« 保育園落ちた騒動に続いて保育園反対騒動が話題に | トップページ | 高齢者バッシングはすでにタブーではない »

2016年4月20日 (水)

マスコミ関係者がまたも被災地で大顰蹙

一向に収束する気配がないのが熊本地震で、自治体関係者や消防救急、警察、さらには自衛隊の皆さんなど各方面の活動には頭が下がりますけれども、個人レベルでも支援の輪が拡がりつつある中で、あの人物がまたスケールの大きいことを言い出したと話題になっていました。

高須クリニック院長の自家用ヘリ、被災地救援へ出発 院長自身も現地入りして支援へ(2016年4月19日ねとらば)

 熊本県を中心に続発している地震の被災者に向けて、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長が、ヘリで救援物資を送り届けるとTwitter上で表明。救援物を積んだヘリが4月19日午前11時ごろに東京から出発しました。

 高須院長は被災者への救援物資を用意する様子などをTwitterで公開。今回の支援は「院長の個人的な気持ちでの支援であること」と「20日の朝一番の飛行機で院長自身も現地入りして直接の支援にあたる」ことが19日、高須クリニックへの取材で明らかとなりました。

 今回使用されるヘリは院長がプライベートで利用しているもので、東京から大阪、大分を経由して佐賀県に移動したのち、20日午前から佐賀-熊本間で物資をピストン輸送することが決定しています。飲料水や米、パンといった食料品からタオル、オムツ、乾電池といった救援物資が届けられる予定です。

 なお、当初は熊本県周辺でヘリをチャーターして支援を行う予定でしたが、マスコミ各社が県内のヘリほとんどを押さえてしまっている状況のため、九州地方でヘリを用意する事を断念したとのこと。高須院長は自身のブログに「報道も大事であるが 救援物資を送るのに便利なヘリがメディアに独占されているのには不満がある」とつづり、報道のあり方に一石を投じました。

 今回の高須院長の行動については、「日本のブルース・ウェイン」(バットマンの主人公で大富豪)や、「これぞノブレスオブリージュだ」(持てる者の義務を果たしている)といった称賛の声が上がっています。

同院長と言えば以前から日本では珍しくお金持ちにしか出来ないお金の大胆な使い方をする人だなと思っていたのですが、今回の件についても「僕は皆さんから募金を募りません。私財をばらまくだけです。信用なんかいりません」と公言しているそうで、アメリカなどではお金持ちはお金持ちにしか出来ない社会貢献をするのが義務であるとされ、実際とんでもない規模の基金を運用し社会支援をしていたりもしますよね。
東日本大震災でも私財を投じてトラック部隊を仕立て支援活動に従事した杉良太郎氏なども偽善や売名と言われないかとの問いに答えて「ああ、偽善で売名ですよ。偽善のために今まで数十億を自腹で使ってきたんです。私のことをそういうふうにおっしゃる方々もぜひ自腹で数十億出して名前を売ったらいいですよ」と平然と答えて喝采を浴びたと言いますが、日本でもこうした方々が出てきたことを心強く感じます。
ただここで注目いただきたいのが高須院長も指摘している通りマスコミ各社が現地のヘリを押さえてしまっているため、本来ならばもっと有益な活動に貢献出来たはずのリソースが有効に使われていないらしいと言うことなんですが、このマスコミ各社による現地での「妨害活動」ぶりが目に余るとの報告が相次いでいます。

被災地のガソリンスタンドで割り込み 関西テレビが謝罪(2016年4月18日ITmedia ニュース)

 関西テレビ放送(関テレ)は4月18日、熊本県内のガソリンスタンドで、給油待ちをしていた車の列に同社の中継車が割り込んで給油していたと発表し、謝罪した。「あってはならない行為」とし、「大変なご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます」としている。

 地元のTwitterユーザーが17日、「ガソリン入れるために朝早くからたくさんの人が並んでたのに横入りされた」と、関テレの中継車の写真付きでTwitterで報告。「後ろに他の人もいるので並んで下さい」と指摘したが、無視された――という。

 関テレの発表によると、17日午前7時45分ごろ、熊本地震の取材にあたっていた同社のテレビ中継車が、熊本県菊陽町のガソリンスタンド付近で給油待ちをしていた車の列に割り込んでスタンドに入り、給油したという。

 同社は「被災地の皆様が多大な労力を割いておられるなかで、あってはならない行為」とし、「現場で給油をお待ちになられていた皆様に、大変なご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。また、多くの皆様にご不快の念を抱かせてしまったことにつきましても、お詫び申し上げます」と謝罪している。

 再発防止のため、取材スタッフへの教育を改めて徹底するとしている。

被災地で食糧を現地調達 アナウンサーが弁当画像を投稿し非難殺到(2016年4月18日BIGLOBEニュース)

熊本地震を取材中の毎日放送(MBS)の山中真アナウンサーが16日、被災地で調達したと思われる弁当の写真をTwitterに投稿した。この山中アナの投稿に、被災地が食糧不足で苦しむ中「被災者の食べ物を横取り」などと非難が殺到、炎上状態となっている。

山中アナは、15日朝から熊本県の被災地を取材。16日には未明の揺れの大きさや、被災者の不安と疲労に包まれた様子などを報告し、21時前に「やっと今日の1食目。食料なかなか手に入りにくいです」と弁当の写真を投稿した。Twitterでは、被災地の食糧を外部の人が消費すること、被災者の気持ちを鑑みないことに否定的な意見が多く寄せられている。
あなた以上に現地の方は食料を求めているでしょうに」
被災者の食べ物を横取りして、何がマスコミか」
自ら食べる分の食事くらい持っていけばいくべきでしょ」
美味しそうなお弁当を『被災地』でゲットし、あまつさえ『取材は大変』感を出そうとするとは」
「マスコミの人間が被災地に行って被災者に渡る可能性があった食料を横取り? 行かない方がマシじゃないの?」
「お願いですので、外部からの来訪者の方々は自分の食料は持ってきてください。そのぶん被災者の方々の分け前が減りますので」

今回の震災でも、マスコミ各局はそれぞれ報道ヘリを飛ばし、関西テレビは給油割り込み問題を起こすなど、その取材対応は物議を醸している。このため、マスコミの震災報道には厳しい目が向けられているようだ。

