« 時代が一回りして昔と似たような問題が再燃? | トップページ | 本日は休日進行でお送りしています。 »

2016年5月 1日 (日)

今日のぐり:「天橋立市場食堂街 海鮮食堂」

一見すると同じような事件でありながら、あまりにその顛末が違いすぎると言う気がするのがこちらの二つのニュースです。

飼い主 書類送検へ ニューイヤー駅伝コースに犬 (2016年2月18日上毛新聞)

 群馬県を舞台に元日に行われた第60回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)の沿道応援をしていた際、飼い犬がコース上に出たことにより選手を転倒させたとして、高崎署が、高崎市内に住む飼い主の男性(69)を県動物の愛護及び管理に関する条例(飼い犬の係留義務等)違反の疑いで、書類送検する方向で最終調整していることが17日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者らによると、トラブルは1月1日午前10時ごろ、2区約3・6キロ地点の同市上大類町で発生。2位集団を走っていたコニカミノルタのポール・クイラ選手が車道に飛び出してきた小型犬につまずいて転倒した。男性は飼い犬を常時係留せずに車道に放し、選手を転倒させた疑いが持たれている。
 男性は同署の事情聴取に対し、容疑を認めているという。

 駅伝は、トヨタ自動車が優勝し、コニカミノルタは21秒差で2位だった。同署はトラブルがテレビ中継され、インターネット上で話題となるなど社会的反響が大きいことから、立件に踏み切るもようだ。被害届は提出されていない。
 目撃していた60代男性は「とても驚いた。(男性は)幼児を抱きかかえており、気を許した際にリードを放してしまったのでは」と話した。 

家を飛び出した犬、偶然ハーフマラソンに参加して7位入賞を果たす(2016年1月27日らばQ)

お外大好き、散歩大好きな犬は多いですが、勝手に飛び出してマラソンに参加する犬は、そうそういるものではありません。
アメリカ・アラバマ州で、ドアが開いた瞬間に外に飛び出してしまった犬が、たまたま開催されていたハーフマラソンに参加し、ほぼ全行程の13.1マイル(21km)を選手たちと一緒に走り抜けました。

犬の名前はリューディヴィン。2歳半の猟犬で、アラバマ州にある家の裏庭から、ドアを開けられた瞬間に飛び出してしまい、ちょうど400m先にあったハーフマラソンのスタート地点に紛れ込んでしまいました。
一斉にスタートしたマラソンランナーたちに混じって走り始め、途中、寄り道や休憩が入ったものの、全区間にあたる13.1マイル(21km)を走り抜いたのです。
すばらしいことに、飼い主の同伴なしに7位でゴールを果たしました。
あとから事情を知った飼い主のエイプリル・ハムリンさんは、最初は恥ずかしく、犬が他の選手の邪魔をしていないか心配したそうです。普段はのんびりしたおとなしい犬だそうで、すべてを走りぬいたことを知ったときは、信じられなかったと述べています。

マラソン中は、6位入賞したティム・ホバースさん(49歳)の近くを走ることが多かったようで、彼は最初に犬を見たのは始まる前の駐車場だと説明しています。
(略)
犬はたまに寄り道をするので遅れていき、死んだウサギのチェックをしている間に、ホバースさんは追いついたそうです。
さらにフィールドにいた牛などに気をとられたりしたものの、再びホバースさんを追いかけて走り始め、6位でフィニッシュしたホバースさんのすぐあとにゴールラインを超えました。
すかさずボランティアの係員が、リューディヴィンにもメダルをかけたのだそうです。
(略)

ちなみに群馬の犬の方は飼い主から謝罪もあり不問に付されたようですが、きちんと正しくスタートしていればあるいは区間入賞できたかも知れないでしょうにね。
今日は無事完走を果たしたリューディヴィンと他のランナー達とのささやかな友情を記念して、世界中から動物に関わる対照的とも言えるニュースを取り上げてみることにしましょう。

迷い猫が恩返し 懐妊・結婚・懸賞当選…こんなことが本当に! 神がかり三毛猫「フク」がもたらす「福」(2016年4月18日参詣し分)

(略)
 フク(メス、4歳)は、神奈川県鎌倉市の飼い主家族とともに昨年3月、観光で出雲市を訪問した際、出雲大社付近で行方不明になった。地元の人たちを中心に捜索隊が結成され、約8カ月後の11月、隊員や住民らの協力の甲斐あって無事保護された。
 出雲の11月は八百万(やおよろず)の神々が出雲大社に集う「神(かみ)在(あり)月」で、見つかった11月28日は集まった神々を見送る神事の日。フクは飼い主が引いたおみくじ通りの方角で発見され、「神がかりの猫」とひとしきり話題になった。

