた地点は1994年の連続強姦現場から数ブロックしか離れていませんでした。

90年代から収監されていたとすれば今の時代の動画見放題な環境にどっぷりなのも判る気がしますが、人生の最後としてはあまりに何とも言いがたい状況であったと言う気がします。
大きいことは良いことだと言うわけでもないのでしょうが、こちら世界最大の航空機が妙なところで話題になっているようです。

「なぜか"不適切な画像"に見えてしまう」 世界最大の航空機に戸惑う声が続出(2016年03月24日The Huffington Post)

イギリス南東部のショートスタウンで3月21日、「世界最大の航空機」とされるエアランダー10が公開された。AFP通信などが伝えた。

同機は、飛行船とヘリコプターと飛行機を組み合わせた航空機で、アメリカ軍のプロジェクトとして建造されたが、防衛費の削減に伴って運航が停止されていたという。今回、クラウドソーシングの資金調達で復活し、イギリス政府も出資した。

開発を担ったハイブリッド・エア・ビークルズによると、全長は92m。胴体は炭素繊維製で、ヘリウムガスで浮上する。325馬力のV8ディーゼルエンジンを4基搭載し、時速148キロでの巡航が可能。最高到達高度は最高6100メートル、5日間の連続飛行もできるという。

その独特な形状について、Twitterでは「なぜか“不適切な画像”に見えてしまう」「角度的に際どいとこない?私の心が汚れているからかな」などと戸惑う声が続出している。

その独特な形状については是非元記事の画像を参照いただきたいところですが、しかし世間にお披露目するにも何故か気まずさの残る形態でしょうか。
医療の世界においてもしばしば気まずい瞬間と言うものはあるものですが、こちら当事者としてはかなり気まずいものだっただろうケースと言えそうです。

必死の4日間の後、13個もの金属製ペニスリングをつけた男性が救助される(2016年3月18日gazoニュース)

 非常に精密で慎重な救助ミッションが、アングルグラインダーを使って行われました。

 13個の金属製セックスリングを自分のペニスに付けた男性は、それらを外すために消防士の力を借りなければいけませんでした。
52歳のフェチがおかしな方向に行ってしまった時、非常に精密で慎重な救助ミッションが行われました。

 4日間の間抜けなかったそうで、男性はパニック状態でドイツ内の病院に駆け込んだそうです。
しかし病院では対応ができなかったため、消防を呼んだと地元局は報じています。

 救急チームは1時間かけて、アングルグラインダーを使ってひとつひとつのリングを取り外すことに成功しました。
 「彼のペニスがどれだけ大きいのか予想はできないが、リングのサイズは豊富にあるため、相当大きかったのだろう」とベルリンのアダルトショップ店員は答えました。

何故?等々様々な疑問も抱くニュースではあるのですが、ここはそっとしておくのが優しさと言うことなのでしょうか。
こちらも医療絡みでかなりな気まずさを伴うニュースですが、さらに何故か全世界に公開されてしまっていると言う二重苦をもたらしているそうです。

約45cmの芋が肛門から抜けず、なぜか動画公開され「痛たたた」の声。(2016年4月8日ナリナリドットコム)

コスタリカの首都サンホセにある病院に、先日、55歳の男性が緊急手術を要するとしてやってきた。この男性、自分の肛門に直径8センチ、長さ45センチのキャッサバ芋(タピオカの原料)を入れて楽しんでいたところ、抜けなくなってしまったのだという。

危険な状態の男性に、病院側はすぐに対応。肛門や腸が傷ついていたため再建手術が1時間ほど行われたが、直腸などは貫通しておらず、幸いなことに重篤な状態とはならなかった。

なお、立派な芋を引き抜く場面は、なぜか動画(https://www.youtube.com/watch?v=CJV_xIERJng)に撮影され、メディアを通じて世界に公開されている。

この一件は、コスタリカの地元紙などが取り上げると、欧米各メディアも報道。ネットでは「そこは入り口でなくて出口だから」「痛たたたた」「この人この状態で自分で病院に行ったんだ…人体ってすごい」「税金で手術費が出ているわけだからちょっと許せないな」といったコメントが寄せられている。

その模様は動画からも参照できるところですが、まさしく人体の神秘と言うものを感じずにはいられない症例ですね。
基本的には良い話ではあるのですが、一部の人にとっては何とも気まずいと言うのがこちらのニュースです。

村で“天使”と崇められた人形 ダッチワイフだった!(2016年05月02日テックインサイト)

日食の数日後、インドネシア・スラウェシ島東部にあるバンガイ島の村の漁師が海で見つけたのは等身大の美しい人形だった。『dailystar.co.uk』が伝えている。

イスラム教徒にとって“日食”はアッラー(神)の力の偉大さを証明できる特別な行事として捉えられており、各地のモスクで礼拝が実施される。島の人口の大部分がイスラム教というバンガイ島の漁師、パーディンさん(21)が等身大の美しい女性の人形が漂流しているのを見つけたのは、3月9日の日食から3日後の12日だった。日食直後だったこともあり、パーディンさんは“この人形は空から遣わされた天使に違いない”と村に持ち帰った。

