« 時代と共に変わりつつある高等教育のあり方 | トップページ | 子供にお金を使うことへの否定的な記事が出る背景 »

2016年3月 6日 (日)

今日のぐり「一竜 西中洲店」

先日しみじみと時の流れを感じたのがこちらのニュースなのですが、皆さんは御覧になったでしょうか。

北斗晶も驚いた!?最近の小学生の遠足「おやつ」事情(2016年3月2日アサジョ)

 小学校時代の遠足の楽しみといって思い出すのは、持参する「おやつ」ですよね。「一人300円まで」なんて決まりがあったり「バナナはおやつに入るのか?」という定番の質問があったりと、思い出深いものです。

 けれど、最近は遠足のおやつを禁止にしている学校も出てきているようなんです。

 理由としては、おやつを食べる時間の関係や、経済的な理由でおやつを持っていけない家庭への配慮などがあるのだとか。あの北斗晶さんも自身のブログで、最近の遠足のおやつ事情を説明。お子さんの学校では、おやつは300円などの値段で決まっているのではなく「自分が食べられるだけ」というルールなのだそうです。

 ちなみに北斗さんは遠足先でみんなと交換できるように「蒲焼さん太郎」30袋入りを子どもに持たせようとしたそうです。けれど、食べられる量だけというルールがあるため、お子さんから断固拒否されたのだとか。

 最近の子どもはおやつにシビアのようですね。遠足のおやつの楽しみが今は薄れていると知ると、ちょっとさみしくなりますね。

お約束の「バナナはおやつに含まれるんですか?」だの「カルピスは(以下略」だのと言った質問を今の子供達はもう経験しないのだと思うと、何とも無常観すら感じさせますね。
今日は全国の元小学生達の嘆きを代弁する意味で、世界中から時代は変わったと実感させられるちょっともの悲しいニュースを紹介してみることにしましょう。

平成生まれには信じられない!? 現役大学生がいちばん「昭和」を感じるものは? バブル、黒電話、ポケベル……(2016年1月18日マイナビニュース)

元号が平成に変わって28年。昭和の時代は、すっかり昔のこととなりました。昭和を経験していない平成生まれの学生は、特にそう感じるのではないでしょうか。そこで今回は、今はあまり見かけなくなった「昭和を感じるもの」について調査しました。

■あなたが一番「昭和」を感じるものは?
第1位 ポケベル 19人(4.6%)
第2位 黒電話  15人(3.6%)
第3位 バブル  12人(2.9%)
第4位 白黒の映像  9人(2.2%)
第5位 戦争    5人(1.2%)

回答は大きく分かれましたが、上位には懐かしい家電が並びました。たしかに、ポケベルや黒電話、白黒テレビなどは平成生まれの大学生は触れたことがないものでしょうね。それでは、それぞれの意見をご紹介します。
(略)
●他にも
・東京タワー。昭和に建ったから(福岡県/大学3年生/男性)
・人生ゲーム。ローカル感が漂っている(東京都/大学院生/女性)
・昭和の歌謡曲。今の音楽とは全く違うので(東京都/大学4年生/男性)
・肩パッド。昭和の若い女性のイメージ(大阪府/短大・専門学校生/女性)
・若いころの自慢話をしだす人。「昔はすごかった」的な話をするのは昭和世代の人の特徴だと思う(東京都/大学3年生/男性)

東京タワーは、スカイツリーができてから、より「昭和のもの」というイメージが強まってしまいました。それでも、スカイツリーにはない趣が東京タワーにはあり、いまだに東京の象徴物として人気。昭和の歌謡曲などの文化もそうですが、今の若い世代の人たちにも知ってもらいたいものはたくさんありますね。
いかがでしたか? ポケベルや黒電話の時代を考えると、現代はすごい進化を遂げました。必要なものはきちんと残し、進化できるものはどんどん進化させることで、さらにすごい時代をつくっていきたいですね。

そう言えばダイヤルを回すと言う言葉が通用しなくなってすでに久しいとも言いますが、いつの間にか世の中から消えていったものはこれに限らず少なからずあるのでしょうね。
うどん県と言えばご存知香川県のキャッチフレーズですが、最近そのうどん県の向こうを張っている身の程知らずな県があると話題になっていました。

