« 今日のぐり:「レストランつねまつ」 | トップページ | 社会保障費抑制政策が医療をかえる? »

2015年5月 6日 (水)

今日のぐり:「すし丸 連島店」

あまりに悲劇的すぎると見るべきか、それは仕方ないと見るべきか、ともかく大きな話題になっていたのがこちらの事件です。

インドの花嫁 簡単な足し算ができない新郎に愛想を尽かし結婚式から遁走(2015年3月14日ロシアの声)

インドの結婚式で、おかしな出来事が起き、話題になっている。結婚式で新婦が新郎に、簡単な足し算をするよう頼み、それができないことを知るや、彼女は逃げ出してしまったという。

新婦が出した質問は「15たす6は」というものだった。これに対し新郎は「17」と答えた。それを聞いた新婦は「学歴について自分をだました」と激怒し、彼との結婚を拒否した。

この事件が起きたのは11日で、場所はウッタルプラデシュ州カンプール郊外のラスラバド村。地元の警察は、記者団に対し「新郎の親族は、逃げた花嫁を取り戻そうと試みているが、まだ彼女は見つかっていない」。

インド人と言えば算数が得意だと言うことでも知られていますが、まあそうした中でこの答えはなかったと言うことですかね…
今日は自業自得とは言えあまりに惨めな結果に終わってしまった新郎を励ます意味で、世界中からあまりに意外性ある結末に至った出来事の数々を取り上げてみましょう。

賞味期限25年前のホットチョコレートを孫と友達にふるまったおばあちゃん―家族全員が病院へ運ばれる(2015年4月29日マイナビ)

イタリアのヴィチェンツァという街で、おばあちゃんが作ってくれたホットチョコレートで家族全員が病院へ運ばれるという事件が起きました。77歳のロゼッタばあちゃんは、ご主人と息子と孫と一緒に暮らしています。
孫の友達が遊びに来たので、おばあちゃんはホットチョコレートを作り、全員にふるまいました。
その後…夕方になると家族全員がひどい下痢に嘔吐を繰り返し、全員病院の緊急治療室へ運ばれる騒動に。
そして、警察が自宅を調べたところ、おばあちゃんが使用したホットチョコレートの粉末が、なんと賞味期限が1990年!25年前だったのです!

賞味期限切れというレベルではない、この25年前のホットチョコレート事件。
おばあちゃんは警察から「注意不足による他人への傷害」という罪状がかけられているそう…
おばあちゃん含め、全員入院となったこの騒ぎ、イタリアではビッグニュースとなりました。
それにしてもおばあちゃんのキッチン、他にも恐ろしいものがまだまだありそう……。

賞味期限切れにも程度と言うものがあるだろうと思うのですが、やはり身体には悪かったですかそうですか…ご愁傷様です。
身体によいと言うことに関しては色々と諸説あるところなんですが、こちら一体何がいいのか悪いのかと考えてしまうニュースです。

104歳が毎日ドクターペッパー「忠告の医者はみんな亡くなったけどね」。(2015年3月27日ナリナリドットコム)

104歳を迎えたエリザベス・サリバンさんは言う。「お医者さんみんなが、『それはあなたを殺します』と言ってました。彼らはもう亡くなって、私は生きてますけれど。彼らは何か間違っていたのでしょうね」。
米CBSなどによると、エリザベスさんの健康の秘訣は1日3本のドクターペッパーだ。40年前にその味に恋してから毎日欠かさず飲み続けている。
「みんなモーニングコーヒーを勧めたけれど、まぁ、私にはドクターペッパーがあるからって」

元数学教師は、現在は杖の力は借りるものの自分で歩き、本を読み、テレビを楽しみ、人と会ったりするなど毎日充実した暮らしで「104歳まで生きるとは思っていなかったけれどまだ元気よ」と語った。
この日はドクターペッパー・スナップル・グループのCEOラリー・ヤング氏からサプライズな贈り物が届いた。ドクターペッパーの缶の形をした誕生日ケーキに特別なTシャツ、そしてその他無数のグッズが入ったバスケットだ。
ネットの反応もお祝いへのあたたかなものが多く「104歳で好きなものを飲んだり食べたりできることがなによりだ」「104歳にしてはかなりの若々しさ」「なんというドクター!」といったコメントが寄せられている。

まあしかし勝ちに不思議の勝ちありと言いますから、これも何故そうなったのかと言うことは誰にも判らないことなのかも知れませんが、健康法として定着するかどうかは微妙ですよね。
人間関係と言うものは時に第三者から見ると複雑怪奇としか言いようがない場合がありますが、これなど判らない度に関しては相当なものではないでしょうか。

