« 日本社会の高齢化に伴う社会保障制度崩壊が間近に? | トップページ | 今日のぐり:「神戸ランプ亭 八重洲店」 »

2015年5月 2日 (土)

子供は社会の迷惑

先日保育所周囲に高さ3メートルの防音壁が張り巡らされたと言う記事が出ていて、何でも建設時に住民から反対運動を展開されこうしなければ納得してもらえなかったと言うのですけれども、ともかく全国的に待機児童ゼロを目指した保育所建設が推進されている一方で、全国各地で保育所反対運動が激化していると言う話は気になるところですよね。
それぞれに言い分はあるのでしょうがこの保育所騒音問題と言うもの、少子化対策が急がれると言う面からも決して放置して良いものではないと言えますが、各方面から注目される中で実際にその現状を調べて見ると、割合に大きな地域差、世代差と言うものがあるらしいと言う話も出ているようです。

保育園は「迷惑施設」か 近隣トラブルの裏に世代の差(2015年4月24日AERA)

 待機児童問題の解決のため保育所の整備が急がれるなか、その建設をめぐって近隣トラブルは増えている。
 ここ数年でも、品川区やさいたま市、福岡市で保育所の開園が中止になった。練馬区では認可保育所をめぐって2012年夏、「平穏に生活する権利を侵害された」として住民が事業者を提訴したケースもあった。
(略)
 とはいえ、切実に悩む人もいる。兵庫県に住む無職の男性(68)は、自宅から50メートル先に保育園があり、園庭での「お遊び」の時間は、キーキーという園児の叫び声が響く。しかも、自宅の反対側には道路を隔てて小学校のグラウンドが隣接しており、少年野球の「声出し」にも悩まされる。両方とも、男性が住んだ後に新設されたという。
「子どもの声は騒音ではない、我慢するべきだという良識派の学者や評論家は一度隣に住んでから言ってほしい。保育園ができることがわかっていれば、家を建て替えるときに2重窓にしたのに。もう今は経済力がありません…」

 隣の保育園を「許容」できるか否かの境界はどこにあるのか。
 背景には、少子高齢化社会がある。子育て世代とリタイア世代の社会における関係性は大きく変わった。教育費などの子育て経費に悩む子育て世代は、蓄えも多い上に年金で悠々自適に暮らす高齢者に不信感を抱き、一方のリタイア世代は、保育園をはじめ若者が「外に頼る」姿勢に非寛容だ
 大家族でもまれて育ったリタイア世代にとっては、核家族化した子育て世代は過保護で苦労を知らないと映るのかもしれない。退職して静かに暮らしたい世代の権利意識と、子育てに悩む世代の権利意識が真っ向からぶつかる形にもなっている。人口バランスの崩れが、社会に新たなストレスを生んでいる。

子どもの声は騒音?→関東・東北は「うるさい!」、関西は「許せる」(2015年4月24日Jタウンネット)

子どもの声を「騒音」と感じるか否か。程度の差にもよるとはいえ、甲高い声に耐えられない、という人もいれば、「子どものやることだから......」と大目に見られる人もいるだろう。
Jタウン研究所では、子どもの声は「騒音」だと思うか、都道府県別にアンケート調査を行った(総投票数1709票、2015年2月18日~4月22日)。
(略)
色分けされた地図を見ると、「騒音だ」率が高い赤とオレンジの地域は全国に広がってはいるが、東北に赤が集中しているのが目立つ。また関東・甲信・東海の各県は一様にオレンジとなっている。一方、「騒音だ」率の低い白と黄色の分布の中では、大阪など近畿エリアが目立つと言えるかもしれない。
(略)
さて、「騒音だ」率のきわめて高い県の代表が、青森県だ。投票数が少なかったとはいえ、「騒音だ」は75%、「騒音ではない」はわずか25%だった。また秋田県85.7%、福島71.4%と、東北エリアの「騒音だ」率が高い
たしかに東北を旅すると、シーンと静かな印象がある。人々も寡黙で口数が少ないような気がする。子どもの声を騒音と思う率が高いのは、そのせいだろうか。

