« 注:ちなみにマイコンと言う言葉もずっと以前から死語です | トップページ | 今日のぐり:「博多一風堂 倉敷店」 »

2015年9月20日 (日)

今日のぐり:「大阪王将 福山平成大学前店」&「餃子の王将 福山駅家店」

先日その事実が発覚して以来多くの人々を愕然とさせているのがこちらのニュースです。

ロボPepperと「性行為は禁止」波紋(2015年9月12日webR25)

発売すれば、たちまち完売の人気となっているソフトバンクの人工知能ロボット「Pepper」。このPepperを利用する際の注意事項として、「性行為」についての項目があることが、ネット上を賑わせている。
あるツイッターユーザーが、「Pepper 一般販売モデル・Pepper 基本プラン・Pepper 保険パック. ご購入にあたっての注意事項」へのリンクとともに

「Pepper の重要事項説明に『Pepperと性行為をしてはいけない』と書いてある。まじか・・・」

と投稿。リンク先を見ると、「禁止事項」として

「性行為やわいせつな行為を目的とする行為、
又は面識のない異性との出会いや交際を目的とする行為」

と書かれているのだ。これについて、他のツイッターユーザーたちが

「Pepperと性行為って…w」
「pepperと性行為するとしたらどこが気持ちいいのかな。」
「pepperと性行為とかどんだけ未来人ww」

などと投稿し、話題になっている。
また、文言をよく読むと「Pepper“と”性行為をする」というよりも、「Pepperを他人と性行為するために使う」ことが禁止されているようにも読めるため、

「これ、pepperとの性行為自体はダメとは言われてないんじゃね?」
「Pepperを利用して異性と性行為する流れにもってこうとするのは駄目だけどpepperと性行為するのはありなんじゃないの?」
「pepperと性行為じゃなくて、pepperを使って他者と性行為等をしてはいけないんでしょ?笑」

などの解釈も登場。
さらには、「Pepper君使って性行為すんなって規約が有るって事は出来るって事だよな…」というつぶやきも。様々な憶測を呼ぶ注意書きとなっているが、果たして人間がロボットと性行為をするような日が来るのだろうか…。

まあそれが可能であるかどうかの議論はさておくとしても、Pepper君も思わぬところで思わぬ騒動に巻き込まれたと言ったところですかね。
今回は様々な観点から日々進歩を続けるPepperに知らしめる意味で、世界中から性に関わる人間のある種の執念、業の深さを思い知らされるニュースを紹介してみましょう。

ボタンで勃起する人工ペニスの形成手術が成功。6歳で事故に遭った男性、43歳で取り戻す(2015年8月26日engadget)

子どものときに遭遇した交通事故で陰茎および片方の睾丸を失った43歳の男性が、世界初という「バイオニック陰茎」の形成手術を受けました。彼の新しい陰茎は、陰嚢の裏に取り付けたボタンを押すことで伸張/収縮でき、性行為も可能です。 スコットランドはエディンバラに住むモハメド・アバド氏は、6歳のときに自動車に跳ねられ、そのまま180mもの距離を引きずられるという酷い事故に見舞われました。さらにその際、彼は陰茎と片方の睾丸を失うという男性にとっては考えたくもない重症を負ってしまいました。

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの医療チームは、アバド氏のために3年をかけ、失われた陰茎を再建する手術を施しました。前腕部などから皮膚その他の組織を移植。これを繰り返して少しずつ主幹部分を形成しつつ、内部には2本の収縮パイプとポンプを埋め込みました。

このポンプは、できあがった陰茎を膨張させるために使われます。スイッチは陰嚢の裏にあり、ボタンを押すとポンプが下腹部のタンクから陰茎内に液体を送り込みます。そして最終的には風船が膨らむのと同じ原理で勃起状態となります。伸張時の長さは8インチ(約20cm)で、パートナーと行為におよぶことも可能です。フィニッシュ後は陰嚢裏のもう一つのボタンでコンパクトサイズに戻せます。なお伸縮にかかる時間は"ほんの数秒"とのこと。

さて3年かかった再建手術を終え、ようやく男性としてのフル機能を手に入れたアバド氏でしたが、現在はパートナーがいない状態です。

まだ再建中だった2年前、アバド氏はとある女性と結ばれ、幸せな日々を過ごしていました。しかし彼は彼女に、まだそれが使えないことを話していませんでした。そして昨年になり、彼女はそれが未完成で機能しないことを知ってしまいます。困惑した彼女は、あっさりとアバド氏のもとから去って行きました。

せっかく「バイオニック陰茎」を手に入れたものの ボッチ状態 に逆戻りのアバド氏はこう語ります。「コイツを試してみたい女性がすぐにも現れるはずさ!」
(略)

その状況は元記事の概念図を参照いただきたいと思いますが、しかし何事にも前向きに取り組むと言うことは大事な事ですよね。
一方ではこちらも前向きと言えば前向きなニュースなのですが、まずは記事から紹介してみましょう。

