« 医療事故調は「説明責任」を負わないし「責任追及」も求めない | トップページ | 国際テロ集団に対して日本でもようやく厳正な対応始まる »

2015年9月 2日 (水)

給食と言えばとりあえず牛乳がデフォ、ではなくなる?

お食事会系を自認する当「ぐり研」としては看過できない話題として、先日こういう記事が出ていたことをご存知でしょうか。

牛乳なし給食 小学校で本格始動 新潟 三条(2015年8月31日NHK)

ごはんに合わないという理由で牛乳を献立から外すことになった新潟県三条市の学校給食が31日、多くの小学校で始まりました。

三条市は7年前から行っている「米飯給食」に牛乳はあわないとして、夏休み明けからすべての小中学校の給食で牛乳を献立から外す一方、「ドリンクタイム」を設けて提供自体は続けることを決めました。このうち、大島小学校でも給食が再開され、炒めた大豆やのりと野菜の酢あえなど、豊富な食材が並びました。一方、牛乳はテーブルの真ん中に置かれ、食べ終えた子どもたちが順番に手に取っていました。三条市は、「ドリンクタイム」の設定については各学校に任せているということです。
文部科学省によりますと、自治体が牛乳のない学校給食を実施する例は聞いたことがないということです。

3年生の女子児童は「食事中にのどが渇くし、早く牛乳が飲みたいと思いながら食べていました。牛乳なしの給食にはちょっと慣れません」と話していました。
一方、6年生の男子児童は「食後に飲むのがいつもと違いますが、汁物があるので牛乳はあとで飲んでも大丈夫です」と話していました。
高松有子校長は「ドリンクタイムを導入することで、ふだん食事の食べ合わせなどを気にしない子どもたちに、和食の良さを気づいてもらいたい」と話していました。

実際には別に牛乳を出さなくなると言うわけではなくて、単に提供スタイルを変えたと言うだけで何も変わっていないじゃないか、と言う声も聞こえてきそうなんですが、その昔学校の先生から三角食べがどうこうと厳しく指導された人間にとっては、とりあえずこれだけでも味覚の点ではずいぶんと違うのかなと言う感想も抱くところでしょうか。
新潟と言えば米所としても知られるだけに米の飯に牛乳と言うスタイルには一言あってしかるべき、と考えたのかどうかは知りませんが、世間一般ではパン給食ならともかく米飯給食と牛乳と言う組み合わせに関しては評判がよろしくないのも確かながら、他方では「コッペパンとお汁粉、牛乳」等々様々な伝説的取り合わせがあってこその給食だ、と言う根強いファン?が存在するのも確かであるようです。
この妙な給食メニューと言う問題に関しては以前から定期的に話題になっていて、一部には実際には存在しない単なる都市伝説の類であったと明らかになるものもありますが、どんなメニューであっても必ずついてくる牛乳と言うものが果たしていいのかどうかはかねて議論があって、今回の三条市の牛乳廃止も栄養学的見地など様々な検討を経てようやく決定されたと言います。
子供の場合はむしろ大人目線で見れば「?」な味覚を当たり前に好むような場合があって、果たして当事者目線でこれらメニューがそこまで変なのかどうかはいささか異論もありそうなんですが、味覚がある程度固定化した大人の場合もう少し深刻で、しばしばやり玉に挙がりやすいのが病院で出てくる食事があまりに不味いと言う問題ですが、この病院食問題が最近思いがけないところから再燃しているようです。

患者に広がる戸惑い 入院中の食事代負担引き上げ(2015年8月30日大阪日日新聞)

 国の医療保険制度改革で、入院中の食事代の自己負担が2016年度から段階的に引き上げられる。負担増の足音が迫る中、大阪府内の患者に戸惑いが広がり、病院食を敬遠する声も聞こえてきた。しかし、病院食は治療の一環でもある。引き上げ分が食材費に反映されるわけではないため、医療現場は対応に苦慮している。
 「病院で食べるのをやめようとする患者も出るだろう」。大阪市内で入院中の男性(71)が窮状を口にした。
 年金は減額される半面、介護保険の自己負担は上がり、紹介状がないまま大病院を受診した場合の定額負担も16年度から導入される。「そこに食事まで値上がりすれば、年金はほとんど残らない」

公平性の確保

 入院中の食事代は全国一律で1食640円。このうち380円が医療保険で賄われ、患者は260円を自己負担している。
 厚生労働省によると、5月に成立した改正医療保険関連法で、自己負担は16年度から1食360円、18年度から460円となる。18年度から1カ月間入院した場合、現行の2倍近い4万1400円に膨らむ計算だ。引き上げの対象者は年間70万人を見込む。
 同省保険課は「在宅療養中の患者らとの公平性を図るためにはやむを得ない。値上げは心苦しいが、経済的に厳しい方への配慮として段階的に対応する」と説明する。
 しかし、約5千人で組織する大阪腎臓病患者協議会は、危機感を強めている。国や大阪府内の各機関に助成継続の要望を重ねており、府議会には「これ以上の自己負担を求められると、生活できない」との請願書を提出した。
 西本幸造会長(61)は「入院患者の大半は家計の苦しい高齢者。このままでは入院自体を拒む病人も出かねない。患者の声に耳を傾け、現場の実態に沿った行政に転換してほしい」と訴える。

