« 医療費抑制政策、再び強力に推進されそうな勢いに | トップページ | 世界中に拡散しながら何故か本家本元の地では冷遇されている存在 »

2015年8月14日 (金)

パチンコが国民的娯楽と呼ばれた時代もあったそうです

犯罪行為と言うものは得てしてごく些細でつまらない理由が発端になるものだそうですが、先日かなり馬鹿馬鹿しい理由で重い罪を犯してしまった人物がいると報じられていました。

自称朝日新聞アルバイト配達員を逮捕 コンビニで包丁突きつけ強盗未遂(2015年8月10日産経新聞)

 10日午後3時20分ごろ、大阪府豊中市庄内東町のコンビニエンスストア「サンクス庄内東町店」で、客を装った男がレジカウンターの男性店長(37)に包丁を突きつけ、「金を出せ」などと脅した。男性が非常通報ボタンを押し、駆け付けた府警豊中南署員が男を強盗未遂容疑で現行犯逮捕した。店内に客はおらず、男性にけがはなかった。

 同署によると、男は自称「朝日新聞サービスアンカー服部天神」のアルバイト配達員、藤平新一容疑者(51)。容疑を認め、「パチンコで約5万円をすってしまい、金に困っていた」と供述しているという。

 同署によると、藤平容疑者は犯行の30~40分ほど前に入店。客がいなくなった隙をねらい、犯行に及んだという。

強盗を現行犯逮捕ですからそれなりの罪を償わなければならないと言うことになりそうですが、しかしその発端がギャンブルで金を失ったことが原因だと言いますから、やはりギャンブル有害論は正しかったと言う声もあるようですけれども、全国的に見ますと昨今パチンコ産業も年々衰退しているのだそうで、低収入の人生がほぼ確約されている分何事も堅実に計算高いとも言われる昨今の世相を反映しているようにも感じられますでしょうか。
ただ一方でひとたびはまってしまうとなかなか抜け出せないのがギャンブルと言うものの恐さであって、自分の稼ぎの範囲内で自己責任で行うと言うのであればまだしも、それによって家族や他人に迷惑をかけると言うことはあってはならないことですし、先年には生活保護費でパチンコをしている人間は通報せよと言う小野市の条例案が大いに話題にもなりましたよね。
いわば世間様に養ってもらう身でパチンコをすると言う行為がいいのかどうかと言えば、公的扶助を受けるような人間は一切娯楽など禁止すべきだと言うのも極論なら、ひとたびもらった金なら何に使おうが個人の自由だと言う考え方もやはり金を出す側としては面白くないと思うのですが、先日意外なところでこのパチンコ是非論争が再燃しているようだと話題になっていました。

遊技型高齢者施設を規制へ(2015年8月12日NHK)

高齢者が、パチンコやマージャンをほぼ1日中楽しめるデイサービス施設について、神戸市は、「介護保険制度の本来の趣旨にあわない」として規制するための全国で初めての条例の改正案を市議会に提出することになりました。

高齢者が、パチンコやマージャンをほぼ1日楽しめるデイサービス施設が各地にできていることについて、神戸市の久元喜造市長は、11日の記者会見で、「介護保険制度の本来の趣旨に沿わない」として規制するための条例の改正案を来月開会する市議会に提出することになりました。

改正案では、▼カジノのような依存性が強まる仕組みを取り入れることや、▼施設の名前や広告にギャンブルを連想させる言葉を使うことなどを規制するとしています。

こうした施設を条例で規制するのは全国で初めてで、神戸市は、市民の意見も募って、条例の改正を目指すことにしています。

市民の意見を募ってと言うことになればまあどうなるかですが、肯定的な意見が多いのか否定的な意見が多いのかと言う点にも注目したいところでしょうかね。
正直パチンコやマージャンをするデイサービスと言うものがあると言うこと自体存じ上げなかったのですが、調べて見ますと神戸に限らず全国各地に展開しているものであるようで、「勝負事やゲームは脳の活性化だけでなく、細かい作業を伴うため身体機能の訓練にも最適です。楽しみながらリハビリ効果を高めていただけます。」などと言われるとまあ、何の楽しみもなく嫌々あるいは義務的にやるよりはいいのか?とも思ってしまいますよね。
この種の施設ではありとあらゆる娯楽を取りそろえているのだそうで、もちろん世間におけるパチンコやマージャンのようなお金のやりとりはないのでしょうけれども、パチンコやマージャンが駄目で囲碁や将棋はいいのか?と言われればそこにあるのは「世間一般にギャンブルとして認識されているかどうか?」と言うだけの違いであると言う言い方も、確かに出来るのだろうと思います。
お金のやり取りがなくてもチップをやりとりするだけでも射幸心を煽るのかどうかは微妙だと思うのですが、少なくとも競争心、闘争心を活性化するだろうことは事実だろうし、それがリハビリと言う作業において良い効果を発揮する場合ももちろんあるはずですが、一方で施設利用者同士の反目や対立に結びつくようですとこれはさすがに問題か?と言う気がしますよね。