関西テレビの行動は論外と言いますか、こんなことをすれば世間の批判が殺到することが明らかだろうに何を考えているのかですが、興味深いのはこの件が炎上した際に同系列の仙台放送の社員がデマ情報を流して割り込みを擁護した上で身元バレすると言う一幕があり、同放送でも謝罪に追い込まれたと言うのは恥の上塗りと言うべきでしょうか。
また毎日放送の側では「きちんと並んで購入したもので、問題はない」と言っているそうですが、物資不足で並んでようやく一日一食が手に入るかどうかと言う状況の中で同局記者が貴重な食料を浪費することが妥当なのかどうかは意見が分かれるところだろうとは思いますし、被災地入りするのに現地で食料調達をする前提だったのかと言う計画の甘さについても責められる点はありそうですね。
もともと阪神淡路大震災の頃から取材ヘリの騒音で救助を求める声が聞き取れない等の問題が指摘されていましたが、先年のニュージーランドの大地震では右足切断の重症を負ったスポーツ経験者に「もうスポーツができなくなることについては、どんな気持ちか」と質問したり、立ち入りが制限されている病院内に無許可で潜り込むなど傍若無人な振る舞いが海外でも報じられ、大きな批判を浴びたことが記憶に新しいところです。
そうした行動は今も相変わらずな様子ですが、地震の時にだけこうした態度になるとは考えがたく、普段からどれだけ世間に迷惑をかけているのかと言うこともSNSなどで即座に拡散する時代ですが、こうした反社会的行為に見合うだけの価値が彼らの報道のどのあたりに存在しているのか、視聴者としても見極めていかなければならないのだろうとは思いますね。

|

« 保育園落ちた騒動に続いて保育園反対騒動が話題に | トップページ | 高齢者バッシングはすでにタブーではない »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

4月14日に発生した熊本地震、「関西テレビのガソリンスタンド横入り」や「それをデマで擁護した仙台放送エンターブライズの社員」、
「毎日放送のアナウンサーのお弁当騒動」など、現地マスコミの対応がなにかと問題になる中、テレビ朝日が放送したニュース動画が話題になっているようである。

4月18日の

避難所で70代女性が死亡…ストレスなどが原因か
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000072868.html

というニュース、77歳の女性がトイレの個室で倒れているところを発見され、その後病院に運ばれたというもの。

映像の中に足元が見える和式の女性トイレをローアングルから写したものがあり、個室で用を足しているのではと思われる人物のスリッパが写っているというもの。

ネット上では

「盗撮だ」
「これは完全に犯罪行為」
「善悪の区別がついてない」

と、かなり批判されている模様である。

http://news.nicovideo.jp/watch/nw2148334

投稿: | 2016年4月20日 (水) 07時50分

もういっそのこと被災地炊き出し食べ歩きくらいやってみたら?

投稿: | 2016年4月20日 (水) 08時28分

そんなに報道機関の存在価値がないというのなら、二次引用を含めてマスコミからのニュースをぐり研サイトに掲載するのは止めたらいかがでしょうか?

投稿: はるる | 2016年4月20日 (水) 10時15分

別に報道機関を擁護するわけではありませんが、何であれ世の中のものは何かしら誰かしらにとっての意味があって存在しているはずなので、報道機関に存在価値がないとは言い過ぎでは無いかと思いますね。

投稿: 管理人nobu | 2016年4月20日 (水) 12時07分

ぐり研のコンテンツは、ほとんどがマスコミからの記事を引用し、論評することで、構成してますよね。
ネットメディアも引用していると反論がきそうですが、これだって元はテレビのワイドショーを書き起こしただけのような内容が、かなりあります。

マスコミの情報に依存している、ただ乗りしてることを、管理人は少しは自覚したらいかがですか?

投稿: はるる | 2016年4月20日 (水) 19時10分

言論の弾圧

投稿: | 2016年4月20日 (水) 19時52分

最近、こんな本を書きました。宣伝させてくださいhttp://www.amazon.co.jp/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E5%A5%B3%E5%8C%BB%E3%81%8C%E6%95%99%E3%81%88%E3%82%8B-%E3%80%8C%E5%90%8D%E5%8C%BB%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%80%8C%E8%BF%B7%E5%8C%BB%E3%80%8D%E3%81%AE%E8%A6%8B%E5%88%86%E3%81%91%E6%96%B9-%E7%AD%92%E4%BA%95-%E5%86%A8%E7%BE%8E/dp/4800252636

投稿: clonidine | 2016年4月20日 (水) 21時18分

http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2016/04/twitter-84a2.html
物資搬入の邪魔だって

投稿: | 2016年4月20日 (水) 23時07分

>マスコミの情報に依存している、ただ乗りしてることを、管理人は少しは自覚したらいかがですか?

効いてる効いてるw
2回もコメントご苦労様。もしかして仙台放送の方ですか?突然このブログにマスコミ擁護者が現れるって、あからさまですねぇ。

引用したネットがワイドショーからの引用じゃないかって批判、どんなギャグだろうww
ワイドショーって、週刊誌からの引用で成立してるんですけど。

批判するのに引用しなかったら、それこそ無責任じゃん。引用される側は「光栄」じゃないの。報道の自由を行使する側が、言論の自由を批判してどうすんだか。結局、報道の自由や、報道機関の「言論の自由」って「自分たちが好きかって批判・妨害行動をして、誰にも批判されない権利」なんでしょうかね。

投稿: | 2016年4月21日 (木) 09時08分

朝日新聞記者の内部告発により、「発行部数の大幅な水増し」が明るみに出た。
なんと、公称発行部数のうち「3割が水増し」なのだという。

公称の発行部数は670万部なので、3割が水増しだとすれば、実際は470万部が正しい部数となる。
水増しとはいっても実際に印刷はしているようで、水増し分の新聞を販売所に買い取らせているのだとか。
業界用語でいうところの「押し紙」である。

マスコミ関係者によると、このニュースの詳細は人気雑誌「週刊新潮」(2016年4月21日発売)に掲載されるそうだ。
以下は、マスコミ関係者のコメントである。

・マスコミ関係者の声

「朝日新聞は販売所に水増しした新聞を買い取らせているそうです。嫌々ながら販売所は仕方なく買い取るハメに。
しかも水増し分の新聞は配達する先がありませんから、未開封のまま廃棄されるのだそうです。