馬と性行為をした男、容疑を認めるも…妻「離婚はしない。夫を愛している。」 (2015年9月8日ミラー)

    ノーフォークにある厩舎で馬と性行為をする様子を監視カメラに捕らえられた男。
    逮捕され裁判にかけられたアラン・ブラックマン被告は昨日行われた審判において「馬と性行為をしたこと」を認めました。
    被告は当初、犯行は別人であるとして容疑否認していました。

    ブラックマン被告の妻は夫の犯行について”ひどく失望している”と言いつつも、離婚する考えはないといいます。
    「私は夫をまだ愛しています。」
    一方、被告がこのような犯行に及んだ理由については明らかにされていません。

    判決は10月23日に言い渡される予定です。

何事にもチャレンジする姿勢も大事ではあるのでしょうが、しかしこの場合は寛大な奥さんでよかったと言うべきなのかどうなのかです。
世の中一体何がおもしろいのか?と言う行為に妙な情熱を傾ける人間は少なくないものですが、こちらかなり無駄な行為度が高そうだと話題のニュースです。

「笑えるかも」とバイアグラ35錠飲んだ男、勃起がおさまらず病院送りに(2015年9月14日ミラー)

    「面白いかもしれない」との理由でバイアグラの錠剤を35錠のんだヨークシャー州の男性が、5日間にわたって勃起がおさまらずに病院送りになるという事件が起こりました。

    ダニエル・メドフォースさんは「笑えるかも」との理由で酔った状態でバイアグラ35錠を摂取したとのこと。
    薬は非常に効いたそうですが、その後に彼は笑えない状態であることを理解します。
    「めまい、幻覚、そして痛みに襲われたんだ。」

    ダニエルさんは妻に連絡し自分の行いを告白、すぐに救急車で病院に送られることとなりました。
    診察にあたった医師らは「笑えない行為だ」と言ったとのこと。

    幸いにもダニエルさんは妻に許されましたが、 「意味がなかったわね。」と言われたそうです。

この行為の何がどう面白かったのかは誰にも判りませんが、しかし5日間の間にはさぞや不自由も感じたことでしょうが、これこそ自業自得と言うべきでしょうね。
世の中には女は怖いと言うことを言う人がありますが、こちら確かに恐さを感じさせるニュースであるようです。

22歳男性の陰茎にシリコンを注入、死亡させた女(2015年9月10日ミラー)

    医師免許を持たないにも関わらず、男性の陰茎にシリコン樹脂を注入し死亡させたとしてニュージャージー州の女が逮捕、起訴されました。

    カーシャ・リベラ容疑者は22歳の男性に対し、陰茎部にシリコンの注入を行いました。
    男性は翌日にシリコンによる血管塞栓症で死亡しました。
    女は裁判の中でシリコンを注入したことを認めました。

    女は過失致死罪で逮捕、起訴されており、5年の実刑判決が言い渡される可能性があります。

    裁判では陪審員に対してリベラの知人と言われる男性が接近、およそ5000ドルの賄賂を提示したとされる件も取り上げられました。
    リベラ被告は友人が勝手にやったことと主張しています。

どのような状況で行為が行われたのかはっきりしないだけに様々に妄想を書き立てられる事件ではあるようで、特に被告の顔写真が一番怖いと言う声も(r
こちらも女が絡んだ何とも奇妙な事件なのですが、まずはこれも記事から紹介してみましょう。

目隠しHをしていた「彼氏」が「女」であった…被害者が性的暴行を訴え告訴(2015年9月8日ミラー)

    性行為まで下彼氏が「女」であった…
    被害にあった英国の女子大生が強制わいせつなどで「彼氏」を告訴しました。

    被害女性は性行為の際は必ず目隠しをされていたこと、そしてプラスチック製の陰茎を使用されていたために気づかなかったといいます。

    訴えを起こしたのはチェスター大学の女子大学生です。
    彼女は在学中の2011年ごろに「男性」と知り合い、そして性的な関係を持つ親密な仲となったとのこと。

    被告は性行為を行う際は「胸は腫瘍が出来ている」として包帯をし、また被害者女性には目隠しをさせた上でプラスチック製の擬似陰茎を使用したとされています。
    後に不審に思った被害者が行為中に目隠しを取ると、恐ろしいことにそこには「女」がいたとのこと。

    被害者の女性はこれらについて合意をしていないため、性的暴行、強制わいせつに当たると主張しています。

事件を知った人間にとっては、長く問題なく経過していたようであったのに何故これが裁判沙汰にまでなったのかについて議論が交わされているようですね。
最後に取り上げますのもやはり女が絡んだ事件なのですが、事件そのものは割合によくありがちな展開であったようです。

女家庭教師、レッスン中の13歳少年に100回以上も性行為…裁判始まる(2015年9月9日デイリーメール)