治療食の役割

 「従来と同じ料理では、患者からすれば理不尽だろう。コンビニ弁当で済ませる人が増えないか心配」。大阪市淀川区の病院担当者は不安を漏らす。
 今回の改革は、高齢化を背景に膨らみ続ける社会保障費を抑えるのも狙い。患者負担は増えても、食事代は1食640円のままだ。
 大阪市立大医学部付属病院(同市阿倍野区)では、季節の食材や行事食を増やしたり、高級感のある食器の導入を摸索するという。同病院の管理栄養士(45)は「食事の中身も見直しが必要となるだろう。患者の要望を聞きながら対応したい」と話す。
 ただ、多くの現場はまだ手探り状態。市内の複数の病院関係者に取材すると「院内で対応を協議中」「どうしたらいいか分からない」と答えた。
(略)

しかし国としては病院から在宅へと言う動きを進めているわけですから、高齢者が入院したがらないとなればむしろウェルカムなのだろうし、そもそも病院に預けっぱなしが一番安上がりと言う日本の歪な医療体制が社会的入院の要因だとされてきたわけで、制度変更自体の是非はまた別に論じるべきかと言う気がします。
自己負担分の高騰で生活が成り立たなくなるかどうかについては、普段どの程度の食費を使っているのかにもよると思いますが、食費が一人当たり月額4万円超と言うのは自炊中心でやっている家庭からすると高めだろうし、他方で長期入院が必要な高齢者が安価に自炊可能なのか?と言う観点もあるでしょう。
それはともかく、病院食そのもののコストが一食640円と言うことを知って驚いた人もいるのではないかと思いますが、近年のデフレ化著しい飲食産業にあって640円あればずっと美味くて量も多いものが食べられるのに、ましてや営利目的でもない病院食であの内容はちょっと納得しがたいと言う声も出てきておかしくなさそうには感じますでしょうか。

無論病院食は治療の一環であり栄養学的、医学的見地から成分が厳密にコントロールされている云々と言う理屈を挙げる人もいますが、骨折で整形外科に入院したなど特に食事制限がない場合に出される通常食も不味いと言うのはやはり努力不足と言われる余地はあるところで、提供する側にも様々な事情があることは承知した上で、自己負担分値上げを機に是非改善を期待したいところですよね。
最近では美味い食事は治療意欲を高めると言うこともようやく認識されるようになってきていて、特に自費診療が原則の産科領域などでは食事がいいと言うことも顧客を集める重要な要素になっているとも聞きますが、実臨床に当たる多くの先生方も患者から食事の不満を聞いたことがないと言う方はまずいないだろうと想像されるし、実際当直等では自分もその食事を味わうことになるわけですから満足出来ているのかどうかです。
医師不足で四苦八苦している中小病院では当直の食事を近くの料理屋から取り寄せるようにした結果当直アルバイトに来る先生方からの評価が劇的に改善した、などと言う涙ぐましい話も聞こえてきますが、医師ら職員が我慢出来ない食事を患者にだけ我慢させると言うのもおかしな話ですし、それはおそらく行政のやり方がどうこうと言う次元の問題ではないですかなと言う気はします。

|

« 医療事故調は「説明責任」を負わないし「責任追及」も求めない | トップページ | 国際テロ集団に対して日本でもようやく厳正な対応始まる »

心と体」カテゴリの記事

コメント

牛乳なかったら腹減ると思うんだが

投稿: | 2015年9月 2日 (水) 07時50分

病院の飯はたしかに物足りないですね。
いいレシピを共有したらいいんじゃないかな。

投稿: ゴン | 2015年9月 2日 (水) 08時09分

>紹介状がないまま大病院を受診した場合の定額負担も16年度から導入される

だからあれほどゲートキーパー経由にしろと ry)

>医師不足で四苦八苦している中傷病院では

なにげにワロタ

投稿: | 2015年9月 2日 (水) 08時24分

>640円あればずっと美味くて量も多いものが食べられるのに

これはやはり大きいですよね。
あの病院食じゃ大学生協の400円程度の定食よりひどいもんな。

投稿: | 2015年9月 2日 (水) 09時37分

とんでもない誤字を修正するとともに、不当な中傷めいたご記載でご迷惑をおかけした全国の中小病院様におわび申し上げます。

投稿: 管理人nobu | 2015年9月 2日 (水) 13時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/62197223

この記事へのトラックバック一覧です: 給食と言えばとりあえず牛乳がデフォ、ではなくなる?:

« 医療事故調は「説明責任」を負わないし「責任追及」も求めない | トップページ | 国際テロ集団に対して日本でもようやく厳正な対応始まる »