デイサービスにおいてどのようなプログラムが提供されるべきなのかと言う点に関してはすでに以前から議論されていたのだそうで、その質的担保の一環として平成9年から福祉サービスの第三者評価事業と言うものが始められたのですが、実は福祉サービスが行政による措置から利用者の選択による利用制度に移行したのも、こうした福祉サービスの質的向上を目指す動きの一環であったそうです。
そもそもの福祉の理念として「個人が人としての尊厳を持って、家庭や地域の中で、その人らしい自立した生活が送れるよう支える」と言う文言がある以上、例えば生涯をパチンコ一筋で過ごした人に老後はパチンコ禁止と言うのでは人としての尊厳を失わしめるだろうと言うものですが、何でもかんでも利用者の意見優先であれがしたい、これも欲しいと要望に応えるだけでいいのか?と言うことは確かに気になりますよね。
結局こうした議論も現行の福祉制度が自前で支払ってきたコストだけでは成立するものではなく、現役世代の負担の上に成り立っていると言うことから利用者の好き放題にやることが憚られるのだと思うのですが、生保受給者のパチンコ禁止条例にしてもそうですが、結局これもお金を出しているスポンサーがそれを認めるかどうか?と言う点が当面の判断基準になってくるのかも知れません。
ただ若者の○○離れなどと昨今盛んに喧伝されるのを見るまでもなく、何をもって娯楽とするか、何をもって妥当な公共サービスとするかは年代によってもその常識そのものが大きく変わってくるとことですから、現役世代の声ばかりを優先して高齢者の福祉サービスのあり方をデザインすると言うのも、それはそれでちょっと利用者目線でどうなのか?と言うことにもなりそうではありますね。

|

« 医療費抑制政策、再び強力に推進されそうな勢いに | トップページ | 世界中に拡散しながら何故か本家本元の地では冷遇されている存在 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

高齢者に必要のない介護サービスが提供されるのを防ごうと、
厚生労働省は市町村の職員と介護の専門家が一緒になって高齢者に
適切な介護が行われているかどうかを点検する新たな事業を
始めることになりました。
高齢者向けの集合住宅や自宅などで暮らす高齢者は介護が必要になった場合、
事業者から訪問介護サービスを受けますが、サービスを提供した分だけ
報酬が事業者に支払われるため、必要のないサービスが提供されるおそれが
あると指摘されています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150814/k10010189231000.html

投稿: | 2015年8月14日 (金) 07時37分

ところでお金がかかってなくてもパチンコって楽しいもんなんですかね?>経験者の方
ピンボールみたいにハイスコア(玉の多さ)目指す的な楽しみもあるのかなあ?

投稿: ぽん太 | 2015年8月14日 (金) 08時31分

かつて愛好家に訊ねたところでは台の前に座って玉の行方を眺めていると全てを忘れて無心になれるのだそうですが、この場合むしろ無心になってしまっていいものか?と言う疑問も感じます。

投稿: 管理人nobu | 2015年8月14日 (金) 12時44分

追伸ですが、こちらの記事がもう少し詳しいようですので参考までに。

「アミューズ型デイ」、一部を規制へ- 神戸市、自治体で初
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/46458.html

投稿: 管理人nobu | 2015年8月14日 (金) 12時45分

親戚に麻雀の大好きな方がおられましたが、ある日麻雀を半日楽しんで気がついたらくるぶしに床ずれが出来ていたとか。
頭のリハビリにはありかもしれませんが、それだけだと確実に身体機能が落ちると思われます。

投稿: クマ | 2015年8月14日 (金) 22時24分

仮想現実+コンピューターゲームというのは今後老人娯楽として大市場だと思われるだけに、それがパチンコや麻雀と同じ扱いされるのかどうか気になるところです。

投稿: | 2015年8月17日 (月) 11時19分

m3も記事
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/cadetto/dtod/ryugi/201508/543360_3.html

投稿: | 2015年8月20日 (木) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/62076675

この記事へのトラックバック一覧です: パチンコが国民的娯楽と呼ばれた時代もあったそうです:

« 医療費抑制政策、再び強力に推進されそうな勢いに | トップページ | 世界中に拡散しながら何故か本家本元の地では冷遇されている存在 »