« 医療に関わる最近のちょっとおもしろいニュース二題 | トップページ | 今日のぐり:「ヴェルデュ都 (みやこ)」 »

2015年10月11日 (日)

今日のぐり「かつ一番 倉敷店」

先日アメリカの大学で起こった銃乱射事件で、一人の英雄が注目されているのをご存じでしょうか。

「ここから先は行かせない」米オレゴン乱射 犯行阻もうと7発被弾、重傷男性に称賛の声(2015年10月4日産経新聞)

 9人が犠牲になった米西部オレゴン州ローズバーグのアンプクア・コミュニティーカレッジ乱射事件で、容疑者の男に立ち向かい、何発も被弾しながら事件を止めようとした男性をたたえる声が広がっている。

 男は窓越しに銃を乱射しながら作文講座の授業が行われている教室に近づいたが、同カレッジの学生、クリス・ミンツさん(30)が男の前に立ちはだかった。ミンツさんは2004年から07年まで米陸軍に所属。勲章も受けた。

 「ここから先は行かせない」。そう話すミンツさんに、男は3~5発撃った。その場に倒れ込んだミンツさんは男を見上げ、「今日は息子の誕生日なんだぞ」とうめきながら言った。男はさらに数発撃った。ミンツさんは両脚や背中などに計7発被弾。一命を取りとめたが、両脚のけがは重く、車いす生活が続きそうだ。ミンツさんは一夜明けた2日、病室で米ABCテレビの取材に応じ、「みんなが大丈夫なことを祈っている。みんなが心配だ」とだけ話した。

 学生らは信仰する宗教を聞かれ、次々と撃たれた。キリスト教徒を狙ったとの目撃証言もある。凶行は防げなかった。それでも、インターネット上には「英雄的行動をありがとう」といった書き込みが目立っている。(ロサンゼルス 中村将)

よくもまあやったものだと思いますけれども、今はただその英雄的行為を称賛し回復を願うばかりでしょうかね。
今日はクリス・ミンツ氏の行動に敬意を表して、世界中からチャレンジの大切さを教えてくれるニュースを紹介してみたいと思いますが、日本ではこんなニュースが出ていました。

果敢にタックル、素手でイノシシ捕獲 佐賀(2015年10月7日日本テレビ)

 6日夕方、佐賀県唐津市で男女4人がイノシシに襲われケガをした。イノシシは警察や住民などが大捕物の末、捕獲された。

 6日午後6時ごろ、唐津市内の寺に現れた1頭のイノシシ。市役所の職員が捕獲しようとするが、興奮したイノシシに突進され、手も足も出ない。
 周辺では6日、相次いで人がイノシシに襲われていた。70歳代の女性が頭を打撲、20歳代の女性警察官が足を切るなど男女計4人がケガをした。

 警察や住民約15人を巻き込んでの大捕物。暴れるイノシシを取り押さえたのは、騒ぎを聞いて駆けつけた近くに住む自営業の原田正明さん(55)だった。高校時代からラグビーをしていた原田さんは、手足をかまれて5針縫うケガをしながらもイノシシに果敢にタックル、素手で捕獲した。
 原田さん「怖かったですよ。イノシシはごつい。筋肉の塊ですから。(ラグビーの現役時代が)久しぶりによぎりました」

 唐津市によると、数か月前から唐津沖を泳ぐイノシシが多数目撃されていて、今回捕獲されたイノシシも離島から餌を求めて海を渡ってきた可能性があるという。

イノシシと言う生き物は非常に危険でよい子は決して真似をしてはいけませんが、しかしこれまた勇気ある行動ですよね。
同じく勇気ある挑戦と言えばその通りなんですが、何故か少しばかり斜め上方向に逸脱して見えるのがこちらのチャレンジです。

“風呂あがりの女子の匂い”が買える時代 人工的な香りを体験(2015年10月4日産経ビズ)