朝日新聞以外でもやっている可能性があるので、今回の新潮の記事は読んでおいたほうがいいですよ。けっこう大きな問題です」
http://buzz-plus.com/article/2016/04/20/news-now/

投稿: | 2016年4月21日 (木) 09時26分

ハンドルネームもつけられない残念な方には、返答しません。あしからず。

投稿: はるる | 2016年4月21日 (木) 10時00分

都合のわるい反論には屁理屈をつけて逃走する、うん、やっぱりマスゴミ思考だw

匿名のハンドルの有無がなんでそんなに重要な意味があるんだかw。まあ、逃げるには「上から目線」でプライドを虚飾しないといてもたってもいられませんからねぇ。ここは医療系お食事サイトだから、精神・心理に得意な人間も多いし、詭弁は通じませんよ。

反論を封じ込めるって、言論の自由の否定ですし、相手が「ただのり」で反論して良いってのが言論の自由を行使する上での義務なんですがね。だから引用は許諾不要で行うことが許可されているんですよ。ご存じありませんでしたか?

投稿: | 2016年4月21日 (木) 10時09分

繰り返しますが、ハンドルネームもつけられない残念な方には、返答しませんよ。

投稿: はるる | 2016年4月21日 (木) 10時17分

日本の言論の自由が世界で72位に後退するのも納得

投稿: | 2016年4月21日 (木) 10時36分

 マスゴミを擁護する人はハンドルネームもお好き?
 マスゴミやハンドルネームとやらよりも、発言の内容に注目した方が良いと思うんですけどね。

投稿: はんどるねーむ | 2016年4月21日 (木) 16時00分

 熊本地震で、輸送支援に当たっている在日米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの活動を、
複数の日本メディアが批判的に報じたことに、被災者から怒りの声が上がった。
「政治利用」や「パフォーマンス」などと断じる記事こそ、イデオロギーを背景とした政治利用ではないかという憤りだ。

 「今日の新聞を見て、本当に腹が立った。われわれ被災者が怒っているということを、知ってもらいたい。
自分たちこそ『露骨な政治的パフォーマンス』をしているのではないか!」

 19日、熊本県甲佐町の団体職員、北川和彦氏(63)は、配達された地元紙を手に声を震わせた。

 記事は共同通信が配信した「『露骨すぎ』身内も批判、同盟PR、安全性宣伝か」との記事だ。
「オスプレイの安全性に対する根強い懸念の払拭につなげたいとの思惑が透けてみえる」などとオスプレイの活動を批判的に報じている。

 これだけではない。朝日新聞は「必要性 疑問の声」「『政治的な効果』」などの文言を小見出し(文中の見出し)に取り、
「今回の救援活動に必要なのか」「災害派遣での実績作りを急いだ」と報じた。
毎日新聞もインターネットサイトで「オスプレイ物資搬送 『政治利用』の声も」との見出しで伝えた。

 オスプレイは、ヘリコプターが持つ垂直離着陸やホバリング(空中停止)機能と、
固定翼機の速度や長い航続距離といった双方の長所を併せ持つ。
道路網が寸断されたなかでの支援活動には大きな力を発揮する。

 そうした利点に目をつぶった記事に、批判が噴出した。

 自民党の長尾敬衆院議員は自身のツイッターで「正直言ってとんでもない記事です。朝日新聞の皆さん、
オスプレイの活躍を見て、実績作りだなどと感ずるのは御社だけですよ。本当にお気の毒ですし、
そのイデオロギー論争に一般国民を巻き込まないでください」と断じた。

 批判は野党側からも出た。

 熊本県議の浜田大造氏=民進・県民クラブ=は「性能のよいものが支援することはよいことだ。
オスプレイは米軍の最新鋭の飛行機で、飛行実績を重ね、信頼を得ていくことも理解できる。
中国への抑止力確保の点からも重要だ。共産党などは反対するかもしれないが、
このような非常時にとやかく言う人の方がおかしい」と語った。

 そもそも、日米同盟がある以上、被災地支援に利用できる米軍の航空機を使用するのは当たり前で、
政治的な判断を必要とするのも当然だ。オスプレイ投入を政治利用と腐し、
自衛隊の存在そのものに否定的な勢力の論法だと、自衛隊の災害派遣も、
自衛隊を正当化する政治利用だということになりはしないか。

 こうしたメディアが振りかざすオスプレイの危険性も事実からは遠い。

 米軍は事故について、死者や200万ドル(約2・1億円)以上の損害が出た事故をクラスA、
より軽微な事故を順番にクラスB、Cとランク付けしている。

 米当局が明らかにしたMV22のクラスA事故率は1・93で、海兵隊の平均事故率2・45を下回る。
この数字は大韓航空や中華航空よりも低いという。

 これまでもオスプレイは沖縄県の普天間飛行場への配備時など、執拗な批判にさらされてきた。
しかし、物資輸送をはじめ、災害発生間もない被災地のさまざまな需要に応じるため、
オスプレイを活用しない理由はない。主力輸送ヘリCH46と比べ、速度は約2倍、航続距離は約4倍で、
積載量も約3倍といずれの性能も上回るからだ。

 救援活動での活躍は、ことさらオスプレイの危険性を強調し、過剰ともいえる議論をリードしてきた
一部メディアにとっては“不都合な真実”になりかねない。しかし、露骨な反対運動のアピールは、
逆に被災者や関係者の怒りや失望を買うだけではないか。(九州総局 中村雅和)

投稿: | 2016年4月21日 (木) 18時00分

私はマスコミを擁護する者ではなく、マスコミ関係者ですよ。

理解が浅いままマスコミ批判する人が多くて驚き呆れています。

投稿: はるる | 2016年4月21日 (木) 18時38分

社会のあらゆることに理解が浅いまま批判をするマスコミが多くて驚き呆れられているのに気がつかないのは、
言論の自由と言いつつ自分が言論の自由を踏みにじっていることにみじんも気づかないおめでたい頭脳を持ったマスコミ関係者だけです。

視聴率・発行部数だだ下がりなのにいつまで勘違いを続けられるでしょうね。

投稿: ハンドルなし | 2016年4月21日 (木) 20時34分

しかし、理解が浅いままマスコミが医療批判することに辟易している人種が最も集まっている場所の一つであろう医療系サイトで、「理解が浅いまま批判するな」と単身乗り込めるとわ。