一方、ここで大阪府を見てみよう。「騒音だ」は48%、「騒音ではない」は52%だった。近畿の「騒音だ」率は、滋賀41.7%、京都38.9%、兵庫48.5%と、のきなみ5割を切っている
さらに、奈良県。「騒音だ」は16.7%、「騒音ではない」は83.3%だった。また和歌山県の「騒音だ」率は20%。近畿6府県の「騒音だ」率の低さは、パーフェクトだった。

少なくとも大まかな傾向として、関東・東北に対し、近畿の方が子どもの声に対して「寛容」ということは言い得るようだ。しかし、その理由はどこにあるのだろうか。上記の東北の「静かさ」と比べると、近畿の街は「にぎやか」な印象が強い。このあたりが影響しているのでは、という仮説はとりあえず立てられる。だが、果たしてそれだけだろうか?
今後も引き続き調査してみたい。

ちなみに形の上では記事にあるように世代間で認識の差があって、リタイヤした高齢者ばかりがクレームを入れているようにも見えるのですが、単純に現役世代は日中は仕事をしていて保育園の近所にはおらず、そもそも騒音の実態に気づいていないと言う可能性も考慮しておく必要はあるかと思います。
また関西の場合大人の騒音の方がよほど問題だろうと言う意見もあるやに思うのですが、地域差と言うことに関しては普段の騒音程度がどの程度なのかと言うことも問題で、街中であればその他の騒音に紛れて気にならないと言うこともあるだろうし、閑散な田舎に行けばちょっとした声でも隣近所に大きく響くと言うこともあるのでしょう。
ただこの地域差も地域の高齢化率や出生率と照らし合わせてみて相関があるのかないのか微妙なところで、とりあえず地域による認識の差は大きいとしか言いようがないんじゃないかと思うのですが、一つ気になる点としては冒頭の記事にもあるように年代間の認識の差が問題の背景にあるんじゃないかと言う指摘ですよね。
イメージ的にはお年寄りと言えば子供に甘い印象がありそうですし、耳もいい加減遠くなってきたり現役世代のように夜勤明けに騒がれて迷惑すると言うこともないんだし子供の声くらい気にしないんじゃないかと言う考え方もあると思うのですが、実際にはその高齢者層からのクレームが案外に多いと言うのは実は昔からそうだったのか、それとも近年の傾向としてそうなってきたのかが気になります。
一方で実はこの子供の騒音問題と言うものが表向きの理由以外の一面もあるんじゃないかと示唆される傍証的な記事としてこういう話もあるようなのですが、まずは記事を紹介してみましょう。

公園縄張り争い 子供のボール遊びNGで高齢者ゲートボールOK(2015年4月24日NEWSポストセブン)

 安全面の観点から子供にボール遊びを禁じている公園が増えてきた。さらに、「大声禁止」など子供たちの遊び場としての公園が様変わりしている。子供にとって代わり公園の活用者となっているのがシニア世代だ。
 もちろん、公園は子供たちだけのものではない。シニア世代がいつまでも元気でいるために公園を活用するのは決して非難されることではない。しかし、この子供とシニア世代の“公園の奪い合い”では首をかしげたくなるような事態が起きているのだ。愛知県の主婦、武田真美子さん(仮名・42才)は「釈然としない思いを抱えている」と言う。
「半年ほど前に、自治会から近所の公園でのボール遊びは禁止するようお達しがでました。小学校2年生の息子とは『残念だけど仕方ないね』と話していたんですが、その数日後、平日の昼間に公園の前を通るとお年寄りがゲートボールをしているんです。
 自治会の役員さんに問い合わせたところ『実はボール遊びを禁止したのは、ボールで遊ぶ子供の声がうるさいと近隣から苦情があったからなんです。子供だけ禁止するわけにいかないので一律にボール遊びを禁止にしました。でも、お年寄りはうるさくないからいいんです』と。その公園ではゲートボール大会も開かれています。確かに子供は声が大きいけれど、納得いかない気持ちでいっぱいです」

