« 年金機構の流出事件に見えた巨大なセキュリティーホールの存在 | トップページ | 棄民政策、世界各地で推進される? »

2015年6月 7日 (日)

今日のぐり:「ラーメンハウス喜楽園(きらくえん)」

以前にイヌが出演する自動車メーカーのCMがあまりに泣けると話題になったことがありましたが、こちら同じくイヌの登場するCMがまたしても涙腺に刺激が強すぎると話題になっています。

病気で倒れたおじいさんを待ち続ける忠犬!意外な結末に思わず涙する(2015年5月26日ペットファン)

家でも外でも、どこへ行くにもいつも飼い主のおじいさんと一緒の愛犬。
ある日、自宅で頭痛をうったえおじいさんは病院へと運ばれてしまいます。おじいさんのあとを追う犬。しかし、病院の中へと入れてもらうことは出来ずに外でおじいさんの帰りを待ちます。
晴れの日も、雨の日も。
心配そうに…

そしてついにおじいさんが帰ってきます!
しかし、思わぬ結末に涙が込み上げてきます。
ぜひ動画でご覧になってみてください。
FUNDACION ARGENTINA DE TRASPLANTE HEPATICO “The Man and the Dog”
(略)

いったいこれが何のCMかと言うことに気付かないと最後の意味が分かりにくいかも知れませんが、念のために申し添えておきますとCMを制作したのはアルゼンチンの肝移植財団なのだそうです。
本日は忠犬ハチ公ばりにただひたすら待ち続けたイヌに敬意を表して、世界中からあまりにもドラマチック過ぎる奇跡的な瞬間を捉えたニュースを紹介してみますが、まずは誰が考えてもこちらの話題でしょう。

東大5年ぶりに勝った 連敗「94」でストップ(2015年5月23日日刊スポーツ)

<東京6大学野球:東大6-4法大>◇第7週第1日◇23日◇神宮

 東大がついに連敗を止めた。法大に延長戦の末6-4で勝ち、ワースト記録を更新していた連敗は「94」で止まった。

 2回に1点を先制されたが、5回1死二、三塁から暴投で2者生還し逆転。その後7回に3点を奪われ2-4。勝負あったかに思われたが8回に犠飛と三塁打で同点。4-4で延長戦に入り、10回表1死二、三塁から内野ゴロが連続して野選となり2点を勝ち越した。

 9シーズン、5年ぶりの白星だ。

 東大が前回勝ったのは10年秋、10月2日の早大1回戦。4-2で勝ち、早大先発・斎藤佑樹(現日本ハム)に黒星を付けた。しかし直後から大型連敗がスタート。13年春には元巨人エースの桑田真澄氏を特別コーチに招き指導をうけた。14年春には150キロ速球を投げる最新マシンを導入して打撃強化。しかしその14年春にワースト記録を更新する71連敗を喫し、その後も連敗が続き、今年3月に卒業した4年生は入学後1度も勝利を味わうことなく赤門を去った。

 ただ、今春はここまで2桁失点がなく、先の立大1回戦は4-5で惜敗。1点差惜敗は13年秋慶大戦以来で浜田監督は「いけると思った。投手がダメな時に野手が助ける。チームらしくなってきた」と手応えを感じ取っていた。

何とも待ち望んだ勝利と言うものですが、京大野球部もプロ選手が登場したりと活躍しているわけですから、東大もやってやれないことはない理屈なんでしょうけれどもね。
こちらの場合あまりあって欲しくはない類のものではあるのですが、レアであることにかけては勝るとも劣らないと言うニュースです。

住職の車 参列者に突っ込み9人けが 千葉(2015年6月1日NHK)

1日昼前、千葉県松戸市の葬儀場で、葬儀を執り行った寺の住職が運転する乗用車が参列者に突っ込んで男女9人が重軽傷を負いました。
1日午前11時すぎ、松戸市日暮の葬儀場、「セレモ八柱駅北口ホール」で、霊きゅう車を見送ろうと玄関付近に集まっていた葬儀の参列者に、乗用車が突っ込みました。車はそのまま建物の中に入り、壁に衝突して止まったということです。
この事故で、男女9人がけがをして病院に運ばれ、このうち、79歳と75歳の女性、それに74歳の男性の合わせて3人がいずれも足の骨を折る重傷です。
警察によりますと、乗用車を運転していたのは葬儀を執り行った74歳の寺の住職で、火葬場に向かう霊きゅう車に続こうと、車に乗り込んだということです。
警察の調べに対して住職は、「霊きゅう車の後ろに車をつけようとして、アクセルとブレーキを踏み間違えた」などと話しているということです。
警察が、事故の詳しい状況や原因を調べています。