パーディンさんの母親は、突然一家を訪れた天使を甲斐甲斐しく世話するようになる。毎日洋服を取り替え、イスラム教徒の女性が用いるスカーフである“ヒジャブ”を頭にかぶせ、椅子に座らせて休ませた。いつの間にかこの天使の噂は村中に広まり、「天使の子供が座礁して泣いていたところをパーディンが助けたようだ」「バンガイ島に天使が現れた」など話はどんどん膨らんでいく。ついにある日、警察官が天使をひと目見ようとやってきた。

しかしこの天使は、地元警察によって正体が暴かれてしまう。警察官は洋服の下に豊満なボディが隠されていることを確認し、白い肌に大きな緑色の瞳、淡いピンクの唇の美しい顔立ちの人形は“ダッチワイフ”であると断定した。

人形は空気を入れると膨らむタイプで、どこから流れてきたのかは不明であるが「不適切かつ問題である」として警察に没収されている。

画像を見ますとまさしく「等身大の美しい女性の人形」と言うしかないのですが、これを没収してしまうと言うのもどうなのでしょうかね。
最後に取り上げますのはご存知ブリからのニュースですが、かなり画期的とも言える意外な新事実が判明したそうです。

人はロボットの「秘部」に触れると「興奮」するという研究結果(2016年4月7日WIREDニュース)

人は、ロボットの「秘められた部分」に触れると興奮するという研究結果が発表された。
この研究を行ったのはスタンフォード大学のチーム。6月9日から日本の福岡で開催される国際コミュニケーション学会(ICA)第66回年次会合で詳細を公表する予定だ。

この研究では、アルデバラン・ロボティクス(ソフトバンクが95パーセントの議決権を所有するフランスのロボット企業)が開発したロボット「NAO」の体13カ所に被験者が触れるという実験が行われた。
被験者の利き手と反対の手にセンサーを取り付け、発汗状態が検知できる「皮膚コンダクタンス反応」と反応時間を測定した。
研究チームによると被験者たちは、NAOの尻や生殖器などの「秘部」(にあたる場所)に触れるとき、「手や首に触れたときより心理的に興奮」した。しかも、秘部に触れるときの方が「ためらい」を見せていた。

研究に参加したジャミー・リーは「われわれの研究が示しているのは、ロボットが新しいかたちのメディアであり、非常に強力な存在であるということです」と話す。「他人の秘部に触れることに関する社会的な慣習がロボットにも当てはまるということです」
英国デモントフォート大学の研究員で、セックスロボット撲滅キャンペーン(CASR)に参加するキャスリーン・リチャードソンは『WIRED』UK版の取材に応えて、興奮には「『皮膚コンダクタンス反応』と『反応時間』以上」の意味があると指摘した。
「すべての被験者は、ロボットに触れる以前に、自分や他人の体に触れるという経験をしています。そのため、想像が膨らんだのでしょう」とリチャードソン氏は説明する。「今回の研究は、人の性的関心はパブロフの犬的な単純な条件反射ではないことを証明したのかもしれません。しかし、人の欲望はもっと複雑です。被験者が示したのは性的な反応であるとは限りません。たとえば汚らわしさや危険を感じて生理的に反応した可能性もあります」
(略)
なお、ソフトバンクとアルデバランが共同で開発し、2015年7月に発売された人型ロボット「Pepper」は、人の感情に反応する「ソーシャルな相棒」だが、その規約には「性行為を禁止する」という条項がある(日本語版記事)。具体的には、「性行為やわいせつな行為」、「ストーカー行為」を目的としたプログラムの作成、「性的、暴力的、わいせつなアプリケーションまたは動作の開発」などが禁止されている。

まあしかしこうした場合常に気になるのが、この種の反応を示すのが彼の地の住民に特異的な現象であるのか否かですが、その点に関してはどうでしょうね。
ともかくも世の中様々な反応を示す方々がいると言うことですが、人間である以上想像力の発露は大事なものであると考えておくべきではないでしょうか。

今日のぐり:「さんが」

福山駅の南側には繁華な商店街が拡がっていますが、その商店街も外れの方になってきますとかなり古い街並みになっています。
営業しているのかどうか判らないような古い店舗も数多く興味をひかれるのですが、その一角にあるこちらも相当に年季が入っていますよね。

間口も狭く中も大して人数が入らないお店で、ともかくも真っ黒になった大鍋で煮られているおでんが目につくのですが、基本的にはお好み焼き屋であるようです。
ただ飲み屋的な機能も併せ持っているようですからつまみ的なメニューが充実しているのはともかく、ハンバーグだのベーコンエッグだのが並ぶメニューを見ると一体どちらに向かっているのかですよね。
とりあえずお好み焼きを待つ間に問題のおでんを頼んで見たのですが、定番の大根などは柔らかいのは予想通りですがかなり甘い味が印象的でした。
面白いのはこちらのお好み焼きはなぜか関西風な作り方をしていらっしゃるようなんですが、広島県内でこうしたやり方をしているお店は少ないですよね。
ソースがかなり甘口ですが、生地の量の関係か食感としては関西風のふわとろというのでなく、広島風に近いキャベツ中心の味と食感で、これはこれで面白いなと思います。