 DMM.comの提供するオンラインショップDMM.make STOREでは、「昼下がりに自由が丘のカフェで食べるふんわりしたトーストの匂い」「バスタオルを巻いたお風呂上がりの女の子の匂い」「切り出したばかりの木の匂い」「少年に呼びとめられたお姫様が立ち止まり、振りむいた瞬間の匂い」「1872年にテキサスで髭の男が淹れたブラックコーヒーの匂い」の5種類の香りがそれぞれ7106円で、ZaaZ 3本体が9万8000円(すべて税込)で販売されている。その他にも調香師が注文にあわせて作るオーダーメイドのENERGYの受注も受け付ける。

 ザーズ株式会社の川口健太郎社長は、匂いだけではなく「温度や湿度も含めた空間デザインをしたい」と今後の展開を話し、実際に温度や湿度が調整された「バスタオルを巻いたお風呂上がりの女の子の匂い」と「昼下がりに自由が丘のカフェで食べるふんわりしたトーストの匂い」を体感できる空間のデモンストレーションを披露した。
(略)

なるほどこのラインナップにはそれぞれ心惹かれるものがありますけれども、しかしこのネーミングセンスとどうやって調香を?と言う部分は気になりますでしょうか。
これまた果敢に挑みかかっていった勇気は認めるにしても、明らかに反社会的とみなされるべき事件です。

競艇に水上バイクで乱入容疑 「レースやろうぜ」と挑発(2015年10月7日朝日新聞)

 競艇場のコース内に侵入して営業を妨害したとして、福岡県警は7日、北九州市門司区上藤松1丁目の会社役員、鬼木一真容疑者(39)を建造物侵入と威力業務妨害の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

 博多臨港署によると、鬼木容疑者は9月12日午前10時15分ごろ、福岡市中央区の競艇場「ボートレース福岡」のコース(1周約600メートル)内に水上バイクで侵入。2周したあと、コース脇に待機していた選手らを手招きし、「レースやろうぜ」と挑発するなどして業務を妨害した疑いがある。鬼木容疑者はさらに1周して出て行ったという。場内の録画映像などから水上バイクを割り出し、所有者の鬼木容疑者が浮上したという。

 運営する福岡市によると、第1レースの開始時間は午前10時50分ごろで、レースに支障はなかった。水面のごみを回収する艇などの出入りのため、競艇場は博多港に行き来できる構造になっている。事件後、侵入を防ぐ器具を設置したという。競艇場の幹部は「侵入の時間によってはレースに影響が出ていた。二度としないでいただきたい」と話した。

世間ではこの39歳会社役員氏の正体と言うものに関心が集まっているようですが、一体何を目的にこのような暴挙に走ったものでしょうかね。
海外からのニュースで必ずしもありえないことではないものの、それはやってはいけないことだろうと言うのがこちらのニュースです。

性行為中に別の女の名前を呼んだ男性、妻に包丁で刺される(2015年10月5日ミラー)

    性行為中に別の女性の名前を呼んでしまった男性が、妻によって包丁で刺されるという事件がフロリダで起こりました。

    警察は妻のクリスチティーナ・バラジ容疑者(39)を殺人未遂で逮捕しました。

    幸いにも夫は怪我を負いながらも包丁を取り上げ、逃げることができたとのこと。一方の妻は車で逃走し、すぐ後に警察によって確保されています。

    調べに対して女は「別の女の名前を呼ばれた」と供述しています。

勇気と言うもののあり方をはき違えているとしか言いようがないのですが、さすがにこれは妻にも同情の余地がありそうでしょうか。
普段何気なくやっている行動も、ところ変われば究極的なチャレンジとなりえることを教えてくれるのがこちらの事件です。

「牛肉食べた」うわさで集団暴行 男性が死亡 インド(2015年10月1日NHK)