 その捜索隊の一員だった松江市の主婦、藤本栄利さん(31)は今年1月に第一子の妊娠が判明した。
 結婚して丸4年、なかなか子宝に恵まれなかった藤本さん。捜していたフクが見つかり、時間と気持ちに余裕ができたこともあり、「そろそろ『妊活』を…」と、妊娠に向けた準備のために病院を訪れたところ、自然妊娠していることが分かったという。
 そして、藤本さんの小・中学校の先輩で、フク捜索に加わった松江市の主婦(34)も、同じ時期に第一子を懐妊。9月上旬に家族が増える見通しだ。
 2人はフクが保護された昨年11月29日に、一緒に喜びの涙を流した仲。その時にはまさか直後に2人のおなかに赤ちゃんが宿るとは思ってもみなかったという。「フクちゃんが赤ちゃんを運んで来てくれたとしか思えない。コウノトリみたい」と、驚きと喜びの入り交じった表情で振り返った。
 9月の出産予定話は、さらに続く。捜索隊員で出雲市の会社員、浜岡博さん(55)は、長女(37)が第二子を、次男(33)の妻(30)が第一子をそれぞれ身ごもった。いずれもフクが見つかった直後の懐妊で、ともに9月中旬の出産予定だという。
(略)
 子宝だけではない。浜岡さんの長男(39)は昨秋、フク捜索のさなかに付き合い始めた女性との結婚話が今年1月にまとまり、3月に入籍。5月には縁結びの聖地・出雲大社で挙式することになった。とんとん拍子に進んだ結婚に、「ちょっと前まで、浮いた話なんてなかったのに…」と驚きを隠せない。
(略)
 「神がかりパワー」にあやかりたい人たちがフクに送る熱視線は、しばらく絶えることがなさそうだ。

このネコの発見の経緯も神様のおかげかとちょっとしたニュースになったものですが、しかしもともと出雲大社と言えば縁結びの神様だけに、こうした御利益はお手の物なのでしょうか。
勘違いと言うことは誰にでも起こることではありますが、これは誰がどう勘違いしたのか微妙な二頭のニュースです。

自分を犬だと思っている?芸達者なブタがいた(2016年2月5日沖縄タイムス)

 沖縄県名護市屋我地島の運天原に、後ろ脚で顔をかくミニブタがいる。短い脚は残念ながら顔まで届かないことが多いが、一緒に育った犬のまねをしているようで、専門家も「珍しい」と驚いている。「会話ができる」犬もいて、芸達者な動物が集まっている。
 ミニブタは雌の「ぶー子」で1歳くらい。飼い主の島袋久美子さん(72)が「(餌はもう)ないよ」と言うと、背中を向けてとぼとぼと歩き、「かゆいかゆい」とばかりに顔をかくしぐさをする。
 できることは他にもいろいろ。「待て」で伏せる。島袋さんが10まで数えるのを相づちを打ちながら聞き、終わってから餌を食べる。ビールが大好物で、缶を開ける音がすると飛んでくる。島袋さんは「もっと小さいころは後ろ脚だけで5歩くらい歩くことができた」と証言する。
 ミニブタを飼育しているネオパークオキナワの土井晃飼育係長は「豚はかなり賢い動物で、犬ができる芸は全部できるとされている」と話す。顔をかくしぐさは見たことがないといい、「だって届かないから意味がないですよね。自分を犬だと思っているのかもしれない」と笑う。
(略)

【論争】これは犬? それとも熊? 意見が割れた一枚の写真(2016年1月8日ロケットニュース24)

みなさん、犬と熊を完璧に見分けられるだろうか? 「馬鹿にしてんのか」という声が聞こえてきそうだが、落ち着いて欲しい。犬種や個体にもよるが、犬の赤ちゃんと熊の赤ちゃんの中には、「どっち?」と思ってしまうほど、区別がつかないものもいるぞ。
例えば、これから紹介する1枚の写真に写っている動物がそうだろう。何とも可愛らしいのだが、これは……熊? それとも……犬? ──と、海外ではちょっとした論争にまでなってしまったようなのだ。

そもそもの発端は、ネットユーザー TheRedFoxx さんが、画像共有サイト「imgur」に投稿した1枚の写真。アップした本人は “熊” だと思っていたようなのだが……
「それ犬じゃね」「いや、私は熊だと思う」といった感じで、写真を見たネットユーザーの意見が割れる事態になってしまったのである。

「犬か熊か?」ネット上で、まさかの盛り上がりを見せたため、海外のメディアが調べることに。そして結果は……犬! 犬種はポメラニアンのミックスで、バウンスという名前まで分かったという。
犬と言われれば確かに犬である。でも、やっぱり小熊にも……。結果を知ってから写真を見ても、迷ってしまう!

