« にわかには信じがたい事故のニュース | トップページ | 今日のぐり:「一福(いっぷく)神門通り店」&「神代(かみよ)そば」 »

2015年11月28日 (土)

新潟日報の報道部長が暴言を繰り返した挙げ句に身バレ

ネットの匿名性と言うものは諸刃の剣とも言え、普段であればとても口にできないことでも平気で書けると言うことに魅力を感じている人も多い一方で、それによってリアル社会での思わぬしっぺ返しを食らうと言うこともまたあるわけです。
いわゆる馬鹿発見器騒動などもこうした類の実例と言えますが、先日壮大な自爆をかましてしまったと話題になっているのがこちらの人物です。

新潟日報社 報道部長、酷すぎる暴言で炎上~Twitter匿名アカウントで弁護士に暴言を吐いて身バレ(2015年11月24日ねたトピ)

 Twitterで「お前の赤ん坊を、豚のエサにしてやる!」、「こいつを自殺させるのが、当面の希望」などの暴言を吐きまくっていたアカウントの主が、新潟日報社 上越支社の報道部長であることが明かされ、話題になっています。

 そもそもは、「壇宿六(闇のキャンディーズ)」(@sadmaz6)と名乗るアカウントが、弁護士の高島章氏のアカウントにしつこく絡んだのがはじまり。
 “しばき隊”(現C.R.A.C.)メンバーは、意見が合わないツイートをするアカウントに対しては、「個人情報を突き止めて晒す」、「自宅や職場に押しかける」などといった脅迫ツイートを繰り返してきています。しばき隊には刺青を入れたメンバーもいることが知られており、しばき隊は直接的・間接的な脅しによって、自分たちが“レイシスト”と目したアカウントを攻撃し、アカウント削除などに追い込んできました。
 高島弁護士は、しばき隊のこうした“気に入らない意見は脅して黙らせる”やり方に批判的なスタンスを明らかにしていて、F-Secure元社員が“レイシスト”のレッテルを貼って400人以上のリストをTwitterで放流した「はすみリスト」事件についても批判していました。

 「壇宿六(闇のキャンディーズ)」はこうした高島弁護士のツイートと、高島弁護士の意見が多くの人に支持されていることが気に入らなかったようで、「はよ、弁護士の仕事やめろ。プロのハゲとして生きろ」などツイートやダイレクトメッセージでしつこく罵倒
 高島弁護士はこれに対して、ダイレクトメッセージを公開するとともに、「壇宿六(闇のキャンディーズ)」と電話で直接話したこと、「壇宿六(闇のキャンディーズ)」が新潟日報社 上越支社の報道部長であることを明らかにしました(高島弁護士は実名もツイートしています)。
 高島弁護士との話し合いにより、「壇宿六(闇のキャンディーズ)」はTwitterで謝罪文を公開。高島弁護士が担当する新潟水俣病行政不服訴訟について、事実誤認ツイートをしたことも謝罪し、「今後はツイッターを使用することをしないことを誓います」とツイート。その言葉通り、その後はツイートしていません。

「赤ん坊を、豚のエサに」「安倍はヒトラーかスターリンのコスプレ」…弁護士以外にも多数書き込み(2015年11月26日産経新聞)

 新潟県の地方紙「新潟日報」上越支社の報道部長(当時=25日に経営管理本部付)が匿名でツイッターに弁護士に対する中傷の書き込みをしていた問題で、部長の匿名ツイッターにはこのほかにも多数の人に対する中傷が書き込まれていた。

 報道部長だった坂本秀樹氏(53)は「壇宿六(闇のキャンディーズ)」のハンドルネームを使用。ツイッターで「はよ、弁護士の仕事やめろ」などと弁護士を中傷したことが23日判明し、ツイッターに反省文を載せるとともに翌24日に弁護士本人に直接会って謝罪した。

 このほかにもツイッターでは、一般ユーザーに対し、「お前の赤ん坊を、豚のエサにしてやる!」などと脅迫に近い投稿が繰り返し行われていた。「安倍はヒトラーかスターリンのコスプレしてるんだろ」「安倍はクソ野郎!早く死ね」などと、安倍晋三首相や保守系団体などに対する中傷もあった。
(略)