生産量2位埼玉県が「うどん県」に名乗り 香川県は「そんな甘くねえよ」とツッコミ(2016年2月1日J-CASTニュース)

   「うどん県」といえば、讃岐うどんで知られる香川県だが、埼玉県の「うどん好き」が「香川を超える『うどん県』にしよう」と立ち上がった。
   埼玉県内のうどん店を巡って、フェイスブックなどで情報を発信する「埼玉を日本一の『うどん県』にする会」は、うどん店への来店客を増やし、「うどん熱」を盛り上げようと呼びかけている。

   農林水産省の「米麦加工食品生産動向」によると、2009年のうどんの生産量(生めん、ゆでめん、乾めんの合計)は、香川県が5万9643トンで第1位。埼玉県は2万4720トンの第2位だった。
   うどん店の店舗数は、埼玉県は1905軒で第2位。香川県は657軒で15位だった(NTTタウンページ調べ)。しかし、人口10万人あたりの店舗数では、香川県がダントツの1位で65.97軒。埼玉県は26.48軒だった。
   さらに、総務省の家計調査による「うどん・そば消費量ランキング」(1世帯あたり年間消費金額)では、第1位は香川県の1万2570円。埼玉県は6715円の第8位と、やや水をあけられている。

   香川県といえば、自他ともに認める「うどん県」。県内はうどん一色だし、県民も「うどん愛」を自負する。2015年にはイタリア・ミラノで開かれた「ミラノ国際博覧会」で讃岐うどんをPRするほどの熱の入れようだ。
   一方、埼玉県も江戸時代から長い日照時間を活かして小麦の栽培が盛んだった。うどんを食べる習慣が根づいていて、加須市や熊谷市、鴻巣市などは、県内有数の小麦の作付け地域で、生産される小麦の約9割がめんに向いているとされる。
   そのため、こうした地域には「ご当地うどん」があって、毎年6月25日を「うどんの日」と定めている「加須うどん」、「熊谷うどん」や、めんの幅が5センチメートル以上ある「川幅うどん」(鴻巣市)、深谷市の「煮ぼうとう」や川島町の「すったて」などが有名だ。東京都多摩地域と埼玉県西部に伝わる「武蔵野うどん」は、「手打ちうどん」「肉汁うどん」とも呼ばれる。埼玉県にとって、うどんは地域ブランドを売り込む有望なグルメということらしい。
(略)
   彼らのこうした活動に、インターネットでは、

    「うどん用小麦粉使用量、香川県民は一人あたり約60キログラム、埼玉県民は3.6キログラム。香川県超えはムリなんじゃないかな・・・」
    「うどんばかり食べてると香川県民になるぞwww」
    「埼玉県民だけど、香川県に勝とうなんて恐れ多いことたぶん人口の1%も考えてないと思う」
    「香川県民は埼玉県民の14倍うどん食ってるわけで、相手にならない計算www」

などと、香川県には敵わないとの声が少なくない。
(略)
   また、

    「香川県民どれだけうどん好きなの... あたまおかしいwww」
    「香川県民1日1食はうどんって、食い過ぎじゃね。うどんがないと死んじゃうんか?」

と、かえって「うどん県 香川」の実力を浮かび上がらせてしまったようでもある。
   たしかにデータのうえでは、埼玉県は第2位ではあるものの、トップの香川県との差は小さくない。
   埼玉県は「(地域ごとのPR活動など)さまざまな取り組みがあることは承知していますが、今のところ、県をあげて取り組んでいこうという機運にはありません」と、盛り上がりはいま一歩のよう。ただ、県内はそば屋よりうどん店のほうが多いですし、多くの県民がうどんを好んで食べていることはわかっています」と話している。

関東と言えば蕎麦のイメージがありますが、しかし餃子対決のように手強いライバルがいてこそ盛り上がると言う部分もありますから、埼玉県には更なる精進を積んでいただきたいですね。
強盗と言えば自分よりも弱そうな相手から金品を奪うものだと思い込んでいましたが、近ごろでは妙な強盗が出ると話題になっていました。