仮に本当にクマだったとしたらどういう考えでそんなものを飼おうと思ったのかですが、写真を見ますと確かにこれは何の動物やらでしょうか。
最後に取り上げますのは日本とブリの仕事をする犬の話題ですが、それぞれの働き具合はお国柄、なんでしょうかね。

警察犬、わずか10分で不明女性を発見 東松山署が感謝状、頭なでる(2016年4月14日埼玉新聞)

 東松山署は、所在不明の女性の捜索で功労のあった警察犬「アルノルト・フォム・マイネ・ヴンシュ号」(雄、11歳)の所属する秩父第1警察犬訓練所と指導士の新井寿美さんに感謝状を贈った。

 同署によると、3月15日午前中、川島町の女性が寝間着姿で所在不明になっていると家族から届け出があり、捜索したが夕方になっても見つからなかったため警察犬の出動を要請した。

 午後5時すぎ、新井さんとアルノルト号が、不明者の自宅から追跡調査したところ、約600メートル離れた病院敷地内の物置で寝ていた女性を発見した。出動からわずか10分だった。

 鈴木久生署長から感謝状を受け取った新井さんは「(寒い日で女性の体調が心配されたが)早く見つけることができて良かった」とアルノルト号の頭をなでていた。


英空港の探知犬チーム、発見物はチーズやソーセージばかり(2016年4月15日ロイター)

[ロンドン 14日 ロイター] - 英イングランド北部のマンチェスター空港に総費用125万ポンド(約1.9億円)を投じて導入された6頭の探知犬が、チーズやソーセージの小片を見つける能力には長けているが、肝心の密輸薬物の探知にはあまり役立っていないことが分かった。

同空港国境警備部門の報告書によれば、6頭は導入された2014年11月から2015年6月までの7カ月間に、ヘロインやコカインなど最も危険とされる薬物が分類されている「クラスA」の薬物を探知できなかった。

報告書は「大半は休暇帰りの英国人が誤って持ち込んだ少量のチーズやソーセージの類を見つけただった」と述べている。

そのうえで「探知犬の抑止効果を測るのは難しいが、押収物だけから判断すると、新しい犬舎やチームの運営費など全体で125万ポンドかけた割に収穫は小さい」と報告した。

こうした現状を踏まえ、6頭をもっと活用する方法が検討されているという。

ちなみにブリの地では以前からねずみ取りのネコが活躍しているそうですが、一般的に日本ではネコよりも勤勉とされるイヌの方が役立たずと言うのも面白いものです。
まあこれで125万ポンドではコスパが悪すぎると言うものですが、当初の予定した方面と全く別方面で何かしら役に立つような立たないような実績を残すと言うのはもはやブリの伝統芸なんでしょうかね?

今日のぐり:「天橋立市場食堂街 海鮮食堂」

こちら天橋立にほど近い宮津市場に隣接した食堂街…と看板には記載されているのですが、しかしこれを食堂街と言うのは僻地の自治体唯一の商店街を○○銀座と言うくらいには無理がありそうには思います。
ともかくもがらんとだだっ広いホールの中心に席が並んでおり、周辺に複数の店舗と言うかカウンターと言うかが存在しているのですが、しかしこれは複数の店舗なのか全体で一つの店舗なのかも判りませんね。

メニューは数はそれほど多くはなく、当然魚料理なのですがあまり手のかかるものはなさそうで、ここは一番のおすすめだと言う特上海鮮丼を頼んで見ることにしました。
海鮮丼はタイヤやエビ、煮アナゴなど色とりどりに乗せたよくあるスタイルで、見た目もネタも別に悪くもないんですが、刺身で売れないような地元の雑魚を食べられるのが海鮮丼と言う料理のいいところだと思うんですがね。
ちなみに何が特上かと言えばどうやら副菜が豊富な点であるようなのですが、このカレイの煮付けがとにかく甘いと言いますか、どうやら醤油そのものが舐めても甘いと言うのは地域の味なんでしょうかね。
小鉢のイカの塩辛が妙にうまかったんですが。これも塩分少なめなせいか単独で平気で食べられる味加減ですし、こういう状況であれば次回は料理の方でもう少し食べ比べてみたいところです。

設備面などはまさに市場そのものですし、接遇面でもせいぜいがやる気の無い土産物コーナーと言ったノリですから、これは観光地の間近にありながら全く観光地ズレしていないですよね。
それだけに本当に穴場感が漂うんですが、こういう場所であるだけに朝早い時間から始まっているようで、天橋立に少し早くついて他のお店が開いていない場合なども重宝しそうではあります。

|

« 時代が一回りして昔と似たような問題が再燃? | トップページ | 本日は休日進行でお送りしています。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/63561021

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり:「天橋立市場食堂街 海鮮食堂」:

« 時代が一回りして昔と似たような問題が再燃? | トップページ | 本日は休日進行でお送りしています。 »