« 東大医学部も入試に面接を導入、するのはいいのですが | トップページ | 不妊治療の技術的進歩と倫理的掣肘のせめぎ合い »

2016年3月30日 (水)

この時期ありがちなトラブルとは言え

やや規模が壮大であったかと話題になっているのがこちらのニュースです。

花見で横浜の公園半分以上を5日間「場所取り」 ネットで非難殺到して「謝罪」「撤退」した大企業(2016年3月29日J-CASTニュース)

   お花見シーズンが本番を迎えた横浜市で、プラント建設大手「日揮」の横浜本社が、掃部山(かもんやま)公園(横浜市西区)の「半分以上」ものスペースを花見目的で「場所取り」して、インターネットに非難が殺到した。
   同社は2016年3月29日、J-CASTニュースの取材に、場所取りのため使用していたブルーシートを撤去するよう関係社員に命じたと明かした。

公園管理者は「非常識」と注意

   掃部山公園における同社の場所取りは、3月28日頃からツイッターで話題となった。あるユーザーが「お花見会場 OHANAMI SITE 日揮株式会社 JGC CORPORATION」と書かれたブルーシートの写真を投稿し、「エグイ場所取りをしとる」と報告。すぐさま拡散した。これに対し、

    「やっちゃ駄目な類なミス」
    「何様のつもりだ」

と非難が相次いだ。その後、写真は掲示板サイトやまとめサイトにも転載され、ちょっとした「炎上」状態となった。
   同社広報IR部の担当者によると、花見は社としてではなく、社員が自主的にやっているものとしたうえで、「占拠」場所は「公園のスペースの半分以上」で、「占拠」期間は28日から4月1日までの5日間。「占拠」時間はまばらだが、日によっては10時間以上に設定されていた。

    「現在のところ抗議の電話等は寄せられていないが、ツイッターを見て事態を把握しました」

という。

   公園を管理する横浜市西土木事務所はどのように認識しているのか。事務所担当者は取材に対し、日揮から広範囲の場所取りに関する事前の相談は「特になかった」が、このところ、日揮の場所取りを巡回中にたびたび注意していたと明かす。そのうえで、花見の場所取りは通例だと申請不要だが、公園の「半分以上」を「占拠」するのは「非常識」だと話した。
   一方、同社は「一応、土木事務所に相談していたと聞いていたが...」と言葉を濁している。

   取材の最後に同社担当者は

    「(『占拠』行為は)あまりに非常識だと判断し、ブルーシートの撤去を命じました。ご迷惑をお掛けしたことを深くお詫びします」

と謝罪している。

状況はこちらの記事にやや詳しいようで、このご時世にこうしてネタを提供してくれるのですからありがたい話ではあるのですが、しかしこれだけ広大なスペースを占有して全て利用すると言うわけでもないらしいのですから、幾ら何でも過剰な場所取りだと批判される余地はあるのでしょうね。
ただ程度の差こそあれこうした花見の場所取りをしたことがないと言う会社の方がむしろ少ないのではないかと思いますが、一般的には宴会なり会合なりで集まる場合にはしかるべき手続きを踏んで場所を抑えるための予約を入れるものですけれども、公共スペースで行われることの多い花見に関しては予約のしようもないだけにこうしたことが半ば慣習として許容されてきたと言えるのでしょう。
そうした点からすると公園なり場所の管理者がきちんとスペースを区分し予約制にすればよさそうなものですし、実際にそうした運用をしている土地もあるようなんですが、本来誰にでも随時開放されていてしかるべき公共スペースを閉鎖されるとなるとまたぞろクレームの入る余地はありそうで、この点で管理者としても悩ましいところではあるのでしょう。

毎年マイナートラブルも含めれば全国各地でほぼ必発のこの花見を巡るトラブルですが、近年では外国人旅行者の間でも花見というイベントが人気なのだそうで、当然ながら日本人同士なら持っていただろう「阿吽の呼吸」を共有することが出来ず困ったことになってしまうと言う場面も見られるようです。
法的には幾つか禁止事項とされるものがあるそうで、自治体等の定める条例にもよりますが金銭を支払い場所取りを依頼するだとか数日前から広大な場所を占有すると言った行為は条例違反に問われる場合もあるそうですし、当然ながらある場所では許容されていた行為でも別な場所ではNGと言うこともありますから、大人数で公的なイベントとして行う花見であれば事前に管理者にも相談するのが無難なのでしょう。
そうは言ってもどこからが駄目でどこまでが許容範囲内なのかと言う明確な線引きは事実上困難なのだろうし、だからこそ毎年トラブルが頻発しているとも言えるのでしょうが、少なくとも楽しんだ後はきちんと後始末くらいはして帰ると言うのは最大公約数的なマナーと言うことになるのでしょうね。
ちなみに個人的には花見の席でさほど大きな失敗はしてきていないつもりなのですが、傍目にはどう見えていたのかは誰にも判らないと言うもので、皆さんも何かしら壮大な失敗をされたことがあるでしょうかね?