これでさらに新たな葬儀の必要性でも発生していれば何たるマッチポンプと言われかねないところなんですが、間一髪そこまでの事態に至らず幸いだったと言うべきでしょうか。
同じく自動車事故絡みのニュースなんですが、こちらも滅多にない経験をしたと言うべきなんでしょうか。

英軍戦車、ドイツで車両押しつぶす=けが人なし(2015年6月3日NNA.EU)

ドイツ西部ノルトライン・ウェストファーレン州アウグストドルフ(Augustdorf)で1日午前9時(現地時間)ごろ、運転練習中の女性(18)の乗用車と英軍の戦車が衝突した。戦車は乗用車のボンネットに乗り上げた状態で停止。女性にけがはなかった。

地元警察によると、女性はハンドル操作を誤って戦車のキャタピラ前に飛び出した。気付いた戦車が急ブレーキを踏んだが間に合わず、重さ62トンの「チャレンジャー2」がトヨタ製ハッチバック車を押しつぶした。被害額は1万2,000ユーロに上る見込みだが、警察は戦車を運転していた兵士(24)に過失はなかったとみている。

アウグストドルフは英軍などが使用する軍事演習場を擁し、事故が発生した道路は戦車の往来が多いことから「タンク・リングロード」と呼ばれている。英軍の戦車が絡む事故は今年に入って2例目で、2月には同州パーダーボルン(Paderborn)で制御不能となった戦車がドイツ人老夫婦の庭に突っ込む事故が起きている。

元記事の画像を参照頂ければ状況は一目瞭然なんですが、日本でも千歳界隈ではこんなことが起こり得るとか起こり得ないとか言う話ですよね。
銃で胸を撃たれたと言えばまず確実に死を覚悟する状況ですが、こちらそこから奇跡の生還を果たした人のニュースです。

iPhone5cで命拾い!銃で撃たれた男性が生還(2015年5月23日iPhoneマニア)

自宅近くで銃で撃たれた男性が、iPhone5cのおかげで奇跡的に一命を取り留めました。英ITVが現地時間22日、報じました。

事件は英北西部のチェシャー州で起きました。被害者の男性(25)が、自分が住むアパート一帯への送水栓をふざけて切っていたティーンエイジャーの集団に近づき注意したところ、口論となり、そのうちのひとりライアン・ダガン被告(19)が突如ショットガンを抜き、男性めがけて発射したのです。

チェシャー警察によれば、まともに当たっていれば、男性は間違いなく絶命していたそうです。幸いにも銃弾は、ポケットに入っていたiPhone5cに命中。被害者は腹部に重傷を負ったものの、何とか自力で自宅まで戻り、救急車を呼ぶことができました。

男性は現在も治療を受けていますが、命に別状はないとのことです。

そもそも自分が悪いことをしておきながら、それを注意されて相手を銃で撃つなんて信じられません。被害者の男性の1日も早い快復を祈ります。

元記事には弾を受けたiphone5cの写真があってこうなるものかと感じさせるのですが、しかし5cの筐体と言えば樹脂製だったと思うのですが案外丈夫なものなのですね。
野生動物の中でもクマと言えば日本でもたびたび悲惨な事件を起こす凶暴な生き物と言うイメージですが、そのクマが人間に助けられると言う珍しい事件があったそうです。

180キロのクマ、水に溺れていたところを生物学者に助けられる(2015年5月18日秒刊サンデー)

クマといえば、泳いでいるサーモンを豪快に捕獲してというイメージで、溺れるなんて想像がつかないですよね。もし、あの大きなクマが目の前で溺れていたら・・・。アメリカ・フロリダ州からのニュースによると、海で溺れていた体重180キロを超えるクマを勇敢に助け出した一人の男性がいるというのです。果たして彼の正体は?

ー溺れていたのは体重180kgのクマ!
さて、どうしてこのクマは溺れていたのでしょうか?アメリカ・フロリダ州の住宅街に迷い込んでしまったクマを森へ帰してあげようという計画の途中に事件は起きたのです。野生のクマをそのまま運んで行くのは危険ということで、麻酔銃で眠らせてから森へ連れて行くことにしたのですが、大きすぎるクマには麻酔が足りなかったらしく、麻酔が効き出す前に、逃げ出してしまったのです。クマが向かった先はなんと海。このまま麻酔が効き始めたら溺れてしまうことは間違いありません。すると1人の男性が服を脱ぎ始め、安全策も取らないまま、体ひとつで海へと飛び込んで行ったというのです。