3人組強盗「女からは金いらん」 男子大学生は3千円被害、兵庫・川西(2016年2月18日産経新聞)

 17日午後11時40分ごろ、兵庫県川西市花屋敷のマンション入り口付近で、同市の大学2年の男性(20)が、友人で別の大学1年の女子学生(19)=宝塚市=と話をしていたところ、見知らぬ3人組の男に顔を殴られ、「金を出せ」と脅された。男子学生が財布から現金3千円を差し出すと、男らは現金を奪って逃げた。男子学生は顔に軽いけが。女子学生にけがはなかった。兵庫県警川西署は強盗事件として捜査している。

 同署によると、当初、3人組のうち1人は「女からも金を取れ」といい、女子学生も3千円を差し出したが、受け取った別の男は「女からはいらん」と言って現金を投げ捨て、逃走した。

 3人組は高校生から大学生くらい。いずれも黒のニット帽を目深にかぶり、黒のネックウォーマーで口の部分を隠していたという。

どのようなポリシーがあったのかは知りませんけれども、彼らなりのこだわりがそこにはあったと言うことでしょうか、これは新しいパターンですよね。
旧共産圏と言えば公的には神など存在しないと言うことになっていて信仰心篤い人々は苦労したそうですが、こちら時代の流れを感じさせるニュースです。

「神はいない」 ネット書き込みで起訴、禁錮1年の恐れ ロシア(2016年03月03日AFP)

【3月3日 AFP】ロシアで2日、「神などいない」とインターネット上に書き込んだ男性が、ロシア正教信者の心情を害したとして起訴された。有罪判決が下れば最大で禁錮1年が言い渡される可能性がある。

 露南部スタブロポリ(Stavropol)在住のビクトル・クラスノフ(Viktor Krasnov)被告(38)は、2014年に地元のユーモア系ウェブサイトで展開された聖書に関する議論をめぐって起訴された。被告の弁護士がAFPに語った。

 クラスノフ被告はこのネット議論の中で、「ユダヤ人のおとぎ話を寄せ集めて聖書と名付けただけで、まったくのたわごとだ。少なくとも僕にとっては」などと主張。さらに「神なんていないんだよ!」と書き込んだ。これに対し、議論に参加していた若者の1人が「ロシア正教信者の心情を害した」として被告を告訴したという。

 起訴の根拠となったのは、露女性パンクバンド「プッシー・ライオット(Pussy Riot)」がロシア正教会の大聖堂で挑発的なパフォーマンスを行って懲役刑判決を受けたことを機に2013年に制定された法律だという。

 クラスノフ被告は起訴に先立ち昨年、1か月にわたり精神科病棟に入院させられ、精神鑑定を受けさせられたという。弁護士はAFPに対し、被告は「単なる無神論者」で、問題の議論ではハロウィーンとユダヤ教の祝日を批判していたと語った。

旧ソ連がロシアになるとこうまで変わってしまうのかですが、しかし無神論者なども珍しくない世の中だけに何とも厳しい対処法だけは旧ソ連からの伝統でしょうか。
コンピューター障害と言えば何やら新しい概念のようにも感じられますが、コンピューターもまた歴史の積み重ねの上に存在しているのだと言うことを感じさせるのがこちらのニュースです。

Windows 3.1の障害によりパリ=オルリー空港が一時閉鎖の事態に(2015年11月16日GigaZiNE)

パリ郊外に位置するオルリー空港ではシステム障害により滑走路が一時的に閉鎖されるという事態が発生していたのですが、その原因がWindows 3.1の障害にあったことが明らかになっています。

