« 病院が増えては困ると言う地方の事情 | トップページ | 今日のぐり:「しらがセルフうどん店」 »

2015年7月18日 (土)

発達した人工知能の社会的応用例

当「ぐり研」でも以前にも紹介したことがありますように、世界的に「スーパーマリオ」の早解きは未だに話題になるコンテンツなんだそうですが、発売後30年もたったゲームが未だに話題になると言うのも興味深い現象で、先日今度はこんな「最速クリア」チャレンジの企画が報じられていました。

スーパーマリオを人工知能で攻略 米エンジニア、秒速クリアに挑戦(2015年7月11日withnews)

 アメリカでエンジニアをしているセス・ブリング(Seth Bling)さんが人工知能を使って、懐かしの人気ゲーム「スーパーマリオ」をプレイする技術を開発しました。名付けて「MarI/O(マリオ)」。機械学習の技術を駆使して、最も早くクリアできる攻略方法を、コンピューターが自分で見つけてしまいます

「日本のテレビゲームが大好きなんです!」

 ブリングさんは大学でコンピューター・サイエンスを専攻しました。中でも、機械学習(machine learning)に興味を持ち、勉強と実験をかねてMarI/Oを作ったそうです。
 実験の場として選んだのが「スーパーマリオ」でした。ブリングさんは「日本のテレビゲームが大好きなんです! 中でも、スーパーマリオは一番のお気に入り」と話します。

膨大なゲームオーバー繰り返し成長

 ゲーマーでもあるブリングさんが、実験でめざしたのは最も早くゲームをクリアする「スピードラン(speedrun)」です。
 最初はまったく経験がない状態からスタートするので、穴に落ちたり、敵に当たったりして、すぐにゲームオーバーになります。そうすると、次は、同じミスをしないよう学習し、プレイ時間が延びていきます。この作業を膨大な量で繰り返し、一番早くクリアできる攻略法を見つけていきます。
 ユーチューブに公開している動画では、「MarI/O」が、どんどん失敗を学習してプレイが上手になっていく様子が公開されています。

「みんなで進化させたい」

 「コンピューターが自動で操作する技術は。あらゆる業界に影響を与えはじめています人工知能はますます影響力を拡大していくでしょう」とブリングさんは言います。

 ブリングさんは、自分の実験結果を同時中継で見られるサイト 「Super MarI/O Kart -- Thanks to Winterbunny for the modified script!」を用意。そこでは、多くの視聴者が様々なコメントを書き込みながら「スーパーマリオ」を楽しんでします。
 ブリングさんは「多くのユーザーに参加してもらい、MarI/Oの神経回路網(ニューラルネットワーク)の進化をめざしたい」と話しています。

その詳細は元記事の動画なども参照いただくとして、しかしゲーム世界で最適解を見つけ出せると言うことは現実世界でもいずれそうなると言うことでしょうから、絶対に事故を起こさない自動運転車なども案外早く実用化出来るのかも知れませんね。
人工知能と言うものも近年非常に進歩しているところで、将棋などはすでに人間のプロよりも強くなったのでは?とたびたび話題になっていますけれども、何よりも興味深いのは人間との対抗戦などで時折到底人間の頭では思いつかないような珍手奇手が飛び出してくる、そして何十手も進めた先になってそれが実は非常に大きな勝負の分かれ目であったと言うことが判明してくると言うことが時折見られる点です。
この辺りは人間とコンピューターとでは問題へのアプローチの方法が全く違うと言うことももちろんだし、人間が無意識的に除外している手筋もコンピューターは検討していくと言う点も理由の一つなんだろうと思いますが、ゲームの早解きにおいても人間とは全く違ったクリア法が見つかると興味深いですし、単なる操作の最適化に留まらずそういう考え方の変化が出て初めてこの企画も大きな意味を持ってくるように思います。
いずれにしても今後は人工知能がそれなりに賢いのは当たり前のことで、それが実社会でどこまで広く応用できるかと言う部分が問われるようになってきたと思うのですが、近来の実用例としてこんなケースが報じられていたことを紹介してみましょう。

人工知能で“荒れない”コメント欄--「議論の場」醸成めざしメディアに無料提供(2015年7月7日VNET Japan)

 人工知能や自然言語処理を活用したサービスを提供するクーロンは7月7日、機械学習や自然言語処理、行動分析にもとづく独自の人工知能を搭載した、読者が健全な議論を交わすための“荒れない”コメントシステム「QuACS(クアックス)」をウェブメディア向けに提供開始した。人工知能を活用したコメントシステムは世界で初めてだという。
 ウェブサイトに数行のJavaScriptコードを埋め込むことで、読者が記事の内容に対して意見や感想を匿名でコメントできるようになる。コメントに含まれる言葉や文章の意味を人工知能が解析し、誹謗(ひぼう)中傷や罵詈(ばり)雑言、差別用語、違法取り引き、人権侵害、出会い目的、公序良俗に反する内容である場合に、自動でフィルタリングして表示しないようにする