|

« 東大医学部も入試に面接を導入、するのはいいのですが | トップページ | 不妊治療の技術的進歩と倫理的掣肘のせめぎ合い »

心と体」カテゴリの記事

コメント

公共の場で泥酔者の醜態が許されるのは日本だけ

投稿: | 2016年3月30日 (水) 08時56分

戦国時代に来日した宣教師も日本人の酒癖の悪さにはあきれたと言う話がありますので、歴史的に酒の席での事には寛容な土壌があるのかも知れません。

投稿: 管理人nobu | 2016年3月30日 (水) 12時52分

室町時代の酒宴では、嘔吐するのがめでたいこととされていたそうです。
単に「沢山飲めた」というのではなく、そこに宗教的・呪術的意味を考える説もあります。

投稿: JSJ | 2016年3月30日 (水) 16時04分

桜はバラ科の花で、早生桜(※エドヒガン系)と本桜(※カスミザクラ系)、
島桜(※タケシマザクラ)、花桜など、200種以上の様々な木があります。

その中で我が国の郷土樹種には、早生桜と王桜があります。

早生桜は華厳寺渓谷に多く自生しており、双渓寺地蔵庵の早生桜は天然記念物
として保護されています。

桜の女王として名高い王桜は、日本人が一番好きな品種であり、日本に最も多く
広がっている桜でもあります。

背が高くて雄壮に成長するだけでなく、花梗一つに花が複数垂れて他の桜に比べて
より華麗な姿で目を引きます。

それで、桜といえばサクラ、日本の花というイメージが強いが、王桜は韓国済州島が
原産地です。 6世紀に日本に渡ったものと推定されます。

日本古代史には桜と関連した記録がないが、私たちの三国遺事には765年に桜と
関連した記録があります。これが桜と関連して残っている世界初の記録だといいます。

米国ワシントンDCのポトマック河畔で開かれる桜祭りの主人公もやはり、日本産では
なく、済州産の王桜です。

3千800本ほどの王桜があって愛されているが、この王桜の木々は1912年、日本の
尾崎東京市長が友好の意で寄贈したものです。

1941年日本が真珠湾を空襲した時、米国市民がこの木々を切ってしまおうとしたが、
当時、李承晩(イ・スンマン)と徐載弼(ソ・ジェピル)博士らが「桜の原産地は済州島」
とし、現地政治家たちを説得して生き残ったとします。

李承晩(イ・スンマン)博士は、当時「Japanese Cherry Blossom」と呼ばれた桜の
名前を「Korean Cherry Tree」に変更しようと奔走したが、中間である
「Oriental Cherry Blossom」に変えることで満足しなければならなかったといいます。
https://www.joongdo.co.kr/jsp/article/article_view.jsp?pq=201603180022

投稿: | 2016年3月30日 (水) 19時57分

変なのが変なものを貼りましたね。では 
Wikipedia 王桜 から

 王桜がフランス人によってはじめて採集されたのは1908年4月15日であり、ドイツ人によって新種であるとはじめて同定されたのが1912年である。当時東京市市長だった尾崎行雄が東京の桜の名所だった荒川堤のサクラを穂木にしてアメリカのワシントンD.C.に計3020本のサクラを贈ったのは、1912年3月のことであり、サクラの植樹式は3月27日である。王桜がはじめて採集されたのが1908年4月で、新種と同定されたのが1912年であるにもかかわらず、その同年3月には日本がアメリカのワシントンに3000本のサクラを贈呈し、さらにニューヨークにもほぼ同数のサクラが贈呈されている。これらのことから、品種改良や増やすにも時間が足りず、キム・チャンスの主張は確実にありえない事を示している。

 現在の韓国においては王桜の自生地に同種としているソメイヨシノを植える活動が行われているが、このため逆に本来の王桜がソメイヨシノによって遺伝子汚染される可能性と本来の王桜の絶滅が起きる可能性が存在する。要出典
 北鮮ばりの 証拠隠滅計画かな。

投稿: | 2016年3月30日 (水) 21時22分

て言うか、この世の中に起源を辿れば韓国中国に行き着かないものってそんなにないだろとw

投稿: | 2016年3月30日 (水) 21時44分

手搏図に韓国起源といえる全ての根拠があるんですね!わかります!

投稿: | 2016年3月30日 (水) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/63413698

この記事へのトラックバック一覧です: この時期ありがちなトラブルとは言え:

« 東大医学部も入試に面接を導入、するのはいいのですが | トップページ | 不妊治療の技術的進歩と倫理的掣肘のせめぎ合い »