やっぱりマスコミ関係者(自称)はこのくらい図太くないとだめなんでしょうね。
そうでもなければ、嘆き悲しんでいる被災者に各局代わる代わるマイクを突きつけて、家族を失った気持ちを無理矢理聞き出して繊細な心を土足で抉り取り、社会の公器という美名で自分たちを虚飾しつつ、視聴率=売り上げを上げることに専念するような非人道的/反社会的行動はこなせないのでしょうね。

投稿: ハンドルなし | 2016年4月21日 (木) 20時44分

私も医療報道に関わることがあるので、参考の1つとして、ここでの反応をのぞかせてもらうことがありますよ。

医療分野に限りませんが、メディアは時に短絡的な報道をしてしまうことがあるでしょう。
しかしそれで、あなたがたは仕返しとして、短絡的にメディアを批判しても恥ずかしくないということですかね?
それなら、同じ穴のむじなですな。

投稿: はるる | 2016年4月21日 (木) 21時02分

>理解が浅いままマスコミ批判する人が多くて驚き呆れています。

何たるおまゆうw

投稿: | 2016年4月21日 (木) 21時03分

もう1つ

図太くないとマスコミの稼業は務まらないのは確かですね。
人が嫌がる質問をするのが仕事なのですから。人を傷つけてしまう可能性は常にはらんでますよ。
そして、そこからフリーな人間がマスコミから情報を得ているんでしょう。

今の時代、ニュースは水や平和より安く、あるいはタダで手に入りますから、現場でどんな仕事がなされているなんかは想像力が働かないんでしょうよ。

投稿: はるる | 2016年4月22日 (金) 02時32分

>メディアは時に短絡的な報道をしてしまう
=仕事.プロフェッショナル
>あなたがたは仕返しとして、短絡的にメディアを批判
=趣味.アマチュア

投稿: JSJ | 2016年4月22日 (金) 08時04分

>現場でどんな仕事がなされているなんかは想像力が働かないんでしょうよ。
昔、医療崩壊がトピックになり始めた頃、
「医療現場がこんなひどい状況になっていたなんて知らなかった。医療関係者はなんで情報発信してこなかったんだ」
という意味のことを仰っていた報道関係者がいらっしゃいましたが、
マスコミの方々も、報道現場でどんな仕事がなされているのか、情報発信してはいかがでしょうか。

投稿: JSJ | 2016年4月22日 (金) 08時32分

>現場でどんな仕事がなされているなんかは想像力が働かないんでしょうよ。
"おまゆう"。自分たちが他人の仕事の現場に対して想像力が働かないのに、どうして他人には求めるのですか?

>人が嫌がる質問をするのが仕事なのですから。
人が嫌がる形でしかできない能力の欠如の言い訳に過ぎません。被災者が嫌がる質問を強要するのがどうして「仕事」なのか、説明していただけますか?

他人には「患者の気持ちに十分配慮して、700円ぽっきりで最高レベルの国家資格保持者から、時間無制限で十分専門知識を理解できるように説明しない医療現場はおかしい」といいながら「自分たちは仕事なのでどんなに人を傷つけても良い」

マスコミの凋落は、このダブルスタンダードをひろく見抜かれはじめたからだってことを理解された方が良いと思います。「人のいやがる仕事だから仕方ない」なら、他の業種にも「仕方ないので許容」をしなければなりません。

この短いやりとりの中でも、他人には求めるが自分には適応しない、これじゃあ社会の公器としての批評に、受けてからの支持はえられません。

投稿: ハンドルなし | 2016年4月22日 (金) 09時46分

> 三菱自動車 教訓はどこへ行った(2016年4月22日社説)
> 不祥事のたびに企業体質の抜本的な改善を誓ってきたのは、いったい何だったのか。(天声人語)

お前が言うなw

投稿: | 2016年4月22日 (金) 13時04分

>"おまゆう"。自分たちが他人の仕事の現場に対して想像力が働かないのに、どうして他人には求めるのですか?

大部分のマスコミ人は想像力を働かせて仕事をしたいと考えていると思いますけど。
いくつかの失敗のみを取り上げて、マスコミ全体が「想像力が働かない」と決めつける態度は、
あなたがたが嫌っている、マスコミ像そのものでしょう。

例えば、医師が接遇が悪いケースがあったとして、その内容がネットに拡散して、
個人・病院が悪者に断定され、おまけに医療界自体が「ゴミ」と攻撃されるようなもんですね。

あと、あなたが想像力がないという自覚があるのなら、自身で反省し改めるのが健全な態度です。

>人が嫌がる形でしかできない能力の欠如の言い訳に過ぎません。被災者が嫌がる質問を強要するのがどうして「仕事」なのか、説明していただけますか?

特に政治や行政、民間企業の不祥事について、質問することは嫌がられることです。
報道はそこから情報を引き出して、市民に届けるのが仕事ですからね。
それを「被災者が嫌がる質問だ」と曲解するのは、被災者を利用してマスコミを攻撃したいだけなんでしょう。

もちろん、被災者の中にはマスコミから話しかけられるだけで「やめてくれ」と嫌悪感を抱く人だっています。
しかし、質問をしてみないと、それはわかりません。傷つけたくないためマニュアルを作り、注意をしていても、傷つけてしまうこともある。
それが報道の仕事の業だと常に考えていないと、もっともっと取材対象を傷つけることになるでしょう。
スキル不足であったり、取材者が未熟であったり、不幸な事態になったときは誠意をもって謝り誠意をみせるしかありません。
また、一度、取材拒否されても、何度も取材意図を説明し人間関係をつくることで、感謝される取材ができることも多いんですよ。

投稿: はるる | 2016年4月23日 (土) 23時55分

>他人には「患者の気持ちに十分配慮して、700円ぽっきりで最高レベルの国家資格保持者から、時間無制限で十分専門知識を理解できるように説明しない医療現場はおかしい」といいながら「自分たちは仕事なのでどんなに人を傷つけても良い」
マスコミの凋落は、このダブルスタンダードをひろく見抜かれはじめたからだってことを理解された方が良いと思います。「人のいやがる仕事だから仕方ない」なら、他の業種にも「仕方ないので許容」をしなければなりません。