ツイッターで暴言 新潟日報 支社報道部長を解職(2015年11月26日NHK)

新潟県の地方紙、新潟日報上越支社の報道部長がインターネットのツイッターで弁護士に対する暴言を書き込んでいた問題で、過去にも問題のある書き込みがあることが分かり、会社はこの報道部長の職を解くとともに、近く社としての最終的な処分を決めることにしています。

この問題は、新潟日報上越支社の53歳の報道部長が、新潟水俣病3次訴訟の弁護団長を務める県弁護士会の高島章弁護士に対し、インターネットのツイッターで名前を明かさずに、「やめろ」などと複数の暴言を書き込んでいたものです。
新潟日報では本人と共に24日、弁護士の事務所を訪れ、酒を飲んでいたことや職場のストレスから暴言を書き込んだと説明し、謝罪したということです。

新潟日報では処分を検討していましたが、25日、部長職を解き、本社の経営管理本部付けにしたということです。
過去にも複数の問題のある書き込みがあったということで、新潟日報は内容や経緯についてさらに詳しく調査を進め、近く社としての最終的な処分を決めることしています。
この問題で、新潟日報には26日までに電話などで数百件の抗議や苦情が寄せられたということです。

この事件に関してはすでに各方面でも報じられているところなんですが、記事にもあるようにすでに会社バレもして処分もされつつあると言うことで相応の社会的制裁を受けている一方で、こうして身元バレしてしまった結果今後各種の民事訴訟の対象になってくる可能性もありそうです。
当事者は仕事のストレスでやった、酒を飲んでかき込んだ等々と主張しているそうですけれども、一般マスコミがあまり報じない過去の赤裸々な?暴言の数々を見る限りでは、一度や二度ハメを外してしまったと言うわけでもなく常習的に暴言を繰り返していたようですね。
何故正体がばれてしまったのかと言うことが気になるところなんですが、今回たまたま高島弁護士に対して攻撃を繰り返していた中で、たまたま同弁護士の関わった事件の関係者でしか知り得なかったことを書いていることに気付いたと言うことのようなのですが、仮にそうした経緯があるとすると業務上知り得た秘密を漏らしたと言われる可能性もありそうです。

過去の書き込み内容については各方面で発掘され晒されているところですが、まあしかしいい歳をした大人が何とも品がないと言うのでしょうか、ちょっと精神年齢的にもどうなのよ?と感じさせる内容が多すぎる気もするのですが、こうした幼児退行を来すネットの魔力と言うものも改めて感じさせると同時に、今回の件がなければ今も同様の行為を繰り返していただろうと考えると怖いですよね。
冒頭の記事にもあるようにこの「しばき隊(現C.R.A.C.)」絡みの事件と言うものが最近頻発していて、先日もセキュリティ会社のマーケッティングマネージャーであったメンバーが400人以上の個人情報を晒したところで身元バレし、さては業務上知り得た個人情報を公開していたのか?と大騒ぎになった事件がありました。
自分と異なる考えを持つ人間には何をやってもいいと言う考え方は正直かなり恐ろしいものであるはずなんですが、ネットなどでは一種の集団心理なのか特定個人に対する集団リンチじみた行為が非常に簡単に、敷居が低く行えてしまうと言う恐さもあって、例えば表立った学校内でのイジメ以外にいわゆる学校裏サイトでのイジメなども問題視されていますよね。
ネットであれリアルであれ何事も規制強化して対処すると言うのでは堅苦しく住みにくい世の中になってしまいますが、そうであるからこそ良識だとかマナーだとか様々なもので規定された一線を越えないと言う自制心が利用者各人に求められるものだし、自制心が欠けた方々が徒党を組んで集まると集団心理で暴走してますます怖いと言うことを知らしめる事件でもあったかと思います。

|

« にわかには信じがたい事故のニュース | トップページ | 今日のぐり:「一福(いっぷく)神門通り店」&「神代(かみよ)そば」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