インドで、牛肉を食べたとうわさされたイスラム教徒の男性が、牛を神聖な存在とするヒンズー教徒とみられる若者の集団に暴行を受けて死亡しました。

インドの首都ニューデリーに近いウッタルプラデシュ州の村で先月28日夜、イスラム教徒の50歳の男性が若者たちの集団に自宅から引きずり出され、暴行を受けてまもなく死亡し、男性の22歳の息子も大けがをして病院で手当を受けています。
地元の警察によりますと、「男性が牛を殺して料理して食べた」といううわさが広まり、これに怒ったヒンズー教徒とみられる若者たちが、男性と家族を襲撃したということで、警察は30日までに、このうちの8人を拘束して調べています。
男性の娘は地元メディアに対して、自宅の冷蔵庫には羊の肉しかなく牛肉は食べていないと話しています。

インドで8割近くの人が信仰するヒンズー教では雌牛は神聖な存在で、ウッタルプラデシュ州をはじめ大半の州で殺すことが法律で禁じられていますが、雄牛や水牛の肉は広く流通が認められ、イスラム教徒などの間で消費されてきました。
しかし、ヒンズー至上主義団体を支持母体とするモディ政権の与党が実権を握る複数の州で最近、すべての牛の肉の販売が一時禁止され、多民族国家にふさわしいかどうか、その是非が大きな議論になっています。

宗教と言うものが絡むと非常に難しい話になってしまいますが、やはり平素からの文化的宗教的対立もあったのでしょうかね。
最後に取り上げるのがこちら先日その完成が報じられて以来その後の成り行きに注目が集まっていた物件ですが、思いのほか続報が出るのは早かったようです。

中国でガラス製の橋が登場 → オープン15日でヒビ割れ発生 → とりあえず閉鎖へ(2015年10月8日ロケットニュース24)

2015年9月20日、世界中の高所恐怖症がガクブルするニュースが流れた。なんと、中国でガラス製の桟道が登場したというのだ。高所にある道ってだけでも十分怖いのに、それがガラス製! 足元丸見え!! 場所は中国!!!!
二重にも三重にも怖い桟道だが、なんとオープン15日でヒビが入ったという。その様子はニュース動画で確認できるが、ああああ、本当に割れている! いくら何でもマッハすぎだろ!!

・中国でガラスの桟道が登場 → マッハでヒビ割れが報告
つい先日、オープンしたばかりの河南省雲台山の「ガラスの桟道」。海抜1080mの山腹にぺったりとへばりつくように設けられていて、足元丸見えなガラス製!! 「スカイウォーク」とも呼ばれている。
あまりの高さに映像を見ただけで腰が砕けそうになってしまうが、その橋がオープンからたった約10日でヒビ割れたというのである。

・渡っていたら「バリッ」と音がした
現地に居合わせたというネットユーザーの報告によると、何でも橋の終着点あたりを歩いていたら「バリッ」という大きな音がして揺れを感じたのだそうだ。
するとガラスの橋にヒビ割れが!! その場にいた観光客らは「割れた! 本当に割れたぞ!!」と猛ダッシュで橋を走り抜けたという。

・ 原因は利用客がコップを落としたこと?
動画を見てみると、確かにガラス一面がヒビで覆われている。割れた瞬間はガラスの端のみだったが、その後ヒビが広がっていったようだ。
原因は明らかになっていないものの、利用客がステンレス製のコップを落としてヒビが入ったという話も出ている。えっ、それくらいの衝撃で割れちゃうの? 

・とりあえず閉鎖へ
なお、橋の管理者によると、割れたのは三層になっているガラスの表面のみだという。安全性に問題はないが、万が一のことを考えて、修復のため一時閉鎖になっているそうだ。修復後、再びオープンするとのことであるが……皆さんは渡る勇気があるだろうか?

ちなみに建築当初関係者いわく「完全に安全」と主張していたこの橋ですが、中国だけにどんな斜め上の事態が期待出来るかと見る向きが多かったようです。
予想以上に早かったというのも期待を超えたと言えなくもありませんが、しかしコップで割れるものの上に歩かせますかね普通?