あなたにとってマスコミは、緑色の血液が流れている生物なんですね。
普通に考えて「自分たちは仕事なのでどんなに人を傷つけても良い」と思う人間のみが所属している職業グループがあると本気で思っているんですか。

一時期、医療に極めて厳しい報道があったのは確かです。
しかし今時、紋切り型の医療批判報道って、そんな目立つほど、ありますかね。改善していると思いますけど、どうですか?
これはまだまだ不足しているとはいえ報道自身の学習もあったでしょうし、
医療界からマスコミと積極的にコミュニケーションをとって、世間をミスリードしないよう労をとってくれた人がいたことが大きいです。
安易でヒステリックなマスコミ批判で、世の中の何を良くしたいのか、私にはよくわかりませんね。

「人のいやがる仕事だから仕方ない」とは、私は一言も言ってません。捏造はやめてください。
人に嫌がられることも大いにありうる仕事だから、気を付けなければいけませんね。


>この短いやりとりの中でも、他人には求めるが自分には適応しない、これじゃあ社会の公器としての批評に、受けてからの支持はえられません。

至らないところはあるにしてもマスコミは社会の公器でしょう。しかもニュースはテレビやネットで無料で見られる時代ですし。
このブログで論評される多くの記事だって、どこかの記者が汗を流して頭を悩ませて書いたものでしょうけれど、
普通の人にすれば、空気のようにニュースが流れてくるものだと受け取っているものです。

支持は確かにされていないが、利用はされているという感じでしょうか。

投稿: はるる | 2016年4月24日 (日) 00時20分

いつの時代に終わった話してんだか
はるか周回遅れでやってきて今更トップランナー気取りで御高説垂れ流されても

投稿: | 2016年4月24日 (日) 09時53分

>例えば、医師が接遇が悪いケースがあったとして、その内容がネットに拡散して、
個人・病院が悪者に断定され、おまけに医療界自体が「ゴミ」と攻撃されるようなもんですね。

だって、まさに基本的態度でそうしてるでしょう?マスコミさんたちは。政治家しかり、不祥事のあった大企業しかり。

>あと、あなたが想像力がないという自覚があるのなら、自身で反省し改めるのが健全な態度です。

その通り、つまりはその姿勢がマスコミさんたちに全くと言っていいほど、一般大衆から見えないんですよ

>一度、取材拒否されても、何度も取材意図を説明し人間関係をつくることで、感謝される取材ができることも多いんですよ。

マスコミさんたちが批判する、医師がグイグイ決定してしまって「患者の意向」とやらに細かく配慮を致さなくても、感謝される治療ができることの方が多いんですよ。例えば、パターナリズム的医療で医療に向けられる批判、それがマスコミに向けられる批判なんですよ。それに対しての言い訳がこれで、マスコミさんの立場としては納得するんですか。

投稿: ハンドルなし | 2016年4月25日 (月) 09時06分

>一時期、医療に極めて厳しい報道があったのは確かです。
しかし今時、紋切り型の医療批判報道って、そんな目立つほど、ありますかね。改善していると思いますけど、どうですか?

…..全然。医学的にまともなレベルの報道は1/4もないです。まさか、まともな医療報道が大半という自惚れがあるとは、思ってましたよ。そういうものですから、人間とは。

最近も某国営放送を含む複数の医療特集、私の知り合い関連が協力していましたが、全員「あんなにそのように報道しないでほしいと言ったのに、やっぱり危惧した通り旧態依然したイメージに誘導ってで、ひどいよね。まあ、テレビってそういうものだけど」でしたよ。

>安易でヒステリックなマスコミ批判で、世の中の何を良くしたいのか、私にはよくわかりませんね。

安易でヒステリックな医療(社会)批判で、世の中の何を良くしたいのか、私にはよくわかりませんね。

この間のロキソニン副作用報道とか、何がいいたいんだと思いますか?人間の心理バイアスに理解があれば、どういう結果をもたらすかわかっているでしょう。というより、わかっているからそのように報道するんでしょう? マスコミが社会をよくしたい、ちゃんと背景を理解して真実を伝えたいと考えているなら、あの報道に全く医学的/薬害的価値がないことがわかっているはずですからね。

>至らないところはあるにしてもマスコミは社会の公器でしょう。

その通りですよ。医療が変わったのは、マスコミのおかげです。

でも、マスコミも日本社会の典型的組織で、変わらないとダメなんですよ。ここに書いているはるるさんの「マスコミはこうやっている」のお言葉、そのまま批判対象者が不祥事の言い訳に使ったらどうなるか、その思いに至らないことが「ダブルスタンダード」なんですよ。

え?まだそんなレベルで改善した気になってるの?ということなんです。他の方からも周回遅れと指摘ありましたが、まずははるるさんのようなチョコレートパフェに砂糖を1kgまぶしたようにとろけるように甘い自己擁護的なマスコミ観ではなく、「無知の知」から始めないと難しいでしょうね。

マスコミが「多様な見方もあるとエッジをつける」のと「エッジをつけるために事実を切り貼りして我田引水する」の間の越えられない壁を越えられるのか、それが今後の日本のマスコミが「ジャーナリズムはない」と海外から評されるままで終わるのか、決まるのではないかと思ってますよ。公器が不要とは全く思ってません。でもそれは公器に対して批判しないのではないこと、これは医療でも全く同じ構図でしょう。

これ以上は、すれ違いが続くだけだと思いますので、私からはこの辺りで失礼いたします。なお、真のハンドルは「おちゃ」です。最初にハンドル入れ忘れましたが、あのように愉快でネット初心者的な反応を示されるとはついぞ想像しませんでしたので、ついあわせてしました。

投稿: ハンドルなし | 2016年4月25日 (月) 09時17分

マスコミの平均的な認識がこれだったらほんと遅れてる。
昭和の医療をそのまま続けてる老先生と話してるような感覚。
はやく時代に追いつかないと見捨てられちゃうんじゃない?