ークマを助け出したのは生物学者のアダム・ワーウィックさん
画像を見てもわかるように、なかなかの体格の男性です。この方の職業は生物学者。麻酔銃を打たれていたとは言え、相手は180kgを超える大きなクマ。しかも住宅街に迷い込み、ゴミをあさっていたのだから、お腹も空いていたはずです。麻酔銃で打たれてビックリして、海に逃げていったわけですから、よく考えればかなり怖い状況です。生物学者とは言え、体ひとつで飛び込んでいくというのは、かなり危険なはずです。しかし、幸いにもクマは暴れだすことはなく、むしろ、溺れて大量の水を飲んでしまい、グッタリしていたようで、アダムさんに抱えられるように救出されたのでした。

ー助け出されたクマは無事に森へ
大量に飲んでしまった水を吐き出したクマは、陸まで連れてこられると、重機を使ってすくい上げられ、そして、トラックの荷台へと戻されました。画像を見る限り、麻酔の影響なのか、助けられた安心感からなのか、暴れる様子はなかったようです。トラックの荷台に乗せられたクマを優しくなでるアダムさん。危険だとは思ったけれど、溺れている姿を見たら、思わず助けなきゃと思って体が先に動いていたとコメントしています。勇敢な人ですよね。助けられたクマは、無事に森へと帰っていったそうです。今ではすっかり元気になり、ケガ人も出なかったということでめでたし、めでたしといったところです。

これまた元記事の画像を参照いただきたいと思いますが、しかし溺れたクマの場合も背後から仰向けにして引っ張っていくものなのですね。
最後に取り上げますのはこれまたブリからのニュースなのですが、事実だとすれば大変貴重な映像となるのは間違いありません。

ティンカーベルか? 英国で妖精の写真が撮られる(2015年5月3日オカルトニュース)

これはティンカーベルなのでしょうか? 英国で「妖精」の写真が撮影されました。撮影したのは、ノーサンプトンシャー州トウスター在住、二児の母リサ・ワイルドグースさん(42歳)です。

ワイルドグースさんは近所の森の近くできれいな花の写真を撮っていました。そして家に戻り、撮影した写真をパソコンに取り込んでいたとき、羽の生えた小さな人型のものが写り込んでいることに気づいたということです。

妖精はブルーベルの花のそばでホバリングしているようです。髪の色はブロンドで、小さなズボンと靴をはいているようにも見えます。

ティンカーベルキタ~(AA略)と言うところなんですが、さて皆さんはどのようにお考えになったでしょうかね?
まあしかし一般論として見えないものがみえてくるというのは大変な問題ですが、何しろブリと言えばティンカーベルの本家ですからもしかすると…でしょうか。


今日のぐり:「ラーメンハウス喜楽園(きらくえん)」

倉敷市南部の水島地区の中心部付近に位置するこちらのお店、昔ながらの町のラーメン中華の店と言うところですかね。
地元では安くて量が多いと人気の老舗有名店ですが、ちょうど食事時とあって店内は満席の混雑ぶりでした。

日替わりの定食を頼んでみましたが、飯にラーメン、その日のおかずと言う盛りだくさんの内容で、カロリーもかなりなもののようです。
見ていて面白いのはそのおかずなんですが、メニュー的にラーメンハウスと言うよりも定食屋っぽいと言うのでしょうか、この辺りは長年地域で愛用されているゆえんなのでしょう。
この日のメインの鶏の南蛮漬けは熱々の揚げたてで、チキン南蛮と言うよりまさしく南蛮漬けと言った体ですが、揚げ物ながら後口もさっぱりで悪くはないですし、副菜のほうれん草おひたしも普通のお惣菜と言うところです。
見た目もごくオーソドックスなラーメンは昔ながらの…と言う感じのあっさり醤油ですが、意外にトッピングは豊富でいわゆるラーメンライス的に食べる分にも不自由しなさそうな感じですかね。

こちらは一昔前に一度来たことがあって、そのころよりはさすがに値上げしてるようなんですがいまだに大衆的な価格で、何しろこれで600円ちょっとですから安く腹を膨らませたい分には効果満点ですよね。
設備は見た目通り昔ながらの…感いっぱいなのは仕方ないとして、接遇の方はさすがに手慣れたもので要領よくお客をさばいていますから繁忙期にもさほど待たされることはなさそうです。
しかしこの定食もボリューム的にはかなりのものだと思うのですが、見ていますと大盛り焼き飯が一番人気っぽい様子で、ここではラーメン+焼き飯が鉄板だと聞くのですが、さすがによほど空腹状態でなければ厳しそうなんですけれどもね。

|

« 年金機構の流出事件に見えた巨大なセキュリティーホールの存在 | トップページ | 棄民政策、世界各地で推進される? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/61703507

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり:「ラーメンハウス喜楽園(きらくえん)」:

« 年金機構の流出事件に見えた巨大なセキュリティーホールの存在 | トップページ | 棄民政策、世界各地で推進される? »