 在日コリアンなどへの差別をあおるヘイトスピーチに抗議し、性的少数者(LGBT)や障害者など多様なマイノリティーが共生する社会を目指す市民デモ「東京大行進2015」が22日、東京都新宿区の新宿中央公園周辺で行われる。

 このデモはヘイトスピーチに抗議する人たちが中心となって2年前に始まり、昨年は約2800人が参加。今年のデモでは、安全保障関連法に反対する学生団体「SEALDs(シールズ)」が訴えたフレーズ「民主主義ってなんだ?」もテーマの一つだ。

 実行委員代表の西村直矢さん(35)は「明るい顔で街を歩き、民主主義を破壊するヘイトスピーチに反対の声をあげよう」と呼びかけている。新宿中央公園「水の広場」に午後2時に集合し、同2時半に出発。新宿駅周辺を約4キロ歩く。【後藤由耶】

西村直矢
https://storify.com/hosono_072/8

投稿: | 2015年11月28日 (土) 08時03分

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/245872/112600012/?n_cid=nbpnbo_mlt
海外なら即解雇だってw日本のマスコミって甘いねw

投稿: | 2015年11月28日 (土) 11時54分

上瀧浩子 @SANNGATUUSAGINO 17:09 - 2015年11月27日
問題は、差別とは何かと言うことだと思います。
あなたのおっしゃるように、共に許されないとしても、
片方が差別であり、もう片方は差別ではないと考えることはできないのでしょうか?
https://twitter.com/SANNGATUUSAGINO/status/670409090720399360

上瀧浩子 @SANNGATUUSAGINO 17:18 - 2015年11月27日
私も、在日が日本人に対して「差別発言」をすることはできないと思っております。
それは、日本の朝鮮半島に対する植民地支配以降、差別されてきたのは在日であり、
日本人は差別する側にいたという歴史的事実に基づいております。
https://twitter.com/SANNGATUUSAGINO/status/670411483134627840

上瀧浩子 @SANNGATUUSAGINO 8:38 - 2015年11月28日
「在日特権」なんかあるわけないでしょう。
https://twitter.com/SANNGATUUSAGINO/status/670642969079357440

上瀧浩子 @SANNGATUUSAGINO 8:40 - 2015年11月28日
「植民地支配なんかない」のあとに、「在日特権がある」っていう人がきている。
ため息しか、ない。
https://twitter.com/SANNGATUUSAGINO/status/670643507070115840

上瀧浩子 @SANNGATUUSAGINO 8:48 - 2015年11月28日
裏付けなら、たくさん出てますよ。
まず、野間さんが書いた「在日特権の虚構」を読まれたらいかがでしょうか?
https://twitter.com/SANNGATUUSAGINO/status/670645462643404801

上瀧浩子 @SANNGATUUSAGINO 9:06 - 2015年11月28日
この国の中で「「日本人差別」がある。」というのが、
自分たちのヘイトスピーチを正当化するための理屈なんだなあ、と思うわけです。
朝鮮学校襲撃事件で人種差別の口実として「公園の不法占拠」を使ったのと同じような理屈ね。
判決では、はっきり、「口実」であると明言してますが。
https://twitter.com/SANNGATUUSAGINO/status/670650084175044609

写真:http://i.huffpost.com/gen/2026284/images/n-LEESHINHYE-large570.jpg

■プロフィール
上瀧浩子 @SANNGATUUSAGINO
https://twitter.com/SANNGATUUSAGINO
京都弁護士会/フェミ/女性に対する暴力廃絶
李信恵の裁判を担当する弁護士

投稿: | 2015年11月29日 (日) 08時18分

上瀧浩子 @SANNGATUUSAGINO 8:20 - 2015年11月26日
おはようございます。
まず、一社会の中で、一集団が他の集団との関係で、優位・劣位の関係にある場合があります。
それは、おっしゃるように資本と労働力、大人と子ども、男性と女性など様々な関係性があります。
劣位の者を保護すべきカテゴリーにより色々な法制度があります。
https://twitter.com/SANNGATUUSAGINO/status/669672115856015360