投稿: | 2016年4月25日 (月) 13時37分

群馬大学病院の腹腔鏡手術の事案にしろ、東京女子医大のプロポフォールの事案にしろ、日本中の医師1人1人が謝罪する必要がないのと同様に、
ロキソニン報道など、マスコミの具体的な「悪行」1つ1つについて(見解を求められればお答えしますが)私がその取材に関係していなければ、謝罪する必要はありません。当然、そこから教訓を得ないといないのは確かですが。

私はマスコミ批判を傾聴する意味合いで、このブログを訪れていましたが、極端な敵視からくる報道に対する誹謗中傷が続くので、当方の意見を申し上げただけです。
医師全体を相手にしたわけではなく、ここにいる医師に反論しているだけですので、誤解の無いように。

医療事故に限りませんが、記者が記事を書く際は極力、一般の人に誤解を与えないよう専門家のチェックを受けることがあります。
その際、親しくしてくれる医師をはじめとした協力をいただく専門家がいます。彼らはマスコミに苦言を呈することはあっても、「マスゴミ」などと呼んで自ら社会への扉を閉ざすことはけしてしません。ここにいる医師との態度とは大きく違いますね。

医療報道をめぐってはメディアドクターなどの取り組みもあります。さすがにそうした活動に取り組めと言いませんが、ここにいる医師は知性あるマスコミ批判に励んでいただけばと期待しています。

投稿: はるる | 2016年4月25日 (月) 15時06分

>マスコミの具体的な「悪行」1つ1つについて(見解を求められればお答えしますが)

とのことなので、
そもそもこのエントリで取り上げた記事(被災地での関西テレビのガソリンスタンド割り込み、アナウンサーの食糧調達)について、見解を述べられてはいかがでしょうか

投稿: | 2016年4月25日 (月) 16時56分

>私がその取材に関係していなければ、謝罪する必要はありません。

貴方個人の謝罪なんて誰も要求してないように思われますが…?

>極端な敵視からくる報道に対する誹謗中傷

このエントリーの記事のみに関して言えば、敵視されるだけの事をやらかしてますし、おそらく事実でしょうから「誹謗中傷」ではないですよね?

>記者が記事を書く際は極力、一般の人に誤解を与えないよう専門家のチェックを受けることがあります。

揚げ足取りで申し訳ないんですが、専門家のチェックを受けず書き散らす事もある、って事ですか?

>そもそもこのエントリで取り上げた記事(被災地での関西テレビのガソリンスタンド割り込み、アナウンサーの食糧調達)について、見解を述べられてはいかがでしょうか

ですね。是非お願いします。

投稿: 10年前にドロッポしました。 | 2016年4月25日 (月) 18時14分

ついでに便乗して
阪神淡路大震災以来ずっと同じことが繰り返されてるけど世間の批判に対するマスコミの見解とどんな再発防止策を講じたのかもお答えくださいね。
個別の事例の問題じゃなくマスコミの抱える構造的問題だと国民は認識してるんだけど。

投稿: 関西人 | 2016年4月25日 (月) 18時21分

>貴方個人の謝罪なんて誰も要求してないように思われますが…?

端的に言ってマスコミの医療報道にたまっていた不満や不健全な嫌悪を、
たまたま現れた私に集中砲火しているのが現状だと思いますけど。

>揚げ足取りで申し訳ないんですが、専門家のチェックを受けず書き散らす事もある、って事ですか?

科学、法律、国際関係などは専門家の助けが必要な分野ですが、
花が咲いたとか、市民マラソンだとかの街ネタには専門家が必須でしょうか。

>そもそもこのエントリで取り上げた記事(被災地での関西テレビのガソリンスタンド割り込み、アナウンサーの食糧調達)について、見解を述べられてはいかがでしょうか

▼ガソリンスタンド割り込み
マナー違反。そもそも被災者の注意を無視している時点で失礼。しかも緊急車両指定なし?。感じが悪いですね。
▼アナウンサーの食糧調達
MBSの準備不足?ロジがキー局に比べ甘い?大阪から来たなら福岡あたりで調達すべきだが、詳細は不明。
ただ食料がなくなってしまったら入手するしかないでしょう。次は頑張ってくださいと思いました。
東日本大震災ではDMATも急いで駆け付けたところほど、食糧不足で足が止まったところが多かったみたいですね。
被災地で仕事をする際には、ロジの価値がきわめて高いという教訓です。

悪質度では、ガソリン>食糧調達ですか。特に前者は反省してほしいですが、
まあ正直、どちらも大騒ぎするほどのことではないと考えています。
大騒ぎにしたのは、こうした話が大好物な人たちで、炎上の燃料に使われたんだなという印象です。

投稿: はるる | 2016年4月26日 (火) 16時01分

>阪神淡路大震災以来ずっと同じことが繰り返されてるけど世間の批判に対するマスコミの見解とどんな再発防止策を講じたのかもお答えくださいね。

一番わかりやすいのは報道ヘリの運用です。阪神淡路大震災後、各社ともチャーター機を低騒音のものに切り替え、
遠くても鮮明に撮影できる高性能のカメラも開発されました。うちの社では災害時に限らず、ホバリング、旋回数とも抑制する通知がありました。
昔に比べて相当程度、騒音被害は少なくなっているはずです。

あと、平時でも行政ヘリが飛ぶと、ごくたまにですが会社に「ヘリがうるさい、おまえのところか」と抗議の電話がきます。
報道ヘリは救助ヘリ・物資ヘリと比較して、飛行高度が高く、騒音も少なく、台数も少なく、活動量もないんですけどね。
非常時の混乱した最中、被災者がバリバリという音を聞いたとき、報道ヘリか非報道ヘリか正しく見分けられるのでしょうか。

まあ、こうしたことは、メディア側からもちゃんと宣伝したほうがいいかなとは思います。

投稿: はるる | 2016年4月26日 (火) 16時17分

ほかに問題として指摘されるもので大きいのは、避難所の取材でしょうか。

熊本取材から帰ってきた若手記者に聞くと、
「親切にしてもらった、温かかった」「あなたも大変ねと食べ物をプレゼントされそうになって焦った」と、
ネット上でのマスコミ批判にピンときていない様子でした。

とはいえ多くの被災者と良好な関係が築けている避難所もあれば、そうではない避難所もあると推測されます。
被災者も一枚岩ではなく、●●が足りないので、もっと取り上げてほしいとマスコミの力を信じている人もいれば、
撮影されることがとにかく嫌だ勘弁してという人もいます。そして「嫌」の中にもさまざまなグラデーションがあります。

避難所は基本的に一時的に発生する場所で、行政も人手が足りず仕切る人が存在しないこともあり、
トラブルが起きやすい場所でもあります。

各マスコミは災害ごとに、被災者とのトラブル集を含めた検証を冊子にしている場合がほとんどで、
これは他社への想像力を働かせようとしている、再発防止策といえそうですかね。