【海外:恋愛:スウェーデン】同じ愛人をシェアする夫婦 (2014年11月16日日刊テラフォー)

一人の同じ愛人をシェアしている夫婦が、その一風変わったライフスタイルをブログで告白して話題になっている。

エリック・フライドランドさん(35)は既婚ながら、同僚のハンプス・エングストンさん(29)と恋に落ちてしまった。念の為に補足すると、ハンプスさんは男性だ。
夫に他に好きな人が出来たと知ったら、妻は大ショックを受けるに違いない。その相手が男だったら尚更だ。
だが、エリックさんは自分の新しい恋を隠さずに、妻リンダさん(34)に正直に告白した。夫から衝撃的な告白を受けたリンダさんは、エリックさんを交えて、彼の新しい恋人に会ってみたいと提案した。

どんな修羅場が繰り広げられるのか…と思いきや、事は実にスムーズに解決した。3人での初顔合わせの後、愛人ハンプスさんは、こう告白したのだ。
「僕、リンダにも恋心を抱いたかもしれない。」
さらには、リンダさんもこう告白した。
「実は私も、同じ風に思っていたの。」
そういう訳で、今では3人で同じベッドで眠っている。Sexも3人一緒にするそうだ。
(略)
3人は昨年1月から一つ屋根の下で暮らしている。ハンプスさんの4歳の娘、エリックさん・リンダさん夫妻の3人の息子も一緒だ。ハンプスさんとエリックさんは、2人で新しいタクシー会社も始めた。
だが、自分たちの関係が普通じゃないことも重々承知していたようで、先日自らブログで告白するまで、この新しい家族体型を世間には公表していなかった。
3人の大人達は、自分たちの決断が子供達に与える影響を懸念していたが、幸いにして子供達は学校でいじめに遭ったりはしていないようだ。それどころか、「パパが2人もいるなんで、クールだね」と言ってくれる友人もいたとか。
(略)

もうどこから突っ込んでいいものやらと迷うような話なんですが、まあ当事者がそれで幸せであると言うならいいんでしょうかね?
ときどきびっくりするような特殊能力を持つ人間が話題になりますが、こちらその獲得経緯といい能力のあり方といいかなり注目すべき一例であるようです。

感電事故から生還した少年、金属を引き寄せる能力を獲得(2015年11月20日メトロ)

まさにマグニート…
マーベルヒーローに出てくる超人のような能力を持つ少年が話題となっています。

ニコライ・クリャグリャチェンコ君(12歳)は通学途中に壊れた街灯により感電したといいます。
翌日眼が覚めたとき、彼は体に金属がくっつくという能力を獲得している事を発見しました。

彼の夢は「スーパーヒーローとして消防士になりたい」とのこと。
なお、能力を制御することはまだ出来ないそうです。

そのあまりにもすさまじい能力発揮の様子はこちらの動画を参照いただきたいと思いますが、こういうのはもう突っ込んだら負けなんでしょうね…
最後に取り上げますのは同じく特殊能力と言ってもいいものの発現を伝えるものですが、まずは記事から紹介してみましょう。

階段から落ちて頭を打ったら突如絵の才能が開花!?九死に一生を経てアーティストとなった女性(2014年4月1日カラパイア)

 頭に傷を負うことで、人格が変わるなどの話はよく聞くが、思わぬ才能が開花する場合もあるようだ。イギリス人女性、ピップ・テイラー(49)は子どもの頃からアーティストを夢見ていたが、才能が無いといわれ、学生時代から描くのをやめていた。
 ところが、30年以上の時が過ぎ、奇跡的出来事がおきた。競馬場の階段から転落し、脳挫傷を負った後、突如絵がうまくなったというのだ。

 2011年5月のある日、テイラーは友人と共にイギリスにあるチェスター競馬場で楽しんでいた。そこで石の階段につまづいて転落し、冷たく硬い地面に頭の右側を強打してしまう。病院にいったところ、医師は脳挫傷だと診断、そして回復には半年もかかった。
 もともと絵を描くことが大好きだったテイラーは、体が回復してきて家で休養を取っている時に、鉛筆を取ってスケッチをしようと思いたった。絵をかくのは数年ぶりだった。するとどうだろう。これまで感じたことのない感覚に襲われ、見たものを正確に模写できる能力が備わったという。
 「まったく奇妙で本当に不思議なことです。」 テイラーはそう語った。
 「昔から絵を描くのが大好きで、十代の頃はアーティストを夢見てたけど全然ダメだった。よくマンガを描いてましたね。唯一得意だったのはスヌーピーの絵でした。アートスクールで学んだ後、全国共通試験の受験を希望してたの。でも先生から受けたアドバイスは、”君の絵は正直あまり良くない”、というものだった。この前、16歳の頃使っていた古いスケッチブックを掘り出して、人物の姿や顔を描こうとしてた当時の自分の絵を改めて見てみたら、我ながら引いてしまったわ。本当にひどい絵だった。」

