« どこの小学校にもあった回旋塔はすでに消えてなくなりました | トップページ | 今日のぐり:「一鶴 土器川店」 »

2015年10月24日 (土)

KYだとか空気嫁だとかの言葉は複数の意味合いで用いられているようです

ネット上での相談サイトと言えば時折どう答えるべきなのか微妙な質問が登場することでも話題になるものですが、先日とあるサイトで投げかけられたこんな質問が難問だと世間を騒がせているようです。

Qおばさんなのにお姉さんと自称する社員について(2015年10月15日OKWave)

お世話になります。某子供向け写真館に店長として勤務するものです。
ある社員について、お客から苦情が来たので相談させてください。

子供向けの写真館なので、写真を撮るときに、カメラマンは子供に対し
「はい、お姉さんのほう向いてねー」
とか、子供に語りかけて写真を撮ります。しかし、1人だけ、実年齢44才、見た目年齢50歳の
従業員がいます。その人も「はい、お姉さんのほう向いてねー」と、子供に語りかけています。
はっきり言って、かなりの違和感があります。あるとき、子供が親に対し、
「ねえ、あの人お姉さんなの?」って聞いておりました。その後親から電話がかかってきて、
子供に説明がつかないから、正しい日本語使ってくれない?あの人お姉さんって言ってるけど、
おばさんでしょ。注意しといて」と、お叱りを受けました。ごもっともなご意見なので、早速、実行したいのですが、自称お姉さんを、おばさんと自覚させて「はい、おばさんの方向いてねー」と、
正しい日本語を使わせるためには、どのように本人に伝えればよいでしょうか。
よいアイデアがありましたらお願いします。

基本的にはこうしたクレームをつけてくる顧客の側もいささかどうよ?と思うところですし、それを真に受ける店長も店長だと言われるとごもっともなんですが、実社会でこの種の状況には事欠かないだけに何が正しい対応なのかと言う判断は難しいものがありますよね。
昨今では女子会なるものが流行っているのだそうで、飲食業界も女子会プランなるものを提供したりマスコミも盛んに取り上げたりと新たな消費ムーブメントとして機能しているのは結構なことなのですが、あれも「アラサーだ、アラフォーだの方々がいまさら女子ってどうよ?」と言う批判も少なからずあるようで、まあこれももう少し格好いい名称なりがあればいいのかも知れません。
ただ今回の場合言葉の問題もさることながら、状況を考えますと下手に店長が動けば店員からパワハラだと訴えられる展開も考えられると言うことで、こうした場合職場内では様々に気を遣った対応になるかと思うのですが、先日は逆に気を遣わなさすぎる上司からの不当なゴリ押しにどう対応すべきかと言う記事が出ていました。

上司に「いいね!」を強要されたら、慰謝料は請求できるのか?(2015年10月17日ハーバー・ビジネス・オンライン)

 苦手な上司にフェイスブックのアカウントがみつかり、「友達」申請されてしまった……。
 フェイスブックの友達申請は、拒否することもできるが、断りづらいのが実情だ。さらには、その上司から投稿した写真や日記に「いいね!」ボタンを押すよう迫られた日には……。
 こうしたSNS上での強要は「ソ―シャルメディア・ハラスメント(=ソーハラ)」という名称で、少しずつ認識され始めている。しかし、上司からソーハラを受け、精神的な苦痛を感じた場合、慰謝料をもらうことはできるのだろうか? 民事訴訟に詳しい弁護士の森本明宏氏に話を聞いてみた。

◆すべては民法709条「不法行為」にあたるかどうかにかかっている

「ソーハラと呼ばれる行為をした上司に対して慰謝料が請求できるかどうかは、その上司の行為が、民法709条の「不法行為」にあたるのかどうかにかかっています。そして、不法行為にあたるかどうかは、ソーハラ行為の具体的な内容や頻度、時間帯などの個別事情を総合的に考慮して、判断することになります」
 ソーハラ自体が慰謝料請求の要件を満たすわけではなく、あくまで行為次第のようだ。
「たとえば、職場の上下関係を背景にして、上司が部下に『いいね!』を押すことを無理に迫ったり、プライベートに関するメッセージを一方的に送り続けるなど、SNSで通常想定されるやり取りを逸脱している場合には、不法行為にあたると判断してよいでしょう」
 こういった場合、上司に慰謝料を請求することができるという。さらに、会社が漫然とそのようなソーハラ行為を放置していた場合には、会社の法的な責任を追及することもできるようだ。<文・写真/HBO編集部>

もちろんこうした場合法的に訴えることも出来ると言うのは判るのですけれども、実際の職場内でそうした行為をした場合にその後会社内で居場所があるかと言われると難しいところで、真面目な社員の方々ほど余計なストレスを抱え込んでしまいそうですし、一部では職場の実質義務的行事である飲み会参加なども平然と拒否できるゆとり世代こそ最強と言う声が上がるのも道理なのかも知れません。
ちなみにこれはゆとりだからと言うことではないのでしょうが、近年のスマホ普及でPCを使えない新入社員が増えているのだそうで、IT企業ですらエクセル何それ食べられるの的社員が入ってくると聞けばびっくりですけれども、逆に言えばそれくらいは当たり前に習得しておくべきスキルだろうと言うものが備わっていなくても支障なく就職出来るわけです。
日本人の美徳として他人の心情を察する、先読みして不快感を与えない振る舞いを心がけると言うことがありますけれども、嫌だけどこれを断ったらどう思われるか…と思い悩むよりははっきりNOと言った方がいい局面と言うのも少なからずあるはずですし、場合によってはもう少し空気を読まずに振る舞ってもいい気がしますね。

|

« どこの小学校にもあった回旋塔はすでに消えてなくなりました | トップページ | 今日のぐり:「一鶴 土器川店」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

朝日のKY事件を風化させない
絶対に

投稿: | 2015年10月24日 (土) 11時13分

今後必要なもの。空気読んだうえで、あえて読まない姿勢を貫く勇気w
俺ガイル水準の 高2病状態ですな。

投稿: | 2015年10月24日 (土) 11時35分

その場合中二病状態から3年分の進歩をしたと考えるべきなのでしょうか。

投稿: 管理人nobu | 2015年10月26日 (月) 11時38分

中二恋 や 俺妹 との比較検討をお願い申し上げます。
其れなりに進化しているようです。 

投稿: | 2015年10月26日 (月) 14時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/62520957

この記事へのトラックバック一覧です: KYだとか空気嫁だとかの言葉は複数の意味合いで用いられているようです:

« どこの小学校にもあった回旋塔はすでに消えてなくなりました | トップページ | 今日のぐり:「一鶴 土器川店」 »