« 不妊治療は高額であると言う現実 | トップページ | 患者が不自然な亡くなりかたをした際にどうすべきか »

2016年3月 2日 (水)

注目を集めた社会的責任に関する2つの判決

以前にも取り上げましたように、家族の監視の目をかいくぐって家を抜け出した認知症男性が列車と衝突し死亡した鉄道事故に関して、JR側から男性の老妻への巨額損害賠償が認められたと言う判決が非常に大きな社会的反響を呼んでいましたが、その最高裁への上告審が先日こんな決着を見たそうです。

認知症列車事故、JRの賠償請求棄却…最高裁(2016年3月1日読売新聞)

認知症男性(当時91歳)が徘徊(はいかい)して列車にはねられた事故を巡り、JR東海が男性の遺族に損害賠償を求めた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は1日、家族の責任を認めて賠償を命じた1、2審判決を破棄し、JR東海の請求を棄却する判決を言い渡した。

遺族側の逆転勝訴が確定した。

判決によると、愛知県大府(おおぶ)市の男性は2007年12月、当時85歳だった同居の妻(93)がうたた寝をしている間に外出。JR東海道線の駅構内で列車にはねられ死亡した。JR東海は10年2月、男性の妻や長男(65)らに計約720万円の賠償を求めて提訴した。

1審・名古屋地裁判決は、長男の監督義務と妻の過失をそれぞれ認定し、2人に全額の賠償を命じた。2審判決は、妻のみに監督義務を認めたが、「相当に充実した介護態勢を構築していた」などとして賠償額を約360万円に減額した。

同居していたとは言え家族が文字通り24時間365日見張ると言うのも現実的に難しく、この損害賠償が認められるとなれば国が進める病院、施設から自宅へと言う高齢者在宅介護計画にも大きな支障が出ていただろうと思うのですが、最高裁までもつれ込むと言う時点で大変に判断の難しい問題であったことが判ります。
公的にはダイヤに従って専用軌道上を走っているものを妨害するのだから損害賠償の対象になると言うにしても、認知症老人が駅構内から線路内に入り込むと言うのも管理体制の不備を問われかねない状態ではあったのでしょうか、今回の事故に関しては当初からJR側にも責任がある、むしろ損害賠償を請求されるべき立場ではないかと言う声があったのも事実です。
そもそも鉄道事故に関して列車を止めた損害賠償を遺族に請求すると言う習慣がどうなのかと言う声も根強くあるのですが、ではこうした場合の損害を誰が償うべきかと言えば乗客の運賃に上乗せすると言うのも釈然としない話で、この辺りは例えば震災被害に対する補償問題と同様、社会的に大きな規模で発生した不利益を誰がどのように負担すべきかと言う根深い議論とも結びついてくる話です。
さて、こちらも非常にその判決の行方が注目されていた訴訟がもう一つ決着を見たと報じられていますが、まずは記事から紹介してみましょう。

二審も病院側の責任否定 男性刺殺めぐり高松高裁(2016年2月29日共同通信)

 香川県内の駐車場で2005年、高知市の会社役員の男性=当時(28)=が統合失調症で入院していた男(46)=服役中=に刺殺された事件をめぐり、会社役員の両親と男の両親が病院を運営する医療法人などにそれぞれ損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、高松高裁は26日、いずれも一審高松地裁判決に続いて請求を退けた

 双方とも病院が男に対する適切な治療や診断、監督上の注意義務を怠ったのが事件につながったと主張。会社役員の両親は約4億3千万円を、男の両親は計2千万円を請求していた。

 生島弘康(いくしま・ひろやす)裁判長は「男が殺人などの危害を加える行為をするとは予見できず、病院側の責任は認められない」とした。

 判決によると、会社役員は05年12月、香川県香川町(現高松市)の駐車場で男に包丁で胸を刺され死亡。男は当時、統合失調症などで入院しており、会社役員との間に面識はなかった。