今日のぐり「かつ一番 倉敷店」

ひと頃はあちらこちらに乱立していた郊外型のとんかつ専門店もさすがに需要が一巡したようですが、こちら倉敷地区では比較的希少なその一店です。
ちなみに話は脱線しますが某漫画に「王大かつんと」と俗称されるとんかつ屋のエピソードがあって、親父さんが苦学生に出世などしなくても、人間とんかつがいつでも食べられるくらいが丁度いいんだと話すシーンがありますが、人間年輪を重ねてきますと別な意味でとんかつなどはハレの日のごちそうになってきたりもするものですよね。

メニューを見ますとこの種の店舗によくあるものは一通り揃っていると言う感じですが、一応はおろしかつがおすすめらしいので今回は和風おろしかつ定食を麦飯で頼んでみました。
トンカツはわずかに油キレが悪くてべたつくのは気になるものの、肉の味なども含めてまあ普通と言ったところなんですが、しかしこの切り方が相当に不揃いで、切片によって3倍くらいのサイズ差があるのはどうにかならないものでしょうか。
付け合わせの味噌汁はちょっと甘口な感じで出汁の味が弱めですが、ちょうどこれで野菜たっぷりな仕立てなら家庭の味そのものと言えたのかもしれません。
麦飯と言っても一般に全部が麦と言うわけではないものですが、ここの場合米と麦の混ざり加減があまりにまだらで、ちょっと見た目が残念かなと言う気がします。
ちなみにとんかつ屋と言えばソースなどにこだわる店も多いですが、こちらではテーブルの調味料やドレッシングの容器がいかにも取り急ぎあちこち回って買い集めました的にバラバラと言うのはちょっと格好悪い気がしますね。
全体的にはまあまあと言う仕上がりだとは思うのですが、ただ脇に添えられているお茶だけはダメ出しするしかないもので、普段からずっとこの調子であるなら早急に改善いただきたいと思います。

接遇面ではマニュアル通りで丁寧なものと言えるし、フロアへの目配りもまずまずなんですが、こういうそつのない受け答えを見るとちょっとイレギュラーな対応を強いられた時にどうなるか見てみたいと言う気もしてきます。
トイレなど設備面は並の水準ですが広さや綺麗さはまずまず良好で、まあこういう店はフォーマット通りでやっていれば大外れはないんでしょうが、岡山県内の特殊事情としてとんかつを出す店が多いラーメン店とも競合するものなのでしょうか?
しかし客層を見ればメニューをめくってみると食材の産地紹介のページばかりで肝心の料理が片隅に押しやられているよりは、シンプルにわかりやすい記載にしておけばいいのにと思いますね。

|

« 医療に関わる最近のちょっとおもしろいニュース二題 | トップページ | 今日のぐり:「ヴェルデュ都 (みやこ)」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

>中国でガラスの桟道が登場 → マッハでヒビ割れが報告
まあ今回は埋めなかっただけヨシとしますが
これがチャイナクオリティだと某東南アジアの島国は解っているのか と。

投稿: | 2015年10月12日 (月) 11時38分

>「牛肉食べた」うわさで集団暴行 男性が死亡 インド(2015年10月1日NHK)

シーシェパードとかを煽る時の定番フレーズ、「インド人はウシは特別な動物だから牛肉を食べるべきではない、と他国に強制したりはしない!」、が、今後使えなくなりますね。非常に残念です。

*ま、連中は実のところ単なるレイシストだからして「オマエラはインド人並みの野○人だ!!」のが堪えるやもしれませんがw
*文脈からご理解頂けるとは存じますが、インド人を○蛮人だと言ってるわけでも思ってるわけでもないので念のため。シーシェパードは紛うことなき野蛮○だけどww

投稿: 10年前にドロッポしました。 | 2015年10月13日 (火) 14時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/62443754

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり「かつ一番 倉敷店」:

« 医療に関わる最近のちょっとおもしろいニュース二題 | トップページ | 今日のぐり:「ヴェルデュ都 (みやこ)」 »