その意味で、いくつかのマスコミのトラブルが出てくるのは残念ですが、
悪い時にはきっちり個別個別の相手に謝罪するのが第一だと思います。
ただ、「中継で子供を追い出した」批判でみられるような動きは
だれも謝罪を求める人がいないのに、当事者でもない被災地から遠い人がマスコミ憎しで、たきつけている異常な扇動でしょう。

投稿: はるる | 2016年4月26日 (火) 16時34分

>当事者でもない被災地から遠い人がマスコミ憎しで、たきつけている異常な扇動

マスコミの常套手段ですねわかります

投稿: | 2016年4月26日 (火) 16時56分

はるる様、

>端的に言ってマスコミの医療報道にたまっていた不満や不健全な嫌悪を、たまたま現れた私に集中砲火しているのが現状だと思いますけど。

この場にマスコミ関係者は貴方だけですからマスコミ代表扱いされるのはやむを得ないかと。

>科学、法律、国際関係などは専門家の助けが必要な分野ですが、花が咲いたとか、市民マラソンだとかの街ネタには専門家が必須でしょうか。

他分野の事はもちろん存じませんが、こと医療に関する限り正直申しましてハンドルなしことおちゃ様のおっしゃる「医学的にまともなレベルの報道は1/4もない」に私も同意です。だもんで私は、というかおそらくネット医師はほぼすべて、「こらあ他の分野もお察しやろな」と、強く推認しちゃってるんですよねえ…。

そういえばはるる様は医療報道に関わることがあるとか。差支えなければ手がけた記事をご紹介頂ければ幸いです。<差支えないワケないかw

>まあ正直、どちらも大騒ぎするほどのことではないと考えています。

え…?
まあ確かに数多のマスコミの不祥事の中ではたいしたことがない部類かもしれませんが…。いや正直ドン引きです。

ご回答有難うございました。

投稿: 10年前にドロッポしました。 | 2016年4月26日 (火) 17時50分

http://up.gc-img.net/post_img_web/2016/04/3a6393c97984593ddc62b3b4e37493a5_3710.jpeg

4月21日に放送された松下奈緒主演のテレビドラマ「早子先生、結婚するって本当ですか?」第1話の視聴率が6.8%を記録し、厳しいスタートを切った。

そんな大苦戦中のドラマ「早子先生~」だが、記者によると第1話のセットに使われたある小道具に関して、不自然な部分があったという。

「ドラマのセットで使われていたカレンダーから、4月29日の祝日である『昭和の日』が抹消されていたのです。
昭和の日は、旧天皇の誕生日であり、日本人にとって特別な日です。しかし、戦争が背景としてあるだけに、 一部の人々は、
昭和の日に対し複雑な思いを抱いているとも言われています。そのため今回、わざわざ祝日の赤色を、 黒にしたカレンダーを制作したということは、
なんらかの思想を持った人間が、ドラマスタッフとして参加している可能性があるのです」(前出・テレビ誌記者)

フジといえば1月期の月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」でも、
病院のセットに “放射能科”というプレートを使用したり、背景に首の折れた日本人形を飾るなどして大きな問題となった。

http://www.asagei.com/excerpt/57158

投稿: | 2016年4月26日 (火) 21時08分

>他分野の事はもちろん存じませんが、こと医療に関する限り正直申しましてハンドルなしことおちゃ様のおっしゃる「医学的にまともなレベルの報道は1/4もない」に私も同意です。だもんで私は、というかおそらくネット医師はほぼすべて、「こらあ他の分野もお察しやろな」と、強く推認しちゃってるんですよねえ…。

4分の1とは、いったい、どんな母数なんでしょうかね。
「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」も入ってしまうんですか?

「あの病院は呼吸器内科がいまいちだから、脳外科もいまいちだろう」と強く推認しちゃうんでしょうか。
医師だってキャリアも実力も社会性もいろいろ。記者も同じことです。

>そういえばはるる様は医療報道に関わることがあるとか。
差支えなければ手がけた記事をご紹介頂ければ幸いです。<差支えないワケないかw

残念ですが、この記事だという具体的な紹介はできません。

>まあ確かに数多のマスコミの不祥事の中ではたいしたことがない部類かもしれませんが…。いや正直ドン引きです。

その気持ち自体は、理解できます。

投稿: はるる | 2016年4月27日 (水) 01時10分

>4分の1とは、いったい、どんな母数なんでしょうかね。

「1/4もない」です。というか、私の体感ではほぼ0。
おそらく「そんな事はない」でしょうから、是非実例をご提示頂きたく存じます。

>「あの病院は呼吸器内科がいまいちだから、脳外科もいまいちだろう」と強く推認しちゃうんでしょうか。

当然の反応かと。私だって敢えてそんな病院には行きません。

>医師だってキャリアも実力も社会性もいろいろ。記者も同じことです。

おっしゃる通りで、常識的に考えて、マスコミ関係者と言えどもごくごく真っ当な方も、具体的には存じませんがおそらくはおられるのでしょう。しかしその方達はこれまで、いや今現在どこで何をしておられるのでしょうか?一連のほぼ事実無根な医療バッシングの際、本エントリーのような一連のマスコミの不祥事が発覚した際、彼らは異を唱え、不当にバッシングされる医療関係者らを援護し、無責任で無自覚な同業者を非難してくれましたか?残念ながら私は殆ど存じません。マスコミが他業界を叩く時の常套句、「自浄作用がない」ってやつです。彼らが声を挙げられない、或いは挙げても黙殺されるのであれば、それはマスコミの「被害者」にとっていないのと同じです。

で、ここに集うような古参の医療崩壊ウォッチャーとしては、本エントリーのような事例が積み重なるにつけ、マスコミは、緑色の血液が流れている「自分たちは仕事なのでどんなに人を傷つけても良い」と思う人間のみが所属している職業グループなんだ、と本気で思えてくるんですよ。残念ながら貴方の一連のコメントも、この訂正不可能な誤った考えを補強してしまったように思われます。