 訴訟で会社役員の両親が男に賠償を求めた部分は、一審高松地裁が約1億2千万円の支払いを言い渡し確定している。男は殺人などの罪で懲役25年の刑が確定し服役中。

このなかなかに衝撃的な事件とその思いがけない裁判の経緯に関しては以前にも紹介したことがありますが、精神障害者が何らかの事件を起こして被害者側が外出を認めた病院に損害賠償を求めることはまあ理解出来るとして、この事件の場合加害者側も病院に損害賠償を求めていると言う点に注目いただきたいところです。
加害者本人はすでに有罪が確定し服役していると言うことから、司法の判断としては社会的に責任能力があったと言うことであり、すなわち措置入院等の対象になるような精神状態であったとは見なされていなかったと言うことでもありますから、そもそも病院側が一時外出を認めたことが責任を問われるべきことなのか?と言う意見は当然あるでしょう。
社会的にも「こうした責任を問われるのであれば精神科医療は大きく後退せざるを得ない」と危惧する声が根強くあったのも当然ですが、一方で一面識もない赤の他人を出会い頭に包丁で刺し殺すと言う行為が果たしてまともな人間のすることなのか?と言う疑問も当然ながらあって、そもそも加害者本人は責任能力を問える精神状態だったのか?と考えると刑事罰を科したことへの矛盾も感じますよね。

極論すれば人を殺すような人間は程度の差はあれ精神的にまともではないのだと言う人もいますし、仮にも社会生活を営んでいる人間が精神的な問題を理由に罪を免ぜられることに釈然としないと言う意見も根強くありますが、現代社会における基本的約束事としてこの点は了承しておくしかないと言うことが出発点になる気がします。
それを理解した上でも何故釈然としないのかと言えば、精神能力の点で社会責任を負えないことが明らかであるのに社会的に保護されず責任を問われるケースがあると言う矛盾であるとか、精神能力が責任を問える状態と問えない状態との間を行き来しているにも関わらず、社会の側がそれにリアルタイムで対応出来ないことからする諸問題が存在するからだと言うこともあるのでしょう。
これを突き詰めれば酒を飲んで何時間後から犯罪行為の罪を問われることになるのか?と言ったところにも行き着く話なのですが、一審と上級審の判断が真逆になるなど何かしら恣意的な解釈で司法の判断基準が変わっているように思われては世間の信用も薄れようと言うもので、司法の側としても何かしらきちんとした判断の基準を明確化していただく必要があるようにも思いますね。

|

« 不妊治療は高額であると言う現実 | トップページ | 患者が不自然な亡くなりかたをした際にどうすべきか »

心と体」カテゴリの記事

コメント

クルマが人ひいたらクルマが金払うのに電車が人ひいたら人が金払う不思議

投稿: | 2016年3月 2日 (水) 07時33分

精神が病んでいようが、いまいが、シンプルに
「殺意をもって他人を殺したら死刑」ではダメですかねえ?

投稿: | 2016年3月 2日 (水) 07時36分

殺意もないのに殺しにくるからこそ精神が病んでるってことでは。
殺意あって人を殺すよりそっちのほうがよっぽど怖いって気もしますけど。

投稿: ぽん太 | 2016年3月 2日 (水) 08時25分

>クルマが人ひいたらクルマが金払うのに電車が人ひいたら人が金払う不思議

「鉄道優先」は世界の多くの国で採用されていると思われますが……

投稿: 勤務医 | 2016年3月 2日 (水) 08時29分

JRの事故については、「JR東海の請求棄却」という結果だけを云々しても仕方ないと思っています。
「認知症高齢者に対する家族の監督義務がそもそも存在しない」ということなのか
「家族がこれだけの努力をしていたから今回は責任を問わない」ということなのか
そこのところが、新聞報道を読んでもよくわかりません。