上瀧浩子 @SANNGATUUSAGINO 8:34 - 2015年11月26日
そして、集団間の優位・劣位は歴史的に形成されてきたものです。
また、マイノリティの定義は国際人権法上では明確に確立していませんが、
一国の中で人数的に少数者、支配的地位にない、言語・文化などが異なるが、
これを維持していこうという意思の存在等を要素としています。
https://twitter.com/SANNGATUUSAGINO/status/669675484016279552

上瀧浩子 @SANNGATUUSAGINO 8:43 - 2015年11月26日
先の要素は私の記憶で不正確ですが、ごめんなさい。
そして、要素の中で、重要なのは、被支配的地位にあるということだと思います。
この社会的な集団間での非対称が前提となって差別が行われると考えています。
https://twitter.com/SANNGATUUSAGINO/status/669677770662789122

上瀧浩子 @SANNGATUUSAGINO 8:52 - 2015年11月26日
日本国内で「日本人は誰でも殺せ」との内容は、日本人という優位にある集団に対するものであり、
差別にはあたらないと思います。
例えば、「日本人女性をレイプしろ」との内容は日本人であることについては差別とはなりませんが
女性差別であると考えます。
https://twitter.com/SANNGATUUSAGINO/status/669680193208905728

上瀧浩子 @SANNGATUUSAGINO 9:12 - 2015年11月26日
ノアさんの子供の場合には、日本人という意味では差別ではないと思いますが、
大人・子どもという別個の力関係があると思います。
また、差別・暴言は該当性と悪質性の程度は分けて考えられると思います。
何れが悪質かは、個々の状況を踏まえて検討するべきかと思います。
https://twitter.com/SANNGATUUSAGINO/status/669685065522114560

上瀧浩子 @SANNGATUUSAGINO 7:26 - 2015年11月27日
帰って、pc開いたらネトウヨだらけであった。。。。
https://twitter.com/SANNGATUUSAGINO/status/670262465351946240

上瀧浩子 @SANNGATUUSAGINO 15:29 - 2015年11月27日
思考の内容もそうですが、単純化という思考の方法は、
過剰な一般化というレイシズムのひとつの特徴でもあり、
色々、考えてしまいます。
今の社会の中でそういう思考の単純化をすすめる要因があるのでしょうか?
あるとしたら、何がその要因になっているのでしょうか?
https://twitter.com/SANNGATUUSAGINO/status/670383852032950272

/

投稿: | 2015年11月29日 (日) 08時27分

>上瀧浩子

マスコミ関係はとうにクズが大半になってはいたが、弁護士も最近劣化が激しいね。
まあ、昔から悪徳弁護士って定番だったけど。

投稿: | 2015年11月30日 (月) 09時23分

弁護士ってのは、法をいかに都合よく解釈し人を騙す演説ができる人間であるか、が重要です。
真っ正直に罪や行状を辿れば、弁護なんてできないじゃんwww

投稿: | 2015年11月30日 (月) 10時20分

↑にご紹介頂いた方の場合は現在進行形で紛争の当事者として弁護に当たっているらしいので、ポジショントーク的な部分も相応にあるのかも知れませんが。
ただ弁護士も様々な考え方の人間がいていいのだとは思うのですが、本来全員強制加入で弁護士のコントロールを行うべき業界団体がああした調子ですので、何が弁護士として正しいのかの判断には迷うところがありますね。

投稿: 管理人nobu | 2015年11月30日 (月) 13時28分

悪徳医者がいるように
悪徳弁護士もいる
それだけのことでしょ

投稿: | 2015年11月30日 (月) 16時24分

東京新聞はしばき隊の味方らしい

http://tanteiwatch.com/32415

投稿: | 2015年11月30日 (月) 18時41分

この馬鹿弁護士にとっちゃアパルトヘイトって差別にならんわけだ

投稿: | 2015年12月 1日 (火) 22時35分

マジキチじゃん
http://ameblo.jp/chiruko12/entry-12100349506.html

投稿: | 2015年12月 3日 (木) 06時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/62762107

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟日報の報道部長が暴言を繰り返した挙げ句に身バレ:

« にわかには信じがたい事故のニュース | トップページ | 今日のぐり:「一福(いっぷく)神門通り店」&「神代(かみよ)そば」 »