 そうした結果、子供たちの遊び場はどんどんなくなっていく。そればかりか、「外遊びをしなくなることで運動ができない子が増えている」と指摘するのは「スポーツひろば」運営責任者の西薗一也さんだ。
「文科省が半世紀にわたって調査している体力テストのデータによると、この50年間でソフトボール投げの距離は約6mも縮んでいます。また、外で遊べなくなった子供たちは体を動かすことに慣れていないので転んだりすることがうまくできずにちょっとしたことで大けがや大事故につながってしまうことがあるのです。
 さらに、できる子とできない子の差がどんどん広がり二極化が進んでいます。スポーツを習っている子は頑張ってサッカーや水泳などに取り組むからすごく上達するんですけど、習っていない子はまったくできなくなる

これまた表向きは子供の騒音問題と言うことに絡めた問題提起なんですが、もともと公園と言うものは子供が元気に遊ぶために用意されている施設であるのに、それに対する苦情に自治体も容易に乗ってしまったと言うのはなかなか興味深い話ですよね。
ちょうど先日最高裁での判断が示された小学校の校庭で子供が蹴っていたボールが校門から外に飛び出し高齢者の交通事故を誘発した事件で、最終的に損害賠償は棄却されたとは言えありきたりなボール遊びで親に巨額賠償が請求され、一、二審でそれが認定された衝撃は大きかったし、場合によっては学校など施設側管理者が賠償請求されていた可能性も十分あったわけです。
その意味で余計な面倒やリスクを負いたくない自治体が地域からの苦情を渡りに船として、自己責任が取れない子供の締め出しを図っていると言うことも十分考えられるかと思いますが、そもそも保護されるべき存在である子供の行動に責任が終えないから禁止だ隔離だと言う発想が正しいものなのかどうか、やはり釈然としない気持ちはありますよね。
そして「団塊世代のモンスター化はこれだから…」と批判的に見ることももちろん可能なんですが、一方で学校の先生に言わせると校内で何かあればすぐ親がクレームを入れて謝罪だ賠償だと言ってくると言う話もあって、社会全体が一部の声の大きい人々に過剰反応した結果妙なことになってきているのだとすれば、「少数意見を尊重しろ!」と長年主張してきたマスコミの皆さんがこうした事例をどう考えているのかも聞いてみたくなります。

|

« 日本社会の高齢化に伴う社会保障制度崩壊が間近に? | トップページ | 今日のぐり:「神戸ランプ亭 八重洲店」 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

マスゴミはなにも考えてないよ

投稿: | 2015年5月 2日 (土) 08時52分

年寄り栄えて国滅ぶになりそうですね。
社会保障のノビが尋常じゃないので

投稿: | 2015年5月 2日 (土) 09時22分

ゲートボールのスパーク、特に相手チームの玉をスパークする時は、音も大きいし危険性も高いと思うのですけれどもね。
私の祖父はそれで骨にひびが入ったことがあります。

投稿: クマ | 2015年5月 5日 (火) 17時41分

学校のモンスターペアレントも結局は団塊ジュニア辺りからなんですよね。
やっぱり、どう考えても団塊の世代の弊害は大きいと思うが。

投稿: hisa | 2015年5月 7日 (木) 09時46分

必ずしも団塊世代だけを悪者にするわけではありませんが、親が悪かった世代の子供達がやはり悪いと言うケースは学校現場でも経験されるようで、幼少期からの環境要因の影響はありそうに思います。
今後は次第に地域内で子供を養育すると言う考え方が乏しくなり、核家族化した家庭内で親だけの影響で育っていく子供が増えるとなると、さらにこうした親子間の関係性が顕著になるかも知れませんね。

投稿: 管理人nobu | 2015年5月 7日 (木) 11時03分

近頃の高齢者はあまりにもわがまま。個人主義。利己主義。こんな高齢者が増えれば日本の地域社会は崩れます。若い人が社会の問題なのではありません。高齢者が問題なのです。

投稿: 匿名 | 2015年5月12日 (火) 19時44分

だって金も暇もあって人数多くて選挙にも行くんだから年寄りの声が優遇されるの当然でしょ

投稿: | 2015年5月12日 (火) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519753/61516685

この記事へのトラックバック一覧です: 子供は社会の迷惑:

« 日本社会の高齢化に伴う社会保障制度崩壊が間近に? | トップページ | 今日のぐり:「神戸ランプ亭 八重洲店」 »