投稿: JSJ | 2016年3月 2日 (水) 09時00分

正直なところ、統合失調症の診断で任意入院していて薬物治療を受けている患者さんが外出中に「無関係の」人間を殺すというのは精神科医からすれば想定外です。
これが家族を殺したということであれば想定内なのですが・・・
本人を診察せずにあれこれ言うのはよろしくありませんが、私は統合失調症という診断が正しくなかったのではないかと疑っています。

最高裁判決については、こんな判決を出してしまったら親と同居する人いなくなるよ・・・と言うのが正直な感想です。
でも、最高裁判決は「ほぼ法律」なので、当面はこういうルールで運用されることになるのでしょう。

投稿: クマ | 2016年3月 2日 (水) 09時00分

>>クルマが人ひいたらクルマが金払うのに電車が人ひいたら人が金払う不思議

 鉄道は鉄道会社が所有する私有地内を走っていますから、そもそも、正当な理由なく、みだりに立ち入ること自体が違法。

投稿: J.J. | 2016年3月 2日 (水) 09時21分

>クルマが人ひいたらクルマが金払うのに電車が人ひいたら人が金払う不思議

「鉄道優先」というより、完全に鉄道会社の私有地であり鉄道専用地、言ってみれば不法侵入で電車を止めたということです。

投稿: | 2016年3月 2日 (水) 09時25分

>「家族がこれだけの努力をしていたから今回は責任を問わない」ということなのか

新聞で見る範囲においては、妻は要支援認定なので監督責任者とは言えない。
東京に住む長男が監督責任者であるが、やるだけのことはやっていたから、責任は問えない。
ということらしいです。

二審の長男は同居もしていないため監督責任者とは言えない。妻が監督責任者であるが
やるだけやっていたので半分に減額。
というのと責任の重さ(誰がじゃなく)という点からは半分が0になったということで、
言うほど変わらないような・・・?

投稿: | 2016年3月 2日 (水) 09時33分

これで万が一病院側に責任がある、となると医療者側としては一度精神疾患になった患者は鎖にでも繋いで絶対に外には出さない。
せっかく治療法が進歩しているけどこれではただの隔離になってしまう。
もちろん被害者の方のご冥福をお祈りするけれども、なんでも訴えれば良いというものでもないんだが。

手術説明の際にひたすら訴訟対策に小さな合併症やらなんやらを説明しすぎて、訳が分からなくなっている患者さんを見ると悲しくなる。
が、病院からもそう言われているし説明せざるを得ない。
手術の説明5分、訴訟対策の説明15分。極端に言えば。あほらしいし辞めたい。

投稿: | 2016年3月 2日 (水) 09時59分

介護は24時間365日だから、まさに製造業とかではなくこれこそロボットでなければできない仕事ってやつです。
高齢者の運転の件もあるし、人工知能の発達が極めて望まれている分野。

投稿: | 2016年3月 2日 (水) 11時13分

私有地でバイクを走らせていたら、とつぜん認知症の老人が入ってきて轢き殺してしまった。
バイクも破損したので老人の家族に請求したら却下された。そんな感じですね。

投稿: | 2016年3月 2日 (水) 13時28分

>「認知症高齢者に対する家族の監督義務がそもそも存在しない」ということなのか

大変重要な論点なのですが、この点に関しては今回の裁判では一定程度の義務の存在は示唆するものの、あえて明確な範囲を示さなかったように感じます。

投稿: 管理人nobu | 2016年3月 2日 (水) 14時01分

国は自宅介護で国民が音を上げるのを待ってるんでしょ
だったらお任せ介護にこれ以上ぜいたく言うなって言いたいんだな

投稿: | 2016年3月 2日 (水) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/63286736

この記事へのトラックバック一覧です: 注目を集めた社会的責任に関する2つの判決:

« 不妊治療は高額であると言う現実 | トップページ | 患者が不自然な亡くなりかたをした際にどうすべきか »