« もはや人工無脳とは言わせない | トップページ | ドクターコールはもういらない?日医が飛行機搭乗前の医師登録制度を開始 »

2016年2月 7日 (日)

今日のぐり:「湊一や 岡山本町店」

先日は日本全国大変な大雪被害であったようですが、各地で実体験として苦労したせいでしょうか、2年前の大雪で撮影されたこんな動画が改めて話題になっています。

大雪の日に出現した軽自動車のヒーロー(2014年2月15日ヤフー映像トピックス)

関東で記録的な大雪となった日、スズキの軽自動車「ジムニー」の運転手さんがとった親切な行動が話題に。

小さな車体がけん引した意外なものとは……。困った時に助け合う気持ち、忘れずにいたいですね。

スズキはこの動画をCMに使うべきだと言う意見多数なんですが、実際にやりますと一発で車を傷める可能性もありますので、素人さんにはおすすめ出来ない諸刃の剣と言うものですね。
本日は小さなヒーローに敬意を表して、未だ寒さの続く季節にふさわしく冬真っ盛りと言う情緒を感じさせるニュースを紹介してみましょう。

スノーボードで男性大けが(2015年12月29日NHK)

29日午前、那須塩原市のスキー場でスノーボードをしていた男性がバランスを崩してコース脇の木に衝突し、膝の骨を折る大けがをしました。

29日午前11時15分ごろ、那須塩原市のスキー場「ハンターマウンテン塩原」で、スノーボードをしていた埼玉県川口市のアルバイトの26歳の男性がバランスを崩してコースを外れ、その先の木に衝突しました。この事故で、男性は右膝の骨を折るなどの大けがをしました。

警察によりますと男性は、29日朝から友人と一緒にスキー場を訪れ、事故が起きた上級者用のコースなどでスノーボードを楽しんでいたということです。

警察は、男性が傾斜のあるコースでかなりのスピードを出していてバランスを崩したのではないかとみて事故の状況を調べています。

割合にありがちな事故のニュースだと思うのですが、何故か世間では「ボーダーが上級者用のコースでバランスを崩して大けが」と言う部分が妙に受けているようですよね。
こちら最近某自動車会社が本格的にはじめたと言う運動ですが、確かに冬になるとそうした光景を目撃する機会が多い気がします。

日産が猫バンバンの呼びかけ本格化 猫の事故を防ぐ「#猫バンバン プロジェクト」特設サイトを公開(2016年1月26日BIGLOBEニュース)

日産自動車は、車のエンジンルームやタイヤでの猫の事故防止を目的にした「#猫バンバン プロジェクト」特設サイトを公開した。

猫は冬になると、寒さをしのぐために車のエンジンルームやタイヤの隙間に入ることがある。その猫に気付かずエンジンを始動し、猫が犠牲になってしまう事故が毎年発生している。「#猫バンバン」は、そのような悲劇を少しでも減らすために、乗車前にボンネットをバンバンと軽く叩いたり車体を揺らすというアクション。日産自動車が、昨年11月に公式Twitterで発信して以来、SNS上で多くの支持を得ている。特設サイトでも、乗車前には必ず猫がいないかを確認し、気配を感じたらエンジンルームを確認するよう呼びかけている。

また、特設サイトでは「#猫バンバン」の更なる認知拡大を図るため、「#猫バンバン」オリジナルマグネットステッカーを抽選で100名にプレゼントする企画も実施している。

ちなみにネコが犠牲になることの是非はともかくとして、その後エンジンルーム内の後始末が非常に大変なことになるのだそうですのでお気を付けください。
冬と言えば基本的には温かいところで大人しくしていたくなるイメージなのですが、こちら確かにそうなるのかと言うニュースを紹介しましょう。

<大雪長崎>水族館広場ではペンギン13羽興奮気味(2016年1月24日毎日新聞)

 大雪となった長崎市の長崎ペンギン水族館では24日、ペンギンたちは大喜びで広場を歩き回った。訪れた家族連れらはカメラを片手に「かわいい」と声を上げた。

 雪中の散歩に出たのは亜南極に生息するキングペンギンなど計13羽。たっぷり積もった雪に、ペンギンたちは羽をばたつかせたり、鳴き声を上げるなどして、興奮気味。

 中には初めての雪に驚いて、仲間と別の方向に逃げ出すペンギンも。飼育員の村越未来さん(29)は「そっちに行っちゃだめ」と連れ戻すなど雪の中でてんてこ舞いだった。

記事の写真を見るだけでも普段とは違うペンギンの様子がうかがえますが、確かに雪を見たことがないペンギンもいるわけですね。
最後に取り上げますのはご存知ブリからのニュースなのですが、まずはこちら悲劇的事故を伝える記事から紹介してみましょう。