    13歳の少年に対し、2年間で100回以上もの性行為を行った家庭教師の女の裁判が始まりました。

    オックスフォードシャー州のキャロライン・キーリング被告は自宅でレッスン中の少年を誘惑し、2年間で100回以上もの性行為を行ったとされています。

    裁判所によれば、被告は屋外での授業時、日光浴のために下着姿になった際に性的関係を強要したといいます。
    被告は下着姿の少年を触りながら誘惑し、車の中に隠し持っていた避妊具を使用して性行為を行ったとのこと。

    1993~1996年にかけて行われたこれらの虐待行為は、2014年に警察に打ち明けたことで発覚しました。
    「早熟な少年は事件当時は楽しんでいるようでした。しかし後にそれが虐待行為であると理解したのです。」

    グロスター裁判所による最初の犯行の記述はこのように書かれています。
    「二人が初めて性行為をした時、少年は『興奮した』ようだった。キーリング被告は笑いながらブラジャーとパンティを脱ぎ去った。」
    キーリング被告は少年への性的暴行については否認しています。

まあしかし家庭教師と言うものが週一回だとすると2年間毎回と言う計算になりますけれども、これで本業の方に支障がなかったのかどうかも気になりますね。
ちなみに当初は「それなんてエロゲ?」などと多くの人間を騒然とさせたこのニュースですが、元記事を参照した結果今になって虐待行為だったと気づいた理由が判るともっぱらの評判であるようです。

今日のぐり:「大阪王将 福山平成大学前店」&「餃子の王将 福山駅家店

同じ通りの近隣同士に位置する大阪王将と京都王将に相次いで訪店する機会があったのですが、しかしこういうのは経営上有利な場合も不利な場合もあるそうですね。
管理人の場合もともと京都の方を利用する機会が多かったのですが、最近は大阪もあちこちでよく見かける気がします。

さてその大阪ですけれども、今回は冷やし担々麺と餃子を頼んでみましたが、麺とスープは割合にうまくまとめてあるのですが、この冷えた肉味噌の味と食感は少し気になります。
冷やし中華でも脂身の多いバラチャーシューが食感、味の面でちょっとつらいことがありますが、これももっと脂気の少ない赤身主体にしてみた方が合いそうに思いました。
それでも意外と楽しめた冷やし担々麺に対して気になったのが餃子で、目の前に置かれた瞬間他の全てを圧して焦げ臭いんですが、見た目さほど焦げているわけでもないのに油の問題なのでしょうか?
味も焦げ臭さと苦味が勝って正直さほどに…と言うところですが、こちらの場合水餃子もあるのですがセットになるのは焼き餃子はよく出る人気メニューだけに、油を変えるだけでも違ってくるんですかね。
接遇面では標準的なアルバイトレベルですが、カウンター席であったこともあって過不足はさほど感じませんでした。

一方で京都の方では日本ラーメンなるものを頼んで見たのですが、「国産素材で彩られた白醤油風味の国産ラーメン」と言うなら調味料も含めて国産100%にしてもよかったかもですね。
もちろん店の価格帯を考えると国産より輸入食材の方がいいものを使える可能性があるのですが、しかし国産を売りにしてはいてもそこらのラーメン専門店よりも高いのは微妙な感じです。
ラーメン自体は一見塩ラーメンにも関わらず味は確かに醤油味でおもしろいんですし、鰹節を足してあるのもいいとして、このチャーシューは臭みがちょっとスープに合わない気がします。
しかしこの麺さえもうちょっとしゃっきり茹でていればそう悪くはないラーメンだとは思うのですが、ともかくこの味この価格でラーメン屋を開いてもお客は来ないんじゃないか?とも思ってしまいますね。
こちらでも餃子を頼んで見たのですが、これも焦げ臭いんですが実際焦げてるからまあ当たり前か…と納得は出来る焼き加減で、味はニンニクが強烈、化調味が濃すぎでやたらに口も渇きますが、王将の餃子とは正しくこういうものだと思います。
接遇の方は大阪と似たり寄ったりと言うところで、求職者層にさほど差がないと考えるとマニュアルにも大差がないのかも知れませんが、他が似たようなものだけにちょっとした差別化は出来そうな部分ですよね。

|

« 注:ちなみにマイコンと言う言葉もずっと以前から死語です | トップページ | 今日のぐり:「博多一風堂 倉敷店」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

学生の頃大阪王将ができはじめたが、本家の王将に比べまずいとの評判で
ほとんど食べたことがなかったなぁ。

投稿: | 2015年9月24日 (木) 11時18分

管理人も同様な印象だったのですが、久しぶりに食べて見ると案外と京都より頑張っているところもあるようですよ。

投稿: 管理人nobu | 2015年9月24日 (木) 17時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/62305739

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり:「大阪王将 福山平成大学前店」&「餃子の王将 福山駅家店」:

« 注:ちなみにマイコンと言う言葉もずっと以前から死語です | トップページ | 今日のぐり:「博多一風堂 倉敷店」 »