 悲しいことに、テイラーの脳は独自のイメージを生み出すことができない。しかし彼女は物や人、そして写真を完璧にコピーすることができるようになった。現在彼女は玄関ホールの装飾などのために作品を買い求められたり、依頼を受けたりしている。 
 テイラーの姉はふざけて、「眠っていた才能が開花するなら自分も頭をぶつけようかなぁ」。などと言っているという。彼女は主に動物やペットの肖像画を描いている。特に好きなのは動物の目を描くときだ。
 現在彼女は、毎日のように絵を描いているが、絵が描けなくなることを心配している。ある日突然、自覚したその能力が、同じように急に消えてしまったらどうしようと、心配なのだそうだ。
 イギリスを拠点とする脳を損傷した人々の為の福祉団体、ヘッドウェイの広報は次のように語った。
 「私たちの脳は信じられないことを可能にする。以前に比べて現在はさらに詳しいことが分かるようになったものの、まだまだ未解明のことは多い。テイラーに備わった新しい芸術的な才能について、明確な理由を示すのは困難だが、私たちは彼女が新しい趣味を楽しんでいることを嬉しく思っている」

その生まれ変わった絵才は元記事の画像を参照いただきたいのですが、正直元々の絵の方が何と言いますか、ひどく個性的ですよね…
もちろんこの程度の個性?はブリでは普通のこととは言え、さすがに指導していた先生の方もどう扱ったものか迷うところなしとしなかったんじゃないでしょうか。

今日のぐり:「すし丸 連島店」

瀬戸内の地魚と季節の鮮魚を売りに、中国地方を中心に店舗展開している回転寿司がこちらすし丸さんですが、昨今の相場からすると比較的高価格帯のチェーンになりますよね。
それだけに売りである魚のネタがどんなものなのかが問われそうなんですが、この日も季節のおすすめネタを中心に適当につまんで見ました。

まずはタコ、カツオ、サヨリの旬ネタ三昧ですが、タコは梅肉がちょっと強いが食感がいいし、カツオは冷凍もののように思えるのですが意外にいける、そして春を告げるサヨリは何か妙にうまくおかわりまでしてしまいました。
岡山名物のママカリもこれから初夏にかけて味が乗ってくる魚で、甘口の酢加減でジュレを載せて食べるのがなかなかいけます。
野菜ネタでは千両ナスの揚げ出しもポン酢のジュレは湿気らずいい工夫だと思いますが、ちょっと焦げ臭いものの味のバランスはいいですし、芽ネギは梅肉がちょっとネギより強い気もしますがさっぱりする味です。
サイドメニューとしては定番のアサリの赤だしが今時こういう渋い赤だしは減った気がするんですが、アサリの身は完全に出がらし状態なのはまあ仕方ないですよね。
ゲソ天は個人的にゲソなら唐揚げの方が好きなんですが、サクサクぷりぷりした食感にちょいと塩をつけて食べるとこれはなかなかいけるものでした。
焼きたて玉子の握りは玉子がとにかくでかい!と言う印象なんですが、甘口の味はまあいいとして寿司としては全くネタとシャリのバランスが崩壊していて、卵を頼むなら単品の方ががおすすめ出来そうです。

オススメで出しているネタは確かにネタとしてはいけてるものが多いんですが、一般店並みの価格になる一方で寿司としての出来は劣る分、こういう高価格路線の回転寿司と言うのはどこか割高に感じるのも確かですよね。
結局回転寿司は回転寿司と割り切ってアボカドサラダ巻きあたりをつまんでるのが一番お得と言う話になってしまうのですが、その意味ではもう少し回転ならではの面白いメニューを工夫されてもいいようにも感じます。
トイレなど改装して設備は揃っているが年季を感じさせるものですし、100円系ほど多忙な店ではなく破綻はしないにしてもスタッフ間の連携面などもう少しうまく回せないか?とも思うのですが、全体に惜しいと言いますか隔靴掻痒な感じがするお店でした。

|

« 今日のぐり:「レストランつねまつ」 | トップページ | 社会保障費抑制政策が医療をかえる? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/61539300

この記事へのトラックバック一覧です: 今日のぐり:「すし丸 連島店」:

« 今日のぐり:「レストランつねまつ」 | トップページ | 社会保障費抑制政策が医療をかえる? »