ちなみにここで使っているのは福王ソースと言うそうですが、福山市ローカルなブランドであり最近まで業務用の販売しかしていなかったそうで、かなりレア度は高そうに思いました。
設備面などは見た目通りで正直明るい時間帯ですと利用を躊躇するタイプのお店なのでしょうが、深夜の時間帯にも関わらず大勢のお客さんが入っているようですから繁盛していらっしゃるのでしょうね。

|

« 今日のぐり:「大阪王将 福山平成大学前店」 | トップページ | 神戸・三宮の暴走事故も意識障害の結果だった可能性が浮上 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コンドームメーカーのジェクスの報告書<ジェクス・ジャパンセックスサーベイ2013年版>では、驚くべき結果が発表された。60代の男性は45.0%、女性は13.8%が、この1か月間に、マスターベーションをしたというのだ。

この自慰行為、しすぎることのデメリットはないのだろうか。長年、大学病院などで性機能の問題に対応してきた、まるも腎・泌尿器科クリニック院長の丸茂健さんに聞くと、こんな答えが返ってきた。

「男性の場合、もし自分の勃起能力を将来も維持しようと思うなら、セックスや自慰など勃起の機会をなるべく持ってください」

その理由はこうだ。男性の陰茎には平常時は酸素の少ない血液が流れている。だが勃起することにより酸素を多く含む血液の流れに変わる。その切り替えがポイントだと丸茂さんは説明する。

「陰茎海綿体にどっと流れ込んだ血液中の酸素が海綿体の疲労や老化しかけた組織を修復するのです」

しかし、問題も多い。体全体が健康だった若いころと比べれば、年とともにいろいろな部分が衰える。自慰も含めた性行為中の事故の検視をし、それを調べてきたという元東京都監察医の上野正彦さん(87)の自宅を訪ねた。

「表沙汰にはならないけど、監察医なら数件は性に絡む死に遭遇するものです。私の場合は性行為に関する検視は500件、うち1割半が自慰中でした」

上野さんが“現場”を振り返る。初老の男性が華やかな着物を羽織って布団に横たわっていた。わずかに両足を開き、右手を自分の下半身に添えて。

「62歳、独居男性、オナニー死。くも膜下出血です。切ない死でした。奥さんが数年前に病死し、寂しさの余り、形見に抱かれて日常的に自慰行為をしていたようです。でもまさか、本人だってそのまま死ぬとは思っていなかったでしょう」

同じように亡妻の服を傍らに置いて自慰にふけり、心筋梗塞で死んだ60代の男性もいたという。62歳の女性ではこんな例も。

「畳に下半身裸で仰向けに倒れていた。足を少し開いて、股の間に何かがはさまっている。よく見るときゅうりのヘタで、膣に実がすっぽり入っていた。オナニー中にくも膜下出血で死んだんです。また、コタツの足が入ったままの人もいました。このケースは第一発見者が息子でした。ショックだったと思います」

上野さんによれば、一般的には性交や自慰中の死の要因は、男性では冠状動脈の硬化のために起こる心筋梗塞が多く、女性では脳出血が多いそうだ。

「そもそも動脈硬化のほか脳動脈瘤、高血圧など潜在的疾患を持っている人が、環境的興奮に加えて性的興奮と消耗が一気に負荷されると死に至ることがある。高齢者で多いのが、少しお酒を飲んでいつもと違う場所や雰囲気でした場合ですね」(上野さん)

 重要なのは持病があるかどうか。それが生死の境になるという。上野さんが検視したある男性は、ストリップ劇場のトイレで自慰中に心臓発作で死んだ。心肥大でセックスを医師から禁止されていたが、欲情を抑えきれず自慰をして、命を落としてしまった。

「俺は元気だと豪語して健診にも行かず性欲を満たす高齢者は注意が必要。“自慰死”を防ぎたければ自分の潜在的疾患を把握すること。自制しながら性とつきあうしかない」(同)

※週刊朝日 2016年5月6-13日号より抜粋
http://dot.asahi.com/wa/2016042800196.html

投稿: | 2016年5月 5日 (木) 13時17分

>ソフトバンクとアルデバランが共同で開発し、2015年7月に発売された人型ロボット「Pepper」は、人の感情に反応する「ソーシャルな相棒」だが、その規約には「性行為を禁止する」という条項がある

いよいよ、アンドロイドお雪が現実に。

投稿: | 2016年5月 7日 (土) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/63580788

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり:「さんが」:

« 今日のぐり:「大阪王将 福山平成大学前店」 | トップページ | 神戸・三宮の暴走事故も意識障害の結果だった可能性が浮上 »