改めて貴方の一連のコメントを再読させて頂いたのですがおっしゃってることはほぼ正論かと存じます。しかし「マスコミ関係者」ってだけで「おまゆう」になってしまう現実ははっきり言ってマスコミの不徳のいたすところです。腹立たしいでしょうが謙虚に受け止めて頂きたく存じます。せめて枕に「一連の不祥事は誠に遺憾です。しかし…」とでもつけて頂ければお互いもう少し冷静に、より建設的な議論が出来たのでは?、と残念でなりません。

>残念ですが、この記事だという具体的な紹介はできません。

残念ですが仕方ないですね。「医学的にまともなレベルの報道」ってのを読んでみたかったのですが…。

>その気持ち自体は、理解できます。

いえ敢えて言いますがおそらくご理解頂けてはいないでしょう。そしてハンドルなしことおちゃ様もご指摘ですが、「理解出来てない」事を自覚しない限り、このまま平行線でしょうね…。

投稿: 10年前にドロッポしました。 | 2016年4月27日 (水) 11時55分

マスコミが被災地で繰り返し暴走するのはなぜか
http://diamond.jp/articles/-/90362

とうぶん暴走は続くそうです

投稿: | 2016年4月27日 (水) 19時40分

いい記事ですね。是非はるる様のご意見を伺いたいところです。

投稿: 10年前にドロッポしました。 | 2016年4月27日 (水) 23時25分

>悪質度では、ガソリン>食糧調達ですか。特に前者は反省してほしいですが、
>まあ正直、どちらも大騒ぎするほどのことではないと考えています。
>大騒ぎにしたのは、こうした話が大好物な人たちで、炎上の燃料に使われたんだなという印象です。

マスコミこそ、こういう話が大好物と思うのですが
報じるときは「どんな事情があったとしても、あってはならないことだ」として糾弾していますよね

今回のようにマスコミ取材のトラブルだけ「大騒ぎするほどのことではない」とするのでは、
マスコミは自分に対してだけは甘い、と批判されるのは仕方ないかと思います

ちなみに、この手のトラブルをなんとしても糾弾すべきだ、などとは思っておらず
他者を糾弾するのに、自身に対してだけは大したことない、というのはどうなんだろう、ということです

投稿: | 2016年4月28日 (木) 10時11分

>「1/4もない」です。というか、私の体感ではほぼ0。
おそらく「そんな事はない」でしょうから、是非実例をご提示頂きたく存じます。

ほぼ0とは、また極端ですね。改めて尋ねますが母数はなんでしょうか。
「医学的に…」というのには、医療政策・制度は含まれるのか。先端医療は含まれそうですね。はたまた健康情報はどうなのか。

マスコミの悪行の例として、このエントリーの投稿でロキソニン報道について言及された方がいらっしゃったので、
ロキソニンの副作用について、まともな記事があれば紹介しようと思い探してみました。

日経テレコンで「ロキソニン」「副作用」で最近の記事をワード検索しましたが、その結果、少し驚くことがわかりました。
キー局・全国紙で報道しているのは、民放1社だけだったんですね。
マスコミにロキソニン風評の責任があるという論調があるとここで知った際、
私はてっきり、各社ガンガンやってるのかと思いましたが、事実は違ったようです。

その民放1社も「ロキソニンに限らず、薬にはすべて副作用のリスクがある。薬の効能と副作用を知った上で、正しく飲むことが大切だ」と書いています。この評価は微妙ですが、危険をあおり立てるわけではないとのポーズはとっています。

むしろネットメディア、ブログメディア、まとめサイトの方が「死に至るケースも」など、センセーショナルな見出しをつけて、「こわい、こわい」とやっていたのが印象的でした。

大手マスコミは「ロキソニン」の副作用について、書く価値が無いと判断しているわけです。
冷静なまともな判断ではないでしょうか。

似たような話では、ディオバンの不正論文問題の際、「ディオバンをやめたい」という患者が出たこともありましたね。
あのときも、各社、「服用は問題ない」という論調の記事がわりと大きく掲載されたと記憶しています。

投稿: はるる | 2016年4月28日 (木) 11時17分

>「医療現場がこんなひどい状況になっていたなんて知らなかった。
 医療関係者はなんで情報発信してこなかったんだ」(前の投稿者からの引用)

こう考えた多くの記者が、医療界内部の協力者もあって、その後、取材し分析を重ねていった結果、
たとえば医療事故関連のニュースについては…

>「医療訴訟もひと頃ほど話題にならなくなった感もありますが」(このブログの最近のエントリーから引用)

という状況が生まれたのではないでしょうか。
2000年はじめとは違い、少なくとも提訴段階の医療事故報道は、慎重に判断すべきというマインドが複数のマスコミに根づいていると感じています。

>http://diamond.jp/articles/-/90362

読みました。
普賢岳の自体は私が記者になる随分前で関心があり、以前から調べています。
マスコミ側が反省すべきところは反省し、生かしていく。
そのためには事実に基づいた冷静な議論が必要でしょう。普賢岳については参考に下記のブログ記事もご参照ください。
http://dambiyori.hatenadiary.jp/entry/20100423/1272036014

>本エントリーのような事例が積み重なるにつけ…本気で思えてくるんですよ。

マスコミ批判の記事やSNSの書き込みを日常的に読むことが、一種のエンターテイメント、趣味になっていないですか。
世の中には変な人もいて、医師の不祥事だけを集めて罵詈雑言を並べるブログなども散見されますが、
あなたが、同じような姿になられないことを期待しております。

投稿: はるる | 2016年4月28日 (木) 11時23分

>>マスコミ側が反省すべきところは反省し、生かしていく。

勿論、世の中には是々非々という言葉があるのですが…。
『個々のモラル云々の問題というより、マスコミという業界の構造的問題によるところが大きいのだ』
という記事へのコメントがこれでは、やはり議論はすれ違っているとしか言いようがありませんね。

ところで、私は『母数』の使い方がとても気になります。
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n57059

尤も、医師というか理系の方でも誤用されてる例を時々みかけますが。

投稿: 日頃はROMですが | 2016年4月28日 (木) 21時15分

結局ね、反省して生かした結果がこれなのかってことなんですよ
マスコミが年々嫌われ支持を失い続けてる理由を真剣に考えるべきだ

投稿: | 2016年4月28日 (木) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/63509625

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミ関係者がまたも被災地で大顰蹙:

« 保育園落ちた騒動に続いて保育園反対騒動が話題に | トップページ | 高齢者バッシングはすでにタブーではない »