パリの中心部から30分~40分の距離にあるオルリー空港では2015年11月7日、パイロットに気候情報を知らせるシステムのトラブルにより、滑走路が約1時間にわたって閉鎖される事態となりました。同空港では、悪天候時にパイロットに対して気候状況を提供する「DECOR(diffusion des données d’environnement contrôle d’Orly et de Roissy:オルリーとロワシーの気候モニタリングデータ伝達システム)」と呼ばれる装置を用いて、離着陸時の安全性を確認するようになっているのですが、この装置に不具合が発生したことがわかっています。
オルリー空港ではDECORを同じくパリ郊外に位置するシャルル・ド・ゴール空港と共用していたのですが、11月7日午前9時30分から10時0分の間にシステムに障害が発生したため、管制官がパイロットに対して着陸に必要な滑走路視距離の情報を提供できない状況が発生。DECORが使えない状況でも、パイロットの視界が確保されている場合は問題なく離着陸を行うことができるのですが、折しも障害発生時には空港周辺に濃霧が発生しており、十分な気候情報が得られないことから離着陸が困難な状況と判断されたため、オルリー空港は障害から復旧した10時30分まで滑走路を閉鎖し、10便がシャルル・ド・ゴール空港へとダイバート(目的地変更)を強いられることとなりました。
その後、障害が発生したDECORが1990年代に発売されたWindows 3.1上で動いていたことが判明。フランスの新聞では「オルリーは、先史時代のソフトウェアの犠牲になった」という見出しが踊っています。
(略)
今回のトラブルは、比較的トラフィックの少ないオルリー空港だったために実質的な被害はさほど大きなものではなかったと言えますが、同様のトラブルは同じDECORを使う世界有数の大空港であるシャルル・ド・ゴール空港で発生する可能性も依然として残されています。フランスの運輸大臣はDECORを2017年までに最新の状態に更新すると確約していますが、前出のFiacre氏は「私の見方では早くても2019年、おそらく2021年になるでしょう」と語っているとのことです。

一般的に機材が使用開始から20数年と言えば必ずしも古すぎると言うこともないのでしょうが、しかしコンピューターの世界で今さら3.1と言われるとびっくりするのも確かでしょうね。
最後に取り上げますのがお隣韓国からの話題ですが、どう突っ込むべきか迷うこちらのニュースから紹介してみましょう。

「世界最古の金属活字」が20世紀の人工元素を含有(2015年11月16日朝鮮日報)

 14日午後、国立中央図書館のデジタル図書館大会議室で、韓国書誌学会の秋季共同学術大会が行われた。慶北大学のナム・グォンヒ教授による「『證道歌字』偽作論争に対する反論」と題するテーマ発表が終わると、国立中央博物館のイ・ジェジョン学芸研究官が立ち上がった。イ研究官は「ナム教授が責任研究員を務め、慶北大産学協力団が主管して作成した『證道歌字基礎学術調査研究』(2014年、国立文化財研究所)報告書をつぶさに見たところ、『證道歌字』であることを十分に立証できなかったどころか、問題点が多かった」と問題提起した。

 とりわけ、「法」の字を破壊分析(金属の一部を切り取って成分を分析する)した結果について、疑問を投げかけた。報告書では、「法」の字を破壊分析したところ、活字の構成成分は「銅88.5%、真ちゅう6.66%、テクネチウム(原子番号43)2.62%、酸素1.74%、珪素0.49%」となっている。イ研究官は「テクネチウムは初めて人工的に作られた元素で、1937年(原文ママ)に初めて発見されており、自然界には存在していない。これは活字が偽造されたものなのか、あるいは分析が誤っていて信頼できないということを意味している。活字の成分に当然含まれている鉛が出てこなかったというのもおかしい」と指摘した。

 韓国科学技術研究院(KIST)のト・ジョンマン博士は、本紙の電話取材に対し「まずは分析にミスがあった可能性がある。もし、本当にテクネチウムが2.62%も含まれていたならば、(活字が)偽造されたものである可能性が高い」と述べた。テクネチウムが実際に含まれていたならば、問題の活字は偽物であり、また分析にミスがあったとすれば、それだけ報告書がいい加減だったということになる。