 「単語」ではなく、同一コメント内の前文の内容、他者のコメントへのレス(会話)の流れなど、文章や文脈を判定しているのが特徴。たとえば、麻薬や覚醒剤の購入を促すような違法取り引きに関するコメントは非表示になるが、「麻薬」「覚醒剤」といった単語が文中で適切に使われる場合には表示される可能性が高い。
 若者言葉やネットスラングなど、時代によって新たな言葉が生まれたり言葉の使い方が変わったりするが、機械学習により使えば使うほど精度が高まり適切な状態を保てるという。なお、「何かを表現したくてできなかったことは怒りに直結する」(同社代表取締役社長の佐藤由太氏)との考えから、たとえ非表示になったコメントでも、投稿者本人の画面には表示し、あたかも投稿できたかのように見せかける
 ウェブメディアへの導入時には、各媒体のガイドラインやポリシーなどに応じてフィルタリングの強弱を設定可能。媒体が持つ独自の雰囲気を損なわないとしている。なお、投稿されたコメントによりプライバシーや著作権の侵害があり、プロバイダ責任制限法が適用された場合には、発信者情報の開示などをクーロンが対応することになる。
(略)
 すでにビジネス、スポーツ、テクノロジなどの情報を扱う複数の媒体が導入を決定している。2016年3月末までに100媒体に導入するのが目標だ。現在の対応言語は日本語だけだが、多言語対応を見越してシステムを設計しているそうで、2016年春頃をめどに海外展開を始める予定。また国内では、ブログやレビューサイト、掲示板サイトなどへの導入も進めてきたい考えだ。
(略)

ネット上での言論弾圧に対する悪い実例として、平素から言論の自由を声高に主張しているマスコミ各社のサイトにおいて、少しでも批判的とも社の意向に反するとも判断されたコメントは全て掲載されず、結果としてあたかも記事内容に対する絶讚の書き込みばかりが残っていくと言うことが以前に指摘されたことがあり、どこまで書いたら検閲に引っかかるか?を極めるなどと言うことも試みられてきた経緯があります。
こうした検閲システムを24時間365日疲れと言うものを知らない人工知能にやらせようと言うのですから非常に効率的に仕事が行われそうに感じるのですが、注目すべきは「たとえ非表示になったコメントでも、投稿者本人の画面には表示し、あたかも投稿できたかのように見せかける」と言う非常に単純だが巧妙な機能まで実装されていると言うことで、仮に実用化されたとすれば素晴らしい成果を発揮出来そうな予感がしますね。
こういう記事を拝見しますと、国民の間で個人的見解の相違から来る争い一つ発生せず、全員が統一された意志の元に整然粛々と行動する全体主義国家の素晴らしさを改めて感じ入る次第ですし、実際にどのようなサイトにこのシステムが組み込まれるのかも非常に注目されるところなんですが、一つ気になるのは過去に検閲避けとして開発されてきた様々なテクニックにはどの程度対応しているのか?でしょうか。

|

« 病院が増えては困ると言う地方の事情 | トップページ | 今日のぐり:「しらがセルフうどん店」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

人工無能ってあったなあ

投稿: | 2015年7月18日 (土) 07時48分

検閲してるサイトってどこなの?

投稿: ゴマ | 2015年7月18日 (土) 10時05分

機械にゲームをプレイさせようとすれば、コンピューターにゲームパッドを操作させたり、マリオや敵キャラを画像認識させねばなりません。それではやってられないので、普通はエミュレーターでゲームを動作させます。そしてエミュレーターを操作するわけです。

しかしエミュレーターを使えば、コマ送りや途中状態の保存やロードも可能になります。
こういったエミュレーターならではの機能を活用して「スピードラン(speedrun)」を行うことを Tool-Assisted Speedrun といい、実は大流行しています。
人工知能の研究ではなく、純粋にゲームの理論最速プレイを見てみたい、という欲求が背景にあって、マリオは特に人気の題材です。

ゲーム名と TAS でググると、いろいろ見つかります。

投稿: | 2015年7月21日 (火) 11時09分

ゲームプレイ動画なども完全に定着したジャンルですが、ときどき予想外のプレイをしている人もいたりして面白いですよね。

投稿: 管理人nobu | 2015年7月21日 (火) 11時36分

↑中学生の長男が「マインクラフト」に嵌ってるんですが、試験前だってのにいつまでもいつまでもだらだらやってるので心を鬼にしてウォークマン(でやってた。スマホは持たせてない)を没収しました。

…パソコンでいつまでもいつまでもだらだらと動画見てやがるw

投稿: 10年前にドロッポしました。 | 2015年7月21日 (火) 15時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/61901683

この記事へのトラックバック一覧です: 発達した人工知能の社会的応用例:

« 病院が増えては困ると言う地方の事情 | トップページ | 今日のぐり:「しらがセルフうどん店」 »