南極の無支援単独横断に挑戦、元英軍将校が死去 ゴール目前で(2016年1月26日CNN)

(CNN) 南極大陸で世界初の無支援単独横断を目指していた元英軍将校のヘンリー・ワースリー氏がゴールを目前にして死亡したことが26日までに分かった。55歳だった。
同氏は無支援、単独で約1460キロを踏破し、あと50キロ足らずで大陸横断を果たすところまで達していた。
出発から71日目の今月22日、猛吹雪の中で極度の疲労と脱水状態を示し、空路チリ最南端プンタアレナスの病院へ運ばれた。病院での診断は細菌性の腹膜炎だった。

ワースリー氏は、英探検家アーネスト・シャクルトンの南極大陸横断が失敗に終わってから100年がたった区切りに、英軍の負傷兵士らを支援するチャリティーとして横断を計画した。
現地からの最後のメッセージには「悲しいことだが、これで旅は終わりだ。ゴールは間近だった」と書いていた。
妻のジョアンナさんによると、同氏はすでにチャリティーの目標額10万ポンド(約1700万円)を達成していた。

同氏の友人で計画の後援者でもあった英国のウィリアム王子は、弟のヘンリー王子とともに訃報を悲しんでいると語り、同氏の「勇気と意志」をたたえた。

この時期南極は夏のはずですが、そうは言ってもわずかなことで猛吹雪に進路を閉ざされてしまうのが極地の恐ろしさですよね。
しかしブリと南極とはどれだけ相性が悪いのかと改めて感じさせるニュースなのですが、今はただ同氏のご冥福を祈るのみです。

今日のぐり:「湊一や 岡山本町店」

岡山駅前の繁華な一角に位置するのがこちらのお店ですが、全室個室で新鮮な魚介類が売りのお店だと言います。
場所柄居酒屋や飲み屋が集積している土地柄ではあるのですが、こちらレストランと言うだけに料理の方に期待が高まりますね。

例によって同行者と適当に頼んでみたのですが、まずはシーザーサラダは少し寂しいトッピングでチーズなどももっとたっぷりがいいかなと言う感じでしょうか。
この日のメインとなったのが酒粕鍋で、粕汁とはまた違う味でなかなかうまいですし、体も温まりますね。
刺身は盛り合わせを頼んで見ましたが、取り立てて特徴もなく味も可もなく不可もなく、強いて言えば盛りつけが比較的しゃれているのが目についたくらいでしょうか。
ブリカマ焼きはこの時期脂が乗ってるのは当然ですが塩加減が非常に微妙な感じで、個人的にはもう一塩加えた方が脂の強さとバランスが取れた気がします。
比較的鶏料理も充実しているようなのですが、若鶏炙り焼きの鶏が妙に味があるし、焼き鳥も塩加減は気持ち甘めですがジューシーで、鶏の味は気に入りました。
酒のつまみ的なものとしてイカ焼きソフトはさっくり食感で歯切れが良く、えいひれは炙った風味が香ばしいのですが、この日一番好評だったのはデザートに頼んだチーズケーキでしたね。
しかし酒を飲まないで食べても非常に控えめな塩加減は確かに飲み屋の味ではないのですが、メニュー自体は酒に合いそうなものが並んでいるのですよね。

店に一歩足を踏み入れて受付のカウンターがない?!と慌てたのですが、実際には非常に控えめなものがあるにはあるのですが誰もいないので、左右に扉が並んだ狭い通路を進み店員さんを探す羽目になりました。
トイレは設備はそれなりにいいんですがどうも一つきりのようだったり、カラオケ設備があるのに使えない部屋もあったりで、何やら設備面では今ひとつ釈然としない印象でした。
都市部の狭い敷地で全室個室をうたうとこういうことになるのかと少し感銘を受けたのですが、それにしても当店で予約間違いないですか?と訊かれた経験は初めてで、確かに間違いも起こりそうではありますよね。

|

« もはや人工無脳とは言わせない | トップページ | ドクターコールはもういらない?日医が飛行機搭乗前の医師登録制度を開始 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/63173366

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり:「湊一や 岡山本町店」:

« もはや人工無脳とは言わせない | トップページ | ドクターコールはもういらない?日医が飛行機搭乗前の医師登録制度を開始 »