 これに対しナム教授ははっきりした答えを出せなかった。ナム教授は「『法』という字の破壊分析は2011年、忠北大学で行われたものだ」とした上で「(私は)金属が専門ではないので…。詳しく調べてみる」と答えた。ナム教授は、現存する世界最古の金属活字だという主張が出ている『證道歌字』の存在を最初に発表した学者だ。真偽をめぐって6年にわたり論争が続いている『證道歌字』について、ナム教授はこの日、あらためて「『證道歌字』は本物に間違いない」と主張した。

 イ研究官はまた「報告書は現在唯一残っている高麗時代の活字である、国立中央博物館所蔵の『ポク(福/服)』の活字を比較の基準としているが、『ポク』の活字もまた、明確な製作の時期、出土した場所などがわからず、信頼度は低い。ナム教授が国立中央博物館所蔵の「ポク」の活字との比較を通じ、調査対象の活字を『證道歌字』だと主張した後、その根拠として『ポク』の活字も『證道歌字』だと主張していることになる」と指摘した。

聞くところによると世の中大抵のものは韓国か中国が起源であるそうなのですが、しかしこれは一体どのような理由によるものなのか何とも謎めいていますよね(棒。
ところで現代社会における活字と言う技術の衰退ぶりを考えると、これはむしろ世界最後の活字と言う可能性も出てくるのでしょうか、あるいはいっそそちらの方がより話題になるのかも知れません。

今日のぐり「一竜 西中洲店」

元祖中州屋台ラーメンを名乗るこちらのお店、元々は屋台ラーメンでこちらその一般店舗と言うことのようですが、たまたま前を通りかかって屋台ラーメンの文字にひかれ入ってみました。
しかし福岡市は近年屋台への締め付けを強めているそうで廃業も相次いでいると聞きますが、このB級グルメ全盛の時代にせっかくの観光資源をどうしたいのかと考えてしまいます。

初めてのお店ではたいてい一番ベーシックなラーメンを頼むのですが、今回はつい究極の復刻味なる売り文句に釣られて一竜ラーメンなるものを頼んで見ました。
出てきて早々どんぶりがやたらにでかいのが目に付くんですが、乳化してない生の脂の層が分厚く表面を覆っているのは屋台での保温には有効なんでしょう、実際とにかく暖まるラーメンです。
脂の下にあるスープ自体は最近の濃厚が売りなお店ほど濃くはないようですが、レンゲでこの脂ごとすくった時のこってり感は相当なもので、それだけ脂っこさがありながら結構飲めてしまいます。
ちなみにこれは復刻ラーメンでの話で、標準メニューの博多ラーメンのスープはまた全然別物なのだそうですが、このあたり何かしら味を変えるに至った経緯なりとあるのでしょうかね。
麺やチャーシュー、トッピングの煮卵もしっかりしているし、こう言うタイプが好きならお勧めできるしっかりしたラーメンだと感じましたが、実際地元でも名の知れた人気店だったと後で知りました。

ところでこちらまだ比較的新しい店舗ながら、一歩店内に入った瞬間からとんこつ臭が強烈で染み込んでいる感じですが、前回お邪魔した二男坊さんなど最近は必ずしもこうではないようですね。
メニューを拝見しますとさほど凝ったものはないんですが、つまみ系サイドメニューの並び方などいかにも屋台風ですし、接遇も完全に個人店のノリで妙に懐かしい雰囲気があります。

|

« 時代と共に変わりつつある高等教育のあり方 | トップページ | 子供にお金を使うことへの否定的な記事が出る背景 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

>「昔はすごかった」的な話をするのは昭和世代の人の特徴だと思う(東京都/大学3年生/男性)

どれだけアホな大学生やねん。
こんなの年齢によるってわからんか?
昭和の頃なら、明治・大正生まれのじいちゃんばあちゃんが、くどくど言っていたわ。

投稿: | 2016年3月 7日 (月) 09時06分

おそらくは高度成長~バブル世代の「俺達はやったぜ」感満載の昔語りが忌避されやすいのではないかと言う気がします。

投稿: 管理人nobu | 2016年3月 7日 (月) 12時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/63303231

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり「一竜 西中洲店」:

« 時代と共に変わりつつある高等教育のあり方 | トップページ | 子供にお金を使うことへの否定的な記事が出る背景 »